披露宴の服装マナー〜男性のモーニングコートは出席する立場を考えて選ぶ

披露宴の服装マナー〜男性のモーニングコートは出席する立場を考えて選ぶ

モーニングコートは、フォーマルウェアの中でも最も格式の高い衣装となります。

格式が高いアイテムではありますが、ただ着れば良いというわけではなく着こなしにもきちんとしたマナーがあります。

ここでは男性のフォーマルウェアの中で最高峰とも呼ばれるモーニングコートのマナーについて学んで行きたいと思います。

 

モーニングコートを着るタイミング

モーニングコートは、「モーニング・コート」と表記されることもあります。
モーニング=朝ということですね。

つまりモーニングコートは、午前中から昼間にかけての披露宴などで着用する正装だということです。

最近は時間帯関係なく着用するという場合もあるようですが、夜の正装はテールコート=燕尾服が一般的だとされていますので着用する時間帯によって着こなしを変えるということも大切です。

 

モーニングコートを着る立場

モーニングコート自体は格式の高いフォーマルウェアなので誰が来ても問題はありません。

ただ、披露宴などの場合は、より新郎新婦に近い親族に着用が求められる場合が多いため、一般の出席者がモーニングコートを着ていくと少し目立ってしまうというケースもあるでしょう。

特に新郎新婦の父親は昼はモーニングコート、夜はテールコートやタキシードなどを着用することが多いですね。
一般の出席者の場合でも主賓として招待された場合や媒酌人として出席する場合にはモーニングコートを着用することが一般的とされています。

 

モーニングコートのルール

モーニングコートは、1つボタンのジャケットに共生地のベストかグレーのベストを着用します。

パンツは、グレーに黒の縦模様が入ったコールパンツが一般的で、白黒縞のサスペンダーを使用することもあります。

シャツは、白無地でブロード素材のものを選びましょう。
衿は、前身ごろにヒダのないウイングカーラやレギュラーカラー、ワインドカラーなどを選ぶと良いでしょう。

カフスはダブルカフス、カフスボタンについては真珠や白蝶会など白系の石をあしらったものがおすすめです。

台座はシルバーが無難でしょう。

ネクタイは明るめで、シルバー、ライトグレー地にグレーや黒の縞模様が入ったものがベストです。

胸元にはリネン100%の白無地のポケットチーフを入れておき、手元には白の手袋を持つのがスタイルです。

手袋は革製でも布製でもどちらでも構いません。

 

男性のモーニングコートについてのまとめ

  • 基本的にモーニングコートは、午前中から昼間にかけての披露宴などで着用する正装
  • より新郎新婦に近い親族に着用が求められる場合が多い
披露宴の服装マナー 〜冬の披露宴、女性のコートはどうする?〜

披露宴の服装マナー 〜冬の披露宴、女性のコートはどうする?〜

結婚式のようなマナーを重視するお祝いの席では、NGとされているファッションも意外にたくさん存在します。その一つがツーピースです。

冬場や春先の披露宴への出席は羽織物で悩むことが多いと思います。

ドレスは薄手のものが多いですし、露出の多いものも多いので寒い時期にはコートなどの羽織物アイテムは必須となりますね。

結婚式、披露宴に出席する際のコートや羽織物はどのようなものを選ぶのがマナーとなるのでしょうか?
ここでは、特に女性のコートについてを中心に考えて行きたいと思います。

 

コート、羽織物は生地や素材に注意

冬場の羽織物というと、モコモコのファーがかわいらしくて素敵ですよね。

披露宴といっても二次会や友人だけのカジュアルなタイプの会であればファーも許容範囲とされる場合がありますが、基本的に披露宴にファー素材はNGです。

特にリアルファーはおしゃれ感はありますが、毛皮を使っているという点から「殺生」を連想させるためお祝いの席には向きません。

ファーのついたコートなどもできれば避けた方が良いでしょう。
特にボレロなどはファーを選びたくなりますが、食事の際に毛が飛んでしまうかもしれないなどという事を考えるとNGであると考える人が多いので避ける方が無難でしょう。

 

コートはクロークへ

稀にコートを手に持ったまま式に参加している人を見かけますが、これは見た目が良くないだけでなくマナー違反でもあります。
コートは必ず事前にクロークに預け、会場にはできるだけ身軽な状態で入るようにしましょう。

ガーデンパーティーなど屋外に出ることがある場合は、周りの方の様子を見ながらにはなりますがコートは預けずに手元においておいた方が良い場合もあります。

時期によってはショート丈でかさばらないコートもおすすめです。
ただ、かなり寒い時期の披露宴の場合は、ロングでドレスがすっぽりと隠れてしまうコートがおすすめです。

 

どんなコートを選ぶ?

コートは式場に入る前に脱いで手に持ってからクロークに進むとスマートに見えます。

ただ、外で脱ぐからどんなコートでも良いかというとそうはいきません。
ドレスなのにダウンコート、カジュアルな印象のコートを着てしまうとせっかくのおしゃれも台無しです。
いくら式場前で脱ぐとはいえやはりコートはフォーマルなものを選びましょう。

また、色については完全にクロークに預けてしまうのであれば白系でも問題ないという場合が多いです。
ただし、ガーデンパーティーなどで新婦の前でコートを着る可能性がある場合はやはり白系のアイテムは避けた方が良いですね。

 

女性のコートについてのまとめ

  • 披露宴にファー素材は基本的にNG
  • コートは必ず事前にクロークに預け、会場にはできるだけ身軽な状態で入るようにしましょう
  • コートはフォーマルなものを選びましょう
  • 白系のアイテムは避けた方が良いが、完全にクロークに預けてしまうのであれば白系でも問題ない
結婚報告はがきの書き方・文例

結婚報告はがきの書き方・文例

結婚後のマナーとしてあるのが、日ごろお世話になっている方々への結婚報告をすること。
はがきで送るのが一般的ですが、いざ結婚報告はがきを書こうと思ってもどんな風に何を書いたらいいのか…?となりますよね。

結婚を報告する際、「結婚報告のはがき」を送る場合があります。

日頃お世話になっている人や親戚、友人、知人など送り先が様々なので文面を考えるのに苦労するという人も多いでしょう。

そこでここでは、結婚報告を出す際のマナーや文例について紹介してみたいと思います。

 

はがきを出すタイミングは?

結婚報告は、基本的に挙式後1~3ヶ月以内に出すのが一般的とされています。

場合によっては年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと時期が重なることもあると思います。

こうした場合には、年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと結婚報告を兼用しても良いでしょう。

 

誰に?どういった方に送ればいいのか?

実は意外と知られていないのが、結婚報告のはがきは結婚式に出席してくれた人にも送るというマナーです。

結婚式に出席してくれた人にも改めて感謝の気持ちを伝えるためにはがきを送ると良いでしょう。

また、親戚や友人などで結婚式に呼べなかった、都合で参加できなかった人にもはがきを送り結婚の報告をきちんとしておくことでその後の良好な関係を保つことができると考えられます。

 

どんな内容にする?

結婚報告のはがきにはどんなことを書けば良いのでしょう?

可能であれば送る相手によって文面を変えることができればより良いですね。

送る相手として考えられるのは、親戚、友人、上司、同僚などが挙げられます。

まず親戚関係は、大半が結婚式に出席してくれていると思いますので、お礼も込めた内容にするのも良いでしょう。
ただ、式に出席できなかった人もいるかと思いますので基本は礼儀のある丁寧な文章で統一すると良いでしょう。
親戚なのであまり堅苦しくせず新居の報告なども盛り込んで親しみを込めた内容にできるとより良いですね。

友人・同僚については、羽目を外さない程度に楽しい内容にすると良いでしょう。
結婚式の写真や英字なども盛り込んで読んで楽しいはがきが作成できると良いですね。
こちらも新居の住所などを入れて、「ぜひ遊びにきてくださいね」などと親しみをこめた内容も盛り込めると良いでしょう。

結婚報告のはがきで一番緊張するのが上司宛のはがきだと思います。
失礼のないように、結婚したこと、これから2人で頑張っていくことをうまく伝えることができるシンプルな内容にすると良いでしょう。

 

送る相手によって内容を変えるのは大変な作業かもしれませんが、
今後のおつきあいやこれまでの感謝の気持ちを込めてもらった相手も幸せな気持ちになれるはがきの作成を心がけるようにしましょう。

 

「結婚報告はがきの書き方・文例」まとめ

  • 結婚報告は、基本的に挙式後1~3ヶ月以内に出すのが一般的
  • 年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと結婚報告を兼用しても良い
  • 結婚報告のはがきは結婚式に出席してくれた人にも送る
  • 結婚式に参加できなかった方にも送りましょう
  • 送る相手によって文面を変えるとより良いでしょう
スピーチや余興を快く引き受けてもらう3つのポイント

スピーチや余興を快く引き受けてもらう3つのポイント

結婚式・披露宴の大切なな演出でもある余興、スピーチ、祝辞や乾杯の挨拶は大切な人にお願いすることになるでしょう。
担当してくれる人たちに快く引き受けてもらうには依頼の仕方が重要となってきます。

結婚披露宴では余興やスピーチをゲストに依頼する事があると思います。
披露宴を盛り上げるためには、こうしたゲストの協力が不可欠です。

担当してくれる人たちに快く引き受けてもらい、引き受けて良かったと思ってもらえる依頼の仕方、マナーについて事前によく勉強しておく事も大切です。

 

依頼は直接会ってお願いするように

最近は携帯など手軽で便利なアイテムがありますが、披露宴での余興やスピーチの依頼をメールや電話だけで済ませるなどという事は決してないようにしましょう。
どんなに親しい友人であったとしても、これはNGです。

余興やスピーチというのは準備など相手に負担をかける事ですので、いくら親しい間柄であっても礼儀を持って丁寧に依頼する事が大切です。

できるだけ直接会って依頼する方が良いでしょう。
遠方でどうしても直接会う事が難しい場合には、電話で丁寧にお願いするようにしましょう。

 

どの時期に依頼するのがベスト?

余興やスピーチを依頼する際は、できるだけ早めに打診する事が大切です。

特に余興などは複数人で行ってもらうケースが多いので、打ち合わせや準備などに時間が必要となりますね。

そのため、式の間近になって依頼されると、準備だけでも大変なのに時間もないという事になって相手に大変な思いをさせてしまう事になります。

また、あまりにも直前だと他の人に断られて仕方なく頼んだのかな?と思わせてしまう事にもなりかねません。
余興やスピーチは、できるだけ早くお願いする人を決めて、直接会って打診するのが相手にとっても快く引き受けられると考えられます。

 

何をどう伝えれば良い?

特に余興を依頼する際には、ただ「お願いします」というだけでなく、式場のどのような場所でどんな設備が使えるのかなどの情報も合わせて伝えるのがより丁寧だと言えます。

また、お願いしたからといって当日まで何の連絡もしないでいるよりは、何かこちらで協力できる事がないかなど最低1回は確認の連絡を入れると良いでしょう。

 

このように披露宴というのは、ゲストの協力によって成り立つ部分というのが多くあります。

そのため、ゲストに何かを依頼する際のマナーというのは、とても大切になってきます。
マナーといっても肩肘を張る必要はなく、とにかく丁寧に「あなたにお願いしたいんです」という想いを誠意を持って伝える事が1番大切です。

依頼をして無事に当日を迎える事ができたら、後日のお礼も忘れないようにしましょう。

 

「スピーチや余興を快く引き受けてもらう3つのポイント」まとめ

  • 依頼は直接会ってお願いするようにしましょう
  • 遠方でどうしても直接会う事が難しい場合には、電話で丁寧にお願いするようにしましょう
  • できるだけ早めに打診する事が大切です
  • 式場のどのような場所でどんな設備が使えるのかなどの情報も合わせて伝えるのがより丁寧
  • こちらで協力できる事がないかなど最低1回は確認の連絡を入れると良いでしょう
結婚式でのツーピース着用はNGってホント?

結婚式でのツーピース着用はNGってホント?

結婚式のようなマナーを重視するお祝いの席では、NGとされているファッションも意外にたくさん存在します。その一つがツーピースです。

一般的に、結婚式では女性はワンピースドレスを着ることが常識で、ツーピースのように上下別れた服は「別れ」を連想させるためNGとされているのです。ここでは、結婚式ではNGとされているツーピースファッションについてまとめてみました。

女性が結婚式に出席する場合のファッションには色々なルールがあります。

一番良く知られているのは「白」を着用しないということですね。
基本的に女性はワンピースドレスで列席するのが良いとされていますが、色やデザインなどNGとなるものもあります。

そしてもう一つ気をつけたいのが「ツーピース」の着用です。
結婚式ではツーピースの着用はNGとされています。

ここでは、ツーピースの着用がなぜNGなのか?その理由などについて紹介してみたいと思います。

 

そもそもなぜツーピースはNGなのでしょうか?

実は、結婚式でのツーピースの着用については正式なマナーではっきりNGと定義されているわけではありません。

ではなぜNGと考えられているのか。
それは、ツーピースが上下に「別れた」服装であるという点に関係があります。

結婚式では
「割れる」「離れる」「別れる」
など離婚を連想させるようなフレーズはNGとされていますね。
つまり、こうした考え方から通説的にツーピースの着用はよろしくない!という考え方が広まったと考えることができます。

マナー本などにも明確に「ツーピースがNG」とは記載されていませんので、何も考えずに着用してしまうこともあるかと思います。

ただ、通説とはいえあまりよろしくないと考えられているのであれば、来て行かない方が無難ですね。

 

パンツスタイルはツーピースになるの?

パンツスタイルはツーピースになるの?

女性でもパンツスタイルで結婚式に出席している人をたまにみかけます。

ドレスよりも楽なので普段からパンツスタイルが多い人は選びがちなスタイルだと思います。

ただ、パンツスタイルはツーピースになるので、NGと考える人もいます。

結婚式での服装は、新郎新婦へのお祝いの気持ちを伝えるためのものでもあります。

また、新郎新婦の関係者として出席するからには、マナーをきちんと守って2人に恥をかかせないということも大切です。

 

友人だけのカジュアルなスタイルなどであればまだ問題ありませんが、格式のある式の場合は列席者の中に親族や会社関係者などの年長者もいます。
マナーに厳しい目を持っている人がいるかもしれないという気持ちで、できる限りマナー違反にならない服装を選ぶことが自分の品格を上げるという点でも大切になってきますね。

 

結婚式でのツーピース着用についてのまとめ

  • ツーピースの着用については正式なマナーNGとされているわけではありません
  • ツーピースが上下に「別れた」服装であるという点から縁起的によくないとされている。
  • 気になる場合は着ていかないのが無難
  • パンツスタイルはツーピースになる