お礼やお車代の金額や渡し方

結婚式出席者へのお礼やお車代の金額や渡し方

結婚式・披露宴で挨拶や受付をしていただいた方に、感謝の気持ちをこめてお礼を贈りましょう。

結婚式では、受付をしてくれた友人などにはお礼を、主賓として挨拶をして下さった方遠方から来てくれた方などにはお車代を渡すというのが一般的なマナーです。
ただ、このお礼やお車代に関しては、金額をいくらにするのか、いつ誰が渡すのかなど色々な問題が出てきます。
ここでは、ゲストに失礼のないスマートなお礼の渡し方について考えてみたいと思います。

 

金額はどうする?

お礼やお車代は、ゲストによって金額が異なるというのが通常のようですので、お願いした内容やゲストの立場などを考えた目安の金額を示してみたいと思います。

●受付の場合
受付をお願いするのは、新郎新婦の友人である場合がほとんどでしょう。他のゲストよりも少し早く会場に入ってもらって、場合によっては主賓などへお車代を渡してもらう役も頼む場合があります。
受付の場合には、3,000〜5,000円程度の現金か品物でお礼をするというのが一般的です。

●主賓、乾杯などをお願いした人の場合
挨拶をお願いした主賓や乾杯の音頭をお願いした人には、お車代として1万円程度を包むのが一般的とされています。
主賓は新郎側、新婦側と2人いますので、それぞれの名前でお願いした方に宛て「御車代」と書いた封筒を用意しましょう。

●遠方からのゲスト
遠方からのゲストの場合は、交通費に併せて宿泊代もかかる場合があります。
一般的には、2万円以上かかる場合にはお車代を用意するのがマナーとされています。
かかった費用を全額負担できれば良いですが、無理な場合でもせめて半分はこちらが負担するようにできれば良いですね。

 

タクシーチケットは必要?

主賓や遠方からのゲスト以外の出席者に対してもタクシーチケットなどを用意する場合もあります。
これは用意しないからマナー違反や失礼にあたるとは言い切れませんので、それぞれの判断で良いでしょう。
ただ、式場によっては送迎バスなどが用意できる所もありますので、事前にきちんと確認をしておく事が大切です。

 

お車代を渡すタイミング

新郎新婦が、お車代を当日に自分たちで渡すというのはとても無理だと考えておきましょう。
基本的には、親族にお願いするか、一番スマートなのは受付の人にお車代を渡す人の名前を伝えておいて、芳名帳に記入された際に渡してもらうというのが良いでしょう。
どうしても2人から渡したいという場合には、後日早めに持参するようにしましょう。

 

結婚式は、2人の力だけでは開く事ができませんね。
式を開くための少しでも協力してくれた人にはきちんとお礼をする事が大切です。
お車代もその感謝の気持ちの現れです。ここできちんとお礼をしておくのと、おかないのではその後のお付き合いも変わってしまう場合があります。

結婚式は、自分たちのためのものというよりは、日頃お世話になっている方々をお招きして結婚の報告をし、もてなす場なので、ゲストが快く出席できるような心配りをしていく事が大切ですね。

 

結婚式、お礼やお車代などのマナーまとめ

  • お願いした内容やゲストの立場などを考えた目安の金額を渡しましょう
  • 親族にお願いするか、受付の方にお願いして渡していただきましょう