ご祝儀(結婚祝い金)の相場

ご祝儀(結婚祝い金)の相場、平均金額について

ご祝儀(結婚祝い金)はいくらくらい包むのが適当なのか。年齢や地位、関係、お付き合いの程度によって金額が変わるというのは、色々と悩まされますよね。

ご祝儀の目安は一般客で2万円~3万円といわれています。

ご祝儀の額は、新郎新婦との関係や、付き合いの程度、自分の年齢や社会的地位によって変わってきます。
地域差もあるので、同じ立場で招待されている人に聞いてみてもよいでしょう。
友人や、同僚に対しては、2万円~3万円が一般的です。

 

お祝い金額を決める時のポイント!偶数はよくないって聞いたことがあるけど本当のところは?

割り切れる偶数はお祝いにふさわしくないとされていますが、最近では2は「ペア」を意味するということや、昨今の不景気という時代風景も重なってかまわないとされています。
ただし、夫婦で出席する場合は、4万円や6万円は避けて、ふたりで5万円とすることが多いようです。

お札はできれば新札を用意しましょう。これには、「新しい門出をお祝いする」という意味が込められているそうです。
新札を用意するためには、銀行などに出向き、新札に変えたい金額を現金で用意して専用用紙に必要事項を記入し、新しいお札と交換してもらいます。

 

意外と種類の多い祝儀袋。ものすごく豪華なのもあるけれど、どれにすればいいか迷う。

祝儀袋は贈る金額に合ったデザインにしましょう。
最近ですと、祝儀袋を購入する際に、適正金額がパッケージの裏に書いてあったりするので特に迷うことはないと思います。祝儀袋の書き方も書いてあったりするのでとても助かりますね。

祝儀袋は種類が多くて意外と選びづらい。けれど、これから幸せになる相手のことを想って選ぶと楽しい作業でもありますよね。

 

結婚式当日、祝儀袋を裸のままバッグからだすのはちょっと・・・。

結婚式当日は、結び切りの水引の祝儀袋に新札を入れて、ふくさに包んで持参しましょう。
受付担当者にあいさつを述べた後、ふくさから取り出して係りの人に手渡しします。
若い男性ですと、スーツの内ポケットに入れている方もいるようですね。

袱紗(ふくさ)の包み方。ご祝儀の渡し方について

 

お祝い金の目安(あくまで目安です。)

贈る相手 20代(自分の年齢) 30~40代(自分の年齢) 50代~(自分の年齢)
おい、めい 5万円 5~10万円 5~10万円
いとこ 3万円 3万円 5万円
兄弟姉妹 5万円 5~10万円 7~10万円
会社部下 3万円 3万円 3~5万円
会社同僚 2~3万円 3万円 3万円
会社上司 2~3万円 3万円 3万円
友人、その家族 3万円 3万円 3万円

 

結婚祝い金のマナーのまとめ

  • お祝い金は2万円~3万円が一般的
  • 金額設定はさまざまな条件が絡み合うので、同じ立場の人に聞いてみる(会社関係の結婚式であれば同僚などに)
  • 結び切りの水引の祝儀袋を選び、ふくさに包んで持参する
  • お祝い金は、結婚式の当日、受付担当者にふくさから出して一言そえて渡す(おめでとうございます。など一言添えて)

 

×忌み嫌われる数字の金額は避ける
ご祝儀は「死」や「苦」を連想させる4万円や9万円は避けましょう。

祝儀袋の選び方
水引:2万円~3万円なら紅白や金額の結び切り。高額を包むときは、豪華な水引細工の祝儀袋にします。
表書き:上段を「寿」とし、下段に自分の名前をフルネームで入れましょう。