ゲストへの感謝を言葉で表す「ウェルカムスピーチ」のマナー(文例)

出席者への感謝を言葉で表す「ウェルカムスピーチ」の流れ(文例)

新郎新婦の最初のお仕事ともいえる大切なスピーチがウェルカムスピーチ。素敵な披露宴にするためにも気持ちの良いスタートといきたいところです。

披露宴で新郎新婦がスピーチをするというと、パーティーもいよいよクライマックスの頃に、新郎挨拶や花嫁からの手紙などを読む場面を想像する人も少なくないと思います。
ただ、最近の披露宴では「ウェルカムスピーチ」を行う事が多くなってきているようです。

今回は、そんなウェルカムスピーチに関するマナーや文例についてご紹介してみたいと思います。

 

ウェルカムスピーチって?

「ウェルカムスピーチ」という言葉自体を初めて聞くという人も多いと思いますので、まずはウェルカムスピーチがどのようなものかについてお話しておきましょう。

ウェルカムスピーチとは、これまでの披露宴でいうところの「媒酌人挨拶」にあたるものと考えて下さい。

通常、媒酌人の挨拶は披露宴の一番はじめに行われるのですが、最近の結婚式・披露宴では、媒酌人という立場の人をあえて立てるという事が少なくなってきた事もあり、この「媒酌人挨拶」に変わって新郎新婦が「ウェルカムスピーチ」という名目で挨拶を行う事が増えています。

 

ウェルカムスピーチはどのタイミングがベスト?

ウェルカムスピーチは、披露宴の開始にあたって、出席して頂いたゲストに感謝の想いを伝えるスピーチです。

そのため、挨拶のタイミングとしては、新郎新婦入場、司会者第一声の流れの後にすぐに行うのがベストだと言えます。

 

ウェルカムスピーチは誰がするの?

基本的には、新郎が代表で挨拶をすれば良いと思います。

ただ、場合によっては新郎、新婦の両方が挨拶しても良いと思います。

ただし、2人が挨拶する場合にはスピーチの内容が重ならないように、なおかつ長くならないように工夫が必要です。

 

ウェルカムスピーチは何を話せばいいの?

ウェルカムスピーチの目的は、何よりも「ゲストへの感謝の想いを伝える」事です。

そのため基本的には、ゲストへのお礼、挙式の報告、披露宴の趣旨、結びの挨拶といった流れでまとめると良いと思います。
お礼の気持ちを伝えたいという想いはわかりますが、初めの挨拶なので長くなり過ぎないように簡潔にまとめる方が良いですね。

 

ウェルカムスピーチの文例

最後に、参考までにウェルカムスピーチの文例を紹介しておきたいと思います。

「本日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴に起こし頂き誠にありがとうございます。

先ほど、◯◯教会で挙式を執り行い、夫婦となる事ができました。このように本日の良き日を無事に迎える事ができましたのも、皆様方のおかげだとあらためて感謝致しております。

本日は、日頃お世話になっている皆様方にごゆっくりおくつろぎ頂き楽しんで頂ければと、ささやかではございますがこの席をもうけさせて頂きました。楽しいひと時を過ごして頂けると嬉しく思います。

御礼かたがた簡単ではございますが、私たちからの挨拶とさせて頂きます。本日は誠にありがとうございます。」

 

あくまでも文例ですので、ここに新郎新婦の想いを込めた素敵な挨拶を二人で考えてみて下さい。

 

ウェルカムスピーチに関するマナーまとめ

  • ウェルカムスピーチとは、これまでの披露宴でいうところの「媒酌人挨拶」にあたるもの
  • 挨拶のタイミングは、新郎新婦入場、司会者第一声の流れの後に行うのがベスト
  • 基本的には新郎が代表で挨拶をすれば良い
  • 初めの挨拶なので長くなり過ぎないように簡潔にまとめる方が良い