ドレスを選ぶときの3つの基本マナー

結婚式で女性出席者がドレスを選ぶときの3つの基本マナー

華やかでいながら下品にならない!失敗してはいけないドレス選び。結婚式で着ていくドレスを選択するときの基本マナーを3つご紹介。

結婚式へ招待されたゲストの方は、結婚式当日に着て行くドレスのマナーを心得ながら、余裕を持って事前にしっかりと準備をしておきましょう。
そして、ドレスを選ぶ際は、あくまで“結婚式の主役は新郎・新婦”であることを忘れずに、良識あるドレスを選ぶことが大切です。

 

可愛いだけで決めてはダメ!結婚式のドレスでNGとされているカラー

純白のウエディングドレスといえば、結婚式の主役である花嫁さんのシンボルでもあります。
ゲストに招かれた方は、「白のドレス」だけは絶対にNGのカラーとなりますので、着て行く事のないようにして下さい。

また、「黒」のドレスも喪服を連想することから、あまり好まれないケースもあります。
しかしながら、地域によっては黒のドレスはフォーマルカラーなことから、無難な色としてドレスに選ばれることも多いので、アクセサリーなどで華を添えるスタイリングに仕上げることで、暗い雰囲気を変えることができます。

着こなし次第では、黒のドレスも結婚式ではOKカラーとなりますので、上手に着こなすようにしましょう。

 

セクシー系のファッションが好みでも結婚式では露出は控えましょう

結婚式のドレスでは、基本的に「露出度の高いドレス」はNGとされています。
結婚式は基本的にフォーマルな場面になりますので、ノースリーブタイプのドレスを着る時には、必ず肩を隠すことができる「ボレロ」や「ショール」など、羽織物でカバーするようにしましょう。

また、ヒザが出てしまう丈も下品な印象を与えてしまいますので、「ミニスカート」のドレスも結婚式では控えましょう。

日頃はセクシー系のファッションを好む女性も、結婚式に招かれた際には、ゲストとして恥ずかしくない格好を心掛けるようにして下さい。

 

ドレスに合わせるストッキングの選び方にもマナーがある

ドレスを着用する時には、生足は避けてストッキングを必ず着用するようにします。
ストッキングのカラーは「ベージュ系」のナチュラルなカラーが望ましいのですが、近年では薄手の黒を着用する方も増えています。

しかしながら、黒のストッキングは喪服で着用するものですから、結婚式ではラメ入りなど少し華やかな黒を選ぶようにしましょう。

 

女性がドレスを選ぶときに注意したいことのまとめ

  • 花嫁さんのウエディングドレスと同じ白のドレスは選ばないようにする
  • 黒のドレスは喪服をイメージさせないよう華やかさをアクセサリーでプラスする
  • ドレスを着用する時は生足は避けてベージュのストッキングを選ぶのがベター
  • アニマル柄やミニスカートなど下品に見えてしまうドレスは控える