胸元のオシャレ。結婚式でのスーツにはポケットチーフで男力アップ!

ポケットチーフで男力アップ!上品で洗練されたイメージを与えてくれる胸元のオシャレは、結婚式の様な華やかなシーンで活躍します。

結婚式というフォーマルな場面。スーツを着用する男性は「ポケットチーフ」を胸元にコーディネートするようにしましょう。

 

ポケットチーフは生地の素材選びから

ポケットチーフの生地の素材では、「麻・綿・シルク」が主流となっています。
特に細かい決まりはないので、それほど気にせず好みの素材で選んでも構いませんが、午前中や日中など明るい時間帯では、麻(リネン)素材や綿素材が軽やかな雰囲気が出るためおすすめです。

シルクは、なめらかな肌触りと光沢感がある素材のため、とても上品な印象を与えるので夜の結婚式に向いています。
また、麻や綿に比べてふっくらとした厚みが出るため、冬スーツとの相性が良くなります。

 

何色でもいいの?ポケットチーフの色と柄の選び方

結婚式のようなフォーマルなシーンでは、ポケットチーフのカラーは何色を選んでも良いというわけではなく、「白」が基本となります。
近頃は、真っ白ではなくても白に近い「シルバー」でもOKですが、できるだけ白に近いカラーを選ぶようにしましょう。

ネクタイの色に合わせてポケットチーフも揃えるスタイルもありますが、フォーマルなシーンでは、カラータイプを避けるのがマナーとされていますので気を付けましょう。
また、柄物ではなく無地デザインのポケットチーフを選ぶようにして下さい。

 

印象が変わるポケットチーフの折り方と挿し方

ポケットチーフを身に付ける時には、色々な折り方と挿し方があります。

スタンダードな折り方として、ビジネスシーンでもよく見かける「スクエア」などがありますが、カジュアルさが出てしまうため結婚式では避けた方が良いでしょう。

結婚式では、「スリーピークス」という折り方が主流で、ポケットチーフの使い方としてはスリーピークスが正装スタイルとされています。

ポケットチーフを三角形に折っていき、胸元から角を覗かせたスタイルとなりますので、スッキリとしたスクエアよりも華やかさがあり、フォーマル感が出て結婚式の雰囲気にマッチします。
この他にもパーティー向けの折り方はいくつか存在しますので、男性の方は何通りかポケットチーフの挿し方を覚えておくと便利です。

スリーピークスの折り方

 

結婚式のようなフォーマルなシーンでのポケットチーフについてのまとめ

  • ポケットチーフの素材は結婚式の時間帯や季節によって考える
  • 結婚式ではポケットチーフのカラーは無地の白が基本
  • シルバーなど白に近いポケットチーフはOKだがカラーは避けるべき
  • ポケットチーフの折り方はスリーピークスが正装スタイル