二次会の服装

結婚式二次会の服装って結婚披露宴と同じ服装で大丈夫?

二次会ではあまり肩肘張らず、フォーマルな服装で問題なし。結婚式・披露宴に参加していた場合はそのままの服装でも大丈夫。

結婚式の二次会は、披露宴に出席した流れで二次会へ参加するケースと、二次会のみ出席をする2つのパターンがありますね。

 

披露宴から二次会へと参加するケースはそのままの服装で

結婚式の披露宴に出席をし、そのまま二次会へ参加する時には、洋装の方は披露宴で着用したドレスやスーツのままでも問題ありません。

ただし、和装で披露宴に参加した方は、着替えた方が動きやすいというメリットがありますし、主役の新郎・新婦よりも目立ってしまう場合がありますから、控えた方が無難となります。

披露宴に参加する時には、受け付けを済ませてから荷物をクローズで預けることも可能ですから、着替えを持参しておくと便利です。

 

平服でOKの場合でもカジュアル過ぎはNG

平服でOKと書かれている場合でも、カジュアル過ぎる服装は浮いてしまうことがあります。
二次会とは言え、フォーマルな場である事には違いありませんので、女性ならワンピース男性ならシャツやジャケットスタイルなど、“セミフォーマル”な服装を心掛けましょう

 

二次会のみ参加の方は張り切り過ぎないこと

二次会のみに招待された方は、パーティーだからと言って、度が過ぎるフォーマルファッションも二次会では好ましくありませんので、張り切り過ぎにも気を付けましょう
男性の場合は、落ち着いたカラーで普通のスーツでしたら何の問題もないと思います。

もちろん、二次会といっても1.5次会のようなフォーマルな会もあれば、友人同士だけで集まった飲み会のようなパーティーもあります。
どのような二次会なのか確認できる場合は、事前に新郎や新婦に訪ねておくこともアリです。

 

露出や白など結婚式でタブーとされている服装は二次会も同じ

結婚式の二次会でも、披露宴と同様に最低限のマナーを守ってドレスアップすることが大切です。

例えば、花嫁をイメージする白のドレスや露出の多いドレスは、二次会でもNGな服装となります。
ファーのボレロや、黒のストッキングは好ましくないという意見もありますが、近頃はそれほど厳しいマナーがありませんので、二次会でしたら着用しても問題はありません。
ただし、どうしても不安だという方は、控えた方が無難であることには違いありません。

 

二次会での服装についてのまとめ

  • 披露宴から二次会に出席する場合は、そのままの服装が望ましい
  • 和装は主役の新郎・新婦より目立ってしまうこともあるため避けた方が良い
  • 平服でOKの二次会でもセミフォーマルな服装を心掛ける
  • 披露宴での服装に関するマナーは、二次会でも守ることが無難