女性の準礼装、準礼服

女性出席者の準礼装、準礼服ってなに?

冠婚葬祭に出席する女性が一番着る機会が多い服装は準礼装。結婚式に出席する女性の場合、基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

結婚式に招待された際、特に女性にとっては服装や髪型をどうするかというのは重要な問題になってくると思います。

冠婚葬祭の式典に出席する際の服装には、正礼装、準礼装、略礼装があります。
一番格式高いのは正礼装ですが、女性の場合は自分の子どもの結婚式の場合やドレスコードで定められている場合などは正礼装となりますが、それ以外の場合は基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

略礼装は、格式ばらないカジュアルなスタイルというのが一般的な考え方です。今回は、特に女性が着る機会が一番多い準礼装の際のマナーについて見ておきたいと思います。

 

準礼装の考え方

準礼装は、セミフォーマルと呼ばれる事もあります。結婚式や披露宴、入学式、卒業式などの冠婚葬祭に出席する際にはこの準礼装が一般的です。

 

昼の結婚式の準礼装は?

結婚式の場合、開催時間によって選ぶ服装が異なるという事も覚えておいた方が良いでしょう。
まず、昼間の時間帯に開催される結婚式の場合、ドレススタイルが一般的ですが、ワンピースやスーツなどでも良いでしょう。

スカートは短過ぎず、長過ぎず、ヒザ丈からセミロング程度が適切です。露出もできるだけ控えめにして、光る素材のドレスなども避けた方が無難でしょう。

 

夜の結婚式の準礼装は?

夜の時間帯に開催される結婚式の場合、昼間の結婚式よりも華やかさのあるラメやスパンコールなどがあしらわれたドレスやスーツ、ワンピースを選ぶと良いでしょう。

胸元や腕など露出が多少高めのものでも大丈夫です。スカートの丈は、ヒザ丈でもロング丈でもOKです。

 

足下やアクセサリーのマナーは?

準礼装の場合、アクセサリーも結婚式の開催時間によって適切なものを選ぶようにしましょう。
昼間の場合は、パールなどあまりキラキラしない素材のものがお勧めです。

夜の結婚式では、華やかさのあるアクセサリーを選びましょう。足下に関しては、昼夜関係なくストッキング着用でヒールのあるパンプスがベストです。

 

このように女性が結婚式に出席する際の準礼装は、式の時間帯によって選ぶアイテムが異なります。
昼間は少し控えめな感じのスタイルに、夜の場合は極端にセクシーな感じにならないようにそれでいて華やかな感じを演出できるようなスタイルを目指しましょう。

いずれにしても、主役となる花嫁さんの友人として恥ずかしくない常識のあるスタイルを心がける事が大切です。

 

女性ゲストの準礼装、準礼服に関するマナーまとめ

  • 冠婚葬祭に出席する際にはこの準礼装(セミフォーマル)が一般的
  • 結婚式の場合、開催時間によって選ぶ服装が異なる
  • 夜の時間帯に開催される結婚式の場合、華やかさのあるドレスやスーツ、ワンピースを
  • アクセサリーも結婚式の開催時間によって適切なものを選びましょう