披露宴の席次・席順の決め方

披露宴の席次・席順の決め方ってあるの?

ゲストが座る位置を記した案内図を席次表といいます。ゲストが気持ち良く過ごせるための席次を、一度おさらいしておきましょう。

披露宴の内容を考えるのはとても楽しいですよね。
でも決めなくてはいけない事もたくさんあって大変な事も色々あると思います。その中でも特に気を使うのが「席順・席次」の配置ではないでしょうか。

披露宴の招待客が多くなればなるほど席順決めは大変になってきますね。ゲストに失礼がないように、当日気を使わずに楽しんでもらえるような席順にするにはどのような点に注意して席順を決めて行けば良いのでしょうか?

 

基本のマナーを知ろう

まずは席順・席次の配置に関する基本的なマナーについて学んで行きましょう。

席次の基本となるのは席のスタイルです。席のスタイルには色々なタイプがありますが、オーソドックスなものは「くし型」と「ちらし型」と呼ばれるスタイルです。

くし型は、文字通り髪をとかす櫛を連想してもらうと分かりやすいですが、縦長のテーブルを垂直に並べて配置するスタイルとなります。

ちらし型というのは、基本は丸テーブルで会場の広さに合わせてテーブルをバランス良く配置するスタイルを指します。

くし型の場合もちらし型の場合もより新郎新婦に近い席が上座となり、新郎新婦から離れるほど下座となります。
席次を決める際にはこれが一番重要なマナーとなりますのでよく覚えておいてください。

 

席次を作ってみよう

席次を作る際には、まずゲストを簡単にグループ分けしてみると分かりやすいと思います。

分け方としては、まず新郎側のゲスト、新婦側のゲストに分けます。
そこからさらに会社、友人、親族でグループ分けしまょう。
ここで分けたグループの人たちはできるだけ同じテーブルまたは近いテーブルに配置できるようにすると良いでしょう。

グルーピングができたら、次はそれぞれのグループをどのテーブルに配置するかを考えましょう。
主賓がいるグループは必然的に一番上座のテーブルに配置するようになります。
後は両家の両親は一番下座の末席と呼ばれる席に配置するのもマナーです。

 

ひとテーブル内での配置について

ここまでの説明でテーブルの配置に関して上座、下座があるのは分かったと思いますが、より細かな点にまで配慮するならば、ひとつのテーブル内にも上座下座がありますので、これにも注意して席順を決めると良いでしょう。

最初にお話しした通り、とにかく新郎新婦に近い席が上座になりますので、グループ内で一番序列の高い人がテーブル内の上座の席にくるように配置すると良いでしょう。

 

席次を決める際には序列を基本に席の配置を行うのがマナーというお話をしてきましたが、こうしたマナーにプラスしてそれぞれのゲストの状況に配慮した席の配置ができるとより良いと思います。

例えば子連れのゲストの場合は、比較的出入り口に近い場所に配置したり、高齢のゲストの場合もお手洗いの近くや出入りが便利な場所などに配置するなどという気配りもプラスできるとよりゲストに楽しんでもらえる披露宴になるはずですね。

 

披露宴の席次・席順の決め方に関するマナーまとめ

  • オーソドックスなものは「くし型」と「ちらし型」と呼ばれるスタイル
  • 新郎新婦に近い席が上座。新郎新婦から離れるほど下座になります
  • 主賓がいるグループは必然的に一番上座のテーブルに配置しましょう
  • 両家の両親は一番下座の末席と呼ばれる席に配置しましょう
  • テーブル内にも上座下座があるので、一番序列の高い人がテーブル内の上座の席にくるように配置しましょう
  • 子連れのゲストや高齢のゲストなどの場合、お手洗いの近くや出入りが便利な場所などに配置するのもよいでしょう。