本当に喜ばれる引出物・引菓子の選び方

結婚好き出席者に本当に喜ばれる引出物・引菓子の選び方

結婚式に出席して頂いた方に、お礼の気持ちと記念品の意味合いを込めて贈るのが引き出物です。
本当に喜んでいただけるものを選びましょう。

結婚式は何かと細かな準備が多いので、引き出物は全てのゲストに同じ物を贈るというケースもよくあるようです。

ただ、最近の傾向としては、ゲストの性別や年代などによって引き出物の中身を変える贈り分けを選ぶ人も増えてきています。せっかく贈るのであれば、通り一遍な物ではなく、相手に本当に喜んでもらえる物を贈りたいですよね?
少し手間はかかりますが、相手によって贈る物を分けるという方法はお勧めです。ここでは、そんな引き出物に関するマナーについて見て行きたいと思います。

 

贈り分けのポイント

引き出物は、1つではなく数種類贈る場合が多いので、全てをゲストに合わせて違う物にしていたら大変です。
そのため、引き出物の中の1つをゲストの好みに合わせたものにすると良いでしょう。他の物に関しては、誰もが喜ぶ実用性のある物を選んでおくと良いでしょう。
例えば、よくあるのはバームクーヘンや鰹節などの食品系の物ですね。これなら、消費されていくので一番無難なアイテムと言えるでしょう。

 

名前や写真入りってどう?

引き出物でたまにあるのが、2人の名前や写真の入った記念品です。
名前くらいなら、まぁ許容範囲かなと思われますが、2人の顔写真入りのお皿などを貰ったとして、どうでしょうか?あなたなら使いますか?飾りますか?
正直、家族でもない人の写真の入ったものを使ったり飾ったりするというのは、ちょっと抵抗があるのではないでしょうか。

また、最近では食品に名前を入れたものを贈る人も増えていますが、消耗されていくものに名前を入れるというのはあまり好まれないとも言われています。
カステラなどに名前が入っていると切って食べるので何となく食べる時に申し訳ない気持ちになるという人もたくさんいます。

浮かれ気分で引き出物を選んで、自分たちの写真や名前なんかを入れてしまいがちですが、本当に相手に喜ばれる物という点でいうと、こうした贈り物は避けた方が無難でしょう。

 

カタログギフトってどう?

最近では、カタログギフトを利用する人も増えてきていますね。
カタログギフトは、引き出物がかさばらないという利点と、相手が好きな物を自分で選べるという利点があります。

カタログギフトには、価格帯が様々ありますし、掲載されている品物も食品から衣料品、ブランド物、ホテル、エステ、レジャー施設の利用券など、様々なジャンルが1冊にまとめられていますので、選ぶ側の好みに合ったものが見つかる確立がとても高いと考えられます。
贈る相手によって、価格帯を変える事ができるという点でも便利なアイテムですね。

ただし、年配の方などの場合には、カタログギフトをあまり好ましく思わない方もいると言う事も頭の片隅に入れておいた方がいいかもしれません。

 

引き出物は、結婚式に出席して頂いた方へのお礼の気持ちを形にして届ける重要なアイテムです。
全員に同じ物を渡す場合でも、心を込めた品物を選んでいれば特に失礼に当たる事はありませんし、ゲストの方もきっと喜んでくれるはずです。
ただ、やはり本当にゲストの方が喜ぶ品物を贈りたいという場合には、贈り分けをする事をお勧めします。

 

引き出物を選ぶときのポイントについてのまとめ

  • 引き出物の中の1つをゲストの好みに合わせたものにすると良いかもしれません
  • 二人の名前や写真入りは避けたほうがいいかも
  • 最近は、自分で好きなものを選べるカタログギフトを贈る人が多い