女性ゲストのサブバッグ。色やデザインにマナーはあるの?

女性出席者のサブバッグ。色やデザインの選び方について

結婚式・披露宴に出席する女性には必須アイテムと言ってもいいサブバッグ。荷物がどうしても多くなってしまう女性の味方です。

披露宴に出席する際のメインバッグは小振りで華やかな印象を与えるパーティーバッグがベストです。

ただ、このパーティーバッグにはあまり物が入らないという難点もあります。
そこで活躍するのがサブバッグですね。サブバッグは基本的には披露宴会場には持ち込まずにクロークに預けるのがマナーです。

披露宴会場に持ち込まないのであれば何でも良いのでは?と思われがちですが、サブバッグにもきちんとしたマナーがありますので失礼のないようなアイテムを選ぶ事が大切です。

 

サブバッグの色、マナー違反はある?

メインのパーティーバッグは色やデザインなどマナーに沿って比較的華やかなものを選ぼうという意識が高い人が多いと思います。

ただサブバッグとなると、“サブ”という言葉の響きも手伝ってあまりマナーを意識せずに選んでしまう人も多いようですね。

いくらメインではないと言っても披露宴に持っていくアイテムの一つである事に変わりはありませんので色にもちゃんとしたマナーがあります。

サブバッグというと黒を選ぶ人が多いのですが、できれば黒は避けた方が良いでしょう。
絶対にダメというわけではありませんが、黒のサブバッグというのは形やデザインにもよりますが、どうしても弔事を連想させやすいので極力避けましょう。

では明るい白なら良いのかというと、白は花嫁さんの色なのでこれもまたマナー違反です。
サブバッグだから良いだろうという意識は自分に品を下げてしまう事になりますので気をつけたいですね。

 

サブバッグの選び方

では披露宴に持っていくサブバッグはどのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

一番無難な色は少し華やかめのパステルカラーでしょう。光沢感やラメなどが多少ついていても問題ないでしょう。

またサブバッグがあるとはいえ披露宴にやたらとたくさんの物を持って行くのはスマートではありませんので、サブバッグがあっても荷物は極力減らしてサブバッグのサイズもできればA5程度の小さめのものを選ぶと品良く映ることでしょう。

サブバッグのマナーでよく勘違いしやすいのが、ブランドの紙袋を使用するというものです。
ブランド品が入っていた質の良い紙袋だから良いだろうと思って披露宴のサブバッグに利用している人を見かける事もありますが、これは実はマナー違反です。

いくらブランドの紙袋でも紙袋である事に違いはありません。披露宴に紙袋で来るというと他のゲストに対してもやはり良い印象は与えませんね。
これは女性がよく間違えやすいマナーなのでよく注意しておきましょう。

 

披露宴に出席する際には身だしなみ、身につけるものなど細かな部分にまできちんと気を配る事で、新郎新婦に対するお祝いの気持ちをより深く伝える事ができます。

自分がオシャレをしたいという気持ちも分かりますが、マナーに沿った正しい服装で出かける事がひいては自分の品格を上げる事にもつながるという事をよく理解しておく事が大切です。

 

女性ゲストのサブバックに関するマナーまとめ

  • 黒色、白色のものは避けましょう
  • 一番無難な色は少し華やかめのパステルカラー
  • サイズはできればA5程度の小さめのものを選びましょう