招待客の呼ぶ・呼ばないの正しい境界線

結婚式披露宴、招待客の呼ぶ・呼ばないの正しい境界線

結婚式の招待客、どこで線引きするのが正解なのでしょうか?
ゲスト人数を決めるには、誰を招待するかを考えなくてはいけません。親族はどこまで声をかけるべきか。友達は?職場関係は?こちらでは、ごく一般的な招待客の線引き方法をご紹介します。

結婚式の招待客を決めるのは想像以上に大仕事です。
お世話になった人や会社の人、友人、これまで関わりのある人はできるだけたくさん呼びたいものですね。

ただ、会場の都合や予算の都合などで、どうしても人数制限が出てしまうというのは仕方のない事だと思います。

結婚式の見積りを作るにあたっても大まかな人数というのは決めておきたいものですが、一体どのようにゲストを決めれば失礼がないようにできるのでしょうか?

 

式の予算からゲストの人数を考える

結婚式の予算は、自分たちの予算と頂けるご祝儀をおおまかに概算して考えましょう。

おおまかな予算が見えてきたら、招待したいゲストの人数を考えます。招待客が少ないと1人あたりの単価は高くなりますね。逆に招待客が多くなると単価は低くなります。

また、予算との兼ね合いという点でいうと、遠方からのゲストは交通費や宿泊費などの負担が大きくなりますので注意が必要です。

費用を抑えたいという人の場合は、遠方の人には後日きちんと報告をする事にして招待は諦めるというのも賢い選択です。

また、夫婦で招待する場合には、ご祝儀の相場は2人で5万円なので、それ以上に1人の費用がかると赤字になってしまう事もあります。

披露宴なんだからそんなケチ臭い事は言わずに振る舞おう!という考えも良いとは思いますが、披露宴後は現実の生活が待っているという事は忘れずに、その後の生活の事もよく頭に入れて自分たちのできる範囲で感謝の想いを伝える披露宴ができる事が1番大切だと思います。

 

同じグループ内に呼びたくない人がいる場合

共通の友人、知人のグループで披露宴に招待する人、しない人を作ってしまうと後々のお付き合いにも影響が出てしまいそうですね。

かといって呼びたくない人を披露宴に招待するというのも憂鬱だと思います。
そうなった場合は、会場の広さの都合でなどと理由をつけて全員を招待せず、二次会などに招待すると良いでしょう。

 

会社の人はどこまで招待すれば良い?

会社の人を招待するというのが実は一番難しかったりしますね。
規模の大きな会社となると部署外でも関わりのある人などもいると思いますので、招待する人、しない人の線引きがとても難しくなります。

会社の人を招待する場合は、思い切って同じ部署の人に限定するなど分かりやすい枠で線引きすると後腐れなくて良いと思います。
他の招待したい人がたくさんいる場合には二次会を開催してそちらに招待するなどしましょう。

 

披露宴の招待客は、両家の人数のバランスを合わせる必要もありますし、色々な関わりのある人を招待する事になりますのでとても難しい問題だと思います。

特に親族に関しては、両家の両親にきちんと相談してから決めた方が良いでしょう。

また、あまり早く結婚の報告をしてしまうと招待する予定でなかった人も招待しなくてはならなくなってしまうという事もありますので、報告のタイミングもよく考えた方が良いでしょう。

 

招待客の呼ぶ・呼ばないの正しい境界線に関するマナーまとめ

  • 結婚式・披露宴の予算からゲストの人数を考える
  • 全員を招待できない場合は、二次会などに招待する
  • 規模の大きな会社の場合、同じ部署の人に限定する