結婚式、招待状は手渡しした方がいいの?

結婚式、招待状は手渡しした方がいいの?発送でも問題ないよね?

結婚式の招待状をゲストに渡す方法としては、郵送、手渡しの2通りの方法があります。基本的には手渡しをする方が良いとされています。

結婚式の準備は、想像以上にする事がたくさんあって大変ですね。
特に招待するゲストをリストアップして招待状を送るという作業はなかなか大変です。
新郎新婦でゲストの数を合わせたり、親族は誰を招くのかを両親に確認したり、挨拶、乾杯などをお願いする人を決めたり、考えただけでも目が回りそうですね。

でも、こうした作業を供にする事で2人の絆がさらに深まるという事もありますので、面倒がらずに楽しみましょう。
さて、ここでは先ほどから話しに出ている招待状にまつわるマナーについて少し考えてみたいと思います。

 

招待状の送り方

結婚式の招待状は、特別なものなので送る際には失礼のないようにしましょう。
招待状をゲストに渡す方法としては、郵送、手渡しの2通りの方法があります。
基本的には手渡しをする方が良いとされています。
ただし、遠方の人の場合には郵送で送るしかできませんので、郵送でも問題ありません

 

手渡しの際のマナー

招待状を手渡しする方が良い理由としては、相手に直接、結婚の報告と式への出席のお願いができるからです。
また、その際には最低でも3ヶ月前には招待状を届ける事ができるように計画を立てておくと良いでしょう。

会った時に渡せばいいやなどと考えていると、すぐに日にちが経ってしまうので、目上の人から順にいつ渡すのかという計画をきちんと経てておく必要があるでしょう。

 

手渡しの場合の宛名

招待状を手渡しする際には、基本的に住所は書きません。
お渡しする相手の名前のみを書くようにしましょう。

 

前連絡は必要?

手渡しで招待状を送る際には、突然相手の家などに持って行っても良いかというと、これはあまりよろしくありません。

特に上司や会社関係の人の場合は、事前に招待状を送りたい旨を伝え、いつ渡せば良いか相手の都合を確認してから持参するようにしましょう。
友人の場合もできれば相手の都合を確認しておいた方がスムーズに渡せるでしょう。

 

郵送の場合のマナー

遠方の人など、郵送で送るしかない場合もあるでしょう。
そうした場合も、事前に招待状を送る旨を電話などで伝えておく方が失礼がないでしょう。

また、遠方の人の場合には会場までの交通手段や宿泊先の確保などの都合上、できれば4ヶ月前までに連絡ができるようにするのが良いとされています。
宿泊先などをこちらで用意する場合には、その旨もきちんと事前に伝えるようにしましょう。

 

結婚式の招待状は、基本的には手渡しが理想とされています。
また、手渡しの場合でも事前に相手に連絡を取って、渡すタイミングなどを確認しておく方が良いでしょう。
招待状は、自分たちの門出に列席してもらう人への最初のアクションになりますので、まずここで失礼がないようによく心配りをするようにしましょう。

また、郵送する場合も慶事の切手を貼り、事前に電話などで招待状を送る旨を伝えるなど最大限の配慮をするように心がけましょう。

 

結婚式の招待状を手渡しする際のマナーまとめ

  • 目上の人から順に計画を立てて渡す
  • 招待状を手渡しする際には、基本的に相手の住所は不要
  • 事前に連絡をとって相手の都合の良いときに渡しましょう