男性が結婚式に着ていくシャツについて

男性出席者が結婚式に着ていくシャツについて

一見それほど変わりないようでいて細かな部分に違いがある「シャツ」そこにこだわる事でオシャレ感をアップさせる事ができるんです。

結婚式の男性の服装というとブラックスーツやディレクターズスーツだと思います。
どちらも黒ベースなので女性に比べると男性は華やかさに欠ける感じはありますが、ネクタイや小物、シャツなどでオシャレ感をアップさせる事は十分にできます。

とはいえ、やはり正式な場に出席するわけですので、自分の好みやセンスばかりを押し出してしまってマナーに反するような服装になってしまってはいけませんね。
そこで今回は、特にシャツの選び方を中心に男性の結婚式での装いについてお話してみたいと思います。

 

シャツの色はどう選ぶ?

最近の結婚式ではパステルカラー程度の色合いのカラーシャツなら許容範囲とされる事が多くなっています。

ただ、結婚式でのフォーマルスタイル、セミフォーマルスタイルの場合、基本は白シャツを選びましょう。

カラーシャツを着ても良いのは、二次会のみの場合やカジュアル度が高く平服での出席が促されているような披露宴、披露パーティーだと考えておいた方が良いでしょう。

 

シャツの柄(がら)はどう選ぶ?

シャツの色は、白を選ぶのが無難とされていますが柄についてはどうでしょうか?

白シャツの場合、柄(がら)は基本的には無地のものを選ぶ方が良いでしょう。
柄があるとしても近づいてみないと分からないくらいのうっすらとしたものか、オシャレ上級者なら織り柄の入ったシャツを選ぶというのも良いと思います。見た目には無地なのによく見ると柄がある事に気がつくというのは、さりげないオシャレのできる男性として好感が持てますね。

また、ボタンホールの糸があえてカラーにしてあるシャツなどもありますので、ネクタイの色などと合わせてこうした所でオシャレを楽しむというのも1つの方法です。

ただし、格式のある場所での結婚式などの場合は、無地でボタンホールにも色のない白シャツを選ぶのが無難です。

 

衿(えり)のタイプはどう選ぶ?

シャツの衿(えり)は一見同じように見えますが、実は色んなタイプがあります。

結婚式に出席する場合は、基本はレギューラカラーと呼ばれる長さや開きが標準的な衿を選びましょう。

タキシードを着るという人は少ないかもしれませんが、タキシードの場合はウイングカラーまたはバタフライカラーと呼ばれる衿の先が前に折れたタイプのものを選びましょう。

 

このように男性のシャツというのは、一見それほど変わりないようでいて細かな部分に違いがあり、そこにこだわる事でオシャレ感をアップさせる事ができるアイテムです。
基本のマナーに沿っていれば、後は自分なりのオシャレを楽しみましょう。

ただ、一番の基本マナーはアイロンがかかっていない、衿汚れ、袖口の汚れなどが目立つなど清潔感のないシャツを着て行く事です。

このような人はあまりいないとは思いますが、独身男性で自分で全て用意するという人は、特にこうした細かい点にもよく気をつけて清潔感のある紳士的な服装で出席するように心がけましょう。

 

男性が結婚式に着ていくシャツに関するマナーまとめ

  • シャツの色は、白を選ぶのが無難
  • 白シャツの場合、柄は基本的には無地のものを選びましょう
  • シャツの衿(えり)は、基本はレギューラカラーと呼ばれる長さや開きが標準的なものを選びましょう