男性の準礼装、準礼服

結婚式出席者の男性の準礼装、準礼服ってなに?

冠婚葬祭の服装には、正装、準礼装、略礼装の3つがあります。結婚式に出席する男性の服装は基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

一般的に男性が結婚式に出席する場合は、準礼装でまとめるのが良いとされています。
冠婚葬祭の服装には、正装、準礼装、略礼装の3つがあります。この中では準礼装が1番多く用いられています。

ちなみに結婚式の招待状に「平服で」と書かれている場合には略礼装の事を指します。
今回は特に男性の準礼装の装いについてお話したいと思います。

 

ディレクターズスーツとは?

男性の準礼装の場合、ディレクターズスーツまたはブラックスーツを選ぶと良いとされています。

まずはディレクターズスーツのコーディネートについて見てみましょう。
ディレクターズスーツは、ブラックスーツよりもワンランク上の装いと考えて良いでしょう。スタイルとしては、黒ジャケットにグレーのストライプ地のスラックスを合わせます。
特に親族、主賓や上司などとして昼の結婚式に出席する場合などはディレクターズスーツを着用していく人もいます。

ジャケットは、シングルでもダブルでもOKです。色は黒だけでなく濃いめのグレーや濃紺タイプのものもあります。

 

ブラックスーツとは?

一方のブラックスーツは、昼夜関係なく着る事ができる準礼装です。

スタイルとしては、黒ジャケットに共布(ともぬの)のスラックスを合わせます。これだけだととてもシンプルですが、シャツやネクタイなどを工夫する事で上品さや華やかさを演出することは十分にできます。

ジャケットは、シングルでもダブルでもOKです。スラックスはジャケットと共布が基本で、裾はシングルが良いでしょう。

男性出席者の服装で気をつけたいこと(スーツ、ネクタイ)

 

ディレクターズスーツかブラックスーツ、どちらを選ぶかは立場で決める

ディレクターズスーツとブラックスーツのどちらにするか迷った時は、出席する結婚式で自分はどのような立場になるかを考えましょう。

一般の招待客として参加する場合、ディレクターズスーツでは少しかしこまり過ぎてしまう事もありますので、ブラックスーツを選んでおく方が無難だと思います。

親族、主賓や上司など立場のある招待客、または親族として参加する結婚式の場合はディレクターズスーツでビシッと決めるというのも良いでしょう。

 

夜の結婚式はタキシードもあり?

セレモニーのない披露パーティーのみの夜の結婚式の場合であれば、タキシードで参加するという人もいます。
最近はあまり着る人がいないようで、ブラックスーツが一般的とも言われていますが、選択肢としてタキシードもあるという事で紹介しておきます。

 

ネクタイはどうする?

シンプルな装いになりやすい男性の場合、ネクタイやネクタイピン、カフスボタンなどで華やかさを演出する必要がありますね。

昔はお祝い事には白のネクタイというのが一般的でしたが、最近ではネクタイでオシャレを楽しむという考え方が浸透していて、結婚式でも色々なネクタイで出席する人が多くみられます。

とはいえ、あまり華美になり過ぎると印象を崩してしまいますので、白やシルバーグレーなどシックな色合いにストライプの柄がうっすら入っているようなものがお勧めです。

ネクタイは白じゃないといけないの?意外と悩むネクタイの色や柄

 

このように結婚式に出席する際の男性の準礼装は、ディレクターズスーツまたはブラックスーツを基本として、ネクタイや小物アイテムなどで華やかさを演出するというのが基本となります。

男性はシンプルな装いになりやすいですが、せっかくのお祝い事なので細かな所にも気を配って招待してくれた人が嬉しくなるような素敵な紳士の装いを目指しましょう。

 

男性ゲストの準礼装、準礼服に関するマナーまとめ

  • 親族、主賓や上司などとして出席する場合はディレクターズスーツが一般的
  • ブラックスーツは、昼夜関係なく着る事ができる準礼装
  • ディレクターズスーツかブラックスーツ、どちらを選ぶかは立場で決める
  • 夜の結婚式はタキシードもあり
  • ネクタイやネクタイピン、カフスボタンなどで華やかさを演出しましょう