男性の靴下は何色?どんなものを履いて出席すればいいの?

男性の靴下は何色?どんなものを履いて出席すればいいのでしょう?

結婚式、披露宴で履く「靴下(ソックス)」は、見えないところだからと言って何を履いても良いわけではありません。

見られていないようで、意外と周りから見られているのが足元です。
オシャレは足元からという言葉もありますが、スーツやネクタイをビシッと決めても足元の靴下ひとつで台無しになってしまう事があります。

マナーの上でも靴下がおかしいだけで、非常識な人と捉われてしまうことがありますから、結婚式に履いて行く靴下も、きちんとフォーマル用に合わせるように気を付けましょう。

 

白い靴下はNG?これだけは抑えておきたい!結婚式に履いて行く靴下の色

結婚式に履いて行く靴下の色は、スーツと合わせた場合には「黒だけ」と心得ておきましょう。

おめでたい席だからと言ってカラフルな靴下や、白いネクタイだからと言って靴下まで白に合わせる必要はありません。

小さなお子様の場合、白い靴下を履かせることがありますが、大人の男性では白の靴下はNGとなります。
もちろん花婿さんである新郎が、白のタキシードを着用している時は例外ですので、ゲストとして招かれた際は、黒の靴下を準備しましょう。

 

スニーカーソックスはカジュアル用なので結婚式ではNG

男性用の靴下も種類が豊富になりましたので、くるぶし丈の「スニーカーソックス」や「カバーソックス」なども販売されていますが、スーツと合わせる時には「ミドル丈」の靴下が基本です。

あまり短い丈の靴下は、椅子に座った時に素肌が見えてしまうことがあり下品な印象を与えてしまいます。
そのため、スーツと合わせる時には“ふくらはぎまでの長さのある”ミドル丈のソックスがベターです。

 

ストライプ柄の靴下はモーニングコート用の靴下

冠婚葬祭用の靴下として、「ストライプ柄」の靴下が販売されていますが、ストライプ柄の靴下は、基本的にはゲストに招かれた方は着用しません。

真っ黒の靴下では縁起が悪いと思う方が、白のストライプが入った靴下を着用する事も時折あるのですが、一般的にはストライプ柄の靴下は、モーニングコートを着用する新郎・新婦の父などに限られています。

結婚式に招かれた時には、黒の無地の靴下を選べば間違いはありませんので、持っていない方は新調するようにしましょう。

 

結婚式に男性が履いていく靴下(ソックス)についてのまとめ

  • 結婚式で履いて行く靴下の色は黒が基本
  • 白い靴下はNGのため結婚式では履いて行かない
  • 靴下の長さはふくらはぎまでのミドル丈を選びましょう
  • ストライプ柄の靴下はモーニング用のため無地を選ぶのがベターです