着物で出席する際に気をつけたいこと

結婚式で女性出席者が着物で出席する際に気をつけたいこと

結婚式で着物を着て行く時にも気を付けてほしいことがあります。着物の種類によって格式が変わってきますので、基本的な着物のマナーを心得ておきましょう。

結婚式の着物は何を着て行っても良いわけではない

格式が最も高い礼服である「黒留袖」は、新郎・新婦の母親や親族関係者など、“招待する側”の既婚女性が着用するものです。

また、着物には格式を表す「第一礼装の五つ紋」「準正装の三つ紋」「略礼装の一つ紋」など、デザインによって細かく別れています。
そのため、通常のゲストとして招かれた場合には、「三つ紋の色留袖」「訪問着」「振袖」を着用するのが一般的ですので、着物選びには十分気を付けましょう。

 

独身女性と既婚女性では着物の選び方も変わる

黒留袖は既婚女性が着用するものと決まっているように、着物には独身者と既婚者によって着用できる着物の種類が変わってきます。

例えば、「訪問着」や「色留袖」と呼ばれる着物は、独身や既婚女性のどちらが着用しても構いませんが、「振袖」は独身女性が着用するものです。

ちなみに、振袖を着用する場合には、和装で式をあげる新婦が「大振袖」を着用することもありますので、成人式などでも着用する「中振袖」を着るようにしましょう。
中振袖は、小振袖よりも華やかさがあるため独身者のゲストの着物としておすすめです。

 

桜(さくら)柄はダメ?結婚式に着て行く着物の色や柄で注意すべきこと

着物の色は、基本的には決まりがある訳ではないのですが、親族の黒留袖と同じカラーである「黒地」は紛らわしいため控えるようしましょう。
また、洋装のドレスと同様に、「白地」や「クリーム地」は洋装では花嫁衣装と被ってしまいますので控えるのがマナーとされていますが、着物の場合は格があっていれば特に問題はありません。

それから、“桜散る”というイメージから、桜柄の着物は控えるべきだという意見も少なからず存在するのですが、日本を代表する花の一つである桜柄は、季節を問わず着用しても問題ありません

ただし、あまりに煌びやかで豪華な着物地は、主役である花嫁さんよりも目立ってしまう事になりかねないのでNGとなります。
帯などの小物アイテムを使って、上品な範囲で華やかに仕上げるようにしましょう。

 

出席者(ゲスト)が着物を着ていく際のまとめ

  • 着物の種類によって格式が決まっているため相応の着物を着用する
  • 独身者と既婚者で着用できる着物の種類を把握しておく
  • 主役に配慮した着物の色や柄を選ぶようにする
  • 華やかに着こなしたい時には帯などの小物アイテムをポイントにする