祝電(電報)を送る際に気をつけたいこと

祝電(電報)を送る際に気をつけたいこと

祝電(電報)は期日、宛名や送り先に注意して文例なども参考にしつつ、二人に素敵なお祝いの言葉を贈りましょう。

何らかの理由により結婚式に出席することができない場合や、結婚式に招待されていない方でも、「祝電(電報)」という形でお祝いをすることができます。

しかしながら、祝電は直接会ってお祝いをする訳ではありません。
文章の選び方など失礼のないよう、祝電を送る際のマナーをしっかりチェックしておきましょう。

 

祝電を送ることを決めたら早めの準備を心掛けましょう

結婚式の祝電は、NTTを利用した場合一ヶ月前から申し込みの受け付けを行っています。
ギリギリになってからでは、式当日に祝電が間に合わないこともあります。
なので、できるだけ早めに手配するよう心掛け、3日前までには申し込みを完了できるようにしておきましょう。

祝電を送る前に、
「会場名」「新郎新婦の名前」「両家の姓」
など、しっかり確認しておきましょう。送り先の情報に間違いがあっては大変です。
不安な際はあやふやにせず、必ず間違いがないかを事前に確認しておきましょう。
特に、漢字などは間違いが起こりやすいため、細かいところにも気を配ってチェックしておくようにしましょう。

 

付き合い上の関係性を考えながら祝電のデザインを選びましょう

近頃、祝電のデザインは非常に豊富になっているため、オリジナル性の高いユニークなものも沢山登場しています。
ぬいぐるみ、フラワーアレンジメント付きなど、可愛らしい祝電スタイルもありますが、付き合い上の関係性を考えてデザインを選ぶことも重要です。

例えば、会社関係の方へ祝電を送る際には、あまりカジュアル過ぎるデザインよりも、シンプルなデザインが望ましいため、自分の好みだけで送らないようにした方がよいでしょう。

 

祝電の文章は縁起の悪い言葉を避けて考えましょう

祝電のメッセージを考える際は、二人の別れを連想させてしまう「別れ」や「離れ」など縁起の悪い言葉の使用はNGとなります。
また、再婚をイメージさせる「重ね重ね」や「しばしば」など、連なった言葉も良しとされていません。

文章に自信のない方は、祝電の「定例文」を参考することで失礼のないメッセージを送ることができます。
友人宛に祝電を送る際は、ユーモラスな文章も素敵ですが、決して両家や新郎・新婦に対して、誹謗中傷的な内容に仕上がることのないよう気を付けましょう。

 

結婚式 祝電のマナーについてのまとめ

  • 祝電は一ヶ月前~遅くとも3日前までに申し込み、手配をしておく
  • 祝電の送り先を事前にきちんと確認しておく
  • 祝電のデザインは関係性を考えて選ぶようにする
  • 祝電の文章は縁起の悪い言葉を避けて、失礼のないメッセージを送る