結婚報告はがきの書き方・文例

結婚報告はがきの書き方・文例

結婚後のマナーとしてあるのが、日ごろお世話になっている方々への結婚報告をすること。
はがきで送るのが一般的ですが、いざ結婚報告はがきを書こうと思ってもどんな風に何を書いたらいいのか…?となりますよね。

結婚を報告する際、「結婚報告のはがき」を送る場合があります。

日頃お世話になっている人や親戚、友人、知人など送り先が様々なので文面を考えるのに苦労するという人も多いでしょう。

そこでここでは、結婚報告を出す際のマナーや文例について紹介してみたいと思います。

 

はがきを出すタイミングは?

結婚報告は、基本的に挙式後1~3ヶ月以内に出すのが一般的とされています。

場合によっては年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと時期が重なることもあると思います。

こうした場合には、年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと結婚報告を兼用しても良いでしょう。

 

誰に?どういった方に送ればいいのか?

実は意外と知られていないのが、結婚報告のはがきは結婚式に出席してくれた人にも送るというマナーです。

結婚式に出席してくれた人にも改めて感謝の気持ちを伝えるためにはがきを送ると良いでしょう。

また、親戚や友人などで結婚式に呼べなかった、都合で参加できなかった人にもはがきを送り結婚の報告をきちんとしておくことでその後の良好な関係を保つことができると考えられます。

 

どんな内容にする?

結婚報告のはがきにはどんなことを書けば良いのでしょう?

可能であれば送る相手によって文面を変えることができればより良いですね。

送る相手として考えられるのは、親戚、友人、上司、同僚などが挙げられます。

まず親戚関係は、大半が結婚式に出席してくれていると思いますので、お礼も込めた内容にするのも良いでしょう。
ただ、式に出席できなかった人もいるかと思いますので基本は礼儀のある丁寧な文章で統一すると良いでしょう。
親戚なのであまり堅苦しくせず新居の報告なども盛り込んで親しみを込めた内容にできるとより良いですね。

友人・同僚については、羽目を外さない程度に楽しい内容にすると良いでしょう。
結婚式の写真や英字なども盛り込んで読んで楽しいはがきが作成できると良いですね。
こちらも新居の住所などを入れて、「ぜひ遊びにきてくださいね」などと親しみをこめた内容も盛り込めると良いでしょう。

結婚報告のはがきで一番緊張するのが上司宛のはがきだと思います。
失礼のないように、結婚したこと、これから2人で頑張っていくことをうまく伝えることができるシンプルな内容にすると良いでしょう。

 

送る相手によって内容を変えるのは大変な作業かもしれませんが、
今後のおつきあいやこれまでの感謝の気持ちを込めてもらった相手も幸せな気持ちになれるはがきの作成を心がけるようにしましょう。

 

「結婚報告はがきの書き方・文例」まとめ

  • 結婚報告は、基本的に挙式後1~3ヶ月以内に出すのが一般的
  • 年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと結婚報告を兼用しても良い
  • 結婚報告のはがきは結婚式に出席してくれた人にも送る
  • 結婚式に参加できなかった方にも送りましょう
  • 送る相手によって文面を変えるとより良いでしょう