結婚式・披露宴で受付をさせて頂く際に気をつけたいこと

結婚式・披露宴で受付係りをする際に気をつけたいこと

結婚式の受け付けは、新郎・新婦両家の代表とも言える大切な役割です。
結婚式に招待された大事なゲストに対して、失礼のないようきちんとしたマナーで対応するようにしましょう。

結婚式の受け付けを頼まれたら責任を持って事前の準備と確認を忘れずに

結婚式の受け付けを頼まれた方は、ゲストでありながらも受け付けとしての役割をまっとうしなければなりません。

まず、式当日前までに、必ず新郎・新婦と事前に打ち合わせをしておくようにします。
お車代の支払い代役や、ゲストへの連絡事項がないかなど、受け付けで行う仕事についての確認をしておきます。

また、受け付けの方はクローク(荷物の預かり所)化粧室、控え室など、ゲストに対して式場内の案内がスムーズに行えるよう確認しておく必要があります。
そのため、結婚式当日は早めに式場に到着するようにし、「式場内」や「芳名帳(ゲストブック)」の確認を怠らないことが大切です。

それから、両家の顔として恥ずかしくないよう、受け付けの場に立つ前には髪型や衣服に乱れがないかチェックして、自分の身だしなみもきちんと整えておくようにして下さい。

 

受け付けが始まったら言葉遣いに気を付けてゲストを迎え入れよう

受け付けが開始され、ゲストが到着した時には必ず”立って一礼”をします。
言葉遣いに気を付けながら、「本日はお忙しい中、ありがとうございます」とゲストの方にお礼の言葉を添えて、ご祝儀を受け取るようにします。

また、「恐れ入りますが、こちらに御署名お願い致します」と、ゲストの方に住所と名前を芳名帳に記入してもらう事を忘れずに行いましょう。
記入が終えたら、式が開始するまでゲストの方には控え室にて待って頂くよう丁寧にご案内します。

それから、受け付けにとってゲストから受け取ったご祝儀の管理は、非常に大切な役割となります。
基本的には、受け付けは新郎・新婦側の二人一組ずつで行う事になります。
そのため、トイレなどで一旦席を離れる際は、必ずもう一人の受け付けの方に席を立つ事を伝えて下さい。

近年、ご祝儀泥棒と呼ばれる盗難が相次いでいますので、ご祝儀から目を離さないことが大切です。
例え、親族と言う方が現れても面識のない方でしたら、安易にご祝儀を渡してはいけません。

 

結婚式・披露宴で受付をさせて頂く際に気をつけたいことまとめ

  • 結婚式当日までに、新郎・新婦と受け付けでの仕事の確認をしておく
  • 結婚式当日は、早めに式場入りをして受け付けの準備を万全にしておく
  • 受け付けが開始されたら、ゲストの方に失礼のないよう丁重に案内する
  • ご祝儀の管理は大金のため細心の注意を払うようにする