結婚式にヒゲはあり?なし?

結婚式に参加する時にヒゲはあり?なし?

最近では、結婚式や二次会でもヒゲを生やした男性をよく見かけるようになってきました。

最近では、ヒゲもオシャレの1つと考える人が増えているようで、日常的にヒゲを伸ばしている男性をよく見かけますね。
また、ピアスや指輪、タトゥーなどでオシャレを楽しむ男性も増えてきています。
年代によっては、こうしたファッションを快く感じない人もいるようですが、個性が認められる現代にあっては、プライベートな時間であればどのような服装をしても自由だという考えの人が多いと言えます。

ただし、これはあくまでもプライベートな時間に限った話しであって、会社や公の場などでは、ヒゲを始めとしたこうしたファッションはなかなか認められないというが現状です。
会社や公の場では分かりますが、ではマナーが問われる結婚式ではどうでしょうか?結婚式にヒゲを生やしたまま出席するのは、果たしてマナー違反になるのでしょうか?

 

カジュアルな式ならOKな場合も

出席する結婚式が、平服でおこし下さいなどと言われている場合ならヒゲもOKとされる場合もあるでしょう。
また、二次会のみの参加や友人だけが集まる結婚式など比較的カジュアルなスタイルの結婚式であれば大丈夫でしょう。

 

ホテルや格式のある結婚式はNGな場合も

格式のあるホテルで行われる結婚式などの場合は、できればヒゲは剃って行く方が良いでしょう。

特に身内の結婚式や会社関係の人の結婚式などの場合には、ヒゲは失礼に当たる場合もあります。

年配の列席者の中には、いくら整えたヒゲであってもヒゲを剃らないという事に対して不快感を感じる人も多いようです。
そのため、結婚式後もお付き合いのある目上の人が一緒に参加するような結婚式の場合には、ヒゲは剃って行く方が良いでしょう。

 

伸ばしかけのヒゲはアウト?

どうしてもヒゲを剃らずに結婚式に出席したいという場合、清潔感があるようにきちんと整えて行く事が最低限のマナーです。

例えば、オシャレのために伸ばしている最中で、剃りたくないからそのまま無精髭の様な状態で出席するというのは、やはり失礼にあたります。これはカジュアルな結婚式の場合も同様です。

どうしても剃りたくない場合などは、理髪店などに行ってきちんと整えてもらうようにしましょう。整っていないボサボサのヒゲはマナーとしてはアウトです。

 

ヒゲを剃りたくないといういうのは、個人の都合ですね。
ヒゲは個性の1つですし、一度剃るとそれなりの長さまで伸ばすのは、また日にちがかかるので剃りたくないという気持ちは分かります。
ヒゲがトレードマークのようになっている人もいると思いますので、特にそうした人の場合は剃る事にとても抵抗を感じるでしょう。

友人などが主催の場合には、ヒゲありでも良いかを本人に確認できれば一番良いですね。
なぜなら、結婚式は新郎新婦のものであって、招かれたゲストの身だしなみやマナーでその友人の品格が問われるという事も多いにあるからです。
年配の方が多い結婚式などの場合には、特にマナーや身だしなみについてチェックされている事も多くあります。

個人の想いも大切ですが、やはり心からお祝いしてあげたい、招いてくれた人に失礼がないようにしようという気持ちというのは大切なのではないでしょうか?

 

結婚式にヒゲはあり?なし?のまとめ

  • 比較的カジュアルなスタイルの結婚式であれば問題ないでしょう
  • 身内の結婚式や会社関係の人の結婚式などの場合には、ヒゲは失礼に当たる場合がある
  • どうしてもヒゲを剃らずに出席したい場合、清潔感があるようにきちんと整えて行く事が最低限のマナー