結婚式のスピーチを依頼されたら

結婚式でスピーチをするときの内容の考え方

結婚式のスピーチを頼まれたら、やっぱり心に残る素敵なスピーチをしたい。

でも、何をどう進めていけばいいかわからない。そんなあなたにまず読んでもらいたい。
結婚式でのスピーチ。新郎新婦にとって人生最良の日の大役。喜んで引き受けたはいいが緊張するし、立場や関係、いろいろなマナーがあって難しいですよね・・・。

 

招待客との立場や、新郎新婦との関係を踏まえてスピーチする

披露宴でのスピーチを頼まれたら、まず自分がどんな立場で話すのかを新郎新婦に確認しましょう。

また、招待客の顔ぶれや、スピーチの順番、披露宴のスタイルなども聞いておき、その場にふさわしい話題を考えます。

キッチリとした、格調高い披露宴であればその会場に合った堅めのキッチリとしたお話を、新郎新婦の友人などが中心の気楽なパーティであれば、堅苦しい内容は避け、リラックスできるような内容を交えて話す方がよいでしょう。

会社の上司や、同僚としてのスピーチならば、新郎新婦の仕事ぶりを紹介し、親族としてならば、本人の幼いころのエピソードを話すなど、自分の立場や新郎新婦との関係を踏まえた内容にします。
ウケを狙いすぎたり暴露話するのはタブーです。具体的なエピソードから、新郎新婦の人柄の良さが相手側の招待客にきちんと伝わる内容を心がけましょう。

 

持ち時間に特に決まりはないが、約3分ほどのスピーチを。練習ではしっかりと声を出して!

スピーチの時間は、主賓ならば3~4分(原稿1,200字前後)、一般招待客は2~3分(原稿800字前後)が大体の目安とされています。
事前に原稿を作成して、声に出して何度も何度も練習しておきます。
本番では、原稿を見ても構いませんが、うつむいたままでは印象がよくないので注意してください。

 

スピーチをどうしても断らなければいけない場合

結婚式でのスピーチ。新郎新婦にとって人生最良の日の大役。こんなうれしい依頼はありません。喜んで引き受けましょう。
もちろん緊張もするでしょう。しかし、こんな大役はあなたの人生にとっても、絶対にプラスになる経験のはずです。

しかし、どうしても引き受けることができないこともあるでしょう。
その場合は、親しい間柄なら素直に、うけられない理由と気持ちを伝えましょう。
同僚や上司からスピーチを依頼されて、断る場合も、「こんな大役うまくできる自信がない。他の適任者に頼んでいただけると助かります…。」と苦手なことをきちんと素直に伝えてみるとよいのではないでしょうか。

けれど、できるだけ断らずに引き受けてくださいね。頼んでいただいた方も本当に喜んでくれますよ。

 

スピーチのだいたいの流れ

  • お祝いのことば
    「ご結婚おめでとうございます」と新郎新婦、両家の親族へお祝いのことばを述べ、招待されたことに感謝の意を伝えて。
  • 自己紹介
    新郎または新婦との関係性を簡潔に述べる。
    親しい間柄ならではのほほえましいエピソードを交えても可。
  • エピソード
    新郎または新婦の人となりがわかるエピソードをひとつだけ話します。
    年齢や立場の異なる人がいることを考慮し、くだけすぎないよう注意してください。
  • はなむけのことば
    新郎新婦の新しい門出への励ましと、末永い幸せを心から祈っているという本人たちを気づかう言葉を添えます。
  • 結びのことば
    「本日は本当におめでとうございます」など、最後にもう一度祝福のことばをかけて締めくくりましょう。

 

結婚式のスピーチを依頼された時のまとめ

  • スピーチする自分の立場、訪れる人の顔ぶれ、スピーチの順番、披露宴のスタイルなど、新郎新婦に事前確認を
  • 約3分のスピーチになるように、上の5つの要素を基本に原稿用紙に書く
  • くだけすぎたり、堅すぎたりせず、新郎または新婦の人柄が誰にでもわかるように紹介
  • あとは本番に備えて声に出して何度も練習をしましょう