披露宴返信はがき

結婚式招待状の返信はがきの書き方

結婚式招待状を頂いたら、返事を返すのが常識です。こちらでは招待状を頂いた場合の返信はがきの書き方などを説明します。ここでもマナー・常識があるので注意しましょう。

招待状が届いたら、なるべく早く返信ハガキを返すのが礼儀。2~3日中に返信しましょう

結婚式の招待状が届いたら、返信の期限まで間があっても、2~3日以内に返信はがきを出すよう心がけましょう。

すぐに返事を出すことで、喜んで出席するという気持ちが伝わるもの。逆に遅ければ、出席に迷っているのかな?など、新郎新婦に気を遣わせてしまいます。
仕事などの都合上、出欠がすぐに決められないときは、電話でその旨を伝え、期日までには返事をしてください。
結婚式直前まで予定が立たない場合は、先方に迷惑をかけないよう欠席にした方が無難です。

 

返信はがきを書くときは、新郎新婦へお祝いの言葉を書き添えましょう

新郎新婦は一言のメッセージを頂くだけでもうれしいはず。
裏面の余白には、出欠にかかわらず、お祝いのことばや招待へのお礼などを書き添えましょう。

欠席する場合は、簡単な理由とおわびの言葉も書き添えましょう。ただし病気やなど縁起の悪いことが理由な場合は、「やむをえない事情で」「所用のため」などとぼかすのがマナーです。
別の結婚式と重なった場合もはっきり書かず、「あいにく先約がございまして」などとしましょう。

 

■披露宴返信はがきの書き方
披露宴返信はがき
・宛名の下の「行」もしくは「宛」を、2本線で消して左側に「様」と書きましょう。
・「出席」か「欠席」を○で囲み、一方を2本線で消しましょう。
・○で囲んだほうの「御」「芳」も同様に消しましょう。

 

結婚式招待状を頂いた際のまとめ

  • 招待状は2~3日中に返信する。遅くとも期日は守る
  • 予定がわからない場合は、電話でその旨を伝えておく。式直前までわからなければ欠席したほうが迷惑をかけない
  • 欠席する場合はおわびとともに理由も書くが、病気であったり弔辞や別の結婚式ある場合はぼかしてお断りを

 

×出欠の返事をメールでしない
新郎新婦と親しい間柄でも、出欠の返事を電話やメールで簡単にすませるのは失礼です。親しき仲にも礼儀あり。礼儀正しく、返信はがきで対応しましょう。

お祝いの言葉(メッセージ)の例文
・ご結婚おめでとうございます。
・ご結婚の日取りが決まられたとのこと、心からお祝い申し上げます。
・待望のご結婚、心からお祝いいたします。