親族として出席する時のマナーってあるの?

結婚式に親族として出席する時のマナーってあるの?

親族として出席する場合は、友人や同僚などの結婚式に出席する際と、身内として結婚式に出席する場合ではマナーにも多少の違いが出てきます。

一般のゲストとして参加する場合よりも、親族として参加する場合には、控えめで格式のある装いなどが求められます。
また、当日は式や披露宴以外に親族紹介や親族写真などといった場にも参列する必要がありますので、集合時間に遅れないようにするというのは最低限のマナーです。
この他の親族としてのマナーについては以下のような点が挙げられます。

 

服装のマナーは?

親族として結婚式に出席する場合、服装にも気を配りましょう。
女性も男性も一般のゲストとして参加する場合よりも控えめで改まった雰囲気の服装を心がける事が大切です。

男性の場合はフォーマルスーツディレクターズスーツなどを基本に、夜ならばタキシードなども良いでしょう。
女性の場合は、着物、スーツ、ワンピース、ドレスなどが基本ですが、いずれも控えめで清楚な雰囲気のものを選ぶようにしましょう。

友人の場合、ボレロや小物程度なら白を入れても良いとする場合もありますが、親族の場合は小物であっても白は避けるようにしましょう。ネイルなどもできるだけしない方が良いですね。

 

結婚式・披露宴当日にする事

結婚式当日は、ただ出席すれば良いというわけにはいかないケースもあります。
近しい間柄の身内であればあるほど、当日は主催者側に近い立場となりますので、ゲストの方への心配りや配慮というものが必要となります。
新郎新婦に頼まれた場合などは、受付への謝礼、主賓などへのお車代を渡す役を受ける場合もあります。

 

結婚式・披露宴中のマナー

親族として参加する場合、ゲストにお酌をしなければならないのか?
これは、する必要はないとされています。基本的に披露宴の最中は着席したままでOKです。
ただし、お酒を飲み過ぎたり、ペラペラと大きな声で話しをしたりする事は慎みましょう。
新郎新婦の両親などと同じテーブルの場合には、ゲストがテーブルまで挨拶に来る事もあります。
そのような場合には、機会があるようならば親族としてお礼の言葉を述べるなどすると良いでしょう。

 

親族はどちらかというと主催者側に近い出席者になりますので、お招きするゲストに失礼がないよに立ち居振る舞いや身だしなみに注意する必要があります。
ただ、あまり肩を張り過ぎてもせっかくの身内のお祝い事を楽しめなくなりますので、清楚に控えめにというポイントを抑えて、後は2人を祝ってあげるという気持ちを持って結婚式を楽しむようにしましょう。

 

親族として出席する場合のマナーまとめ

  • 服装は控えめで改まった雰囲気の服装を心がけるようにしましょう
  • 当日には、受付への謝礼、主賓などへのお車代を渡す役を受ける場合もあります
  • 式・披露宴中は控えめに、騒ぎ過ぎないように2人を祝ってあげるという気持ちで楽しみましょう