顔合わせ食事会〜失敗しないための基本マナー

新郎新婦のご両親、顔合わせ食事会〜失敗しないための基本マナー

両家で食事をしながら、親睦を深めるのが結納や顔合わせ食事会の目的です。結納は行うのか、顔合わせのみか、もしくは両方とも行うのか。大切な事なので、どのスタイルで行うか両家で話し合って決めましょう。

両家のご両親への挨拶がすんだら次のステップは両家の顔合わせ(結婚式の3~6カ月前に実施)ですね。「顔合わせ食事会」を行うという場合もあると思います。

「結納」というスタイルもありますが、結納はどちらかというと親がメインの儀式です。
それに対し「顔合わせ食事会」は本人たちがメインで行うスタイルになりますので、新郎新婦がしっかりとマナーを理解した上で相談して進行していくことが大切です。

そこでここでは、「顔合わせ食事会」の基本的なマナーについて学んでおきたいと思います。

 

顔合わせ食事会の場所は?

まず、顔合わせ食事会を行う場所は、レストランや料亭の「個室」を選びましょう。

料理にもこだわりのある格式ある会場をチョイスすると良いですね。
例えば、披露宴などの会場が決まっていて、そこが利用できるようであれば下見や試食を兼ねて披露宴会場で食事会を行うというのも一つの方法です。

いずれにしても、個室で周りを気にせずにゆったりとした時間を過ごすことができる場所というのが一番のポイントです。

 

顔合わせ食事会の費用は?

食事会の費用については、事前にしっかりと話し合いをしておきましょう。

基本的には両家で折半するというのが一般的とされています。
本人たちが親を招待する形で行う場合には、事前に「費用は2人で支払います」という旨を伝えておくと良いですね。

招待の場合、交通費や宿泊費などをどうするのかという話し合いも必要です。
両家の負担のバランスが均等になるように調整すると一番スムーズに進むと思います。

また、手土産などを用意する場合には、相手方の好みなどを事前に確認しておくとより良いですね。

 

顔合わせ食事会の流れは?

顔合わせ食事会って何をすれば良いの?と思う人もいると思います。
あまり堅苦しく考える必要はありませんが、基本的には本人たちが進行を行うスタイルが一般的です。

新郎になる人が挨拶をして、両家の紹介をし、婚約指輪を披露したりしながら食事や会話を楽しみましょう。

最後に記念撮影などもできると良いですね。利用するお店のスタッフに事前に撮影が可能かどうか確認しておくことも忘れないようにしましょう。

 

顔合わせ食事会の服装は?

顔合わせ食事会の服装で一番気をつけたいのは、両家のスタイルに差がでないようにするという点です。

片方がカジュアルなのに片方が完璧なフォーマルスタイルなどとなってしまうと最初の段階で気まずい雰囲気が出てしまう可能性もあります。
食事会なので基本的には正装スタイルというのがベースではありますが、どこまで正装するかというのが難しいところです。

女性の場合は、ワンピーススタイル、または着物などでも良いでしょう。
男性はスーツがベストですね。家族もスーツや和装などお店の格式に合わせた正装で出席するようにした方が良いですね。

 

顔合わせ食事会に関するマナーまとめ

  • 顔合わせ食事会を行う場所は、レストランや料亭の「個室」を。披露宴会場で食事会を行うというのも一つの方法
  • 食事会の費用は、両家の負担のバランスが均等になるように調整する。本人たちが支払うのもよいでしょう
  • 食事会では、あまり堅苦しく考えず食事や会話を楽しみましょう
  • 服装は両家のスタイルに差がでないようしつつ、お店の格式に合わせた正装で出席するように