披露宴での食事マナー

結婚式披露宴での食事マナーについて

知ってそうで知らないのが披露宴の食事マナー。基本的なことだけでもしっかり頭に入れておきたいですね。

結婚式・披露宴のようなパーティーでは、知らない人もたくさん出席している場です。そんな場所で恥をかくようなことは避けたいですよね。
いざと言うときに慌てないようにしっかり食事マナーについても予習しておきましょう。

 

ナプキンのたたみ方は普通でOK

結婚式の披露宴の食事のマナーはいわゆるテーブルマナーのようにナプキンのたたみ方までは気にしなくても大丈夫です。

 

1回で口に運ぶ料理の量とは

大事なのは、一口大に切って料理を口の中に押し込まないことです。食べやすい量を口に入れて、モゴモゴする行為もみっともないので気をつけましょう。

 

フォークに料理を刺したままは何かをするのはやめる

フォークの使い方の順番で悩む方もいると思いますが、実際披露宴に限って言えば、そこまでフォークは出て来ないので、余り深く考えなくても大丈夫です。
しかし、フォークに食事を刺したまま手を大きく振り回す行為は、周りの人の服にソースが飛び散ることもあります。
また、料理を一気に口に運ばないで、途中で手をとめて宙ぶらりんにしてしまうのも考えものです。
さらに、フォークで人のことを指差すような行為は当然ですが、マナー・礼儀を知らない人の行為になりますので気をつけましょう。

 

箸の持ち方に注意

やはり披露宴では日本人なので、和食や中華では箸を使うことが多いです。
フォークが上手く使えないから箸にする人はなおさらですが、箸の正しい持ち方を練習してから参加しましょう。
意外と人に見られているのが、箸の持ち方ですし、見る方によっては礼儀作法を知らない人だと思われてしまいます。

 

スプーンの扱いについて

まず、披露宴で困るのがスープを飲む時の“ゴックン”と言う音です。
幾ら盛り上がっている会場内でもゴクゴクと飲み干す音は周りの人に嫌な思いをさせます。
スープを飲む時にはコツがあって、スプーンを上手に口の中に運ぶ必要が出て来ます。
また、余り多くスプーンの中にスープを入れるとこぼれてしまうので注意して下さい。

 

魚の食べ方は作法通りでなくても可

披露宴で難しいと思われているのが魚の食べ方ですが、実際、日本人で本当の魚の食べ方をしている人は少なくなっています。
また、普段食べる魚なので、披露宴でもわりと普段通りの食べ方を通してしまっても問題がなくなって来ています。
余りにも汚い食べ方は悪い印象を与えてしまいますが、普通に綺麗に食べられていれば、作法通りとはいかなくても特に問題はないでしょう。

 

食事作法のマナーまとめ

  • 1回で口に運ぶ料理の量は一口大で
  • フォークに料理を刺したら口に運ぶ以外はしない
  • 箸は正しい持ち方で
  • スプーンからスープがこぼれないようにする
  • 魚の食べ方は汚くないなら作法通りでなくても大丈夫