カテゴリー別アーカイブ: ゲスト・出席者

結婚式に招待されて出席するゲストには様々なマナーが発生します。ここではそんなゲスト・出席者の基本的なマナーを紹介しています。
光栄なことに結婚式・披露宴に招待されたゲストのアナタ。ただ、楽しく歓談するだけではないのがゲストです。だけど気になる基本マナーを各記事でチェックしておけば、あとは気軽にパーティーを楽しむことができますよ。
招待状の返信ハガキのマナーや、ご祝儀袋の金額やの書き方、スーツや髪型やドレスなどの服装etc…。
そんな結婚式・披露宴でのゲスト・出席者側のマナーについてご紹介。

披露宴の服装マナー〜男性のモーニングコートは出席する立場を考えて選ぶ

披露宴の服装マナー〜男性出席者のモーニングコートは出席する立場を考えて選ぶべき

モーニングコートは、フォーマルウェアの中でも最も格式の高い衣装となります。

格式が高いアイテムではありますが、ただ着れば良いというわけではなく着こなしにもきちんとしたマナーがあります。

ここでは男性のフォーマルウェアの中で最高峰とも呼ばれるモーニングコートのマナーについて学んで行きたいと思います。

 

モーニングコートを着るタイミング

モーニングコートは、「モーニング・コート」と表記されることもあります。
モーニング=朝ということですね。

つまりモーニングコートは、午前中から昼間にかけての披露宴などで着用する正装だということです。

最近は時間帯関係なく着用するという場合もあるようですが、夜の正装はテールコート=燕尾服が一般的だとされていますので着用する時間帯によって着こなしを変えるということも大切です。

 

モーニングコートを着る立場

モーニングコート自体は格式の高いフォーマルウェアなので誰が来ても問題はありません。

ただ、披露宴などの場合は、より新郎新婦に近い親族に着用が求められる場合が多いため、一般の出席者がモーニングコートを着ていくと少し目立ってしまうというケースもあるでしょう。

特に新郎新婦の父親は昼はモーニングコート、夜はテールコートやタキシードなどを着用することが多いですね。
一般の出席者の場合でも主賓として招待された場合や媒酌人として出席する場合にはモーニングコートを着用することが一般的とされています。

 

モーニングコートのルール

モーニングコートは、1つボタンのジャケットに共生地のベストかグレーのベストを着用します。

パンツは、グレーに黒の縦模様が入ったコールパンツが一般的で、白黒縞のサスペンダーを使用することもあります。

シャツは、白無地でブロード素材のものを選びましょう。
衿は、前身ごろにヒダのないウイングカーラやレギュラーカラー、ワインドカラーなどを選ぶと良いでしょう。

カフスはダブルカフス、カフスボタンについては真珠や白蝶会など白系の石をあしらったものがおすすめです。

台座はシルバーが無難でしょう。

ネクタイは明るめで、シルバー、ライトグレー地にグレーや黒の縞模様が入ったものがベストです。

胸元にはリネン100%の白無地のポケットチーフを入れておき、手元には白の手袋を持つのがスタイルです。

手袋は革製でも布製でもどちらでも構いません。

 

男性のモーニングコートについてのまとめ

  • 基本的にモーニングコートは、午前中から昼間にかけての披露宴などで着用する正装
  • より新郎新婦に近い親族に着用が求められる場合が多い
披露宴の服装マナー 〜冬の披露宴、女性のコートはどうする?〜

結婚式出席者の女性服装マナー 〜冬の披露宴でコートはどうする?〜

結婚式のようなマナーを重視するお祝いの席では、NGとされているファッションも意外にたくさん存在します。その一つがツーピースです。

冬場や春先の披露宴への出席は羽織物で悩むことが多いと思います。

ドレスは薄手のものが多いですし、露出の多いものも多いので寒い時期にはコートなどの羽織物アイテムは必須となりますね。

結婚式、披露宴に出席する際のコートや羽織物はどのようなものを選ぶのがマナーとなるのでしょうか?
ここでは、特に女性のコートについてを中心に考えて行きたいと思います。

 

コート、羽織物は生地や素材に注意

冬場の羽織物というと、モコモコのファーがかわいらしくて素敵ですよね。

披露宴といっても二次会や友人だけのカジュアルなタイプの会であればファーも許容範囲とされる場合がありますが、基本的に披露宴にファー素材はNGです。

特にリアルファーはおしゃれ感はありますが、毛皮を使っているという点から「殺生」を連想させるためお祝いの席には向きません。

ファーのついたコートなどもできれば避けた方が良いでしょう。
特にボレロなどはファーを選びたくなりますが、食事の際に毛が飛んでしまうかもしれないなどという事を考えるとNGであると考える人が多いので避ける方が無難でしょう。

 

コートはクロークへ

稀にコートを手に持ったまま式に参加している人を見かけますが、これは見た目が良くないだけでなくマナー違反でもあります。
コートは必ず事前にクロークに預け、会場にはできるだけ身軽な状態で入るようにしましょう。

ガーデンパーティーなど屋外に出ることがある場合は、周りの方の様子を見ながらにはなりますがコートは預けずに手元においておいた方が良い場合もあります。

時期によってはショート丈でかさばらないコートもおすすめです。
ただ、かなり寒い時期の披露宴の場合は、ロングでドレスがすっぽりと隠れてしまうコートがおすすめです。

 

どんなコートを選ぶ?

コートは式場に入る前に脱いで手に持ってからクロークに進むとスマートに見えます。

ただ、外で脱ぐからどんなコートでも良いかというとそうはいきません。
ドレスなのにダウンコート、カジュアルな印象のコートを着てしまうとせっかくのおしゃれも台無しです。
いくら式場前で脱ぐとはいえやはりコートはフォーマルなものを選びましょう。

また、色については完全にクロークに預けてしまうのであれば白系でも問題ないという場合が多いです。
ただし、ガーデンパーティーなどで新婦の前でコートを着る可能性がある場合はやはり白系のアイテムは避けた方が良いですね。

 

女性のコートについてのまとめ

  • 披露宴にファー素材は基本的にNG
  • コートは必ず事前にクロークに預け、会場にはできるだけ身軽な状態で入るようにしましょう
  • コートはフォーマルなものを選びましょう
  • 白系のアイテムは避けた方が良いが、完全にクロークに預けてしまうのであれば白系でも問題ない
結婚式でのツーピース着用はNGってホント?

結婚式出席者のツーピース着用はNGってホント?

結婚式のようなマナーを重視するお祝いの席では、NGとされているファッションも意外にたくさん存在します。その一つがツーピースです。

一般的に、結婚式では女性はワンピースドレスを着ることが常識で、ツーピースのように上下別れた服は「別れ」を連想させるためNGとされているのです。ここでは、結婚式ではNGとされているツーピースファッションについてまとめてみました。

女性が結婚式に出席する場合のファッションには色々なルールがあります。

一番良く知られているのは「白」を着用しないということですね。
基本的に女性はワンピースドレスで列席するのが良いとされていますが、色やデザインなどNGとなるものもあります。

そしてもう一つ気をつけたいのが「ツーピース」の着用です。
結婚式ではツーピースの着用はNGとされています。

ここでは、ツーピースの着用がなぜNGなのか?その理由などについて紹介してみたいと思います。

 

そもそもなぜツーピースはNGなのでしょうか?

実は、結婚式でのツーピースの着用については正式なマナーではっきりNGと定義されているわけではありません。

ではなぜNGと考えられているのか。
それは、ツーピースが上下に「別れた」服装であるという点に関係があります。

結婚式では
「割れる」「離れる」「別れる」
など離婚を連想させるようなフレーズはNGとされていますね。
つまり、こうした考え方から通説的にツーピースの着用はよろしくない!という考え方が広まったと考えることができます。

マナー本などにも明確に「ツーピースがNG」とは記載されていませんので、何も考えずに着用してしまうこともあるかと思います。

ただ、通説とはいえあまりよろしくないと考えられているのであれば、来て行かない方が無難ですね。

 

パンツスタイルはツーピースになるの?

パンツスタイルはツーピースになるの?

女性でもパンツスタイルで結婚式に出席している人をたまにみかけます。

ドレスよりも楽なので普段からパンツスタイルが多い人は選びがちなスタイルだと思います。

ただ、パンツスタイルはツーピースになるので、NGと考える人もいます。

結婚式での服装は、新郎新婦へのお祝いの気持ちを伝えるためのものでもあります。

また、新郎新婦の関係者として出席するからには、マナーをきちんと守って2人に恥をかかせないということも大切です。

 

友人だけのカジュアルなスタイルなどであればまだ問題ありませんが、格式のある式の場合は列席者の中に親族や会社関係者などの年長者もいます。
マナーに厳しい目を持っている人がいるかもしれないという気持ちで、できる限りマナー違反にならない服装を選ぶことが自分の品格を上げるという点でも大切になってきますね。

 

結婚式でのツーピース着用についてのまとめ

  • ツーピースの着用については正式なマナーNGとされているわけではありません
  • ツーピースが上下に「別れた」服装であるという点から縁起的によくないとされている。
  • 気になる場合は着ていかないのが無難
  • パンツスタイルはツーピースになる
結婚式・披露宴で盛り上がる「乾杯」の挨拶を紹介

結婚式・披露宴で盛り上がる「乾杯」の挨拶を紹介

乾杯の音頭を頼まれたら、乾杯までの簡単な流れやマナーなど基本的なことは押さえておきたいですね。
さらに、スピーチとは違い手短にすませなければならない乾杯の挨拶。いったいどのようなことを話せば適切なのでしょう。

結婚式の最初に行われるのが「乾杯」です。新郎新婦から乾杯の挨拶を依頼された場合、ただ乾杯の音頭をとるだけでなく多少の挨拶も必要となります。

そこでここでは、式のスタートを盛り上げる乾杯の挨拶をいくつか紹介してみたいと思います。

 

乾杯の挨拶長くしすぎないのが基本マナー

乾杯の挨拶は長くしすぎない。というのが基本マナーです。
なぜかというと、乾杯の場合は列席者がグラスを片手に起立した状態で挨拶を聞くことになるからです。

この状態で延々とスピーチを聞かされてはたまったものではありませんね。

乾杯の挨拶はどんなに長くても3分だと言われています。
一番良いのは1~2分の間にまとめることです。

 

どんなことを話せば良い?

では、1分間にどんなことを話せば良いのでしょうか?
乾杯の挨拶には「基本の構成」というのがありますので紹介しておきます。

1.お祝いの言葉
2.自己紹介
3.エピソードやはなむけの言葉
4.結びの言葉
5.乾杯の音頭

こうして見ると1分間に案外色々なことを詰め込まなくてはなりませんね。

 

自己紹介はどうする?

お祝いの言葉については、
「◯◯くん、◯◯さんご結婚おめでとうございます。
両家のご親族の皆様にも合わせてお祝いを申し上げます」
といった感じでまとめるとスッキリするでしょう。

問題は、自己紹介です。
手短に自分と新郎新婦との関係を紹介しないといけないので大変です。

具体的な例としては、
「ただいま、ご紹介に預かりました」
から始めて、新郎新婦との関係性を手短に説明すると良いでしょう。

例えば、
「新郎の学生時代の友人」「新郎と同じ会社の」「新郎の幼馴染の」
など出席している人全員に関係性がわかるように簡単に説明することがポイントです。

さらに、列席している年長者に配慮するのであれば
「ご指名により僭越ではございますが、乾杯の音頭を取らさせて頂きます」
というフレーズを入れるとさらに良いですね。

 

エピソードはどうする?

スピーチを長くしてしまう要因としてエピソードを盛り込見すぎるということが挙げられます。

友人代表のスピーチなどであれば、多少長くても構いませんが、最初にお話したように乾杯の音頭は1分程度に収める必要があります。

エピソードについては新郎新婦との関係性によって話す内容も変わってきますが、基本は新郎新婦を褒めるエピソードを盛り込むことです。

例えば、学生時代の友人であれば新郎新婦が頑張っていたことについて紹介したり、会社関係であれば会社での仕事振りについて褒めるなどすると良いですね。

あくまでも手短に。長くならないようにすることを心がけましょう。

また、エピソードなしで乾杯の音頭につなげても構いませんが、少しでも何かエピソードを入れることができればよりお祝いの気持ちを伝えることができるでしょう。

 

乾杯のタイミングはわかりやすくする

乾杯のスピーチは、あくまでも「乾杯の音頭」につなげるためのものです。
なので「乾杯」を行うタイミングを列席者にわかりやすく伝えるということが一番重要になります。

乾杯の発声の際は必ず「乾杯!」というフレーズを使いましょう。
「ご結婚おめでとうございます」
などというはなむけの言葉でグラスを上げてしまうと、わかりにくくなってしまい乾杯の発声だと気が付かない場合もあります。

一番スムーズなのは
「皆様、ご唱和をお願いいたします。乾杯!」
というフレーズになるかと思います。

こうした流れで手短にわかりやすくまとめることができれば、気持ちのこもった盛り上がる乾杯になるはずです。

 

「乾杯」の挨拶についてのまとめ

  • 乾杯の挨拶は長くしすぎない。3分以内にまとめましょう
  • 「基本の構成」に沿って話しましょう。
  • 自己紹介は新郎新婦との関係性を手短に説明しましょう
  • 少しでもエピソードを入れることができれ、お祝いの気持ちを伝えることができるでしょう
  • 乾杯のタイミングは出席者の皆さんにわかりやすいタイミングで
ベストでオシャレ感をアップ!男性ゲストの結婚式スタイル

ベストでオシャレ感をアップ!男性出席者の結婚式オシャレスタイル

普段とは違ったコーディネート♪気持ちも引き締まるベストを使ってスーツ姿をさらにかっこよく!

結婚式に出席する際、女性なら華やかなドレスや着物など色々なパターンの服装を選択することができますね。

一方で男性は、スーツで出席する人が大半だと思います。
せっかく出席するのであれば、男性もいつもと少し違ったコーディネートでスーツを着こなして新郎新婦をお祝いできると良いですね。

そんな時におすすめのアイテムが「ベスト」です。今回は、ベストの着こなしについて紹介してみたいと思います。

 

ベストの着用は基本マナー?

まず、男性が結婚式に出席する場合の服装は、準礼装または略礼装が基本となります。

いつも会社に着て行っているスーツでも問題はないですが、結婚式の服装というのは新郎新婦をお祝いする気持ちを表すものでもありますので、できるだけ基本のマナーに沿ったものにしたいですね。

ディレクタースーツやブラックスーツなどの準礼装の場合でもベストを着用するのが正式なスタイルです。

基本的に結婚式では、スーツの上着は脱がないというのがマナーです。
ただし、ベストを着用している場合は、上着は脱いでもOKです。

特に夏場は、暑いのでベストは着たくないなぁと思うかもしれませんが、暑いからこそベストを着ておけば上着を脱ぐことができるので、特に夏場の結婚式ではベストの着用をおすすめします

 

ベストの色や種類は?

ベストには夏用、冬用がありますので、季節に応じたものを選ぶようにしましょう。

色については、無難なブラックを選ぶ人が多いようですが、ブラックスーツに黒のベストを着用すると全体的に暗い印象になってしまいます。

このコーディネートを選択するのであれば、ネクタイやネクタイピン、カフス、ポケットチーフなどの小物類で明るめの色を選ぶことをおすすめします。

ベストは、どうしても上着と同じ色を選びがちですが、ブラックスーツにあえて白のベストを選択するのもおすすめです。

 

こなれ感を出すベストの選び方

ベストでオシャレ感をアップ!男性ゲストの結婚式スタイル
ベストを選ぶ場合、どうしても上着と同じ色を選びがちだと思います。
実は、ネクタイと同系色を選ぶとより、オシャレでこなれた感じを出すことができるのでおすすめです。

例えば、明るめのピンクやオレンジなどをうまくコーディネートに取り入れられると華やかでオシャレな印象になるでしょう。

また、ベストにはストライプや千鳥柄など色々なデザインのものもありますので、こうしたアイテムをうまく着こなすことができるとよりオシャレの幅が広がりますね。

 

男性のベストについてのまとめ

  • ベストを着用するのが正式なスタイル
  • 夏用、冬用があるので、季節に応じたものを選ぶようにしましょう
  • ネクタイと同系色を選ぶとより、オシャレでこなれた感じを出すことができます