カテゴリー別アーカイブ: 女性ゲスト・出席者

女性ゲストには、男性ゲストにはない特有のマナーがあります。失礼のないよう、マナーに気をつけながら披露宴パーティーを楽しみましょう。
結婚式・披露宴は女性ゲストにとっても一大イベントです!お呼ばれした時は、足下まで美しいファッションを心がけ、オシャレしたいですよね。
こちらでは、ドレス・着物を選ぶときの基本マナーや、ネイル、アクセサリーはどういった物を身に着ければよいかなど、女性にとって気になるマナーを紹介しています。

披露宴の服装マナー 〜冬の披露宴、女性のコートはどうする?〜

結婚式出席者の女性服装マナー 〜冬の披露宴でコートはどうする?〜

結婚式のようなマナーを重視するお祝いの席では、NGとされているファッションも意外にたくさん存在します。その一つがツーピースです。

冬場や春先の披露宴への出席は羽織物で悩むことが多いと思います。

ドレスは薄手のものが多いですし、露出の多いものも多いので寒い時期にはコートなどの羽織物アイテムは必須となりますね。

結婚式、披露宴に出席する際のコートや羽織物はどのようなものを選ぶのがマナーとなるのでしょうか?
ここでは、特に女性のコートについてを中心に考えて行きたいと思います。

 

コート、羽織物は生地や素材に注意

冬場の羽織物というと、モコモコのファーがかわいらしくて素敵ですよね。

披露宴といっても二次会や友人だけのカジュアルなタイプの会であればファーも許容範囲とされる場合がありますが、基本的に披露宴にファー素材はNGです。

特にリアルファーはおしゃれ感はありますが、毛皮を使っているという点から「殺生」を連想させるためお祝いの席には向きません。

ファーのついたコートなどもできれば避けた方が良いでしょう。
特にボレロなどはファーを選びたくなりますが、食事の際に毛が飛んでしまうかもしれないなどという事を考えるとNGであると考える人が多いので避ける方が無難でしょう。

 

コートはクロークへ

稀にコートを手に持ったまま式に参加している人を見かけますが、これは見た目が良くないだけでなくマナー違反でもあります。
コートは必ず事前にクロークに預け、会場にはできるだけ身軽な状態で入るようにしましょう。

ガーデンパーティーなど屋外に出ることがある場合は、周りの方の様子を見ながらにはなりますがコートは預けずに手元においておいた方が良い場合もあります。

時期によってはショート丈でかさばらないコートもおすすめです。
ただ、かなり寒い時期の披露宴の場合は、ロングでドレスがすっぽりと隠れてしまうコートがおすすめです。

 

どんなコートを選ぶ?

コートは式場に入る前に脱いで手に持ってからクロークに進むとスマートに見えます。

ただ、外で脱ぐからどんなコートでも良いかというとそうはいきません。
ドレスなのにダウンコート、カジュアルな印象のコートを着てしまうとせっかくのおしゃれも台無しです。
いくら式場前で脱ぐとはいえやはりコートはフォーマルなものを選びましょう。

また、色については完全にクロークに預けてしまうのであれば白系でも問題ないという場合が多いです。
ただし、ガーデンパーティーなどで新婦の前でコートを着る可能性がある場合はやはり白系のアイテムは避けた方が良いですね。

 

女性のコートについてのまとめ

  • 披露宴にファー素材は基本的にNG
  • コートは必ず事前にクロークに預け、会場にはできるだけ身軽な状態で入るようにしましょう
  • コートはフォーマルなものを選びましょう
  • 白系のアイテムは避けた方が良いが、完全にクロークに預けてしまうのであれば白系でも問題ない
結婚式でのツーピース着用はNGってホント?

結婚式出席者のツーピース着用はNGってホント?

結婚式のようなマナーを重視するお祝いの席では、NGとされているファッションも意外にたくさん存在します。その一つがツーピースです。

一般的に、結婚式では女性はワンピースドレスを着ることが常識で、ツーピースのように上下別れた服は「別れ」を連想させるためNGとされているのです。ここでは、結婚式ではNGとされているツーピースファッションについてまとめてみました。

女性が結婚式に出席する場合のファッションには色々なルールがあります。

一番良く知られているのは「白」を着用しないということですね。
基本的に女性はワンピースドレスで列席するのが良いとされていますが、色やデザインなどNGとなるものもあります。

そしてもう一つ気をつけたいのが「ツーピース」の着用です。
結婚式ではツーピースの着用はNGとされています。

ここでは、ツーピースの着用がなぜNGなのか?その理由などについて紹介してみたいと思います。

 

そもそもなぜツーピースはNGなのでしょうか?

実は、結婚式でのツーピースの着用については正式なマナーではっきりNGと定義されているわけではありません。

ではなぜNGと考えられているのか。
それは、ツーピースが上下に「別れた」服装であるという点に関係があります。

結婚式では
「割れる」「離れる」「別れる」
など離婚を連想させるようなフレーズはNGとされていますね。
つまり、こうした考え方から通説的にツーピースの着用はよろしくない!という考え方が広まったと考えることができます。

マナー本などにも明確に「ツーピースがNG」とは記載されていませんので、何も考えずに着用してしまうこともあるかと思います。

ただ、通説とはいえあまりよろしくないと考えられているのであれば、来て行かない方が無難ですね。

 

パンツスタイルはツーピースになるの?

パンツスタイルはツーピースになるの?

女性でもパンツスタイルで結婚式に出席している人をたまにみかけます。

ドレスよりも楽なので普段からパンツスタイルが多い人は選びがちなスタイルだと思います。

ただ、パンツスタイルはツーピースになるので、NGと考える人もいます。

結婚式での服装は、新郎新婦へのお祝いの気持ちを伝えるためのものでもあります。

また、新郎新婦の関係者として出席するからには、マナーをきちんと守って2人に恥をかかせないということも大切です。

 

友人だけのカジュアルなスタイルなどであればまだ問題ありませんが、格式のある式の場合は列席者の中に親族や会社関係者などの年長者もいます。
マナーに厳しい目を持っている人がいるかもしれないという気持ちで、できる限りマナー違反にならない服装を選ぶことが自分の品格を上げるという点でも大切になってきますね。

 

結婚式でのツーピース着用についてのまとめ

  • ツーピースの着用については正式なマナーNGとされているわけではありません
  • ツーピースが上下に「別れた」服装であるという点から縁起的によくないとされている。
  • 気になる場合は着ていかないのが無難
  • パンツスタイルはツーピースになる
女性ゲストのサブバッグ。色やデザインにマナーはあるの?

女性出席者のサブバッグ。色やデザインの選び方について

結婚式・披露宴に出席する女性には必須アイテムと言ってもいいサブバッグ。荷物がどうしても多くなってしまう女性の味方です。

披露宴に出席する際のメインバッグは小振りで華やかな印象を与えるパーティーバッグがベストです。

ただ、このパーティーバッグにはあまり物が入らないという難点もあります。
そこで活躍するのがサブバッグですね。サブバッグは基本的には披露宴会場には持ち込まずにクロークに預けるのがマナーです。

披露宴会場に持ち込まないのであれば何でも良いのでは?と思われがちですが、サブバッグにもきちんとしたマナーがありますので失礼のないようなアイテムを選ぶ事が大切です。

 

サブバッグの色、マナー違反はある?

メインのパーティーバッグは色やデザインなどマナーに沿って比較的華やかなものを選ぼうという意識が高い人が多いと思います。

ただサブバッグとなると、“サブ”という言葉の響きも手伝ってあまりマナーを意識せずに選んでしまう人も多いようですね。

いくらメインではないと言っても披露宴に持っていくアイテムの一つである事に変わりはありませんので色にもちゃんとしたマナーがあります。

サブバッグというと黒を選ぶ人が多いのですが、できれば黒は避けた方が良いでしょう。
絶対にダメというわけではありませんが、黒のサブバッグというのは形やデザインにもよりますが、どうしても弔事を連想させやすいので極力避けましょう。

では明るい白なら良いのかというと、白は花嫁さんの色なのでこれもまたマナー違反です。
サブバッグだから良いだろうという意識は自分に品を下げてしまう事になりますので気をつけたいですね。

 

サブバッグの選び方

では披露宴に持っていくサブバッグはどのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

一番無難な色は少し華やかめのパステルカラーでしょう。光沢感やラメなどが多少ついていても問題ないでしょう。

またサブバッグがあるとはいえ披露宴にやたらとたくさんの物を持って行くのはスマートではありませんので、サブバッグがあっても荷物は極力減らしてサブバッグのサイズもできればA5程度の小さめのものを選ぶと品良く映ることでしょう。

サブバッグのマナーでよく勘違いしやすいのが、ブランドの紙袋を使用するというものです。
ブランド品が入っていた質の良い紙袋だから良いだろうと思って披露宴のサブバッグに利用している人を見かける事もありますが、これは実はマナー違反です。

いくらブランドの紙袋でも紙袋である事に違いはありません。披露宴に紙袋で来るというと他のゲストに対してもやはり良い印象は与えませんね。
これは女性がよく間違えやすいマナーなのでよく注意しておきましょう。

 

披露宴に出席する際には身だしなみ、身につけるものなど細かな部分にまできちんと気を配る事で、新郎新婦に対するお祝いの気持ちをより深く伝える事ができます。

自分がオシャレをしたいという気持ちも分かりますが、マナーに沿った正しい服装で出かける事がひいては自分の品格を上げる事にもつながるという事をよく理解しておく事が大切です。

 

女性ゲストのサブバックに関するマナーまとめ

  • 黒色、白色のものは避けましょう
  • 一番無難な色は少し華やかめのパステルカラー
  • サイズはできればA5程度の小さめのものを選びましょう
女性の準礼装、準礼服

女性出席者の準礼装、準礼服ってなに?

冠婚葬祭に出席する女性が一番着る機会が多い服装は準礼装。結婚式に出席する女性の場合、基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

結婚式に招待された際、特に女性にとっては服装や髪型をどうするかというのは重要な問題になってくると思います。

冠婚葬祭の式典に出席する際の服装には、正礼装、準礼装、略礼装があります。
一番格式高いのは正礼装ですが、女性の場合は自分の子どもの結婚式の場合やドレスコードで定められている場合などは正礼装となりますが、それ以外の場合は基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

略礼装は、格式ばらないカジュアルなスタイルというのが一般的な考え方です。今回は、特に女性が着る機会が一番多い準礼装の際のマナーについて見ておきたいと思います。

 

準礼装の考え方

準礼装は、セミフォーマルと呼ばれる事もあります。結婚式や披露宴、入学式、卒業式などの冠婚葬祭に出席する際にはこの準礼装が一般的です。

 

昼の結婚式の準礼装は?

結婚式の場合、開催時間によって選ぶ服装が異なるという事も覚えておいた方が良いでしょう。
まず、昼間の時間帯に開催される結婚式の場合、ドレススタイルが一般的ですが、ワンピースやスーツなどでも良いでしょう。

スカートは短過ぎず、長過ぎず、ヒザ丈からセミロング程度が適切です。露出もできるだけ控えめにして、光る素材のドレスなども避けた方が無難でしょう。

 

夜の結婚式の準礼装は?

夜の時間帯に開催される結婚式の場合、昼間の結婚式よりも華やかさのあるラメやスパンコールなどがあしらわれたドレスやスーツ、ワンピースを選ぶと良いでしょう。

胸元や腕など露出が多少高めのものでも大丈夫です。スカートの丈は、ヒザ丈でもロング丈でもOKです。

 

足下やアクセサリーのマナーは?

準礼装の場合、アクセサリーも結婚式の開催時間によって適切なものを選ぶようにしましょう。
昼間の場合は、パールなどあまりキラキラしない素材のものがお勧めです。

夜の結婚式では、華やかさのあるアクセサリーを選びましょう。足下に関しては、昼夜関係なくストッキング着用でヒールのあるパンプスがベストです。

 

このように女性が結婚式に出席する際の準礼装は、式の時間帯によって選ぶアイテムが異なります。
昼間は少し控えめな感じのスタイルに、夜の場合は極端にセクシーな感じにならないようにそれでいて華やかな感じを演出できるようなスタイルを目指しましょう。

いずれにしても、主役となる花嫁さんの友人として恥ずかしくない常識のあるスタイルを心がける事が大切です。

 

女性ゲストの準礼装、準礼服に関するマナーまとめ

  • 冠婚葬祭に出席する際にはこの準礼装(セミフォーマル)が一般的
  • 結婚式の場合、開催時間によって選ぶ服装が異なる
  • 夜の時間帯に開催される結婚式の場合、華やかさのあるドレスやスーツ、ワンピースを
  • アクセサリーも結婚式の開催時間によって適切なものを選びましょう
知っておきたい、披露宴のバッグ選び ~女性編~

結婚式披露宴用のバッグの選び方について ~女性編~

バッグは、ドレス、靴、ストールなどのアイテムとのバランスを考えて色や素材を選ぶ事と、最低限の荷物が入るサイズを選ぶという点が大切になります。細かな部分にもきちんと気を使いましょう。

結婚式に招待された際、服装や髪型に合わせたバッグを選ぶ事も大切です。
靴やバッグなどの小物類は全体の雰囲気を決める重要なアイテムになるますので、気を抜かずに素敵なものを選ぶ事もマナーの1つです。

いくらオシャレなドレスを着て、キレイな髪型をしていても、小物使いに雑さが見えてしまうと全体の印象を崩してしまいますので注意しましょう。

では、女性が結婚式に持っていくバッグはどのようなアイテムを選ぶと良いのでしょうか?

 

ドレスとのバランスを考える

バッグを選ぶ時には、ドレスとの色、デザインのバランスをよく考えると良いでしょう。

1番良いのはドレスを購入する時に合わせてバッグも購入する事です。一緒に購入しない場合でも、黒やシルバーなどシックな色合いのものを選んでおくと使い回しがきいて便利だという事を覚えておくと良いと思います。

夜の結婚式ならゴールド系も華やかさをプラスしてくれるのでお勧めです。

ドレスを選ぶときの3つの基本マナー

 

靴とのバランスを考える

もう1つ、靴とのバランスを考えるというのも大切なポイントになります。
ドレスの色に関係なく、バッグと靴の色合いやデザイン、素材などに統一感を持たせる事で全体がまとまった雰囲気になります。

またストールなどのアイテムを使う場合には、こうしたアイテムとの素材感を合わせるというもの大切です。

 

ドレスが黒の時のバッグ選び

結婚式に出席する時、どうしても無難な黒色のドレスを選んでしまうという人も多いと思います。
黒は着回しもきくので便利な事もあるので仕方ないとは思います。

ただ、やはりおめでたい席なので黒ばかりになるのは避けたい所ですね。
黒いドレスを選んだ場合には、華やかな色合いのバッグや靴を選びましょう。キラキラした素材のものもお勧めです。

 

サイズ感も大切なポイント

結婚式用のバッグは色やデザインの他にサイズをよく考えて選ぶ事も大切です。
いくらデザインが素敵でも大きすぎたり、小さすぎたり、サイズ感がちぐはぐになってしまうと全体のバランスが崩れてしまいます。

特に大きすぎるバッグは、重たくもたっとした印象を与えます。逆に小さすぎるバッグは物が入らなくて困るという事が多いです。

バッグを選ぶ際には、「ティッシュ、ハンカチ、デジカメ、携帯、化粧直しアイテム、祝儀袋」などの必要最低限の荷物が入るかどうか、物が出し入れしやすいかどうかという点に着目して選ぶと良いでしょう。

 

このように結婚式に招かれた際のバッグは、ドレス、靴、ストールなどのアイテムとのバランスを考えて色や素材を選ぶ事と、最低限の荷物が入るサイズを選ぶという点が大切になります。

ドレスや髪型だけでなく、こうした細かな部分にもきちんと気を使い、華やかな装いで出席する事が招いてくれた方をお祝いする気持ちの現れにもなりますので、しっかりと準備をして出席するようにしましょう。

 

女性のお呼ばれバッグ選びに関するマナーまとめ

  • 黒やシルバーなどシックな色合いのものを選んでおくと使い回しがきいて便利
  • バッグと靴の色合いやデザイン、素材などに統一感を持たせると良い
  • 黒いドレスを選んだ場合には、華やかな色合いのバッグを選びましょう
  • 必要最低限の荷物が入るどうか、物が出し入れしやすいかどうかという点に着目しましょう