カテゴリー別アーカイブ: 女性ゲスト・出席者

女性ゲストには、男性ゲストにはない特有のマナーがあります。失礼のないよう、マナーに気をつけながら披露宴パーティーを楽しみましょう。
結婚式・披露宴は女性ゲストにとっても一大イベントです!お呼ばれした時は、足下まで美しいファッションを心がけ、オシャレしたいですよね。
こちらでは、ドレス・着物を選ぶときの基本マナーや、ネイル、アクセサリーはどういった物を身に着ければよいかなど、女性にとって気になるマナーを紹介しています。

結婚式で素足にパンプスは大丈夫?

結婚式で素足にパンプスは大丈夫?マナー違反?

結婚式の種類や時間帯などに注目しながら考える。女性が結婚式に参加する際、素足にミュールorサンダルはあり?

結婚式に招かれた場合、多くの女性は何を着ていこう、どんな髪型にしようなどと服装の事で悩むのではないでしょうか?
悩むといっても、これもまた結婚式に参加する楽しみの1つではありますよね。結婚式は、開かれる季節や場所、時間帯によって服装のマナーにも多少違いが出てきます。

花嫁の色である白を着るのはタブー派手なネイルは避けるべしなどの基本的なマナーはほとんどの人が心得ているかと思いますが、細かな部分のマナーとなるとなかなか分からないという人も多いのではないでしょうか?

細かなマナーというと、特に最近では、結婚式に素足で参加する事への賛否が論議されるケースが多く見受けられます。
ここでは、結婚式の種類や時間帯などに注目しながら、女性が結婚式に参加する際の足下のマナーについて考えてみたいと思います。

 

格式のあるホテルでの結婚式

格式高いホテルなどで開催される結婚式などの場合は、場所をわきまえるという意味でもストッキングにパンプスがベターでしょう。

 

カジュアルな結婚式

平服でおこしくださいと言われている結婚式や友人だけで楽しむレストランウェディングなど、どちらかというとカジュアルな印象の結婚式の場合には、ドレスに素足、ミュールなどでOKという人も多くいます。

 

誰の結婚式に参加するの?

参加する結婚式が誰の結婚式かというのも大切なポイントとなります。
身内の結婚式の場合は、露出が高いと考えられがちな素足というのはNGです。身内の結婚式の場合は、なるべく控えめな衣装で出席するというのがマナーとなりますので、足下もつま先のでないパンプスが良いとされています。

また、会社の先輩など目上の人の式に出席する場合も同じです。身内ほど控えめにする必要はないですが、露出を控えるという点で足もとはストッキングを着用する方が良いでしょう。

一方、友人が主体のカジュアルな結婚式や二次会、夜の開催などの場合は、素足でもOKな場合もあります。

 

素足で参加する際のマナー

素足にミュール、サンダルで結婚式に参加する場合、ドレスの丈をあまり短くせず膝丈にする。足のお手入れをきちんとしておく。歩き方などのしぐさに気をつけるなど、だらしなく見えないような気配りが大切です。

素足で列席する事には賛否両論がありますので、列席者の中には素足を快く思わない人もいる可能性があると言う事をよくよく頭に入れた上で、新郎新婦に迷惑をかけないような行動を取るという事が大切です。

 

結婚式に素足で出席するという事に関しては、賛否両論ありますので、結局のところ個人の判断に任せるとしか言えません。
実際、最近では素足にミュールなどで参加する若い女性も多いと言われています。

ただ、色々なゲストが出席する場に招かれてお邪魔するのですから、招いてくれた人に失礼がないよう、他の列席者に不快な思いをさせないよう、できるだけ誰が見ても心地良い装いで参加するという心がけは大切だと言えるでしょう。

 

素足にミュールorサンダルは大丈夫?のまとめ

  • 格式高いホテルなどでの結婚式は、ストッキングにパンプスがベター
  • カジュアルな結婚式の場合には、ドレスに素足、ミュールなどでOKという場合も
  • 誰の結婚式に参加するかも大切なポイント
  • 素足で参加する際には、だらしなく見えないような気配りが大切
結婚式に招待された女性が心得る服装やネイルについて

結婚式に招待された女性の服装やネイルについて

ネイルは基本的にはOK。近頃は、昔とは違いファションの一部として広く認識されています。主役である新婦より派手にならないように気をつけましょう。

結婚式に招待されたら、とびきりのオシャレをして行きたいものですよね。
しかし、一般的なパーティーとは違い、結婚式には着ていくものや、身につけるもの、身だしなみにも様々なマナーやルールがあります。

 

女性が招待された時の服装のマナー

女性が洋装で式に出席する場合、真っ白なパーティドレスや派手な髪飾りはできるだけ控えるべきです。

結婚式の主役はあくまで花嫁です。白無垢でもウェディングドレスでも、ほぼ必ずといっていいほど花嫁が着る白という色をゲストが着たりするのは問題です。
しかし白系統でも、クリーム色など真っ白でなければOKです。
また他の色のボレロを羽織ったりするなどして、色を重ねることで失礼に当たらなくなります。

 

結婚式に呼ばれた女性の髪型のマナー

花嫁より目立つような髪形をしているのは失礼にあたります。
清潔にきちんとまとめるのもポイントです。
せっかくの招かれた結婚式、主役の二人や親族の方を不快にさせないように振舞いたいものです。

 

招待された結婚式でネイルをするのはマナー違反なのか

最近ネイルについては、昔のように水商売の女性がしているとか言うイメージは少なくなっています。
また、ネイルはすでにアクセサリーやファッションの一部になっています。
しかし、結婚式や披露宴でネイルをすることには賛否両論あるのも事実です。

こちらでは、様々なパターンを想定して対応方法をご紹介します。
また、ハワイなどで行う結婚式は基本的に大丈夫ですが、日本では若い世代と親世代では意見が分かれるところです。

 

清潔なネイルなら許容される

ネイルについては、派手で目立つデザインや技術でなければ許容されると言う意見があります。
清潔で清楚なイメージに見えるなら問題がないと言う意見です。

普段のつめが余り綺麗ではない人や、普段ネイルをしているので結婚式の為にわざわざ落そうとしたら、焦って処理したのでネイルがはがれかかっているような状態の方が余程問題があります。
また、服と一体化しているようなら浮かないので大丈夫です。
ただし、和服で出席する場合は控えた方が無難です。

 

親族でネイルをする女性はマナー違反

花嫁の友達なら許されても、花嫁の親族では許されない行為なのが派手な格好とネイルです。
これは、花嫁や花嫁の親族に対して対抗意識があるのだと思われる可能性があります。
嫁よりも親族の方が綺麗に装っていたら、やはり先々両家の間に問題を起こす可能性があります。
また、年齢が高い参列者は嫌な思いをすることがあります。

さらに会社の上司も新郎が親族に対してそういう管理も出来ない人物なのかと評価を落とすことがあります。

また、結婚前からもめている感じを周囲に与えることがあります。たかがネイルと思わないで欲しいのが、親族の女性のネイル行為です。

 

女性が心得る服装やネイルについてのマナーまとめ

  • 女性は招待された時に白い服装は避けること
  • 髪型はきちんとまとめること
  • 派手でも許されるのは未婚の新婦の友人だけです
  • 清潔なネイルならOK
  • 親族女性がネイルをするのはマナー違反です
着物で出席する際に気をつけたいこと

結婚式で女性出席者が着物で出席する際に気をつけたいこと

結婚式で着物を着て行く時にも気を付けてほしいことがあります。着物の種類によって格式が変わってきますので、基本的な着物のマナーを心得ておきましょう。

結婚式の着物は何を着て行っても良いわけではない

格式が最も高い礼服である「黒留袖」は、新郎・新婦の母親や親族関係者など、“招待する側”の既婚女性が着用するものです。

また、着物には格式を表す「第一礼装の五つ紋」「準正装の三つ紋」「略礼装の一つ紋」など、デザインによって細かく別れています。
そのため、通常のゲストとして招かれた場合には、「三つ紋の色留袖」「訪問着」「振袖」を着用するのが一般的ですので、着物選びには十分気を付けましょう。

 

独身女性と既婚女性では着物の選び方も変わる

黒留袖は既婚女性が着用するものと決まっているように、着物には独身者と既婚者によって着用できる着物の種類が変わってきます。

例えば、「訪問着」や「色留袖」と呼ばれる着物は、独身や既婚女性のどちらが着用しても構いませんが、「振袖」は独身女性が着用するものです。

ちなみに、振袖を着用する場合には、和装で式をあげる新婦が「大振袖」を着用することもありますので、成人式などでも着用する「中振袖」を着るようにしましょう。
中振袖は、小振袖よりも華やかさがあるため独身者のゲストの着物としておすすめです。

 

桜(さくら)柄はダメ?結婚式に着て行く着物の色や柄で注意すべきこと

着物の色は、基本的には決まりがある訳ではないのですが、親族の黒留袖と同じカラーである「黒地」は紛らわしいため控えるようしましょう。
また、洋装のドレスと同様に、「白地」や「クリーム地」は洋装では花嫁衣装と被ってしまいますので控えるのがマナーとされていますが、着物の場合は格があっていれば特に問題はありません。

それから、“桜散る”というイメージから、桜柄の着物は控えるべきだという意見も少なからず存在するのですが、日本を代表する花の一つである桜柄は、季節を問わず着用しても問題ありません

ただし、あまりに煌びやかで豪華な着物地は、主役である花嫁さんよりも目立ってしまう事になりかねないのでNGとなります。
帯などの小物アイテムを使って、上品な範囲で華やかに仕上げるようにしましょう。

 

出席者(ゲスト)が着物を着ていく際のまとめ

  • 着物の種類によって格式が決まっているため相応の着物を着用する
  • 独身者と既婚者で着用できる着物の種類を把握しておく
  • 主役に配慮した着物の色や柄を選ぶようにする
  • 華やかに着こなしたい時には帯などの小物アイテムをポイントにする
ドレスを選ぶときの3つの基本マナー

結婚式で女性出席者がドレスを選ぶときの3つの基本マナー

華やかでいながら下品にならない!失敗してはいけないドレス選び。結婚式で着ていくドレスを選択するときの基本マナーを3つご紹介。

結婚式へ招待されたゲストの方は、結婚式当日に着て行くドレスのマナーを心得ながら、余裕を持って事前にしっかりと準備をしておきましょう。
そして、ドレスを選ぶ際は、あくまで“結婚式の主役は新郎・新婦”であることを忘れずに、良識あるドレスを選ぶことが大切です。

 

可愛いだけで決めてはダメ!結婚式のドレスでNGとされているカラー

純白のウエディングドレスといえば、結婚式の主役である花嫁さんのシンボルでもあります。
ゲストに招かれた方は、「白のドレス」だけは絶対にNGのカラーとなりますので、着て行く事のないようにして下さい。

また、「黒」のドレスも喪服を連想することから、あまり好まれないケースもあります。
しかしながら、地域によっては黒のドレスはフォーマルカラーなことから、無難な色としてドレスに選ばれることも多いので、アクセサリーなどで華を添えるスタイリングに仕上げることで、暗い雰囲気を変えることができます。

着こなし次第では、黒のドレスも結婚式ではOKカラーとなりますので、上手に着こなすようにしましょう。

 

セクシー系のファッションが好みでも結婚式では露出は控えましょう

結婚式のドレスでは、基本的に「露出度の高いドレス」はNGとされています。
結婚式は基本的にフォーマルな場面になりますので、ノースリーブタイプのドレスを着る時には、必ず肩を隠すことができる「ボレロ」や「ショール」など、羽織物でカバーするようにしましょう。

また、ヒザが出てしまう丈も下品な印象を与えてしまいますので、「ミニスカート」のドレスも結婚式では控えましょう。

日頃はセクシー系のファッションを好む女性も、結婚式に招かれた際には、ゲストとして恥ずかしくない格好を心掛けるようにして下さい。

 

ドレスに合わせるストッキングの選び方にもマナーがある

ドレスを着用する時には、生足は避けてストッキングを必ず着用するようにします。
ストッキングのカラーは「ベージュ系」のナチュラルなカラーが望ましいのですが、近年では薄手の黒を着用する方も増えています。

しかしながら、黒のストッキングは喪服で着用するものですから、結婚式ではラメ入りなど少し華やかな黒を選ぶようにしましょう。

 

女性がドレスを選ぶときに注意したいことのまとめ

  • 花嫁さんのウエディングドレスと同じ白のドレスは選ばないようにする
  • 黒のドレスは喪服をイメージさせないよう華やかさをアクセサリーでプラスする
  • ドレスを着用する時は生足は避けてベージュのストッキングを選ぶのがベター
  • アニマル柄やミニスカートなど下品に見えてしまうドレスは控える
出席者の女性が付けるアクセサリー。派手なゴールド類はタブーです

結婚式出席者で女性が付けるアクセサリー。派手なゴールド類はタブーです

結婚式や披露宴に参加する場合に無難とされているのがパール。主役である新婦さんより目立つのはもちろんNGです。

結婚式や披露宴に参加する場合、主役である新婦さんよりも目立ってしまうことはさけましょう。
そのため、結婚式や披露宴に参加する場合には服装や持ち物など、マナーに沿って準備をしなくてはなりません。
ドレスやバッグ、靴なども重要ですが、女性にはもうひとつ重要な装飾品があります。
それがアクセサリーです。

 

ハデなものがNGなのはわかるけど、具体的にどんなものを付ければいいの?

結婚式や披露宴にどんなアクセサリーを付けていけば良いものか、悩む女性ゲストも多いでしょう。
「光り物はNG」などといった昔から言われている言葉でなんとなく想像が付くものの、具体的にどんなものを付けるべきなのかわからない女性は多いと思います。

たくさんのマナーが風習としてある日本ではそのマナーひとつひとつを知識として頭に入ってる方は少なく、迷ってしまうのも当たり前です。

 

身につけるアクセサリーはパールが一番無難。だけど目立ちすぎないものを選んで

結婚式や披露宴に参加する場合に、無難といわれているのがパールです。
パールはお葬式のみと思ってる方も多いのですが、それは間違いです。

パールは冠婚葬祭すべてに使用でき、様々な服装に合うことから、華やかさをプラスするにはパールが一番無難なアクセサリーとして選択される方が多いようです。
ただし、結婚式は2度あると良くないという慣わしから、一連のパールネックレスをするのがマナーとされています。
2連、3連のパールネックレスは結婚式や披露宴では好ましくありません。

 

キラキラと輝く宝石類やゴールド系のアクセサリーは避けましょう

光り物は禁物であり、キラキラと輝くダイヤモンドなどの宝石類やゴールド系のアクセサリーはNGです。

自身の結婚指輪などの場合のみ許されますが、あとは基本的にダイヤなどはよくありません。輝く宝石類や大きすぎる石などはすべてNGとされていますので避けるようにしてください。

 

光の上品な石のアクセサリーをさりげなくつけるのは問題ありません

しかし、光の上品な半貴石はOKであり、珊瑚・翡翠・トルコ石・ラピスラズリ・ムーンストーン・メノウ・アメジストなどは、マナー違反にはなりません。

派手すぎるものはNGですが、このような石のアクセサリーはさりげないものだと大丈夫です。
あとはアクセサリーとして近年人気の高いコサージュやカメオなども問題ないでしょう。

コサージュはスーツなどにつけるだけで、とても華やかな印象になるので結婚式や披露宴では重宝すると思います。
カメオも昔からワンポイントのアクセサリーとして付ける人が多くいます。

結婚式や披露宴は参加側も華やかな装いでなければなりません。
しかし、目立ちすぎずマナーと節度を持って祝う者として参加することが大切です。

こういったマナーを取り入れて、ステキな結婚式や披露宴を彩り楽しみましょう。

 

出席者の女性が付けるアクセサリーのまとめ

  • 新婦より目立つようなアクセサリーはNG
  • パールを身につけるのが無難。だけど目立ちすぎないように
  • キラキラと派手な宝石類やゴールド系のアクセサリーは避ける
  • 上品な石のアクセサリーをつけるのは問題ありません