カテゴリー別アーカイブ: 男性ゲスト・出席者

男性ゲストには、女性ゲストにはない特有のマナーがあります。「どうだったかなぁ?」というような男性のマナーに関する悩みをここで解決しておきましょう。
年に数回あるかないかの結婚式・披露宴。そんな時のちょっとしたマナーって覚えておく方が大変です。
スーツやネクタイなどの服装、ヒゲは剃っておいた方がいいのか? こちらではそんな、男性出席者特有のマナーを紹介しています。

披露宴の服装マナー〜男性のモーニングコートは出席する立場を考えて選ぶ

披露宴の服装マナー〜男性出席者のモーニングコートは出席する立場を考えて選ぶべき

モーニングコートは、フォーマルウェアの中でも最も格式の高い衣装となります。

格式が高いアイテムではありますが、ただ着れば良いというわけではなく着こなしにもきちんとしたマナーがあります。

ここでは男性のフォーマルウェアの中で最高峰とも呼ばれるモーニングコートのマナーについて学んで行きたいと思います。

 

モーニングコートを着るタイミング

モーニングコートは、「モーニング・コート」と表記されることもあります。
モーニング=朝ということですね。

つまりモーニングコートは、午前中から昼間にかけての披露宴などで着用する正装だということです。

最近は時間帯関係なく着用するという場合もあるようですが、夜の正装はテールコート=燕尾服が一般的だとされていますので着用する時間帯によって着こなしを変えるということも大切です。

 

モーニングコートを着る立場

モーニングコート自体は格式の高いフォーマルウェアなので誰が来ても問題はありません。

ただ、披露宴などの場合は、より新郎新婦に近い親族に着用が求められる場合が多いため、一般の出席者がモーニングコートを着ていくと少し目立ってしまうというケースもあるでしょう。

特に新郎新婦の父親は昼はモーニングコート、夜はテールコートやタキシードなどを着用することが多いですね。
一般の出席者の場合でも主賓として招待された場合や媒酌人として出席する場合にはモーニングコートを着用することが一般的とされています。

 

モーニングコートのルール

モーニングコートは、1つボタンのジャケットに共生地のベストかグレーのベストを着用します。

パンツは、グレーに黒の縦模様が入ったコールパンツが一般的で、白黒縞のサスペンダーを使用することもあります。

シャツは、白無地でブロード素材のものを選びましょう。
衿は、前身ごろにヒダのないウイングカーラやレギュラーカラー、ワインドカラーなどを選ぶと良いでしょう。

カフスはダブルカフス、カフスボタンについては真珠や白蝶会など白系の石をあしらったものがおすすめです。

台座はシルバーが無難でしょう。

ネクタイは明るめで、シルバー、ライトグレー地にグレーや黒の縞模様が入ったものがベストです。

胸元にはリネン100%の白無地のポケットチーフを入れておき、手元には白の手袋を持つのがスタイルです。

手袋は革製でも布製でもどちらでも構いません。

 

男性のモーニングコートについてのまとめ

  • 基本的にモーニングコートは、午前中から昼間にかけての披露宴などで着用する正装
  • より新郎新婦に近い親族に着用が求められる場合が多い
ベストでオシャレ感をアップ!男性ゲストの結婚式スタイル

ベストでオシャレ感をアップ!男性出席者の結婚式オシャレスタイル

普段とは違ったコーディネート♪気持ちも引き締まるベストを使ってスーツ姿をさらにかっこよく!

結婚式に出席する際、女性なら華やかなドレスや着物など色々なパターンの服装を選択することができますね。

一方で男性は、スーツで出席する人が大半だと思います。
せっかく出席するのであれば、男性もいつもと少し違ったコーディネートでスーツを着こなして新郎新婦をお祝いできると良いですね。

そんな時におすすめのアイテムが「ベスト」です。今回は、ベストの着こなしについて紹介してみたいと思います。

 

ベストの着用は基本マナー?

まず、男性が結婚式に出席する場合の服装は、準礼装または略礼装が基本となります。

いつも会社に着て行っているスーツでも問題はないですが、結婚式の服装というのは新郎新婦をお祝いする気持ちを表すものでもありますので、できるだけ基本のマナーに沿ったものにしたいですね。

ディレクタースーツやブラックスーツなどの準礼装の場合でもベストを着用するのが正式なスタイルです。

基本的に結婚式では、スーツの上着は脱がないというのがマナーです。
ただし、ベストを着用している場合は、上着は脱いでもOKです。

特に夏場は、暑いのでベストは着たくないなぁと思うかもしれませんが、暑いからこそベストを着ておけば上着を脱ぐことができるので、特に夏場の結婚式ではベストの着用をおすすめします

 

ベストの色や種類は?

ベストには夏用、冬用がありますので、季節に応じたものを選ぶようにしましょう。

色については、無難なブラックを選ぶ人が多いようですが、ブラックスーツに黒のベストを着用すると全体的に暗い印象になってしまいます。

このコーディネートを選択するのであれば、ネクタイやネクタイピン、カフス、ポケットチーフなどの小物類で明るめの色を選ぶことをおすすめします。

ベストは、どうしても上着と同じ色を選びがちですが、ブラックスーツにあえて白のベストを選択するのもおすすめです。

 

こなれ感を出すベストの選び方

ベストでオシャレ感をアップ!男性ゲストの結婚式スタイル
ベストを選ぶ場合、どうしても上着と同じ色を選びがちだと思います。
実は、ネクタイと同系色を選ぶとより、オシャレでこなれた感じを出すことができるのでおすすめです。

例えば、明るめのピンクやオレンジなどをうまくコーディネートに取り入れられると華やかでオシャレな印象になるでしょう。

また、ベストにはストライプや千鳥柄など色々なデザインのものもありますので、こうしたアイテムをうまく着こなすことができるとよりオシャレの幅が広がりますね。

 

男性のベストについてのまとめ

  • ベストを着用するのが正式なスタイル
  • 夏用、冬用があるので、季節に応じたものを選ぶようにしましょう
  • ネクタイと同系色を選ぶとより、オシャレでこなれた感じを出すことができます
スリーピークスの折り方

結婚式男性出席者のネクタイ、スリーピークスの折り方について

フォーマルスタイルでの胸元のオシャレ♪ポケットチーフを挿してみよう。スリーピークスの折り方も合わせてご紹介します。

「スリーピークス」という言葉を聞いてピンとくる人は案外少ないかもしれませんね。
これはフォーマルスタイルの際に胸元のポケットに挿すポケットチーフの刺し方のことです。

ポケットチーフというのは日常的に使うことが少ないので正しいマナーや挿し方を理解している人というのは少ないかもしれないですね。
そこでここでは、「スリーピークス」の挿し方を中心にポケットチーフのマナーについて学んでみたいと思います。

 

どんなポケットチーフを選べば良い?

本来、格式のある披露宴などに出席する場合には白無地のポケットチーフを使用するというのがマナーでした。

だだ、最近はネクタイもシルバーなど色味のあるものでもよくなってきているのに合わせてポケットチーフの色も控えめなグレーなどであれば白でなくても良いという風潮が出てきています。
少し光沢感のあるものなどがあっても良いでしょう。

もしも色に迷うことがあれば、ネクタイの色味に合わせて選んでおくとトータルコーディネート的にもおしゃれに見えます。

また、二次会など少しラフな会場の際にはストライプなど柄があるポケットチーフもおすすめです。
いずれにしても派手になりすぎず控えめであるという点は忘れないようにしましょう。

胸元のオシャレ。スーツにはポケットチーフで男力アップです!

 

ポケットチーフの折り方

ポケットチーフには色々な折り方があり、TPOに合わせて折り方を選ぶというのもマナーの一つです。

オーソドックスで一番ベターなのが「TVホールド」という正方形を三つ折りにして下の部分をポケットの深さに合わせて折り返したスタイルです。

カジュアルスタイルの場合には、「パフ」「クラッシュ」と呼ばれる少し崩した感じの挿し方も遊び心があって良いでしょう。

結婚式、披露宴に出席する場合には最初に紹介した「スリーピークス」と呼ばれる折り方がベストですが、一般的には主賓や上位席に着く人など威厳や貫禄のある人が使う挿し方とも言われていますので、友人などとして出席する場合には、オーソドックスなTVホールドか、三角に折る「トライアングラー」が良いと考えられます。

 

スリーピークスの折り方

スリーピークスは、胸ポケットから3つの角が見える折り方です。

1.広げたチーフを三角に折ります。
sp_step1

2.さらに三角に折ります。
sp_step2

3.さらに三角に折ります。
sp_step3

4.この段階で3枚重ねの三角が出来上がりますので、その3つの角を均等にズラします。
5.三角の下部分をポケットの深さに合わせて折ります。この時、三角の角が2〜3㎝ほど覗くくらいの高さにすると良いでしょう。
sp_step4
出典:http://www.formalstyle.jp/メンズフォーマルスタイル/ステップアップの着こなし方/ポケットチーフの折り方/ポケットチーフの折り方・スリーピークス

6.右側の部分を折りたたんでポケットの幅に合わせます。
7.これを裏返してポケットに挿し込みます。

 

■下記の動画も非常に参考になります。

 

スリーピークスの折り方についてのまとめ

  • なるべく派手になりすぎず控えめなポケットチーフを選びましょう
  • ポケットチーフには色々な折り方があります。TPOに合わせて折り方を選びましょう
  • スリーピークスは、胸ポケットから3つの角が見える折り方です
男性ゲストはベルトにも気を配ろう

男性出席者はベルトにも気を配ろう

ジャケットを着ていればベルトは見えないからそこまで気をつかわなくても問題ない。そう考えてはいませんか?

男性は女性と比べてベルトの使用頻度が高いと思います。
結婚式・披露宴では、タキシードなどでサスペンダーをつける場合をのぞくと、必ずといっていいほどベルトを着用すると思います。

スーツの時、ジーンズの時や綿パンツの時など、どのような服装の時でも基本的にはパンツに合わせたベルトを使用するのではないでしょうか?
あなたはTPOに合わせたベルトを使用していますか?
どんな服装の時も1本のベルトを使い回しているなんて事はないでしょうか?

特に披露宴などあらたまった場所に出席する際にはベルトはもちろん、服装の細かな部分にまで気を使うのが礼儀となります。

 

忘れがちなベルトのマナー

スーツや靴、ネクタイなど目立つ部分のマナーや身だしなみは比較的気を配る人が多いのですが、以外と忘れられがちなのがベルトや靴下、ハンカチなどの細かな部分の身だしなみです。
特に多いのがベルト選びでの失敗です。

ベルトはスーツのジャケットに隠れてあまり見えない部分なのですが、席についた時や上着を脱ぐような事があった場合には人目につく部分なのでやはりマナーに沿ったものを選んでおきたいですね。

 

披露宴に出席する際のベルトの選び方

では披露宴に出席する際にはどのようなベルトを選ぶと良いのでしょうか?
派手でないものというのは何となく分かると思います。
例えば大きなバックルのものや奇抜なデザインのものはNGです。また、カジュアル感が強いものもNGです。

披露宴で使うベルトは「革製、黒色、バックルはシンプル」この3点をポイントに選ぶと良いでしょう。
ベルトの幅は3㎝程度が目安で、あまり太すぎないものを選ぶとスマートに見えて良いですね。

 

披露宴に出席する際の服装

服装に無頓着な男性だとたかがベルト1本くらいと思うかもしれませんね。
面倒に感じる気持ちは分からなくはないですが、新郎新婦に対するお祝いの気持ちは言葉だけでなく服装や身だしなみ、態度でもきちんと表す事が大切です。

逆の立場になって考えましょう。もしも自分が披露宴を開き、そこに招いた友人がTPOに合わない残念な服装や身だしなみで出席していたら、どんなに言葉でお祝いの気持ちを伝えられても少し残念な気持ちがしませんか?

披露宴に招かれるという事は、新郎新婦の友人代表として出席するという事にもなりますので、友人に恥ずかしい思いをさせないように身だしなみのマナーをしっかりと勉強して失礼のないようにする事が大切です。

 

ベルトだけでなく靴下、ハンカチなど細かな部分にまで気が配れる男性というのは魅力的に見えるものです。

たかがベルトですが、スーツがビシッと決まっているのにベルトのセンスが悪かったというだけでスタイル全体がやぼったく見えてしまうという事もありますので、こうした細かな点にも気を配れるように普段からフォーマル用のベルトを用意しておくと良いでしょう。

 

男性ゲストのベルトに関するマナーまとめ

  • 基本は派手でないものを選びましょう
  • 大きなバックルのものや奇抜なデザインのものはNG
  • カジュアル感が強いものもNG
  • 「革製、黒色、バックルはシンプル」この3点をポイントに選びましょう
  • あまり太すぎないものを選ぶとスマートに見えてよい印象に
男性の準礼装、準礼服

結婚式出席者の男性の準礼装、準礼服ってなに?

冠婚葬祭の服装には、正装、準礼装、略礼装の3つがあります。結婚式に出席する男性の服装は基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

一般的に男性が結婚式に出席する場合は、準礼装でまとめるのが良いとされています。
冠婚葬祭の服装には、正装、準礼装、略礼装の3つがあります。この中では準礼装が1番多く用いられています。

ちなみに結婚式の招待状に「平服で」と書かれている場合には略礼装の事を指します。
今回は特に男性の準礼装の装いについてお話したいと思います。

 

ディレクターズスーツとは?

男性の準礼装の場合、ディレクターズスーツまたはブラックスーツを選ぶと良いとされています。

まずはディレクターズスーツのコーディネートについて見てみましょう。
ディレクターズスーツは、ブラックスーツよりもワンランク上の装いと考えて良いでしょう。スタイルとしては、黒ジャケットにグレーのストライプ地のスラックスを合わせます。
特に親族、主賓や上司などとして昼の結婚式に出席する場合などはディレクターズスーツを着用していく人もいます。

ジャケットは、シングルでもダブルでもOKです。色は黒だけでなく濃いめのグレーや濃紺タイプのものもあります。

 

ブラックスーツとは?

一方のブラックスーツは、昼夜関係なく着る事ができる準礼装です。

スタイルとしては、黒ジャケットに共布(ともぬの)のスラックスを合わせます。これだけだととてもシンプルですが、シャツやネクタイなどを工夫する事で上品さや華やかさを演出することは十分にできます。

ジャケットは、シングルでもダブルでもOKです。スラックスはジャケットと共布が基本で、裾はシングルが良いでしょう。

男性出席者の服装で気をつけたいこと(スーツ、ネクタイ)

 

ディレクターズスーツかブラックスーツ、どちらを選ぶかは立場で決める

ディレクターズスーツとブラックスーツのどちらにするか迷った時は、出席する結婚式で自分はどのような立場になるかを考えましょう。

一般の招待客として参加する場合、ディレクターズスーツでは少しかしこまり過ぎてしまう事もありますので、ブラックスーツを選んでおく方が無難だと思います。

親族、主賓や上司など立場のある招待客、または親族として参加する結婚式の場合はディレクターズスーツでビシッと決めるというのも良いでしょう。

 

夜の結婚式はタキシードもあり?

セレモニーのない披露パーティーのみの夜の結婚式の場合であれば、タキシードで参加するという人もいます。
最近はあまり着る人がいないようで、ブラックスーツが一般的とも言われていますが、選択肢としてタキシードもあるという事で紹介しておきます。

 

ネクタイはどうする?

シンプルな装いになりやすい男性の場合、ネクタイやネクタイピン、カフスボタンなどで華やかさを演出する必要がありますね。

昔はお祝い事には白のネクタイというのが一般的でしたが、最近ではネクタイでオシャレを楽しむという考え方が浸透していて、結婚式でも色々なネクタイで出席する人が多くみられます。

とはいえ、あまり華美になり過ぎると印象を崩してしまいますので、白やシルバーグレーなどシックな色合いにストライプの柄がうっすら入っているようなものがお勧めです。

ネクタイは白じゃないといけないの?意外と悩むネクタイの色や柄

 

このように結婚式に出席する際の男性の準礼装は、ディレクターズスーツまたはブラックスーツを基本として、ネクタイや小物アイテムなどで華やかさを演出するというのが基本となります。

男性はシンプルな装いになりやすいですが、せっかくのお祝い事なので細かな所にも気を配って招待してくれた人が嬉しくなるような素敵な紳士の装いを目指しましょう。

 

男性ゲストの準礼装、準礼服に関するマナーまとめ

  • 親族、主賓や上司などとして出席する場合はディレクターズスーツが一般的
  • ブラックスーツは、昼夜関係なく着る事ができる準礼装
  • ディレクターズスーツかブラックスーツ、どちらを選ぶかは立場で決める
  • 夜の結婚式はタキシードもあり
  • ネクタイやネクタイピン、カフスボタンなどで華やかさを演出しましょう