カテゴリー別アーカイブ: 新郎新婦・主催者

新郎新婦・主催者側にも、もちろんマナーがあります。ここでは、結婚式に”呼ぶ”側が身につけておきたい基本的なマナーを紹介しています。
2人の結婚を祝福するために、忙しい中を集まってくださるゲストのみなさま。招待客には心から感謝の気持ちを表しましょう。
日取りの決め方やお車代などのお礼、喜んでいただける引出物の選び方など、なかなかわかりづらい新郎新婦・主催者側のマナーを知っておきましょう。

結婚報告はがきの書き方・文例

結婚報告はがきの書き方・文例

結婚後のマナーとしてあるのが、日ごろお世話になっている方々への結婚報告をすること。
はがきで送るのが一般的ですが、いざ結婚報告はがきを書こうと思ってもどんな風に何を書いたらいいのか…?となりますよね。

結婚を報告する際、「結婚報告のはがき」を送る場合があります。

日頃お世話になっている人や親戚、友人、知人など送り先が様々なので文面を考えるのに苦労するという人も多いでしょう。

そこでここでは、結婚報告を出す際のマナーや文例について紹介してみたいと思います。

 

はがきを出すタイミングは?

結婚報告は、基本的に挙式後1~3ヶ月以内に出すのが一般的とされています。

場合によっては年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと時期が重なることもあると思います。

こうした場合には、年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと結婚報告を兼用しても良いでしょう。

 

誰に?どういった方に送ればいいのか?

実は意外と知られていないのが、結婚報告のはがきは結婚式に出席してくれた人にも送るというマナーです。

結婚式に出席してくれた人にも改めて感謝の気持ちを伝えるためにはがきを送ると良いでしょう。

また、親戚や友人などで結婚式に呼べなかった、都合で参加できなかった人にもはがきを送り結婚の報告をきちんとしておくことでその後の良好な関係を保つことができると考えられます。

 

どんな内容にする?

結婚報告のはがきにはどんなことを書けば良いのでしょう?

可能であれば送る相手によって文面を変えることができればより良いですね。

送る相手として考えられるのは、親戚、友人、上司、同僚などが挙げられます。

まず親戚関係は、大半が結婚式に出席してくれていると思いますので、お礼も込めた内容にするのも良いでしょう。
ただ、式に出席できなかった人もいるかと思いますので基本は礼儀のある丁寧な文章で統一すると良いでしょう。
親戚なのであまり堅苦しくせず新居の報告なども盛り込んで親しみを込めた内容にできるとより良いですね。

友人・同僚については、羽目を外さない程度に楽しい内容にすると良いでしょう。
結婚式の写真や英字なども盛り込んで読んで楽しいはがきが作成できると良いですね。
こちらも新居の住所などを入れて、「ぜひ遊びにきてくださいね」などと親しみをこめた内容も盛り込めると良いでしょう。

結婚報告のはがきで一番緊張するのが上司宛のはがきだと思います。
失礼のないように、結婚したこと、これから2人で頑張っていくことをうまく伝えることができるシンプルな内容にすると良いでしょう。

 

送る相手によって内容を変えるのは大変な作業かもしれませんが、
今後のおつきあいやこれまでの感謝の気持ちを込めてもらった相手も幸せな気持ちになれるはがきの作成を心がけるようにしましょう。

 

「結婚報告はがきの書き方・文例」まとめ

  • 結婚報告は、基本的に挙式後1~3ヶ月以内に出すのが一般的
  • 年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと結婚報告を兼用しても良い
  • 結婚報告のはがきは結婚式に出席してくれた人にも送る
  • 結婚式に参加できなかった方にも送りましょう
  • 送る相手によって文面を変えるとより良いでしょう
スピーチや余興を快く引き受けてもらう3つのポイント

スピーチや余興を快く引き受けてもらう3つのポイント

結婚式・披露宴の大切なな演出でもある余興、スピーチ、祝辞や乾杯の挨拶は大切な人にお願いすることになるでしょう。
担当してくれる人たちに快く引き受けてもらうには依頼の仕方が重要となってきます。

結婚披露宴では余興やスピーチをゲストに依頼する事があると思います。
披露宴を盛り上げるためには、こうしたゲストの協力が不可欠です。

担当してくれる人たちに快く引き受けてもらい、引き受けて良かったと思ってもらえる依頼の仕方、マナーについて事前によく勉強しておく事も大切です。

 

依頼は直接会ってお願いするように

最近は携帯など手軽で便利なアイテムがありますが、披露宴での余興やスピーチの依頼をメールや電話だけで済ませるなどという事は決してないようにしましょう。
どんなに親しい友人であったとしても、これはNGです。

余興やスピーチというのは準備など相手に負担をかける事ですので、いくら親しい間柄であっても礼儀を持って丁寧に依頼する事が大切です。

できるだけ直接会って依頼する方が良いでしょう。
遠方でどうしても直接会う事が難しい場合には、電話で丁寧にお願いするようにしましょう。

 

どの時期に依頼するのがベスト?

余興やスピーチを依頼する際は、できるだけ早めに打診する事が大切です。

特に余興などは複数人で行ってもらうケースが多いので、打ち合わせや準備などに時間が必要となりますね。

そのため、式の間近になって依頼されると、準備だけでも大変なのに時間もないという事になって相手に大変な思いをさせてしまう事になります。

また、あまりにも直前だと他の人に断られて仕方なく頼んだのかな?と思わせてしまう事にもなりかねません。
余興やスピーチは、できるだけ早くお願いする人を決めて、直接会って打診するのが相手にとっても快く引き受けられると考えられます。

 

何をどう伝えれば良い?

特に余興を依頼する際には、ただ「お願いします」というだけでなく、式場のどのような場所でどんな設備が使えるのかなどの情報も合わせて伝えるのがより丁寧だと言えます。

また、お願いしたからといって当日まで何の連絡もしないでいるよりは、何かこちらで協力できる事がないかなど最低1回は確認の連絡を入れると良いでしょう。

 

このように披露宴というのは、ゲストの協力によって成り立つ部分というのが多くあります。

そのため、ゲストに何かを依頼する際のマナーというのは、とても大切になってきます。
マナーといっても肩肘を張る必要はなく、とにかく丁寧に「あなたにお願いしたいんです」という想いを誠意を持って伝える事が1番大切です。

依頼をして無事に当日を迎える事ができたら、後日のお礼も忘れないようにしましょう。

 

「スピーチや余興を快く引き受けてもらう3つのポイント」まとめ

  • 依頼は直接会ってお願いするようにしましょう
  • 遠方でどうしても直接会う事が難しい場合には、電話で丁寧にお願いするようにしましょう
  • できるだけ早めに打診する事が大切です
  • 式場のどのような場所でどんな設備が使えるのかなどの情報も合わせて伝えるのがより丁寧
  • こちらで協力できる事がないかなど最低1回は確認の連絡を入れると良いでしょう
結婚式・披露宴の招待者、どれくらいの人数が欠席する?平均人数は?

結婚式・披露宴の招待者、どれくらいの人数が欠席する?平均人数は?

招待する側からすると、気になるのが欠席者の人数ですね。たとえ、欠席者がいても招待したゲストにも様々な都合があります。あまり深く考えず受け止めましょう。

結婚式は色々な準備があって大変ですよね。
その中でも列席者の招待、人数の把握というのが意外と大変な作業になると思います。

招待された側にも色々と都合がありますので、必ずしも全員が出席してくれるとは限りません。

この人数の把握、調整についてどのように考えればよいのでしょうか?

 

キャンセルを考慮しての多めの招待は危険も…

基本的に招待された結婚式を欠席するというのはよほどの事情があってのことだと思います。

招待した人数にもよりますが、平均的なところを見ると大体1~5名程度の欠席が多いようです。

欠席者が出ることを見込んで多めに招待状を出すという人も中にはいるようですが、これには危険も伴いますので注意が必要です。
どういうことかというと、多めに送ったら誰も欠席が出なかったという場合です。

全員が出席しても大丈夫な会場、準備が整っているのであればこれでも問題ないのですが、もしも会場のキャパシティーよりも多めの招待状を出してしまっていると会場がぎゅうぎゅうになってしまうという事も考えられます。

 

新郎新婦の列席者に差があっても気にする必要はない

基本的には、新郎側、新婦側の列席者は同等の人数にしたいと考えると思います。

ただ、どちらかの招待客が極端に少なくなってしまという場合もあるかと思います。
これは仕方のないことですね。
だからといって、式の直前になってもともと招待する気がなかった人に招待状を送るというのはNGです。

もしも逆の立場だったらどんな気持ちになりますか?
お祝いしたいという気持ちがあったとしても事実を知ってしまったら、人数合わせのために呼ばれたという感がどうしても消せず、素直にお祝いすることができないのではないでしょうか?

例えば、招待する親戚がかなり多くてどうしても呼ぶことができなかった友人などであれば、口頭で事情を説明して出席をお願いするということは稀にあります。

いずれにしても、ただの人数合わせと思われてしまってはその後の関係にも影響がでてしまいますので、列席者に多少の差が生じても気にせずそのままで式を行うのが一番良いでしょう。

 

欠席者が多くてショック

招待状の欠席に○がついて戻ってくるとショックという人もいるでしょう。

晴れの門出をお祝いしてもらいたいという気持ちはわかりますが、招待したゲストにも様々な都合がありますので、あまり深く考えずに仕方ないという気持ちで受け止めましょう。

また、たまに出席するはずが、直前になってドタキャンするという人もいるようです。
こうしたことも起こりうるということを事前に頭に入れておくなど、必ずしも招待した人が全員出席するとは限らないということをよく理解しておくことも大切です。

 

どれくらいの人数が欠席する?平均人数は?に関するマナーまとめ

  • キャンセルを考慮して、多めに招待するというのは避けましょう
  • 新郎新婦の列席者に差があっても気にする必要はありません
  • 欠席者が多くても気にしない。招待した人が全員出席するとは限りません
顔合わせ食事会〜失敗しないための基本マナー

新郎新婦のご両親、顔合わせ食事会〜失敗しないための基本マナー

両家で食事をしながら、親睦を深めるのが結納や顔合わせ食事会の目的です。結納は行うのか、顔合わせのみか、もしくは両方とも行うのか。大切な事なので、どのスタイルで行うか両家で話し合って決めましょう。

両家のご両親への挨拶がすんだら次のステップは両家の顔合わせ(結婚式の3~6カ月前に実施)ですね。「顔合わせ食事会」を行うという場合もあると思います。

「結納」というスタイルもありますが、結納はどちらかというと親がメインの儀式です。
それに対し「顔合わせ食事会」は本人たちがメインで行うスタイルになりますので、新郎新婦がしっかりとマナーを理解した上で相談して進行していくことが大切です。

そこでここでは、「顔合わせ食事会」の基本的なマナーについて学んでおきたいと思います。

 

顔合わせ食事会の場所は?

まず、顔合わせ食事会を行う場所は、レストランや料亭の「個室」を選びましょう。

料理にもこだわりのある格式ある会場をチョイスすると良いですね。
例えば、披露宴などの会場が決まっていて、そこが利用できるようであれば下見や試食を兼ねて披露宴会場で食事会を行うというのも一つの方法です。

いずれにしても、個室で周りを気にせずにゆったりとした時間を過ごすことができる場所というのが一番のポイントです。

 

顔合わせ食事会の費用は?

食事会の費用については、事前にしっかりと話し合いをしておきましょう。

基本的には両家で折半するというのが一般的とされています。
本人たちが親を招待する形で行う場合には、事前に「費用は2人で支払います」という旨を伝えておくと良いですね。

招待の場合、交通費や宿泊費などをどうするのかという話し合いも必要です。
両家の負担のバランスが均等になるように調整すると一番スムーズに進むと思います。

また、手土産などを用意する場合には、相手方の好みなどを事前に確認しておくとより良いですね。

 

顔合わせ食事会の流れは?

顔合わせ食事会って何をすれば良いの?と思う人もいると思います。
あまり堅苦しく考える必要はありませんが、基本的には本人たちが進行を行うスタイルが一般的です。

新郎になる人が挨拶をして、両家の紹介をし、婚約指輪を披露したりしながら食事や会話を楽しみましょう。

最後に記念撮影などもできると良いですね。利用するお店のスタッフに事前に撮影が可能かどうか確認しておくことも忘れないようにしましょう。

 

顔合わせ食事会の服装は?

顔合わせ食事会の服装で一番気をつけたいのは、両家のスタイルに差がでないようにするという点です。

片方がカジュアルなのに片方が完璧なフォーマルスタイルなどとなってしまうと最初の段階で気まずい雰囲気が出てしまう可能性もあります。
食事会なので基本的には正装スタイルというのがベースではありますが、どこまで正装するかというのが難しいところです。

女性の場合は、ワンピーススタイル、または着物などでも良いでしょう。
男性はスーツがベストですね。家族もスーツや和装などお店の格式に合わせた正装で出席するようにした方が良いですね。

 

顔合わせ食事会に関するマナーまとめ

  • 顔合わせ食事会を行う場所は、レストランや料亭の「個室」を。披露宴会場で食事会を行うというのも一つの方法
  • 食事会の費用は、両家の負担のバランスが均等になるように調整する。本人たちが支払うのもよいでしょう
  • 食事会では、あまり堅苦しく考えず食事や会話を楽しみましょう
  • 服装は両家のスタイルに差がでないようしつつ、お店の格式に合わせた正装で出席するように
ゲストへの感謝を言葉で表す「ウェルカムスピーチ」のマナー(文例)

出席者への感謝を言葉で表す「ウェルカムスピーチ」の流れ(文例)

新郎新婦の最初のお仕事ともいえる大切なスピーチがウェルカムスピーチ。素敵な披露宴にするためにも気持ちの良いスタートといきたいところです。

披露宴で新郎新婦がスピーチをするというと、パーティーもいよいよクライマックスの頃に、新郎挨拶や花嫁からの手紙などを読む場面を想像する人も少なくないと思います。
ただ、最近の披露宴では「ウェルカムスピーチ」を行う事が多くなってきているようです。

今回は、そんなウェルカムスピーチに関するマナーや文例についてご紹介してみたいと思います。

 

ウェルカムスピーチって?

「ウェルカムスピーチ」という言葉自体を初めて聞くという人も多いと思いますので、まずはウェルカムスピーチがどのようなものかについてお話しておきましょう。

ウェルカムスピーチとは、これまでの披露宴でいうところの「媒酌人挨拶」にあたるものと考えて下さい。

通常、媒酌人の挨拶は披露宴の一番はじめに行われるのですが、最近の結婚式・披露宴では、媒酌人という立場の人をあえて立てるという事が少なくなってきた事もあり、この「媒酌人挨拶」に変わって新郎新婦が「ウェルカムスピーチ」という名目で挨拶を行う事が増えています。

 

ウェルカムスピーチはどのタイミングがベスト?

ウェルカムスピーチは、披露宴の開始にあたって、出席して頂いたゲストに感謝の想いを伝えるスピーチです。

そのため、挨拶のタイミングとしては、新郎新婦入場、司会者第一声の流れの後にすぐに行うのがベストだと言えます。

 

ウェルカムスピーチは誰がするの?

基本的には、新郎が代表で挨拶をすれば良いと思います。

ただ、場合によっては新郎、新婦の両方が挨拶しても良いと思います。

ただし、2人が挨拶する場合にはスピーチの内容が重ならないように、なおかつ長くならないように工夫が必要です。

 

ウェルカムスピーチは何を話せばいいの?

ウェルカムスピーチの目的は、何よりも「ゲストへの感謝の想いを伝える」事です。

そのため基本的には、ゲストへのお礼、挙式の報告、披露宴の趣旨、結びの挨拶といった流れでまとめると良いと思います。
お礼の気持ちを伝えたいという想いはわかりますが、初めの挨拶なので長くなり過ぎないように簡潔にまとめる方が良いですね。

 

ウェルカムスピーチの文例

最後に、参考までにウェルカムスピーチの文例を紹介しておきたいと思います。

「本日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴に起こし頂き誠にありがとうございます。

先ほど、◯◯教会で挙式を執り行い、夫婦となる事ができました。このように本日の良き日を無事に迎える事ができましたのも、皆様方のおかげだとあらためて感謝致しております。

本日は、日頃お世話になっている皆様方にごゆっくりおくつろぎ頂き楽しんで頂ければと、ささやかではございますがこの席をもうけさせて頂きました。楽しいひと時を過ごして頂けると嬉しく思います。

御礼かたがた簡単ではございますが、私たちからの挨拶とさせて頂きます。本日は誠にありがとうございます。」

 

あくまでも文例ですので、ここに新郎新婦の想いを込めた素敵な挨拶を二人で考えてみて下さい。

 

ウェルカムスピーチに関するマナーまとめ

  • ウェルカムスピーチとは、これまでの披露宴でいうところの「媒酌人挨拶」にあたるもの
  • 挨拶のタイミングは、新郎新婦入場、司会者第一声の流れの後に行うのがベスト
  • 基本的には新郎が代表で挨拶をすれば良い
  • 初めの挨拶なので長くなり過ぎないように簡潔にまとめる方が良い