カテゴリー別アーカイブ: 新郎新婦・主催者

新郎新婦・主催者側にも、もちろんマナーがあります。ここでは、結婚式に”呼ぶ”側が身につけておきたい基本的なマナーを紹介しています。
2人の結婚を祝福するために、忙しい中を集まってくださるゲストのみなさま。招待客には心から感謝の気持ちを表しましょう。
日取りの決め方やお車代などのお礼、喜んでいただける引出物の選び方など、なかなかわかりづらい新郎新婦・主催者側のマナーを知っておきましょう。

感謝の想いを現す、結婚式当日のマナー(新郎新婦編)

結婚式出席者へ感謝の想いを現す、結婚式当日のマナー(新郎新婦編)

結婚式当日は新郎新婦が主役。ゲストの方々から常に注目されているという意識を持って、仕草や姿勢、笑い方など大事ポイントは事前に頭に入れておき、余裕をもって当日を迎えてください。

たくさんの準備を経ていよいよ結婚式当日。
式当日は、たくさんのゲストに注目されていると思うと緊張してしまうかもしれませんが、常に笑顔を忘れないように意識しましょう。

また、ゲストだけでなく式場のスタッフへの挨拶なども丁寧に行う事が大切ですね。
今回は、新婦新婦が結婚式当日に意識しておきたい立ち居振る舞いについてお話してみたいと思います。

 

控え室での過ごし方

式の当日は、新郎新婦は別々の控え室で準備を行います。
身支度が整った後は、控え室には親族や媒酌人、友人などが訪ねてくる事がありますので、控え室でも気を抜かないようにしましょう。

また、親しい友人だからといって騒いだり、大きな声で長々とおしゃべりをするのもあまり良いとは言えませんので気をつけましょう。

控え室には、相手側の親族が訪ねてくる事もありますので、いつでもきちんと応対できるようにしておく事が大切です。

花嫁さんは立ったり座ったりが大変なので基本的には座ったまま応対しても良いですが、新郎側の親族などの応対の場合はできるだけ立って挨拶した方が良いでしょう。

 

歩き方、立ち方にも気をつけましょう

結婚式当日は、普段着慣れない和装や洋装で動く事が多いので、歩き方や立ち方などにも気をつけましょう。

緊張するとどうしても早足になったり、足下を気にして下を向きがちなってしまう事がありますので、注意しましょう。
新婦の方が歩きにくいので新郎はなるべくゆっくり歩いて新婦を上手にエスコートしてあげましょう。

立つ時は、手元がだらしなくならないように指先まで注意を払うととてもキレイに見えます。

 

スピーチの際のマナー

自分がスピーチをする際には、ゆっくりと丁寧に話す事を心がけましょう。

お辞儀をするときはお辞儀だけ、焦って話しながらお辞儀をするような事にならないように気持ちを落ち着かせてスピーチするようにしましょう。

主賓や媒酌人からの祝辞を頂く際には、起立して聞くのがマナーです。
ただし、スピーチしてくれる人が座るよう促してくれた場合には座っても大丈夫です。
その場合でも、スピーチが終わってからはもう一度起立して一礼すると良いでしょう。

また、余興や友人のスピーチの際などは食事をしながらというのは失礼に辺りますので、食事は中断して体をそちらに向けて集中する事がマナーです。

 

お見送りのマナー

送賓の際は出席して頂いたゲスト一人ひとりに笑顔で会釈をして、お礼の気持ちを伝えましょう。

またこの際は、プチギフトなどを手渡す事が多いですが、1人の人と話し込んでしまうと後の人がなかなか帰れなくなってしまいますので、手短に済ませるように心がけましょう。

話しが途中になってしまうようなら、また後日連絡しますなどと伝え、後日きちんと連絡を入れるようにすると失礼がないでしょう。

 

このように結婚式当日というのは、色々な場面でマナーが問われる事があります。
どのような場面でも来て頂いたゲストに気持ちよく出席して頂きたいという想いで対応する事で難しく考えなくても自然と美しい立ち居振る舞いができるものです。

たくさんの人への感謝の想い溢れる素敵な結婚式にして下さい。

 

結婚式当日のマナー(新郎新婦編)に関するマナーまとめ

  • 控え室でも気を抜かず、失礼のないきちんとした対応を
  • 歩き方や立ち方などにも気をつけましょう
  • スピーチの際には、あせらずゆっくりと丁寧に話す事を心がけましょう
披露宴の席次・席順の決め方

披露宴の席次・席順の決め方ってあるの?

ゲストが座る位置を記した案内図を席次表といいます。ゲストが気持ち良く過ごせるための席次を、一度おさらいしておきましょう。

披露宴の内容を考えるのはとても楽しいですよね。
でも決めなくてはいけない事もたくさんあって大変な事も色々あると思います。その中でも特に気を使うのが「席順・席次」の配置ではないでしょうか。

披露宴の招待客が多くなればなるほど席順決めは大変になってきますね。ゲストに失礼がないように、当日気を使わずに楽しんでもらえるような席順にするにはどのような点に注意して席順を決めて行けば良いのでしょうか?

 

基本のマナーを知ろう

まずは席順・席次の配置に関する基本的なマナーについて学んで行きましょう。

席次の基本となるのは席のスタイルです。席のスタイルには色々なタイプがありますが、オーソドックスなものは「くし型」と「ちらし型」と呼ばれるスタイルです。

くし型は、文字通り髪をとかす櫛を連想してもらうと分かりやすいですが、縦長のテーブルを垂直に並べて配置するスタイルとなります。

ちらし型というのは、基本は丸テーブルで会場の広さに合わせてテーブルをバランス良く配置するスタイルを指します。

くし型の場合もちらし型の場合もより新郎新婦に近い席が上座となり、新郎新婦から離れるほど下座となります。
席次を決める際にはこれが一番重要なマナーとなりますのでよく覚えておいてください。

 

席次を作ってみよう

席次を作る際には、まずゲストを簡単にグループ分けしてみると分かりやすいと思います。

分け方としては、まず新郎側のゲスト、新婦側のゲストに分けます。
そこからさらに会社、友人、親族でグループ分けしまょう。
ここで分けたグループの人たちはできるだけ同じテーブルまたは近いテーブルに配置できるようにすると良いでしょう。

グルーピングができたら、次はそれぞれのグループをどのテーブルに配置するかを考えましょう。
主賓がいるグループは必然的に一番上座のテーブルに配置するようになります。
後は両家の両親は一番下座の末席と呼ばれる席に配置するのもマナーです。

 

ひとテーブル内での配置について

ここまでの説明でテーブルの配置に関して上座、下座があるのは分かったと思いますが、より細かな点にまで配慮するならば、ひとつのテーブル内にも上座下座がありますので、これにも注意して席順を決めると良いでしょう。

最初にお話しした通り、とにかく新郎新婦に近い席が上座になりますので、グループ内で一番序列の高い人がテーブル内の上座の席にくるように配置すると良いでしょう。

 

席次を決める際には序列を基本に席の配置を行うのがマナーというお話をしてきましたが、こうしたマナーにプラスしてそれぞれのゲストの状況に配慮した席の配置ができるとより良いと思います。

例えば子連れのゲストの場合は、比較的出入り口に近い場所に配置したり、高齢のゲストの場合もお手洗いの近くや出入りが便利な場所などに配置するなどという気配りもプラスできるとよりゲストに楽しんでもらえる披露宴になるはずですね。

 

披露宴の席次・席順の決め方に関するマナーまとめ

  • オーソドックスなものは「くし型」と「ちらし型」と呼ばれるスタイル
  • 新郎新婦に近い席が上座。新郎新婦から離れるほど下座になります
  • 主賓がいるグループは必然的に一番上座のテーブルに配置しましょう
  • 両家の両親は一番下座の末席と呼ばれる席に配置しましょう
  • テーブル内にも上座下座があるので、一番序列の高い人がテーブル内の上座の席にくるように配置しましょう
  • 子連れのゲストや高齢のゲストなどの場合、お手洗いの近くや出入りが便利な場所などに配置するのもよいでしょう。
ゲストへの感謝の想いを言葉で表す「謝辞」のマナー(文例)

ゲストへの感謝の想いを言葉で表す「謝辞」のマナー(文例)

披露宴を締めくくる最後の挨拶”謝辞”。披露宴の最後にゲストへの感謝の想いを伝える”謝辞”は一般的に、新郎もしくは親族が行います。こちらでは、「謝辞」の文例やマナーについてご紹介します。

披露宴で新郎新婦が行うスピーチに「謝辞」がありますね。「謝辞」は披露宴を締めくくる最後の挨拶です。

最近では「ウェルカムスピーチ」といって披露宴の開始時に新郎新婦が挨拶するという形を取る事も多くなっていますが、「ウェルカムスピーチ」を行った場合でも披露宴を締めくくる「謝辞」は行うのが基本です。

そこで今回は、披露宴のとりでもある「謝辞」の文例やマナーについてお話してみたいと思います。

 

謝辞は誰がするの?

「謝辞」は、結婚披露宴を主催した人が行うのが基本です。主催者というのは、招待状の送り主を指します。

招待状の送り主には、両親、新郎新婦、新郎新婦と両親の連名など色々なパターンがありますね。両親の名前で出した場合は、新郎の父親が謝辞を述べる事が多くあります。新郎新婦の名前で出した場合には、新郎が挨拶します。連名で出した場合もほとんどの場合は、新郎が挨拶します。

新婦は花嫁からの手紙を読んだりする事が多いので、最後の挨拶は基本的に新郎の役割と考えておいた方が良いですね。

ただ、最近では「新郎の父親からの謝辞」「新郎からの謝辞」の両方を行うというパターンも少なくありません。
これは、披露宴の流れを決める段階で両親などとよく相談した上で決めると良いでしょう。

 

謝辞は何を話せばいいの?

ウェルカムスピーチの場合は、開始の挨拶なので短めにしておく必要がありますが、謝辞の場合はダラダラとならなければウェルカムスピーチよりも少し長めになっても良いと思います。(2~3分程度が平均的なようです)

謝辞なのでゲストへの感謝の想いを伝えるという事を前提にして文章を考えましょう。

まず、新郎以外が挨拶する場合は自己紹介が必要ですね。それから、ゲストへのお礼の言葉、自分の気持ち(親なら親としての気持ちなど)、今後のお付き合いのお願い、結びの挨拶という流れが一番自然かと思います。

 

謝辞の文例

最後に、参考までに謝辞の文例を新郎編、親族編に分けて紹介しておきたいと思います。
あくまでも文例ですので、これを参考にゲストへの感謝の想いとこれからの決意を込めた素敵なスピーチを考えてみて下さい。

 

【新郎編】
本日はお忙しい中、私たち2人のために大勢の皆様にご臨席賜りまして、心より厚く御礼申し上げます。
皆様がたより温かなお言葉をたくさん頂き、大変に嬉しく思っております。
皆様から頂いたお言葉は、私たちにとってこれからの励ましの言葉となると思います。
まだまだ未熟な二人でございますが、二人で助け合いながら笑顔のたえない明るい家庭を築いて参りたいと思っております。

何かにつけてご指導を仰ぐことになるかと思いますが、何とぞよろしくご指導ご助言下さいますようお願い申し上げます。
また本日は、行き届かぬ点も多々あったかと思いますが、ご容赦のほどお願い申し上げます。

結びになりましたが、皆様のご多幸をお祈り致しまして、簡単ではございますが私たち二人からのお礼の挨拶とさせて頂きます。

本日は誠にありがとうございました。

 

【親族編】
新郎の父○○でございます。
両家を代表いたしまして、一言御礼の挨拶を申し上げさせて頂きます。
本日は、ご多忙にもかかわらず、◯◯(新郎の名前)、◯◯(新婦の名前)2人の結婚披露宴にお集り頂き、誠にありがとうございました。

また皆様方には数々のお褒めのお言葉や激励のご祝辞を頂戴いたしまして、両名はもちろん、私ども親族一同にとりましても誠に光栄に存じます。
皆様に温かく祝福され、新しい人生を踏み出す事ができたという事は二人にとっても何よりの幸せだと思っております。

二人はまだ若くまだまだ未熟でございます。至らない所も多々あるかと思います。
今後皆様方のご指導を仰ぐことばかりかと存じますが、これまで以上の温かく厳しいご指導ご鞭撻を二人に頂けますようよろしくお願い致します。

結びになりましたが、ご出席頂きました皆様の今後のより一層のご健康とご多幸をお祈り致しまして、親族代表のお礼の挨拶とさせて頂きます。

本日は誠にありがとうございました。

 

ゲストへの感謝の想いを言葉で表す「謝辞」に関するマナーまとめ

  • 「謝辞」は、結婚披露宴を主催した人が行うのが基本
  • ゲストへの感謝の想いを伝えるという事を前提にして文章を考えましょう
招待客の呼ぶ・呼ばないの正しい境界線

結婚式披露宴、招待客の呼ぶ・呼ばないの正しい境界線

結婚式の招待客、どこで線引きするのが正解なのでしょうか?
ゲスト人数を決めるには、誰を招待するかを考えなくてはいけません。親族はどこまで声をかけるべきか。友達は?職場関係は?こちらでは、ごく一般的な招待客の線引き方法をご紹介します。

結婚式の招待客を決めるのは想像以上に大仕事です。
お世話になった人や会社の人、友人、これまで関わりのある人はできるだけたくさん呼びたいものですね。

ただ、会場の都合や予算の都合などで、どうしても人数制限が出てしまうというのは仕方のない事だと思います。

結婚式の見積りを作るにあたっても大まかな人数というのは決めておきたいものですが、一体どのようにゲストを決めれば失礼がないようにできるのでしょうか?

 

式の予算からゲストの人数を考える

結婚式の予算は、自分たちの予算と頂けるご祝儀をおおまかに概算して考えましょう。

おおまかな予算が見えてきたら、招待したいゲストの人数を考えます。招待客が少ないと1人あたりの単価は高くなりますね。逆に招待客が多くなると単価は低くなります。

また、予算との兼ね合いという点でいうと、遠方からのゲストは交通費や宿泊費などの負担が大きくなりますので注意が必要です。

費用を抑えたいという人の場合は、遠方の人には後日きちんと報告をする事にして招待は諦めるというのも賢い選択です。

また、夫婦で招待する場合には、ご祝儀の相場は2人で5万円なので、それ以上に1人の費用がかると赤字になってしまう事もあります。

披露宴なんだからそんなケチ臭い事は言わずに振る舞おう!という考えも良いとは思いますが、披露宴後は現実の生活が待っているという事は忘れずに、その後の生活の事もよく頭に入れて自分たちのできる範囲で感謝の想いを伝える披露宴ができる事が1番大切だと思います。

 

同じグループ内に呼びたくない人がいる場合

共通の友人、知人のグループで披露宴に招待する人、しない人を作ってしまうと後々のお付き合いにも影響が出てしまいそうですね。

かといって呼びたくない人を披露宴に招待するというのも憂鬱だと思います。
そうなった場合は、会場の広さの都合でなどと理由をつけて全員を招待せず、二次会などに招待すると良いでしょう。

 

会社の人はどこまで招待すれば良い?

会社の人を招待するというのが実は一番難しかったりしますね。
規模の大きな会社となると部署外でも関わりのある人などもいると思いますので、招待する人、しない人の線引きがとても難しくなります。

会社の人を招待する場合は、思い切って同じ部署の人に限定するなど分かりやすい枠で線引きすると後腐れなくて良いと思います。
他の招待したい人がたくさんいる場合には二次会を開催してそちらに招待するなどしましょう。

 

披露宴の招待客は、両家の人数のバランスを合わせる必要もありますし、色々な関わりのある人を招待する事になりますのでとても難しい問題だと思います。

特に親族に関しては、両家の両親にきちんと相談してから決めた方が良いでしょう。

また、あまり早く結婚の報告をしてしまうと招待する予定でなかった人も招待しなくてはならなくなってしまうという事もありますので、報告のタイミングもよく考えた方が良いでしょう。

 

招待客の呼ぶ・呼ばないの正しい境界線に関するマナーまとめ

  • 結婚式・披露宴の予算からゲストの人数を考える
  • 全員を招待できない場合は、二次会などに招待する
  • 規模の大きな会社の場合、同じ部署の人に限定する
結婚式・披露宴の日取りの決め方

結婚式・披露宴の日取りの決め方

大切な二人の記念日にもなる結婚式の日取り。ゲストの予定なども考慮して決めましょう。

結婚式をする事が決まった場合、できるだけ早めに日取りを決めましょう。
結婚式は、想像以上に準備する事がたくさんありますので、スケジュールには余裕を持って計画をたてた方が良いでしょう。

また、出席して頂くゲストに配慮した日取りやスケジュールを組むというのが最低限のマナーです。
ここでは、結婚式の日取りの決め方に関するマナーやポイントについて見て行きたいと思います。

 

どれくらい余裕があればいいの?

結婚式の日取りは、結婚を決めてから少なくとも半年から1年を目安に決めるのが一般的とされています。
結婚式の準備はとても大変なので、あまりに準備期間が短いと自分たちが大変な思いをする事になります。

また、ゲストに対しても最低でも3、4ヶ月前には招待状が届くようにしておくのがマナーなので、あまりに準備期間が短いとゲストに対しても失礼になってしまいます。

 

2人の予定だけ考えればOK?

結婚式の主役は新郎新婦です。
なので、式の日取りも2人が良い日に決めればいいのでは?と思う人もいるでしょう。もちろん間違いではありません。

ただ、新郎新婦は主役でありながら、ゲストをもてなす主催者でもあります。
そのため、出席していただける親族やゲストの都合などもきちんと考慮した日取りにするという事も大切です。
2人である程度希望の日にちを出しておいて、両家に相談して最終的な日取りを決めるというのがベストでしょう。

稀に、希望の日取りに他の親族の結婚式が入っているなどという場合もあります。

また、出席者に家族持ちが多い場合などは学校行事などが多そうな日取りだと欠席者が多くなるという場合もありますので、ゲストの都合などもある程度は把握してから日取りを決める事も大切です。

 

仏滅は避けるべき?

結婚式の日取りというと、大安吉日を選ぶ人が多いでしょう。

逆に仏滅は避ける傾向にありますね。最近ではあまりこうした事にこだわらないカップルも増えていますが、親の意見などではまだまだ大安吉日にこだわるというケースも多いので、親の希望で日取りが決まるという場合も少なくありません。

ただ、大安吉日は、どこの式場も予約がいっぱいだったり、一日に何組もの結婚式が重なっている場合も少なくありません。こうなると希望の日に予約が取れなかったり、会場のスタッフが慌ただしく動き回って落ち着きない感じになる場合もあります。

特にこうした六輝にこだわらない人であれば、逆に仏滅の方が予約も取りやすく式場が安く借りれたりするケースもあります。

 

結婚式の日取りは、新郎新婦の希望を優先しつつも、親族やゲストの都合などにも配慮しながら決める事が大切です。

また、大安吉日などにこだわらないのであれば、仏滅の方が予約も取りやすく、格安プランなどで式を挙げる事ができる場合も多々あります。

いずれにしても、自分たち2人だけで決めてしまうのではなく、よく両家と相談してから決定する事が大切です。

 

結婚式・披露宴、日取りに関するマナーまとめ

  • 結婚式の日取りは、余裕を持って、半年から1年を目安に決めるのが一般的とされています
  • 親族やゲストの都合などもきちんと考慮した日取りにしましょう
  • 最近ではあまり「仏滅」などにこだわらないカップルも増えています