スリーピークスの折り方

結婚式男性出席者のネクタイ、スリーピークスの折り方について

フォーマルスタイルでの胸元のオシャレ♪ポケットチーフを挿してみよう。スリーピークスの折り方も合わせてご紹介します。

「スリーピークス」という言葉を聞いてピンとくる人は案外少ないかもしれませんね。
これはフォーマルスタイルの際に胸元のポケットに挿すポケットチーフの刺し方のことです。

ポケットチーフというのは日常的に使うことが少ないので正しいマナーや挿し方を理解している人というのは少ないかもしれないですね。
そこでここでは、「スリーピークス」の挿し方を中心にポケットチーフのマナーについて学んでみたいと思います。

 

どんなポケットチーフを選べば良い?

本来、格式のある披露宴などに出席する場合には白無地のポケットチーフを使用するというのがマナーでした。

だだ、最近はネクタイもシルバーなど色味のあるものでもよくなってきているのに合わせてポケットチーフの色も控えめなグレーなどであれば白でなくても良いという風潮が出てきています。
少し光沢感のあるものなどがあっても良いでしょう。

もしも色に迷うことがあれば、ネクタイの色味に合わせて選んでおくとトータルコーディネート的にもおしゃれに見えます。

また、二次会など少しラフな会場の際にはストライプなど柄があるポケットチーフもおすすめです。
いずれにしても派手になりすぎず控えめであるという点は忘れないようにしましょう。

胸元のオシャレ。スーツにはポケットチーフで男力アップです!

 

ポケットチーフの折り方

ポケットチーフには色々な折り方があり、TPOに合わせて折り方を選ぶというのもマナーの一つです。

オーソドックスで一番ベターなのが「TVホールド」という正方形を三つ折りにして下の部分をポケットの深さに合わせて折り返したスタイルです。

カジュアルスタイルの場合には、「パフ」「クラッシュ」と呼ばれる少し崩した感じの挿し方も遊び心があって良いでしょう。

結婚式、披露宴に出席する場合には最初に紹介した「スリーピークス」と呼ばれる折り方がベストですが、一般的には主賓や上位席に着く人など威厳や貫禄のある人が使う挿し方とも言われていますので、友人などとして出席する場合には、オーソドックスなTVホールドか、三角に折る「トライアングラー」が良いと考えられます。

 

スリーピークスの折り方

スリーピークスは、胸ポケットから3つの角が見える折り方です。

1.広げたチーフを三角に折ります。
sp_step1

2.さらに三角に折ります。
sp_step2

3.さらに三角に折ります。
sp_step3

4.この段階で3枚重ねの三角が出来上がりますので、その3つの角を均等にズラします。
5.三角の下部分をポケットの深さに合わせて折ります。この時、三角の角が2〜3㎝ほど覗くくらいの高さにすると良いでしょう。
sp_step4
出典:http://www.formalstyle.jp/メンズフォーマルスタイル/ステップアップの着こなし方/ポケットチーフの折り方/ポケットチーフの折り方・スリーピークス

6.右側の部分を折りたたんでポケットの幅に合わせます。
7.これを裏返してポケットに挿し込みます。

 

■下記の動画も非常に参考になります。

 

スリーピークスの折り方についてのまとめ

  • なるべく派手になりすぎず控えめなポケットチーフを選びましょう
  • ポケットチーフには色々な折り方があります。TPOに合わせて折り方を選びましょう
  • スリーピークスは、胸ポケットから3つの角が見える折り方です
結婚式・披露宴では腕時計はマナー違反になるのでしょうか?

結婚式・披露宴では腕時計はマナー違反になるのでしょうか?

結婚式では腕時計はマナー違反って聞いたけど本当なのか?気になるところですよね。
基本は腕時計はNGですが着けて行っても問題ないような会場では、男性ゲストは派手でない時計を、女性はラグジュアリーなデザインのものや革ベルトでシックで落ち着いた雰囲気のものを選ぶと良いでしょう。

友人や親戚、仕事関係の人など結婚式や披露宴に出席する機会というのは多いものですね。
男女問わず式に出席する際にはファッションには気を使うものだと思います。

自分が着飾るというよりは、服装でお祝いの気持ちを表すという気持ちでファッションコーディネートを行いたいものです。

正式な場へ出席する場合、服の色やデザインだけでなく、身につける小物にまで気を使いたいものです。
そこで今回は、特に披露宴に出席する際の腕時計の選び方について見て行きたいと思います。

 

披露宴に腕時計はNGという場合も

皆さんは普段、腕時計を使っていますか?
最近は携帯電話が時計代わりとなっていて腕時計を日常的には使用しないという人も増えてきているようですね。

ただ、ファッションアイテムの1つとして腕時計を選ぶという人もいると思います。

では、披露宴に出席する際にはどのような腕時計を選ぶと良いでしょうか?
本末転倒なことを言うようですが、披露宴に腕時計をしていくというのはマナー違反と考えられています。

時計というのは「時間を気にする」という印象を与えてしまうと考える人も多いので、
せっかくのお祝いの席に招かれているのに「時間を気にする」「早く席を立ちたいと考えている」
というような印象を与えてしまうというのはよろしくありませんね。

 

ファッションアイテムとしての腕時計

ただ、最近ではこうしたマナーを気にする人はあまりいないとも言われています。

実際に腕時計はファッションアイテムの1つと考えられているので、腕時計をしているからといってマナー違反だ、失礼だなどと考える人は少ないかもしれません。

気の知れた友人の披露宴や二次会などあまり堅苦しくない場への出席であれば腕時計をファッションの1つとしてつけていくというのもOKかもしれませんね。

ただ、格式の高い場や会社関係の人などマナーを重視するような場へ出席する場合には念のため外して行くほうが無難だと言えますね。

 

臨機応変に考えよう

もしも披露宴に腕時計をつけていく場合には、女性の場合ならラグジュアリーなデザインのものや革ベルトでシックで落ち着いた雰囲気のものを選ぶと良いでしょう。

着ていくドレスの雰囲気に合わせた色味、派手すぎずに小ぶりで清楚なものを選ぶと良いですね。

男性の場合もカジュアルになりすぎず、派手でないアイテムを選びましょう。
いずれにしても会場の雰囲気で腕時計は外したほうが良さそうだなと感じた場合は、さっと外してしまうのが賢明です。

 

結婚式・披露宴での腕時計に関するマナーまとめ

  • 披露宴に腕時計はNGという場合も
  • 気の知れた友人の披露宴や二次会などあまり堅苦しくない場であればOK
袱紗(ふくさ)の包み方。ご祝儀の渡し方について

袱紗(ふくさ)の包み方。ご祝儀の渡し方について

結婚式に出席するんだけど袱紗(ふくさ)って必要なの?
と考えている方!結婚式・披露宴会場受付でご祝儀をバッグやスーツのポケットからむき出しのまま出すのはちょっとカッコ悪いですし、ちょっとしたマナー違反に当たるんです。

披露宴に出席する際に持って行くかどうか迷うアイテムの1つ“袱紗(ふくさ)”。
持って行くかどうか迷うという前に、そもそも“袱紗(ふくさ)”って何?と思ってしまった人もいるかもしれませんね。

そのくらい袱紗はあまり日常的なアイテムではないので、持っている人のほうが少ないかもしれません。

 

袱紗(ふくさ)って何?

説明の必要はないかもしれませんが、念のため袱紗がどんなものか簡単に説明しておきましょう。

袱紗というのはハンカチのようなもので、一般的には絹でできたものが多く用いられています。
何に使うのかというと、持参するご祝儀が汚れてしまわないように包んでおくための物です。
弔事(ちょうじ)の際にお香典を持参する際にも使用されます。

 

袱紗(ふくさ)の色はどう選ぶ?

袱紗は弔事(ちょうじ)と慶事(けいじ)で別の物を使用するのがマナーです。
色だけでなく包み方も弔事、慶事で変えるのがマナーです。

お祝い事の場合は、紫や赤、エンジなどの明るめの色合いを選ぶと良いでしょう。

ちなみに弔事の際には、紺やグレー、紫が一般的です。つまり紫を持っていれば弔事も慶事もどちらでも利用できるという事になりますね。

 

袱紗(ふくさ)の包み方は?

では袱紗はどのように包むかについて見ておきましょう。

まず袱紗は菱形になるように置きます。少し左寄りにご祝儀を置いて、まず左の角を真ん中に向かって折ります。

次に上の角、下の角の順番で真ん中に向かって折っていきましょう。

最後に右の角を真ん中に向かって折ります。この際、少し端が余ると思いますので余った端を裏側へ織り込見ます。

この手順がお祝い事で袱紗を使用する場合の包み方となります。

袱紗(ふくさ)の包み方は?
出典:http://tao3kc.blog21.fc2.com/blog-entry-34.html

 

ご祝儀の渡し方

最近では袱紗を使用しない人も多いようですが、一般的なマナーとしてはご祝儀が汚れてしまわないように袱紗に包んで持参するというのは礼儀です。

男性の場合、スーツのポケットなどにむき出しのままで入れて来る人も多いですが、これは礼儀としては失礼にあたりますので気をつけましょう。

女性の場合もバッグからそのまま取り出すというのはマナー違反です。

自宅でしっかりとご祝儀を袱紗に包んで、会場の受付に着いたらまずはお祝いの言葉を述べてから袱紗に包んだご祝儀を取り出すのが礼儀です。

「本日はお招き頂きありがとうございます」や「本日はおめでとうございます」という一言を述べた後に、袱紗を取り出し、開いてご祝儀を取り出して両手で受付の人に渡しましょう。
その際にご祝儀に書かれた文字が相手から読める状態にして渡すのがマナーです。

 

ご祝儀については金額のマナーを気にする人は多くいますが、扱い方、渡し方にまで気を配る事も大切です。
最近では袱紗を使用しない人も増えていますが、やはり礼儀として袱紗に包んで持参した方が良いですし、相手への思いやりの気持ちを表すという点でもぜひ用意しておきたいアイテムだと言えますね。

ご祝儀(結婚祝い金)の相場

 

袱紗(ふくさ)の包み方に関するマナーまとめ

  • 袱紗(ふくさ)とはご祝儀やお香典を包む布
  • 袱紗(ふくさ)の色は、弔事(ちょうじ)と慶事(けいじ)で別の物を使用しましょう
結婚式・披露宴にピアスは有り?無し?

結婚式・披露宴に出席者はピアスをつけていってもいいの?

披露宴出席者でドレスのマナーを気にする方は多いのですが、アクセサリーはあまり気にされないという方!気を付けてくださいね。アクセサリー、ピアスにもマナーはあるのです。

披露宴に招待された時、女性ならまずはドレス、靴、バッグ、髪型など身の回りをどうしようかと考えますよね。

色々と準備をしなければならなくて大変ですが、オシャレをして出かけられるというのは楽しみな点も多くあります。

披露宴に招かれた時の服装のマナーなどについて色々と調べて準備を進めて行くと思いますが、この際に忘れられがちなマナーがアクセサリーのマナーです。

 

ピアスはマナー違反?

昔はピアスのように耳に穴を開けるようなアクセサリーというのはあまり一般的ではありませんでしたが、最近では多くの女性が普段からピアスを愛用しています。

披露宴に招かれた時も普段通りピアスをして出席しようと考えている人も多いと思います。女性がピアスをして披露宴に出席するという事事態はマナー違反ではありません。

ただ、どのようなピアスを付けるかという点には気を配る必要はあります。
女性の場合は良いのですが、男性が披露宴にピアスを付けていくというのはマナー違反とまではいきませんが、特に社会人という立場で出席する場合には外して行った方が良いとされています。

 

ピアスは印象が悪い?

披露宴というのは色々な年代、立場の人が出席する場です。
年配の方の中にはピアスを快く思っていないという人もいるでしょう。

披露宴の主役は新郎新婦ですので、招かれて出席する立場である以上は新郎新婦の関係者として恥ずかしくない服装を心がける事が大切です。

人目ばかりを気にする必要はありませんが、新郎新婦の親族や関係者が派手さを好まないタイプであったり、かなり格式の高い披露宴である場合などは目立たない程度の小振りのピアスにするかできれば外して行った方が良いでしょう。

また、着物で出席する場合にはピアスは外して行きましょう。
着物は和、ピアスは洋のものになりますのでピアスが良いとか悪いという以前の問題で、着物とピアスは不釣り合いという事になります。

 

どんなピアスを選ぶ?

披露宴にピアスをして行く場合、どのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

まず大切なのは花嫁さんよりも目立つようなものは選ばないという事です。
小振りであってもキラキラとした素材のものや派手ではなく華やかな印象を与えるものがベストです。

昼間のパーティーならパールをあしらったものなどがお薦めです。
モチーフが使用されているものは、ものによっては縁起が悪いものもありますしカジュアルな印象になりやすいのでできるだけシンプルなものを選ぶという事も大切です。

揺れるピアスは縁起があまり良くないという説もありますが、派手過ぎないものであれば問題ないとも言われています。
大切なのはパーティーに合った華やかさのあるフォーマルな印象のものを選ぶという事です。

 

人によってはピアスホールをいくつも開けている場合もありますね。
普段であれば複数のピアスを付けていても良いのですが、披露宴などフォーマルな場所に行く場合は1つにしておく方が良いでしょう。

特に年配の方にはピアス自体がまだまだあまり受け入れられていない場合もあるという事も頭に入れて、品のあるピアスを選ぶようにすると良いのではないでしょうか。

 

結婚式・披露宴出席時のピアスに関するマナーまとめ

  • 女性がピアスをして披露宴に出席する事はマナー違反ではない
  • 男性がピアスをして披露宴に出席する事はマナー違反とまではいかないが、できるだけ外して行った方が良い
  • 着物で出席する場合にはピアスは外して行きましょう
  • 花嫁さんよりも目立つようなものは選ばない
  • 派手ではなく華やかな印象を与えるものがベスト
  • できるだけシンプルなものを選ぶ
  • ピアスをする際は1つにしておきましょう
感謝の想いを現す、結婚式当日のマナー(新郎新婦編)

結婚式出席者へ感謝の想いを現す、結婚式当日のマナー(新郎新婦編)

結婚式当日は新郎新婦が主役。ゲストの方々から常に注目されているという意識を持って、仕草や姿勢、笑い方など大事ポイントは事前に頭に入れておき、余裕をもって当日を迎えてください。

たくさんの準備を経ていよいよ結婚式当日。
式当日は、たくさんのゲストに注目されていると思うと緊張してしまうかもしれませんが、常に笑顔を忘れないように意識しましょう。

また、ゲストだけでなく式場のスタッフへの挨拶なども丁寧に行う事が大切ですね。
今回は、新婦新婦が結婚式当日に意識しておきたい立ち居振る舞いについてお話してみたいと思います。

 

控え室での過ごし方

式の当日は、新郎新婦は別々の控え室で準備を行います。
身支度が整った後は、控え室には親族や媒酌人、友人などが訪ねてくる事がありますので、控え室でも気を抜かないようにしましょう。

また、親しい友人だからといって騒いだり、大きな声で長々とおしゃべりをするのもあまり良いとは言えませんので気をつけましょう。

控え室には、相手側の親族が訪ねてくる事もありますので、いつでもきちんと応対できるようにしておく事が大切です。

花嫁さんは立ったり座ったりが大変なので基本的には座ったまま応対しても良いですが、新郎側の親族などの応対の場合はできるだけ立って挨拶した方が良いでしょう。

 

歩き方、立ち方にも気をつけましょう

結婚式当日は、普段着慣れない和装や洋装で動く事が多いので、歩き方や立ち方などにも気をつけましょう。

緊張するとどうしても早足になったり、足下を気にして下を向きがちなってしまう事がありますので、注意しましょう。
新婦の方が歩きにくいので新郎はなるべくゆっくり歩いて新婦を上手にエスコートしてあげましょう。

立つ時は、手元がだらしなくならないように指先まで注意を払うととてもキレイに見えます。

 

スピーチの際のマナー

自分がスピーチをする際には、ゆっくりと丁寧に話す事を心がけましょう。

お辞儀をするときはお辞儀だけ、焦って話しながらお辞儀をするような事にならないように気持ちを落ち着かせてスピーチするようにしましょう。

主賓や媒酌人からの祝辞を頂く際には、起立して聞くのがマナーです。
ただし、スピーチしてくれる人が座るよう促してくれた場合には座っても大丈夫です。
その場合でも、スピーチが終わってからはもう一度起立して一礼すると良いでしょう。

また、余興や友人のスピーチの際などは食事をしながらというのは失礼に辺りますので、食事は中断して体をそちらに向けて集中する事がマナーです。

 

お見送りのマナー

送賓の際は出席して頂いたゲスト一人ひとりに笑顔で会釈をして、お礼の気持ちを伝えましょう。

またこの際は、プチギフトなどを手渡す事が多いですが、1人の人と話し込んでしまうと後の人がなかなか帰れなくなってしまいますので、手短に済ませるように心がけましょう。

話しが途中になってしまうようなら、また後日連絡しますなどと伝え、後日きちんと連絡を入れるようにすると失礼がないでしょう。

 

このように結婚式当日というのは、色々な場面でマナーが問われる事があります。
どのような場面でも来て頂いたゲストに気持ちよく出席して頂きたいという想いで対応する事で難しく考えなくても自然と美しい立ち居振る舞いができるものです。

たくさんの人への感謝の想い溢れる素敵な結婚式にして下さい。

 

結婚式当日のマナー(新郎新婦編)に関するマナーまとめ

  • 控え室でも気を抜かず、失礼のないきちんとした対応を
  • 歩き方や立ち方などにも気をつけましょう
  • スピーチの際には、あせらずゆっくりと丁寧に話す事を心がけましょう