タグ別アーカイブ: お祝いの言葉

結婚式・披露宴で盛り上がる「乾杯」の挨拶を紹介

結婚式・披露宴で盛り上がる「乾杯」の挨拶を紹介

乾杯の音頭を頼まれたら、乾杯までの簡単な流れやマナーなど基本的なことは押さえておきたいですね。
さらに、スピーチとは違い手短にすませなければならない乾杯の挨拶。いったいどのようなことを話せば適切なのでしょう。

結婚式の最初に行われるのが「乾杯」です。新郎新婦から乾杯の挨拶を依頼された場合、ただ乾杯の音頭をとるだけでなく多少の挨拶も必要となります。

そこでここでは、式のスタートを盛り上げる乾杯の挨拶をいくつか紹介してみたいと思います。

 

乾杯の挨拶長くしすぎないのが基本マナー

乾杯の挨拶は長くしすぎない。というのが基本マナーです。
なぜかというと、乾杯の場合は列席者がグラスを片手に起立した状態で挨拶を聞くことになるからです。

この状態で延々とスピーチを聞かされてはたまったものではありませんね。

乾杯の挨拶はどんなに長くても3分だと言われています。
一番良いのは1~2分の間にまとめることです。

 

どんなことを話せば良い?

では、1分間にどんなことを話せば良いのでしょうか?
乾杯の挨拶には「基本の構成」というのがありますので紹介しておきます。

1.お祝いの言葉
2.自己紹介
3.エピソードやはなむけの言葉
4.結びの言葉
5.乾杯の音頭

こうして見ると1分間に案外色々なことを詰め込まなくてはなりませんね。

 

自己紹介はどうする?

お祝いの言葉については、
「◯◯くん、◯◯さんご結婚おめでとうございます。
両家のご親族の皆様にも合わせてお祝いを申し上げます」
といった感じでまとめるとスッキリするでしょう。

問題は、自己紹介です。
手短に自分と新郎新婦との関係を紹介しないといけないので大変です。

具体的な例としては、
「ただいま、ご紹介に預かりました」
から始めて、新郎新婦との関係性を手短に説明すると良いでしょう。

例えば、
「新郎の学生時代の友人」「新郎と同じ会社の」「新郎の幼馴染の」
など出席している人全員に関係性がわかるように簡単に説明することがポイントです。

さらに、列席している年長者に配慮するのであれば
「ご指名により僭越ではございますが、乾杯の音頭を取らさせて頂きます」
というフレーズを入れるとさらに良いですね。

 

エピソードはどうする?

スピーチを長くしてしまう要因としてエピソードを盛り込見すぎるということが挙げられます。

友人代表のスピーチなどであれば、多少長くても構いませんが、最初にお話したように乾杯の音頭は1分程度に収める必要があります。

エピソードについては新郎新婦との関係性によって話す内容も変わってきますが、基本は新郎新婦を褒めるエピソードを盛り込むことです。

例えば、学生時代の友人であれば新郎新婦が頑張っていたことについて紹介したり、会社関係であれば会社での仕事振りについて褒めるなどすると良いですね。

あくまでも手短に。長くならないようにすることを心がけましょう。

また、エピソードなしで乾杯の音頭につなげても構いませんが、少しでも何かエピソードを入れることができればよりお祝いの気持ちを伝えることができるでしょう。

 

乾杯のタイミングはわかりやすくする

乾杯のスピーチは、あくまでも「乾杯の音頭」につなげるためのものです。
なので「乾杯」を行うタイミングを列席者にわかりやすく伝えるということが一番重要になります。

乾杯の発声の際は必ず「乾杯!」というフレーズを使いましょう。
「ご結婚おめでとうございます」
などというはなむけの言葉でグラスを上げてしまうと、わかりにくくなってしまい乾杯の発声だと気が付かない場合もあります。

一番スムーズなのは
「皆様、ご唱和をお願いいたします。乾杯!」
というフレーズになるかと思います。

こうした流れで手短にわかりやすくまとめることができれば、気持ちのこもった盛り上がる乾杯になるはずです。

 

「乾杯」の挨拶についてのまとめ

  • 乾杯の挨拶は長くしすぎない。3分以内にまとめましょう
  • 「基本の構成」に沿って話しましょう。
  • 自己紹介は新郎新婦との関係性を手短に説明しましょう
  • 少しでもエピソードを入れることができれ、お祝いの気持ちを伝えることができるでしょう
  • 乾杯のタイミングは出席者の皆さんにわかりやすいタイミングで
乾杯の音頭や挨拶をお願いされた際に気をつけたいこと

結婚式で乾杯の音頭や挨拶をお願いされた際に気をつけたいこと

披露宴での大役、乾杯の音頭や挨拶を頼まれる事もありますよね。参加者のみなさんが気持ちのよいパーティーを過ごせるよう、素敵な「乾杯の音頭」をしたいところ。

結婚式に招かれた際、乾杯の音頭や挨拶を頼まれる事もあるでしょう。
いずれも多くの列席者の前で新郎新婦に言葉をかけ、代表としてお祝いの気持ちを述べる重要な役割でもありますね。

そのような大役を任せてくれた新郎新婦に恥をかかせないよう、また列席者に不快な思いをさせないように、特にマナーには気をつけたいところです。
ここでは、乾杯、挨拶の際のマナーについて見ておきましょう。

 

乾杯の挨拶は短く

乾杯を行う際には、音頭を取る前に新郎新婦に一言ことばをかけるなど簡単な挨拶をする必要がありますね。

時に、この挨拶が長い人がいますが、これはあまり好ましくありません。
乾杯の後には、両家の主賓が挨拶をするというのが一般的です。乾杯の音頭を取る人が、長々と挨拶をしてしまうと、時間的にもロスになりますし、後で挨拶をする主賓の方にも失礼になってしまいます。

乾杯の際の挨拶は、一言お祝いを述べる程度で簡単に済ませるというのがよいでしょう。

 

乾杯する際のマナー

乾杯の音頭を取る人のマナーとは少し違いますが、結婚式での乾杯にまつわるマナーについても見ておきましょう。

結婚式で乾杯をする場合には、「乾杯!」と声に出して言ってから、同じテーブルの人とグラスを合わせましょう。
その際、グラスを割らないように注意しましょう。

また、できればグラスの中は飲み干す方が良いとされています。お酒がダメな人でもひとくちだけ口をつけるようにしましょう。
飲めないからと言って乾杯しないなどという事がないようにしましょう。

 

挨拶や乾杯を頼まれたら

結婚式で挨拶や乾杯を頼まれるというのは、荷が重いと感じる人も多いでしょう。
人前で話しをするというのはとても緊張しますし、できれば避けたいという気持ちは分かります。
ただ、結婚式はおめでたい事なので、できるだけ快く引き受けるというのがマナーです。

 

挨拶は忌み言葉や内容に気をつけて

挨拶を頼まれた際には、お祝いの場には相応しくないとされる忌み言葉に気をつけましょう

例えば、切れる、分かれる、重ね重ね、離れる、冷めるなどなどたくさんの言葉が挙げられます。

挨拶の原稿を考えたら、必ず誰か他の人にも目を通してもらって失礼な言葉使いがないかどうかをチェックしておくようにしましょう。

また、挨拶の中で新郎新婦のエピソードを紹介する事もあるかと思いますが、暴露話のような内容はトラブルの元ですので、これにも気をつけましょう。さらに、列席者を笑わそうとギャグのような事を言う人もたまにいますが、挨拶は笑いを取る必要はありませんので、これも控えめ程度がよさそうです。

 

挨拶や乾杯は、誰もができるものではありません。
新郎新婦がたくさんいるゲストの中から選んでくれたという事への感謝の気持ちとお祝いの気持ちを持って臨みましょう。
緊張するとは思いますが、心からお祝いの気持ちを伝えたいんだという思いが強くあれば列席者にもその思いは必ず伝わります。

 

乾杯の音頭、挨拶のマナーまとめ

  • 乾杯の挨拶はなるべく短くしましょう
  • 挨拶や乾杯を頼まれたら、できるだけ快く引き受けましょう
  • 挨拶は忌み言葉や内容に気をつけて
祝電(電報)を送る際に気をつけたいこと

祝電(電報)を送る際に気をつけたいこと

祝電(電報)は期日、宛名や送り先に注意して文例なども参考にしつつ、二人に素敵なお祝いの言葉を贈りましょう。

何らかの理由により結婚式に出席することができない場合や、結婚式に招待されていない方でも、「祝電(電報)」という形でお祝いをすることができます。

しかしながら、祝電は直接会ってお祝いをする訳ではありません。
文章の選び方など失礼のないよう、祝電を送る際のマナーをしっかりチェックしておきましょう。

 

祝電を送ることを決めたら早めの準備を心掛けましょう

結婚式の祝電は、NTTを利用した場合一ヶ月前から申し込みの受け付けを行っています。
ギリギリになってからでは、式当日に祝電が間に合わないこともあります。
なので、できるだけ早めに手配するよう心掛け、3日前までには申し込みを完了できるようにしておきましょう。

祝電を送る前に、
「会場名」「新郎新婦の名前」「両家の姓」
など、しっかり確認しておきましょう。送り先の情報に間違いがあっては大変です。
不安な際はあやふやにせず、必ず間違いがないかを事前に確認しておきましょう。
特に、漢字などは間違いが起こりやすいため、細かいところにも気を配ってチェックしておくようにしましょう。

 

付き合い上の関係性を考えながら祝電のデザインを選びましょう

近頃、祝電のデザインは非常に豊富になっているため、オリジナル性の高いユニークなものも沢山登場しています。
ぬいぐるみ、フラワーアレンジメント付きなど、可愛らしい祝電スタイルもありますが、付き合い上の関係性を考えてデザインを選ぶことも重要です。

例えば、会社関係の方へ祝電を送る際には、あまりカジュアル過ぎるデザインよりも、シンプルなデザインが望ましいため、自分の好みだけで送らないようにした方がよいでしょう。

 

祝電の文章は縁起の悪い言葉を避けて考えましょう

祝電のメッセージを考える際は、二人の別れを連想させてしまう「別れ」や「離れ」など縁起の悪い言葉の使用はNGとなります。
また、再婚をイメージさせる「重ね重ね」や「しばしば」など、連なった言葉も良しとされていません。

文章に自信のない方は、祝電の「定例文」を参考することで失礼のないメッセージを送ることができます。
友人宛に祝電を送る際は、ユーモラスな文章も素敵ですが、決して両家や新郎・新婦に対して、誹謗中傷的な内容に仕上がることのないよう気を付けましょう。

 

結婚式 祝電のマナーについてのまとめ

  • 祝電は一ヶ月前~遅くとも3日前までに申し込み、手配をしておく
  • 祝電の送り先を事前にきちんと確認しておく
  • 祝電のデザインは関係性を考えて選ぶようにする
  • 祝電の文章は縁起の悪い言葉を避けて、失礼のないメッセージを送る
結婚式のスピーチを依頼されたら

結婚式でスピーチをするときの内容の考え方

結婚式のスピーチを頼まれたら、やっぱり心に残る素敵なスピーチをしたい。

でも、何をどう進めていけばいいかわからない。そんなあなたにまず読んでもらいたい。
結婚式でのスピーチ。新郎新婦にとって人生最良の日の大役。喜んで引き受けたはいいが緊張するし、立場や関係、いろいろなマナーがあって難しいですよね・・・。

 

招待客との立場や、新郎新婦との関係を踏まえてスピーチする

披露宴でのスピーチを頼まれたら、まず自分がどんな立場で話すのかを新郎新婦に確認しましょう。

また、招待客の顔ぶれや、スピーチの順番、披露宴のスタイルなども聞いておき、その場にふさわしい話題を考えます。

キッチリとした、格調高い披露宴であればその会場に合った堅めのキッチリとしたお話を、新郎新婦の友人などが中心の気楽なパーティであれば、堅苦しい内容は避け、リラックスできるような内容を交えて話す方がよいでしょう。

会社の上司や、同僚としてのスピーチならば、新郎新婦の仕事ぶりを紹介し、親族としてならば、本人の幼いころのエピソードを話すなど、自分の立場や新郎新婦との関係を踏まえた内容にします。
ウケを狙いすぎたり暴露話するのはタブーです。具体的なエピソードから、新郎新婦の人柄の良さが相手側の招待客にきちんと伝わる内容を心がけましょう。

 

持ち時間に特に決まりはないが、約3分ほどのスピーチを。練習ではしっかりと声を出して!

スピーチの時間は、主賓ならば3~4分(原稿1,200字前後)、一般招待客は2~3分(原稿800字前後)が大体の目安とされています。
事前に原稿を作成して、声に出して何度も何度も練習しておきます。
本番では、原稿を見ても構いませんが、うつむいたままでは印象がよくないので注意してください。

 

スピーチをどうしても断らなければいけない場合

結婚式でのスピーチ。新郎新婦にとって人生最良の日の大役。こんなうれしい依頼はありません。喜んで引き受けましょう。
もちろん緊張もするでしょう。しかし、こんな大役はあなたの人生にとっても、絶対にプラスになる経験のはずです。

しかし、どうしても引き受けることができないこともあるでしょう。
その場合は、親しい間柄なら素直に、うけられない理由と気持ちを伝えましょう。
同僚や上司からスピーチを依頼されて、断る場合も、「こんな大役うまくできる自信がない。他の適任者に頼んでいただけると助かります…。」と苦手なことをきちんと素直に伝えてみるとよいのではないでしょうか。

けれど、できるだけ断らずに引き受けてくださいね。頼んでいただいた方も本当に喜んでくれますよ。

 

スピーチのだいたいの流れ

  • お祝いのことば
    「ご結婚おめでとうございます」と新郎新婦、両家の親族へお祝いのことばを述べ、招待されたことに感謝の意を伝えて。
  • 自己紹介
    新郎または新婦との関係性を簡潔に述べる。
    親しい間柄ならではのほほえましいエピソードを交えても可。
  • エピソード
    新郎または新婦の人となりがわかるエピソードをひとつだけ話します。
    年齢や立場の異なる人がいることを考慮し、くだけすぎないよう注意してください。
  • はなむけのことば
    新郎新婦の新しい門出への励ましと、末永い幸せを心から祈っているという本人たちを気づかう言葉を添えます。
  • 結びのことば
    「本日は本当におめでとうございます」など、最後にもう一度祝福のことばをかけて締めくくりましょう。

 

結婚式のスピーチを依頼された時のまとめ

  • スピーチする自分の立場、訪れる人の顔ぶれ、スピーチの順番、披露宴のスタイルなど、新郎新婦に事前確認を
  • 約3分のスピーチになるように、上の5つの要素を基本に原稿用紙に書く
  • くだけすぎたり、堅すぎたりせず、新郎または新婦の人柄が誰にでもわかるように紹介
  • あとは本番に備えて声に出して何度も練習をしましょう
披露宴返信はがき

結婚式招待状の返信はがきの書き方

結婚式招待状を頂いたら、返事を返すのが常識です。こちらでは招待状を頂いた場合の返信はがきの書き方などを説明します。ここでもマナー・常識があるので注意しましょう。

招待状が届いたら、なるべく早く返信ハガキを返すのが礼儀。2~3日中に返信しましょう

結婚式の招待状が届いたら、返信の期限まで間があっても、2~3日以内に返信はがきを出すよう心がけましょう。

すぐに返事を出すことで、喜んで出席するという気持ちが伝わるもの。逆に遅ければ、出席に迷っているのかな?など、新郎新婦に気を遣わせてしまいます。
仕事などの都合上、出欠がすぐに決められないときは、電話でその旨を伝え、期日までには返事をしてください。
結婚式直前まで予定が立たない場合は、先方に迷惑をかけないよう欠席にした方が無難です。

 

返信はがきを書くときは、新郎新婦へお祝いの言葉を書き添えましょう

新郎新婦は一言のメッセージを頂くだけでもうれしいはず。
裏面の余白には、出欠にかかわらず、お祝いのことばや招待へのお礼などを書き添えましょう。

欠席する場合は、簡単な理由とおわびの言葉も書き添えましょう。ただし病気やなど縁起の悪いことが理由な場合は、「やむをえない事情で」「所用のため」などとぼかすのがマナーです。
別の結婚式と重なった場合もはっきり書かず、「あいにく先約がございまして」などとしましょう。

 

■披露宴返信はがきの書き方
披露宴返信はがき
・宛名の下の「行」もしくは「宛」を、2本線で消して左側に「様」と書きましょう。
・「出席」か「欠席」を○で囲み、一方を2本線で消しましょう。
・○で囲んだほうの「御」「芳」も同様に消しましょう。

 

結婚式招待状を頂いた際のまとめ

  • 招待状は2~3日中に返信する。遅くとも期日は守る
  • 予定がわからない場合は、電話でその旨を伝えておく。式直前までわからなければ欠席したほうが迷惑をかけない
  • 欠席する場合はおわびとともに理由も書くが、病気であったり弔辞や別の結婚式ある場合はぼかしてお断りを

 

×出欠の返事をメールでしない
新郎新婦と親しい間柄でも、出欠の返事を電話やメールで簡単にすませるのは失礼です。親しき仲にも礼儀あり。礼儀正しく、返信はがきで対応しましょう。

お祝いの言葉(メッセージ)の例文
・ご結婚おめでとうございます。
・ご結婚の日取りが決まられたとのこと、心からお祝い申し上げます。
・待望のご結婚、心からお祝いいたします。