タグ別アーカイブ: アクセサリー

結婚式・披露宴にピアスは有り?無し?

結婚式・披露宴に出席者はピアスをつけていってもいいの?

披露宴出席者でドレスのマナーを気にする方は多いのですが、アクセサリーはあまり気にされないという方!気を付けてくださいね。アクセサリー、ピアスにもマナーはあるのです。

披露宴に招待された時、女性ならまずはドレス、靴、バッグ、髪型など身の回りをどうしようかと考えますよね。

色々と準備をしなければならなくて大変ですが、オシャレをして出かけられるというのは楽しみな点も多くあります。

披露宴に招かれた時の服装のマナーなどについて色々と調べて準備を進めて行くと思いますが、この際に忘れられがちなマナーがアクセサリーのマナーです。

 

ピアスはマナー違反?

昔はピアスのように耳に穴を開けるようなアクセサリーというのはあまり一般的ではありませんでしたが、最近では多くの女性が普段からピアスを愛用しています。

披露宴に招かれた時も普段通りピアスをして出席しようと考えている人も多いと思います。女性がピアスをして披露宴に出席するという事事態はマナー違反ではありません。

ただ、どのようなピアスを付けるかという点には気を配る必要はあります。
女性の場合は良いのですが、男性が披露宴にピアスを付けていくというのはマナー違反とまではいきませんが、特に社会人という立場で出席する場合には外して行った方が良いとされています。

 

ピアスは印象が悪い?

披露宴というのは色々な年代、立場の人が出席する場です。
年配の方の中にはピアスを快く思っていないという人もいるでしょう。

披露宴の主役は新郎新婦ですので、招かれて出席する立場である以上は新郎新婦の関係者として恥ずかしくない服装を心がける事が大切です。

人目ばかりを気にする必要はありませんが、新郎新婦の親族や関係者が派手さを好まないタイプであったり、かなり格式の高い披露宴である場合などは目立たない程度の小振りのピアスにするかできれば外して行った方が良いでしょう。

また、着物で出席する場合にはピアスは外して行きましょう。
着物は和、ピアスは洋のものになりますのでピアスが良いとか悪いという以前の問題で、着物とピアスは不釣り合いという事になります。

 

どんなピアスを選ぶ?

披露宴にピアスをして行く場合、どのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

まず大切なのは花嫁さんよりも目立つようなものは選ばないという事です。
小振りであってもキラキラとした素材のものや派手ではなく華やかな印象を与えるものがベストです。

昼間のパーティーならパールをあしらったものなどがお薦めです。
モチーフが使用されているものは、ものによっては縁起が悪いものもありますしカジュアルな印象になりやすいのでできるだけシンプルなものを選ぶという事も大切です。

揺れるピアスは縁起があまり良くないという説もありますが、派手過ぎないものであれば問題ないとも言われています。
大切なのはパーティーに合った華やかさのあるフォーマルな印象のものを選ぶという事です。

 

人によってはピアスホールをいくつも開けている場合もありますね。
普段であれば複数のピアスを付けていても良いのですが、披露宴などフォーマルな場所に行く場合は1つにしておく方が良いでしょう。

特に年配の方にはピアス自体がまだまだあまり受け入れられていない場合もあるという事も頭に入れて、品のあるピアスを選ぶようにすると良いのではないでしょうか。

 

結婚式・披露宴出席時のピアスに関するマナーまとめ

  • 女性がピアスをして披露宴に出席する事はマナー違反ではない
  • 男性がピアスをして披露宴に出席する事はマナー違反とまではいかないが、できるだけ外して行った方が良い
  • 着物で出席する場合にはピアスは外して行きましょう
  • 花嫁さんよりも目立つようなものは選ばない
  • 派手ではなく華やかな印象を与えるものがベスト
  • できるだけシンプルなものを選ぶ
  • ピアスをする際は1つにしておきましょう
女性ゲストのサブバッグ。色やデザインにマナーはあるの?

女性出席者のサブバッグ。色やデザインの選び方について

結婚式・披露宴に出席する女性には必須アイテムと言ってもいいサブバッグ。荷物がどうしても多くなってしまう女性の味方です。

披露宴に出席する際のメインバッグは小振りで華やかな印象を与えるパーティーバッグがベストです。

ただ、このパーティーバッグにはあまり物が入らないという難点もあります。
そこで活躍するのがサブバッグですね。サブバッグは基本的には披露宴会場には持ち込まずにクロークに預けるのがマナーです。

披露宴会場に持ち込まないのであれば何でも良いのでは?と思われがちですが、サブバッグにもきちんとしたマナーがありますので失礼のないようなアイテムを選ぶ事が大切です。

 

サブバッグの色、マナー違反はある?

メインのパーティーバッグは色やデザインなどマナーに沿って比較的華やかなものを選ぼうという意識が高い人が多いと思います。

ただサブバッグとなると、“サブ”という言葉の響きも手伝ってあまりマナーを意識せずに選んでしまう人も多いようですね。

いくらメインではないと言っても披露宴に持っていくアイテムの一つである事に変わりはありませんので色にもちゃんとしたマナーがあります。

サブバッグというと黒を選ぶ人が多いのですが、できれば黒は避けた方が良いでしょう。
絶対にダメというわけではありませんが、黒のサブバッグというのは形やデザインにもよりますが、どうしても弔事を連想させやすいので極力避けましょう。

では明るい白なら良いのかというと、白は花嫁さんの色なのでこれもまたマナー違反です。
サブバッグだから良いだろうという意識は自分に品を下げてしまう事になりますので気をつけたいですね。

 

サブバッグの選び方

では披露宴に持っていくサブバッグはどのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

一番無難な色は少し華やかめのパステルカラーでしょう。光沢感やラメなどが多少ついていても問題ないでしょう。

またサブバッグがあるとはいえ披露宴にやたらとたくさんの物を持って行くのはスマートではありませんので、サブバッグがあっても荷物は極力減らしてサブバッグのサイズもできればA5程度の小さめのものを選ぶと品良く映ることでしょう。

サブバッグのマナーでよく勘違いしやすいのが、ブランドの紙袋を使用するというものです。
ブランド品が入っていた質の良い紙袋だから良いだろうと思って披露宴のサブバッグに利用している人を見かける事もありますが、これは実はマナー違反です。

いくらブランドの紙袋でも紙袋である事に違いはありません。披露宴に紙袋で来るというと他のゲストに対してもやはり良い印象は与えませんね。
これは女性がよく間違えやすいマナーなのでよく注意しておきましょう。

 

披露宴に出席する際には身だしなみ、身につけるものなど細かな部分にまできちんと気を配る事で、新郎新婦に対するお祝いの気持ちをより深く伝える事ができます。

自分がオシャレをしたいという気持ちも分かりますが、マナーに沿った正しい服装で出かける事がひいては自分の品格を上げる事にもつながるという事をよく理解しておく事が大切です。

 

女性ゲストのサブバックに関するマナーまとめ

  • 黒色、白色のものは避けましょう
  • 一番無難な色は少し華やかめのパステルカラー
  • サイズはできればA5程度の小さめのものを選びましょう
知っておきたい、披露宴のバッグ選び ~女性編~

結婚式披露宴用のバッグの選び方について ~女性編~

バッグは、ドレス、靴、ストールなどのアイテムとのバランスを考えて色や素材を選ぶ事と、最低限の荷物が入るサイズを選ぶという点が大切になります。細かな部分にもきちんと気を使いましょう。

結婚式に招待された際、服装や髪型に合わせたバッグを選ぶ事も大切です。
靴やバッグなどの小物類は全体の雰囲気を決める重要なアイテムになるますので、気を抜かずに素敵なものを選ぶ事もマナーの1つです。

いくらオシャレなドレスを着て、キレイな髪型をしていても、小物使いに雑さが見えてしまうと全体の印象を崩してしまいますので注意しましょう。

では、女性が結婚式に持っていくバッグはどのようなアイテムを選ぶと良いのでしょうか?

 

ドレスとのバランスを考える

バッグを選ぶ時には、ドレスとの色、デザインのバランスをよく考えると良いでしょう。

1番良いのはドレスを購入する時に合わせてバッグも購入する事です。一緒に購入しない場合でも、黒やシルバーなどシックな色合いのものを選んでおくと使い回しがきいて便利だという事を覚えておくと良いと思います。

夜の結婚式ならゴールド系も華やかさをプラスしてくれるのでお勧めです。

ドレスを選ぶときの3つの基本マナー

 

靴とのバランスを考える

もう1つ、靴とのバランスを考えるというのも大切なポイントになります。
ドレスの色に関係なく、バッグと靴の色合いやデザイン、素材などに統一感を持たせる事で全体がまとまった雰囲気になります。

またストールなどのアイテムを使う場合には、こうしたアイテムとの素材感を合わせるというもの大切です。

 

ドレスが黒の時のバッグ選び

結婚式に出席する時、どうしても無難な黒色のドレスを選んでしまうという人も多いと思います。
黒は着回しもきくので便利な事もあるので仕方ないとは思います。

ただ、やはりおめでたい席なので黒ばかりになるのは避けたい所ですね。
黒いドレスを選んだ場合には、華やかな色合いのバッグや靴を選びましょう。キラキラした素材のものもお勧めです。

 

サイズ感も大切なポイント

結婚式用のバッグは色やデザインの他にサイズをよく考えて選ぶ事も大切です。
いくらデザインが素敵でも大きすぎたり、小さすぎたり、サイズ感がちぐはぐになってしまうと全体のバランスが崩れてしまいます。

特に大きすぎるバッグは、重たくもたっとした印象を与えます。逆に小さすぎるバッグは物が入らなくて困るという事が多いです。

バッグを選ぶ際には、「ティッシュ、ハンカチ、デジカメ、携帯、化粧直しアイテム、祝儀袋」などの必要最低限の荷物が入るかどうか、物が出し入れしやすいかどうかという点に着目して選ぶと良いでしょう。

 

このように結婚式に招かれた際のバッグは、ドレス、靴、ストールなどのアイテムとのバランスを考えて色や素材を選ぶ事と、最低限の荷物が入るサイズを選ぶという点が大切になります。

ドレスや髪型だけでなく、こうした細かな部分にもきちんと気を使い、華やかな装いで出席する事が招いてくれた方をお祝いする気持ちの現れにもなりますので、しっかりと準備をして出席するようにしましょう。

 

女性のお呼ばれバッグ選びに関するマナーまとめ

  • 黒やシルバーなどシックな色合いのものを選んでおくと使い回しがきいて便利
  • バッグと靴の色合いやデザイン、素材などに統一感を持たせると良い
  • 黒いドレスを選んだ場合には、華やかな色合いのバッグを選びましょう
  • 必要最低限の荷物が入るどうか、物が出し入れしやすいかどうかという点に着目しましょう
出席者の女性が付けるアクセサリー。派手なゴールド類はタブーです

結婚式出席者で女性が付けるアクセサリー。派手なゴールド類はタブーです

結婚式や披露宴に参加する場合に無難とされているのがパール。主役である新婦さんより目立つのはもちろんNGです。

結婚式や披露宴に参加する場合、主役である新婦さんよりも目立ってしまうことはさけましょう。
そのため、結婚式や披露宴に参加する場合には服装や持ち物など、マナーに沿って準備をしなくてはなりません。
ドレスやバッグ、靴なども重要ですが、女性にはもうひとつ重要な装飾品があります。
それがアクセサリーです。

 

ハデなものがNGなのはわかるけど、具体的にどんなものを付ければいいの?

結婚式や披露宴にどんなアクセサリーを付けていけば良いものか、悩む女性ゲストも多いでしょう。
「光り物はNG」などといった昔から言われている言葉でなんとなく想像が付くものの、具体的にどんなものを付けるべきなのかわからない女性は多いと思います。

たくさんのマナーが風習としてある日本ではそのマナーひとつひとつを知識として頭に入ってる方は少なく、迷ってしまうのも当たり前です。

 

身につけるアクセサリーはパールが一番無難。だけど目立ちすぎないものを選んで

結婚式や披露宴に参加する場合に、無難といわれているのがパールです。
パールはお葬式のみと思ってる方も多いのですが、それは間違いです。

パールは冠婚葬祭すべてに使用でき、様々な服装に合うことから、華やかさをプラスするにはパールが一番無難なアクセサリーとして選択される方が多いようです。
ただし、結婚式は2度あると良くないという慣わしから、一連のパールネックレスをするのがマナーとされています。
2連、3連のパールネックレスは結婚式や披露宴では好ましくありません。

 

キラキラと輝く宝石類やゴールド系のアクセサリーは避けましょう

光り物は禁物であり、キラキラと輝くダイヤモンドなどの宝石類やゴールド系のアクセサリーはNGです。

自身の結婚指輪などの場合のみ許されますが、あとは基本的にダイヤなどはよくありません。輝く宝石類や大きすぎる石などはすべてNGとされていますので避けるようにしてください。

 

光の上品な石のアクセサリーをさりげなくつけるのは問題ありません

しかし、光の上品な半貴石はOKであり、珊瑚・翡翠・トルコ石・ラピスラズリ・ムーンストーン・メノウ・アメジストなどは、マナー違反にはなりません。

派手すぎるものはNGですが、このような石のアクセサリーはさりげないものだと大丈夫です。
あとはアクセサリーとして近年人気の高いコサージュやカメオなども問題ないでしょう。

コサージュはスーツなどにつけるだけで、とても華やかな印象になるので結婚式や披露宴では重宝すると思います。
カメオも昔からワンポイントのアクセサリーとして付ける人が多くいます。

結婚式や披露宴は参加側も華やかな装いでなければなりません。
しかし、目立ちすぎずマナーと節度を持って祝う者として参加することが大切です。

こういったマナーを取り入れて、ステキな結婚式や披露宴を彩り楽しみましょう。

 

出席者の女性が付けるアクセサリーのまとめ

  • 新婦より目立つようなアクセサリーはNG
  • パールを身につけるのが無難。だけど目立ちすぎないように
  • キラキラと派手な宝石類やゴールド系のアクセサリーは避ける
  • 上品な石のアクセサリーをつけるのは問題ありません
女性出席者の服装で気をつけたいことやタブー(洋装編)

結婚式での女性出席者の服装やタブーについてまとめ(洋装編)

披露宴では、主役は新婦。あまり派手にならないようにドレスアップしましょう。女性の服装(洋装)もマナーを守って楽しみましょう。

昼は肌の露出は控えること。花嫁の色である白は着ないこと

礼服には格式とルールがあり、洋装の場合は、時間帯によって装いを変えるのが正式ですが、日本ではあまり気にする必要はありません。

覚えておきたいことは挙式や昼の披露宴では肌の露出は控えること、花嫁の色である白は着ないことの2点です。
洋装で披露宴に参加する場合は、清楚でドレッシーなワンピースやスーツを着るのがよいでしょう。

また昼間は光る素材、透ける素材は避けるほうがよいでしょう。帽子をかぶるなら服とあわせたものに。つばのあるものは室内では取るのがマナーです。

◆ドレスについてより詳しくはこちら
ドレスを選ぶときの3つの基本マナー

 

昼間の披露宴では、肌の露出を控え白い衣装は着ないようにしましょう

昼間の服装は、肌を露出するドレスはおすすめできません。
例えばノースリーブのワンピースには、スカーフやショールで肌を隠します。また光る素材、透ける素材は避けたほうがよいでしょう。
帽子をかぶる場合は服装と合わせたものに。室内では取るのがマナーです。

アクセサリーは昼夜で変えるようにしましょう。パールは便利ですが地味になり過ぎないように。
とはいっても、あまり派手になりすぎないように。光物はつけないのが原則。パールやゴールド、シルバーのほか、トパーズ、ガーネットなど光りすぎないものがおすすめ。コサージュなども無難ですね。

◆アクセサリーについてより詳しくはこちら
出席者の女性が付けるアクセサリー。派手なゴールド類はタブーです

とにかく主役は新婦ですから目立ちすぎないように。せっかくの素敵な日にひんしゅくをかわないように気を付けましょう。

 

夕方から夜の披露宴では、花嫁より派手にならない程度に華やかに

昼と夜とでは華やかさが全然違います。ゲストとして参加する場合は、夜のほうが華やかにオシャレができて女性にとってはうれしいかもしれませんね。

夜の披露宴なら華やかなカクテルドレスがステキです。
胸元や肩をだして、光る素材やロング丈のセミイブニングドレスに、照明に輝くアクセサリーでドレスアップするようにしましょう。
胸や背の開いた袖なしロング丈やサテンなど光る素材でもOKです。帽子はかぶりらないようにしましょう。手袋は席に着き、乾杯の前までにはずします。

華やかとはいっても、あくまでも主役は新婦です。
新婦を引き立てる装いを心がける事がポイント。主役は新郎新婦だと言う事を頭に入れ、花嫁より派手にならないように。当然「白」や「オフホワイト」などの色は着ないほうが無難。

パンツスーツを着る場合は、あきらかに仕事用と見えるものは避け、できれば高級感のある素材や上品なデザインを選ぶように心がければ十分です。ベロアやシルバーなどの糸を織り込んだものなどエレガントに工夫をしましょう。

照明できれいに輝く、宝石などでゴージャスなアクセサリーをセレクトしてはどうでしょう。
ただし、何度も言うようですが、主役よりも目立たないように。派手過ぎないように。
一連のパールのネックレスは、弔事のイメージがあるので、できれば大粒のゴージャス感のあるなものや、ロングタイプのものと組み合わせて下さい。またコサージュをプラスするなど、華やかに見えて素敵でしょう。

 

足元のオシャレは?何を履いてもよいわけではありません

ミュール、サンダルはNGではないがマナーを守って。年配の方からはふさわしくないと思われがちです。

プレーンなパンプスが基本ですが、露出の少ないオープントウのパンプスでもOK

ヒールがあり、先のあるものが無難ですが、ヒールは苦手という場合は、ローヒールでもエナメル素材やりぼん、光る石など飾りのあるものを選ぶのがよいでしょう。

ドレスコードも時代と共に変わっています。ゲストハウスやレストランウェディングなど、出席者が友人主体の披露宴の場合などは、サンダルもミュールもNGというわけではなくなってきています。ここ最近は素足の若い方もちらほらと。
しかしやはり格式のある場所での披露宴では、素足は避けたほうが無難ですね。

結婚式で素足にパンプスは大丈夫?

 

バッグは素材に気をつけましょう

小ぶりのバッグで、おしゃれにかわいく♪
シルク製やガラスビーズ、スパンコールなど光物で華やかさを取り入れてみたり、また落ち着いた皮製のフォーマルバッグなどがよいでしょう。
ブランド物も持つときは気をつけて。ブランドだからといって、カジュアルな街用バッグでは礼装には合いませんよ。布製やビニールももちろんカジュアルすぎです。

大きなバッグなどはクロークに預け、会場ではパーティ用の小さなものだけに。
最近ではあまり気にならなくなっていますが、殺生をイメージさせる毛皮や爬虫類は基本NGです。

知っておきたい、披露宴のバッグ選び ~女性編~

女性ゲストのサブバッグ。色やデザインの選び方

 

花嫁の白はNGだがブラックもコーディネート次第で問題無し!

ブラックスーツにシンプルな装飾品…。一歩間違えば、「喪服」に見られてしまい、お祝いのムードを壊す。なんていうことになったら大変。披露宴の服装は華やかさが大切です。ブラックスーツのよいところは、どんなに装飾品を派手にしてもシックさは失われないところ。

黒を着るときは、華やかさをプラスすることを忘れないでくださいね。
たとえば真っ赤なコサージュや真っ赤なヒール、ラメ入りのバッグなど装飾品をゴージャスにするとよいでしょう。花嫁より目立ちすぎることのない範囲で華やかさを取り入れて。

日本の結婚式はマナーを守れば守るほど、会場が真っ黒になっていくのです。

 

平服で参加してください。といわれても普段着なわけではありませんよ

招待状に「平服で参加ください」とあった場合は、「普段着」ということではなく「略礼装で結構ですよ」と捉えます。
この場合、昼の結婚式であれば光らない素材のセミアフタヌーンドレスを基本に。夜の結婚式の場合はカクテルドレスが良いでしょう。カクテルドレスは昼夜どちらにも使え便利ですが、夜の結婚式では少し華やかなカクテルドレスが良いでしょう。

お披露目会、レストランでウェディングパーティというような、カジュアルな結婚式であれば、アクセサリーやスカーフ、靴やバッグなどの小物でドレスアップを楽しんでください。
仕事着でも華やかなアクセサリーやパーティ用のバッグを合わせれば、フォーマルな感じになりますよ。

 

女性の洋装の例

・主賓クラスの女性の場合
主賓クラスの女性には、アフタヌーンドレスがおすすめです。
両家に失礼のない装いであることが大切です。
一般の招待客よりフォーマルな印象になるよう、正礼装また準礼装のアフタヌーンドレスが基本

・一般招待客の女性の場合
一般招待客の女性は、コーディネートスタイルで。
新婦よりも控えめで上品かつエレガンスに装います。ノースリーブや背中が開いたものはなるべく避け、挙式時はショールなどを羽織って肌の露出は控えましょう。
黒い服なら、アクセサリーなどでさし色を加えること。

 

結婚式・披露宴での女性の服装(洋装編)のまとめ

  • 花嫁衣装とかぶるため、ドレスに白は選ばない
  • 挙式や昼間の披露宴では、露出したドレスは控える
  • 夜は花嫁より派手にならない程度に華やかに
  • 素足は避けたほうが無難
  • バッグは素材に気をつけて
  • 黒いドレスにはアクセサリーなどでさし色を加える
  • 平服は普段着ではありません