タグ別アーカイブ: オシャレ

ベストでオシャレ感をアップ!男性ゲストの結婚式スタイル

ベストでオシャレ感をアップ!男性出席者の結婚式オシャレスタイル

普段とは違ったコーディネート♪気持ちも引き締まるベストを使ってスーツ姿をさらにかっこよく!

結婚式に出席する際、女性なら華やかなドレスや着物など色々なパターンの服装を選択することができますね。

一方で男性は、スーツで出席する人が大半だと思います。
せっかく出席するのであれば、男性もいつもと少し違ったコーディネートでスーツを着こなして新郎新婦をお祝いできると良いですね。

そんな時におすすめのアイテムが「ベスト」です。今回は、ベストの着こなしについて紹介してみたいと思います。

 

ベストの着用は基本マナー?

まず、男性が結婚式に出席する場合の服装は、準礼装または略礼装が基本となります。

いつも会社に着て行っているスーツでも問題はないですが、結婚式の服装というのは新郎新婦をお祝いする気持ちを表すものでもありますので、できるだけ基本のマナーに沿ったものにしたいですね。

ディレクタースーツやブラックスーツなどの準礼装の場合でもベストを着用するのが正式なスタイルです。

基本的に結婚式では、スーツの上着は脱がないというのがマナーです。
ただし、ベストを着用している場合は、上着は脱いでもOKです。

特に夏場は、暑いのでベストは着たくないなぁと思うかもしれませんが、暑いからこそベストを着ておけば上着を脱ぐことができるので、特に夏場の結婚式ではベストの着用をおすすめします

 

ベストの色や種類は?

ベストには夏用、冬用がありますので、季節に応じたものを選ぶようにしましょう。

色については、無難なブラックを選ぶ人が多いようですが、ブラックスーツに黒のベストを着用すると全体的に暗い印象になってしまいます。

このコーディネートを選択するのであれば、ネクタイやネクタイピン、カフス、ポケットチーフなどの小物類で明るめの色を選ぶことをおすすめします。

ベストは、どうしても上着と同じ色を選びがちですが、ブラックスーツにあえて白のベストを選択するのもおすすめです。

 

こなれ感を出すベストの選び方

ベストでオシャレ感をアップ!男性ゲストの結婚式スタイル
ベストを選ぶ場合、どうしても上着と同じ色を選びがちだと思います。
実は、ネクタイと同系色を選ぶとより、オシャレでこなれた感じを出すことができるのでおすすめです。

例えば、明るめのピンクやオレンジなどをうまくコーディネートに取り入れられると華やかでオシャレな印象になるでしょう。

また、ベストにはストライプや千鳥柄など色々なデザインのものもありますので、こうしたアイテムをうまく着こなすことができるとよりオシャレの幅が広がりますね。

 

男性のベストについてのまとめ

  • ベストを着用するのが正式なスタイル
  • 夏用、冬用があるので、季節に応じたものを選ぶようにしましょう
  • ネクタイと同系色を選ぶとより、オシャレでこなれた感じを出すことができます
スリーピークスの折り方

結婚式男性出席者のネクタイ、スリーピークスの折り方について

フォーマルスタイルでの胸元のオシャレ♪ポケットチーフを挿してみよう。スリーピークスの折り方も合わせてご紹介します。

「スリーピークス」という言葉を聞いてピンとくる人は案外少ないかもしれませんね。
これはフォーマルスタイルの際に胸元のポケットに挿すポケットチーフの刺し方のことです。

ポケットチーフというのは日常的に使うことが少ないので正しいマナーや挿し方を理解している人というのは少ないかもしれないですね。
そこでここでは、「スリーピークス」の挿し方を中心にポケットチーフのマナーについて学んでみたいと思います。

 

どんなポケットチーフを選べば良い?

本来、格式のある披露宴などに出席する場合には白無地のポケットチーフを使用するというのがマナーでした。

だだ、最近はネクタイもシルバーなど色味のあるものでもよくなってきているのに合わせてポケットチーフの色も控えめなグレーなどであれば白でなくても良いという風潮が出てきています。
少し光沢感のあるものなどがあっても良いでしょう。

もしも色に迷うことがあれば、ネクタイの色味に合わせて選んでおくとトータルコーディネート的にもおしゃれに見えます。

また、二次会など少しラフな会場の際にはストライプなど柄があるポケットチーフもおすすめです。
いずれにしても派手になりすぎず控えめであるという点は忘れないようにしましょう。

胸元のオシャレ。スーツにはポケットチーフで男力アップです!

 

ポケットチーフの折り方

ポケットチーフには色々な折り方があり、TPOに合わせて折り方を選ぶというのもマナーの一つです。

オーソドックスで一番ベターなのが「TVホールド」という正方形を三つ折りにして下の部分をポケットの深さに合わせて折り返したスタイルです。

カジュアルスタイルの場合には、「パフ」「クラッシュ」と呼ばれる少し崩した感じの挿し方も遊び心があって良いでしょう。

結婚式、披露宴に出席する場合には最初に紹介した「スリーピークス」と呼ばれる折り方がベストですが、一般的には主賓や上位席に着く人など威厳や貫禄のある人が使う挿し方とも言われていますので、友人などとして出席する場合には、オーソドックスなTVホールドか、三角に折る「トライアングラー」が良いと考えられます。

 

スリーピークスの折り方

スリーピークスは、胸ポケットから3つの角が見える折り方です。

1.広げたチーフを三角に折ります。
sp_step1

2.さらに三角に折ります。
sp_step2

3.さらに三角に折ります。
sp_step3

4.この段階で3枚重ねの三角が出来上がりますので、その3つの角を均等にズラします。
5.三角の下部分をポケットの深さに合わせて折ります。この時、三角の角が2〜3㎝ほど覗くくらいの高さにすると良いでしょう。
sp_step4
出典:http://www.formalstyle.jp/メンズフォーマルスタイル/ステップアップの着こなし方/ポケットチーフの折り方/ポケットチーフの折り方・スリーピークス

6.右側の部分を折りたたんでポケットの幅に合わせます。
7.これを裏返してポケットに挿し込みます。

 

■下記の動画も非常に参考になります。

 

スリーピークスの折り方についてのまとめ

  • なるべく派手になりすぎず控えめなポケットチーフを選びましょう
  • ポケットチーフには色々な折り方があります。TPOに合わせて折り方を選びましょう
  • スリーピークスは、胸ポケットから3つの角が見える折り方です
結婚式・披露宴では腕時計はマナー違反になるのでしょうか?

結婚式・披露宴では腕時計はマナー違反になるのでしょうか?

結婚式では腕時計はマナー違反って聞いたけど本当なのか?気になるところですよね。
基本は腕時計はNGですが着けて行っても問題ないような会場では、男性ゲストは派手でない時計を、女性はラグジュアリーなデザインのものや革ベルトでシックで落ち着いた雰囲気のものを選ぶと良いでしょう。

友人や親戚、仕事関係の人など結婚式や披露宴に出席する機会というのは多いものですね。
男女問わず式に出席する際にはファッションには気を使うものだと思います。

自分が着飾るというよりは、服装でお祝いの気持ちを表すという気持ちでファッションコーディネートを行いたいものです。

正式な場へ出席する場合、服の色やデザインだけでなく、身につける小物にまで気を使いたいものです。
そこで今回は、特に披露宴に出席する際の腕時計の選び方について見て行きたいと思います。

 

披露宴に腕時計はNGという場合も

皆さんは普段、腕時計を使っていますか?
最近は携帯電話が時計代わりとなっていて腕時計を日常的には使用しないという人も増えてきているようですね。

ただ、ファッションアイテムの1つとして腕時計を選ぶという人もいると思います。

では、披露宴に出席する際にはどのような腕時計を選ぶと良いでしょうか?
本末転倒なことを言うようですが、披露宴に腕時計をしていくというのはマナー違反と考えられています。

時計というのは「時間を気にする」という印象を与えてしまうと考える人も多いので、
せっかくのお祝いの席に招かれているのに「時間を気にする」「早く席を立ちたいと考えている」
というような印象を与えてしまうというのはよろしくありませんね。

 

ファッションアイテムとしての腕時計

ただ、最近ではこうしたマナーを気にする人はあまりいないとも言われています。

実際に腕時計はファッションアイテムの1つと考えられているので、腕時計をしているからといってマナー違反だ、失礼だなどと考える人は少ないかもしれません。

気の知れた友人の披露宴や二次会などあまり堅苦しくない場への出席であれば腕時計をファッションの1つとしてつけていくというのもOKかもしれませんね。

ただ、格式の高い場や会社関係の人などマナーを重視するような場へ出席する場合には念のため外して行くほうが無難だと言えますね。

 

臨機応変に考えよう

もしも披露宴に腕時計をつけていく場合には、女性の場合ならラグジュアリーなデザインのものや革ベルトでシックで落ち着いた雰囲気のものを選ぶと良いでしょう。

着ていくドレスの雰囲気に合わせた色味、派手すぎずに小ぶりで清楚なものを選ぶと良いですね。

男性の場合もカジュアルになりすぎず、派手でないアイテムを選びましょう。
いずれにしても会場の雰囲気で腕時計は外したほうが良さそうだなと感じた場合は、さっと外してしまうのが賢明です。

 

結婚式・披露宴での腕時計に関するマナーまとめ

  • 披露宴に腕時計はNGという場合も
  • 気の知れた友人の披露宴や二次会などあまり堅苦しくない場であればOK
女性ゲストのサブバッグ。色やデザインにマナーはあるの?

女性出席者のサブバッグ。色やデザインの選び方について

結婚式・披露宴に出席する女性には必須アイテムと言ってもいいサブバッグ。荷物がどうしても多くなってしまう女性の味方です。

披露宴に出席する際のメインバッグは小振りで華やかな印象を与えるパーティーバッグがベストです。

ただ、このパーティーバッグにはあまり物が入らないという難点もあります。
そこで活躍するのがサブバッグですね。サブバッグは基本的には披露宴会場には持ち込まずにクロークに預けるのがマナーです。

披露宴会場に持ち込まないのであれば何でも良いのでは?と思われがちですが、サブバッグにもきちんとしたマナーがありますので失礼のないようなアイテムを選ぶ事が大切です。

 

サブバッグの色、マナー違反はある?

メインのパーティーバッグは色やデザインなどマナーに沿って比較的華やかなものを選ぼうという意識が高い人が多いと思います。

ただサブバッグとなると、“サブ”という言葉の響きも手伝ってあまりマナーを意識せずに選んでしまう人も多いようですね。

いくらメインではないと言っても披露宴に持っていくアイテムの一つである事に変わりはありませんので色にもちゃんとしたマナーがあります。

サブバッグというと黒を選ぶ人が多いのですが、できれば黒は避けた方が良いでしょう。
絶対にダメというわけではありませんが、黒のサブバッグというのは形やデザインにもよりますが、どうしても弔事を連想させやすいので極力避けましょう。

では明るい白なら良いのかというと、白は花嫁さんの色なのでこれもまたマナー違反です。
サブバッグだから良いだろうという意識は自分に品を下げてしまう事になりますので気をつけたいですね。

 

サブバッグの選び方

では披露宴に持っていくサブバッグはどのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

一番無難な色は少し華やかめのパステルカラーでしょう。光沢感やラメなどが多少ついていても問題ないでしょう。

またサブバッグがあるとはいえ披露宴にやたらとたくさんの物を持って行くのはスマートではありませんので、サブバッグがあっても荷物は極力減らしてサブバッグのサイズもできればA5程度の小さめのものを選ぶと品良く映ることでしょう。

サブバッグのマナーでよく勘違いしやすいのが、ブランドの紙袋を使用するというものです。
ブランド品が入っていた質の良い紙袋だから良いだろうと思って披露宴のサブバッグに利用している人を見かける事もありますが、これは実はマナー違反です。

いくらブランドの紙袋でも紙袋である事に違いはありません。披露宴に紙袋で来るというと他のゲストに対してもやはり良い印象は与えませんね。
これは女性がよく間違えやすいマナーなのでよく注意しておきましょう。

 

披露宴に出席する際には身だしなみ、身につけるものなど細かな部分にまできちんと気を配る事で、新郎新婦に対するお祝いの気持ちをより深く伝える事ができます。

自分がオシャレをしたいという気持ちも分かりますが、マナーに沿った正しい服装で出かける事がひいては自分の品格を上げる事にもつながるという事をよく理解しておく事が大切です。

 

女性ゲストのサブバックに関するマナーまとめ

  • 黒色、白色のものは避けましょう
  • 一番無難な色は少し華やかめのパステルカラー
  • サイズはできればA5程度の小さめのものを選びましょう
知っておきたい、披露宴のバッグ選び ~男性編~

結婚式披露宴用のバッグの選び方について ~男性編~

結婚式で男性ゲストが特に困るのがバッグ。ですが、そのバッグの色や柄、デザインに気を配る事で素敵な紳士のスタイルを演出できます。

結婚式に招待された男性が服装で1番悩むのはバッグだとも言われています。
女性の場合は、日常的にバッグを持ち歩く事が多いですし、色々なバッグを持っているのでそれほど悩むという事はないですが、男性の中には普段はあまりバッグを利用しないという人も多いと思います。

それに女性ほどバッグに興味のない人がほとんどだと思いますので、持っているバッグで間に合わせるというとコーディネートがおかしな事になってしまう事もあるでしょう。
では、男性が結婚式にもっていくバッグに適しているアイテムとはどのようなものでしょうか?

 

クラッチバッグを上手に取り入れよう

男性が持っているバッグというと、トートバッグやビジネスバッグ、スポーツバッグ、ウェストポーチなどが多いと思いますが、いずれも結婚式にはあまりふさわしいとは言えませんね。

男性用バッグで結婚式にふさわしいバッグでお勧めなのはクラッチバッグです。
クラッチバッグと言われてもイメージが湧かない人もいるかもしれませんが、簡単に言うと持ち手がなくて手で直接掴むタイプのバッグとなります。

デザインなどは多少異なりますが、セカンドバッグや集金の人などが持っているバッグというとイメージが湧く人もいるかもしれないですね。
こういう風に言うと、それってオシャレなの?と思う人もいるかもしれませんが、女性のファッションアイテムとしてもクラッチバッグは数年前から注目されているアイテムで、デザインなどをきちんと考えて選べば流行を取り入れたアイテムでもあるのでお勧めです。

 

結婚式に柄物はNG

クラッチバッグに限らず、男性が結婚式に持って行くバッグで気をつけたいポイントとして柄物は避けるというマナーがあります。

例えば、ブランドのロゴなどがたくさん入っているようなバッグというのは、高級なアイテムというのは分かりますが、スーツなどとのバランスを考えるとバッグだけが浮いてしまって全体の印象を残念な感じにしてしまう事もあります。
そのため、できるだけロゴや柄の入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

色はどうする?

男性の場合、黒のディレクターズスーツなどを着て出席する事が多いと思います。

女性は黒のドレスにシルバーやゴールド系の華やかな色合いのバッグを合わせる事が多いですが、男性は逆と考えましょう。黒いスーツの時に茶色などの明るめの色合いのバッグを合わせてしまうと、バランスが悪くなってしまう事があります。
色合いを上手く合わせる自信がある人なら良いですが、あまり自信がないなぁと思う人の場合は黒っぽい色を選んでおくのが無難です。

 

形や素材はどうする?

バッグを選ぶ時には、形や素材にも気を配りましょう。

男性のフォーマルの場合、革製を選ぶのが基本です。夜の結婚式の場合などは、ベルベット素材などでも良いでしょう。

ただ、普段使いもできるものと考えると革製にしておいた方が使い回しがきくと思います。
形は、真四角で厚みのあるものを選ぶと集金の人みたいになってしまうので気をつけましょう。

最近ですと、A4サイズくらいの大きさで長方形、そしてシンプルなデザインがオシャレに見えますね。

 

このように男性が結婚式に出席する際には、クラッチバッグを中心にスーツ、靴をコーディネートすると良いでしょう。

その際は、お話したようにバッグの色や柄、デザインにもよく気を配る事で素敵な紳士のスタイルを演出できると考えられます。

 

男性ゲストのバッグ選びに関するマナーまとめ

  • 男性用バッグで結婚式にお勧めなのはクラッチバッグ
  • できるだけロゴや柄の入っていないものを選びましょう
  • 黒っぽい色を選んでおくのが無難
  • 革製にしておけば普段使いもでき使い回しがきく