タグ別アーカイブ: コート

披露宴の服装マナー 〜冬の披露宴、女性のコートはどうする?〜

結婚式出席者の女性服装マナー 〜冬の披露宴でコートはどうする?〜

結婚式のようなマナーを重視するお祝いの席では、NGとされているファッションも意外にたくさん存在します。その一つがツーピースです。

冬場や春先の披露宴への出席は羽織物で悩むことが多いと思います。

ドレスは薄手のものが多いですし、露出の多いものも多いので寒い時期にはコートなどの羽織物アイテムは必須となりますね。

結婚式、披露宴に出席する際のコートや羽織物はどのようなものを選ぶのがマナーとなるのでしょうか?
ここでは、特に女性のコートについてを中心に考えて行きたいと思います。

 

コート、羽織物は生地や素材に注意

冬場の羽織物というと、モコモコのファーがかわいらしくて素敵ですよね。

披露宴といっても二次会や友人だけのカジュアルなタイプの会であればファーも許容範囲とされる場合がありますが、基本的に披露宴にファー素材はNGです。

特にリアルファーはおしゃれ感はありますが、毛皮を使っているという点から「殺生」を連想させるためお祝いの席には向きません。

ファーのついたコートなどもできれば避けた方が良いでしょう。
特にボレロなどはファーを選びたくなりますが、食事の際に毛が飛んでしまうかもしれないなどという事を考えるとNGであると考える人が多いので避ける方が無難でしょう。

 

コートはクロークへ

稀にコートを手に持ったまま式に参加している人を見かけますが、これは見た目が良くないだけでなくマナー違反でもあります。
コートは必ず事前にクロークに預け、会場にはできるだけ身軽な状態で入るようにしましょう。

ガーデンパーティーなど屋外に出ることがある場合は、周りの方の様子を見ながらにはなりますがコートは預けずに手元においておいた方が良い場合もあります。

時期によってはショート丈でかさばらないコートもおすすめです。
ただ、かなり寒い時期の披露宴の場合は、ロングでドレスがすっぽりと隠れてしまうコートがおすすめです。

 

どんなコートを選ぶ?

コートは式場に入る前に脱いで手に持ってからクロークに進むとスマートに見えます。

ただ、外で脱ぐからどんなコートでも良いかというとそうはいきません。
ドレスなのにダウンコート、カジュアルな印象のコートを着てしまうとせっかくのおしゃれも台無しです。
いくら式場前で脱ぐとはいえやはりコートはフォーマルなものを選びましょう。

また、色については完全にクロークに預けてしまうのであれば白系でも問題ないという場合が多いです。
ただし、ガーデンパーティーなどで新婦の前でコートを着る可能性がある場合はやはり白系のアイテムは避けた方が良いですね。

 

女性のコートについてのまとめ

  • 披露宴にファー素材は基本的にNG
  • コートは必ず事前にクロークに預け、会場にはできるだけ身軽な状態で入るようにしましょう
  • コートはフォーマルなものを選びましょう
  • 白系のアイテムは避けた方が良いが、完全にクロークに預けてしまうのであれば白系でも問題ない