タグ別アーカイブ: フォーマル

披露宴の服装マナー〜男性のモーニングコートは出席する立場を考えて選ぶ

披露宴の服装マナー〜男性出席者のモーニングコートは出席する立場を考えて選ぶべき

モーニングコートは、フォーマルウェアの中でも最も格式の高い衣装となります。

格式が高いアイテムではありますが、ただ着れば良いというわけではなく着こなしにもきちんとしたマナーがあります。

ここでは男性のフォーマルウェアの中で最高峰とも呼ばれるモーニングコートのマナーについて学んで行きたいと思います。

 

モーニングコートを着るタイミング

モーニングコートは、「モーニング・コート」と表記されることもあります。
モーニング=朝ということですね。

つまりモーニングコートは、午前中から昼間にかけての披露宴などで着用する正装だということです。

最近は時間帯関係なく着用するという場合もあるようですが、夜の正装はテールコート=燕尾服が一般的だとされていますので着用する時間帯によって着こなしを変えるということも大切です。

 

モーニングコートを着る立場

モーニングコート自体は格式の高いフォーマルウェアなので誰が来ても問題はありません。

ただ、披露宴などの場合は、より新郎新婦に近い親族に着用が求められる場合が多いため、一般の出席者がモーニングコートを着ていくと少し目立ってしまうというケースもあるでしょう。

特に新郎新婦の父親は昼はモーニングコート、夜はテールコートやタキシードなどを着用することが多いですね。
一般の出席者の場合でも主賓として招待された場合や媒酌人として出席する場合にはモーニングコートを着用することが一般的とされています。

 

モーニングコートのルール

モーニングコートは、1つボタンのジャケットに共生地のベストかグレーのベストを着用します。

パンツは、グレーに黒の縦模様が入ったコールパンツが一般的で、白黒縞のサスペンダーを使用することもあります。

シャツは、白無地でブロード素材のものを選びましょう。
衿は、前身ごろにヒダのないウイングカーラやレギュラーカラー、ワインドカラーなどを選ぶと良いでしょう。

カフスはダブルカフス、カフスボタンについては真珠や白蝶会など白系の石をあしらったものがおすすめです。

台座はシルバーが無難でしょう。

ネクタイは明るめで、シルバー、ライトグレー地にグレーや黒の縞模様が入ったものがベストです。

胸元にはリネン100%の白無地のポケットチーフを入れておき、手元には白の手袋を持つのがスタイルです。

手袋は革製でも布製でもどちらでも構いません。

 

男性のモーニングコートについてのまとめ

  • 基本的にモーニングコートは、午前中から昼間にかけての披露宴などで着用する正装
  • より新郎新婦に近い親族に着用が求められる場合が多い
男性が結婚式に着ていくシャツについて

男性出席者が結婚式に着ていくシャツについて

一見それほど変わりないようでいて細かな部分に違いがある「シャツ」そこにこだわる事でオシャレ感をアップさせる事ができるんです。

結婚式の男性の服装というとブラックスーツやディレクターズスーツだと思います。
どちらも黒ベースなので女性に比べると男性は華やかさに欠ける感じはありますが、ネクタイや小物、シャツなどでオシャレ感をアップさせる事は十分にできます。

とはいえ、やはり正式な場に出席するわけですので、自分の好みやセンスばかりを押し出してしまってマナーに反するような服装になってしまってはいけませんね。
そこで今回は、特にシャツの選び方を中心に男性の結婚式での装いについてお話してみたいと思います。

 

シャツの色はどう選ぶ?

最近の結婚式ではパステルカラー程度の色合いのカラーシャツなら許容範囲とされる事が多くなっています。

ただ、結婚式でのフォーマルスタイル、セミフォーマルスタイルの場合、基本は白シャツを選びましょう。

カラーシャツを着ても良いのは、二次会のみの場合やカジュアル度が高く平服での出席が促されているような披露宴、披露パーティーだと考えておいた方が良いでしょう。

 

シャツの柄(がら)はどう選ぶ?

シャツの色は、白を選ぶのが無難とされていますが柄についてはどうでしょうか?

白シャツの場合、柄(がら)は基本的には無地のものを選ぶ方が良いでしょう。
柄があるとしても近づいてみないと分からないくらいのうっすらとしたものか、オシャレ上級者なら織り柄の入ったシャツを選ぶというのも良いと思います。見た目には無地なのによく見ると柄がある事に気がつくというのは、さりげないオシャレのできる男性として好感が持てますね。

また、ボタンホールの糸があえてカラーにしてあるシャツなどもありますので、ネクタイの色などと合わせてこうした所でオシャレを楽しむというのも1つの方法です。

ただし、格式のある場所での結婚式などの場合は、無地でボタンホールにも色のない白シャツを選ぶのが無難です。

 

衿(えり)のタイプはどう選ぶ?

シャツの衿(えり)は一見同じように見えますが、実は色んなタイプがあります。

結婚式に出席する場合は、基本はレギューラカラーと呼ばれる長さや開きが標準的な衿を選びましょう。

タキシードを着るという人は少ないかもしれませんが、タキシードの場合はウイングカラーまたはバタフライカラーと呼ばれる衿の先が前に折れたタイプのものを選びましょう。

 

このように男性のシャツというのは、一見それほど変わりないようでいて細かな部分に違いがあり、そこにこだわる事でオシャレ感をアップさせる事ができるアイテムです。
基本のマナーに沿っていれば、後は自分なりのオシャレを楽しみましょう。

ただ、一番の基本マナーはアイロンがかかっていない、衿汚れ、袖口の汚れなどが目立つなど清潔感のないシャツを着て行く事です。

このような人はあまりいないとは思いますが、独身男性で自分で全て用意するという人は、特にこうした細かい点にもよく気をつけて清潔感のある紳士的な服装で出席するように心がけましょう。

 

男性が結婚式に着ていくシャツに関するマナーまとめ

  • シャツの色は、白を選ぶのが無難
  • 白シャツの場合、柄は基本的には無地のものを選びましょう
  • シャツの衿(えり)は、基本はレギューラカラーと呼ばれる長さや開きが標準的なものを選びましょう
男性が履いていく靴について

結婚式で男性が履く靴のデザインや色について

オシャレは足元から。フォーマルな場面では靴の選び方にもマナーがあります。フォーマルシューズをかっこよく履きこなし結婚式を楽しみましょう。

結婚式のゲストに招かれた際に、男性はついついスーツやネクタイに気を取られて、履いて行く靴について無頓着になりがちです。
しかしながら、フォーマルな場面では靴の選び方にもマナーがあります。
恥ずかしい思いをしないためにも、しっかり基本的なマナーは心得ておくようにしましょう。

 

結婚式のメンズシューズ。黒しか選んではいけない。というわけではありません

結婚式などフォーマルな席では、黒の靴を履いて行くことが正式なカラーとされていますが、絶対に黒でなければいけない。というわけではありません。

例えば、スピーチを頼まれていたり、親族の結婚式に出席するような時には、大人のマナーとして黒の靴を選んだ方が無難だと言えます。

しかしながら、近頃は結婚式のようなおめでたい席では、堅くなり過ぎないオシャレを楽しむ男性も増えてきました。
そのため、通常のゲストとして招かれた際や平服でOKというような式でしたら、ブラウン(茶色)系の上品な革靴でも問題ありません。

自分の立場を考えて、臨機応変に対応することができるよう、基本は黒がフォーマルな靴であるという事だけ覚えておきましょう。

 

結婚式で履いて行く靴は、デザインにもマナーがある

ストレートチップ
出典:http://www.fight.co.jp/shinshi/straightsoto.html

男性がスーツの時に選ぶ靴のデザインですが、結婚式ではヒモ付きの「ストレートチップ」が正装向けのフォーマルシューズとなります。

シンプルなデザインが好きな方は、「プレーントゥ」でも良いのですが、つま先に「メダリオン」と呼ばれるデザイン穴が開いていない靴を選ぶようにしましょう。
メダリオンデザインは、とてもオシャレなデザインなのですが、フォーマルな席ではあまりふさわしい靴ではありません。

 

結婚式の時はNGとされている靴の種類

クロコダイルの型押しなどは、例えイミテーション物でも結婚式にはNGの靴となります。
高級感があるため素敵なデザインシューズにも見えますが、動物の皮や毛をイメージさせるデザインは、結婚式では縁起が悪いものとされるため、シンプルな革靴を選ぶようにしましょう。

それから、ブーツ丈のシューズは当然結婚式にはふさわしくない靴となりますので、短い丈のブーツでも控えましょう。

 

結婚式に男性が履いていく靴についてのまとめ

  • 結婚式で男性が履いて行く靴は黒を選ぶのが基本です
  • 通常のゲストや二次会の席ではブラウンの靴でもOK
  • ヒモ靴、プレーントゥがフォーマル向きのデザインです
  • つま先に穴のあいたメダリオンデザインは控えるべき
  • 動物の皮や毛をイメージさせる靴は縁起が悪いためNG