タグ別アーカイブ: 乾杯

結婚式・披露宴で盛り上がる「乾杯」の挨拶を紹介

結婚式・披露宴で盛り上がる「乾杯」の挨拶を紹介

乾杯の音頭を頼まれたら、乾杯までの簡単な流れやマナーなど基本的なことは押さえておきたいですね。
さらに、スピーチとは違い手短にすませなければならない乾杯の挨拶。いったいどのようなことを話せば適切なのでしょう。

結婚式の最初に行われるのが「乾杯」です。新郎新婦から乾杯の挨拶を依頼された場合、ただ乾杯の音頭をとるだけでなく多少の挨拶も必要となります。

そこでここでは、式のスタートを盛り上げる乾杯の挨拶をいくつか紹介してみたいと思います。

 

乾杯の挨拶長くしすぎないのが基本マナー

乾杯の挨拶は長くしすぎない。というのが基本マナーです。
なぜかというと、乾杯の場合は列席者がグラスを片手に起立した状態で挨拶を聞くことになるからです。

この状態で延々とスピーチを聞かされてはたまったものではありませんね。

乾杯の挨拶はどんなに長くても3分だと言われています。
一番良いのは1~2分の間にまとめることです。

 

どんなことを話せば良い?

では、1分間にどんなことを話せば良いのでしょうか?
乾杯の挨拶には「基本の構成」というのがありますので紹介しておきます。

1.お祝いの言葉
2.自己紹介
3.エピソードやはなむけの言葉
4.結びの言葉
5.乾杯の音頭

こうして見ると1分間に案外色々なことを詰め込まなくてはなりませんね。

 

自己紹介はどうする?

お祝いの言葉については、
「◯◯くん、◯◯さんご結婚おめでとうございます。
両家のご親族の皆様にも合わせてお祝いを申し上げます」
といった感じでまとめるとスッキリするでしょう。

問題は、自己紹介です。
手短に自分と新郎新婦との関係を紹介しないといけないので大変です。

具体的な例としては、
「ただいま、ご紹介に預かりました」
から始めて、新郎新婦との関係性を手短に説明すると良いでしょう。

例えば、
「新郎の学生時代の友人」「新郎と同じ会社の」「新郎の幼馴染の」
など出席している人全員に関係性がわかるように簡単に説明することがポイントです。

さらに、列席している年長者に配慮するのであれば
「ご指名により僭越ではございますが、乾杯の音頭を取らさせて頂きます」
というフレーズを入れるとさらに良いですね。

 

エピソードはどうする?

スピーチを長くしてしまう要因としてエピソードを盛り込見すぎるということが挙げられます。

友人代表のスピーチなどであれば、多少長くても構いませんが、最初にお話したように乾杯の音頭は1分程度に収める必要があります。

エピソードについては新郎新婦との関係性によって話す内容も変わってきますが、基本は新郎新婦を褒めるエピソードを盛り込むことです。

例えば、学生時代の友人であれば新郎新婦が頑張っていたことについて紹介したり、会社関係であれば会社での仕事振りについて褒めるなどすると良いですね。

あくまでも手短に。長くならないようにすることを心がけましょう。

また、エピソードなしで乾杯の音頭につなげても構いませんが、少しでも何かエピソードを入れることができればよりお祝いの気持ちを伝えることができるでしょう。

 

乾杯のタイミングはわかりやすくする

乾杯のスピーチは、あくまでも「乾杯の音頭」につなげるためのものです。
なので「乾杯」を行うタイミングを列席者にわかりやすく伝えるということが一番重要になります。

乾杯の発声の際は必ず「乾杯!」というフレーズを使いましょう。
「ご結婚おめでとうございます」
などというはなむけの言葉でグラスを上げてしまうと、わかりにくくなってしまい乾杯の発声だと気が付かない場合もあります。

一番スムーズなのは
「皆様、ご唱和をお願いいたします。乾杯!」
というフレーズになるかと思います。

こうした流れで手短にわかりやすくまとめることができれば、気持ちのこもった盛り上がる乾杯になるはずです。

 

「乾杯」の挨拶についてのまとめ

  • 乾杯の挨拶は長くしすぎない。3分以内にまとめましょう
  • 「基本の構成」に沿って話しましょう。
  • 自己紹介は新郎新婦との関係性を手短に説明しましょう
  • 少しでもエピソードを入れることができれ、お祝いの気持ちを伝えることができるでしょう
  • 乾杯のタイミングは出席者の皆さんにわかりやすいタイミングで
乾杯の音頭や挨拶をお願いされた際に気をつけたいこと

結婚式で乾杯の音頭や挨拶をお願いされた際に気をつけたいこと

披露宴での大役、乾杯の音頭や挨拶を頼まれる事もありますよね。参加者のみなさんが気持ちのよいパーティーを過ごせるよう、素敵な「乾杯の音頭」をしたいところ。

結婚式に招かれた際、乾杯の音頭や挨拶を頼まれる事もあるでしょう。
いずれも多くの列席者の前で新郎新婦に言葉をかけ、代表としてお祝いの気持ちを述べる重要な役割でもありますね。

そのような大役を任せてくれた新郎新婦に恥をかかせないよう、また列席者に不快な思いをさせないように、特にマナーには気をつけたいところです。
ここでは、乾杯、挨拶の際のマナーについて見ておきましょう。

 

乾杯の挨拶は短く

乾杯を行う際には、音頭を取る前に新郎新婦に一言ことばをかけるなど簡単な挨拶をする必要がありますね。

時に、この挨拶が長い人がいますが、これはあまり好ましくありません。
乾杯の後には、両家の主賓が挨拶をするというのが一般的です。乾杯の音頭を取る人が、長々と挨拶をしてしまうと、時間的にもロスになりますし、後で挨拶をする主賓の方にも失礼になってしまいます。

乾杯の際の挨拶は、一言お祝いを述べる程度で簡単に済ませるというのがよいでしょう。

 

乾杯する際のマナー

乾杯の音頭を取る人のマナーとは少し違いますが、結婚式での乾杯にまつわるマナーについても見ておきましょう。

結婚式で乾杯をする場合には、「乾杯!」と声に出して言ってから、同じテーブルの人とグラスを合わせましょう。
その際、グラスを割らないように注意しましょう。

また、できればグラスの中は飲み干す方が良いとされています。お酒がダメな人でもひとくちだけ口をつけるようにしましょう。
飲めないからと言って乾杯しないなどという事がないようにしましょう。

 

挨拶や乾杯を頼まれたら

結婚式で挨拶や乾杯を頼まれるというのは、荷が重いと感じる人も多いでしょう。
人前で話しをするというのはとても緊張しますし、できれば避けたいという気持ちは分かります。
ただ、結婚式はおめでたい事なので、できるだけ快く引き受けるというのがマナーです。

 

挨拶は忌み言葉や内容に気をつけて

挨拶を頼まれた際には、お祝いの場には相応しくないとされる忌み言葉に気をつけましょう

例えば、切れる、分かれる、重ね重ね、離れる、冷めるなどなどたくさんの言葉が挙げられます。

挨拶の原稿を考えたら、必ず誰か他の人にも目を通してもらって失礼な言葉使いがないかどうかをチェックしておくようにしましょう。

また、挨拶の中で新郎新婦のエピソードを紹介する事もあるかと思いますが、暴露話のような内容はトラブルの元ですので、これにも気をつけましょう。さらに、列席者を笑わそうとギャグのような事を言う人もたまにいますが、挨拶は笑いを取る必要はありませんので、これも控えめ程度がよさそうです。

 

挨拶や乾杯は、誰もができるものではありません。
新郎新婦がたくさんいるゲストの中から選んでくれたという事への感謝の気持ちとお祝いの気持ちを持って臨みましょう。
緊張するとは思いますが、心からお祝いの気持ちを伝えたいんだという思いが強くあれば列席者にもその思いは必ず伝わります。

 

乾杯の音頭、挨拶のマナーまとめ

  • 乾杯の挨拶はなるべく短くしましょう
  • 挨拶や乾杯を頼まれたら、できるだけ快く引き受けましょう
  • 挨拶は忌み言葉や内容に気をつけて