タグ別アーカイブ: 仏滅

結婚式・披露宴の日取りの決め方

結婚式・披露宴の日取りの決め方

大切な二人の記念日にもなる結婚式の日取り。ゲストの予定なども考慮して決めましょう。

結婚式をする事が決まった場合、できるだけ早めに日取りを決めましょう。
結婚式は、想像以上に準備する事がたくさんありますので、スケジュールには余裕を持って計画をたてた方が良いでしょう。

また、出席して頂くゲストに配慮した日取りやスケジュールを組むというのが最低限のマナーです。
ここでは、結婚式の日取りの決め方に関するマナーやポイントについて見て行きたいと思います。

 

どれくらい余裕があればいいの?

結婚式の日取りは、結婚を決めてから少なくとも半年から1年を目安に決めるのが一般的とされています。
結婚式の準備はとても大変なので、あまりに準備期間が短いと自分たちが大変な思いをする事になります。

また、ゲストに対しても最低でも3、4ヶ月前には招待状が届くようにしておくのがマナーなので、あまりに準備期間が短いとゲストに対しても失礼になってしまいます。

 

2人の予定だけ考えればOK?

結婚式の主役は新郎新婦です。
なので、式の日取りも2人が良い日に決めればいいのでは?と思う人もいるでしょう。もちろん間違いではありません。

ただ、新郎新婦は主役でありながら、ゲストをもてなす主催者でもあります。
そのため、出席していただける親族やゲストの都合などもきちんと考慮した日取りにするという事も大切です。
2人である程度希望の日にちを出しておいて、両家に相談して最終的な日取りを決めるというのがベストでしょう。

稀に、希望の日取りに他の親族の結婚式が入っているなどという場合もあります。

また、出席者に家族持ちが多い場合などは学校行事などが多そうな日取りだと欠席者が多くなるという場合もありますので、ゲストの都合などもある程度は把握してから日取りを決める事も大切です。

 

仏滅は避けるべき?

結婚式の日取りというと、大安吉日を選ぶ人が多いでしょう。

逆に仏滅は避ける傾向にありますね。最近ではあまりこうした事にこだわらないカップルも増えていますが、親の意見などではまだまだ大安吉日にこだわるというケースも多いので、親の希望で日取りが決まるという場合も少なくありません。

ただ、大安吉日は、どこの式場も予約がいっぱいだったり、一日に何組もの結婚式が重なっている場合も少なくありません。こうなると希望の日に予約が取れなかったり、会場のスタッフが慌ただしく動き回って落ち着きない感じになる場合もあります。

特にこうした六輝にこだわらない人であれば、逆に仏滅の方が予約も取りやすく式場が安く借りれたりするケースもあります。

 

結婚式の日取りは、新郎新婦の希望を優先しつつも、親族やゲストの都合などにも配慮しながら決める事が大切です。

また、大安吉日などにこだわらないのであれば、仏滅の方が予約も取りやすく、格安プランなどで式を挙げる事ができる場合も多々あります。

いずれにしても、自分たち2人だけで決めてしまうのではなく、よく両家と相談してから決定する事が大切です。

 

結婚式・披露宴、日取りに関するマナーまとめ

  • 結婚式の日取りは、余裕を持って、半年から1年を目安に決めるのが一般的とされています
  • 親族やゲストの都合などもきちんと考慮した日取りにしましょう
  • 最近ではあまり「仏滅」などにこだわらないカップルも増えています