タグ別アーカイブ: 余興お願い

スピーチや余興を快く引き受けてもらう3つのポイント

スピーチや余興を快く引き受けてもらう3つのポイント

結婚式・披露宴の大切なな演出でもある余興、スピーチ、祝辞や乾杯の挨拶は大切な人にお願いすることになるでしょう。
担当してくれる人たちに快く引き受けてもらうには依頼の仕方が重要となってきます。

結婚披露宴では余興やスピーチをゲストに依頼する事があると思います。
披露宴を盛り上げるためには、こうしたゲストの協力が不可欠です。

担当してくれる人たちに快く引き受けてもらい、引き受けて良かったと思ってもらえる依頼の仕方、マナーについて事前によく勉強しておく事も大切です。

 

依頼は直接会ってお願いするように

最近は携帯など手軽で便利なアイテムがありますが、披露宴での余興やスピーチの依頼をメールや電話だけで済ませるなどという事は決してないようにしましょう。
どんなに親しい友人であったとしても、これはNGです。

余興やスピーチというのは準備など相手に負担をかける事ですので、いくら親しい間柄であっても礼儀を持って丁寧に依頼する事が大切です。

できるだけ直接会って依頼する方が良いでしょう。
遠方でどうしても直接会う事が難しい場合には、電話で丁寧にお願いするようにしましょう。

 

どの時期に依頼するのがベスト?

余興やスピーチを依頼する際は、できるだけ早めに打診する事が大切です。

特に余興などは複数人で行ってもらうケースが多いので、打ち合わせや準備などに時間が必要となりますね。

そのため、式の間近になって依頼されると、準備だけでも大変なのに時間もないという事になって相手に大変な思いをさせてしまう事になります。

また、あまりにも直前だと他の人に断られて仕方なく頼んだのかな?と思わせてしまう事にもなりかねません。
余興やスピーチは、できるだけ早くお願いする人を決めて、直接会って打診するのが相手にとっても快く引き受けられると考えられます。

 

何をどう伝えれば良い?

特に余興を依頼する際には、ただ「お願いします」というだけでなく、式場のどのような場所でどんな設備が使えるのかなどの情報も合わせて伝えるのがより丁寧だと言えます。

また、お願いしたからといって当日まで何の連絡もしないでいるよりは、何かこちらで協力できる事がないかなど最低1回は確認の連絡を入れると良いでしょう。

 

このように披露宴というのは、ゲストの協力によって成り立つ部分というのが多くあります。

そのため、ゲストに何かを依頼する際のマナーというのは、とても大切になってきます。
マナーといっても肩肘を張る必要はなく、とにかく丁寧に「あなたにお願いしたいんです」という想いを誠意を持って伝える事が1番大切です。

依頼をして無事に当日を迎える事ができたら、後日のお礼も忘れないようにしましょう。

 

「スピーチや余興を快く引き受けてもらう3つのポイント」まとめ

  • 依頼は直接会ってお願いするようにしましょう
  • 遠方でどうしても直接会う事が難しい場合には、電話で丁寧にお願いするようにしましょう
  • できるだけ早めに打診する事が大切です
  • 式場のどのような場所でどんな設備が使えるのかなどの情報も合わせて伝えるのがより丁寧
  • こちらで協力できる事がないかなど最低1回は確認の連絡を入れると良いでしょう