タグ別アーカイブ: 女性

披露宴の服装マナー 〜冬の披露宴、女性のコートはどうする?〜

結婚式出席者の女性服装マナー 〜冬の披露宴でコートはどうする?〜

結婚式のようなマナーを重視するお祝いの席では、NGとされているファッションも意外にたくさん存在します。その一つがツーピースです。

冬場や春先の披露宴への出席は羽織物で悩むことが多いと思います。

ドレスは薄手のものが多いですし、露出の多いものも多いので寒い時期にはコートなどの羽織物アイテムは必須となりますね。

結婚式、披露宴に出席する際のコートや羽織物はどのようなものを選ぶのがマナーとなるのでしょうか?
ここでは、特に女性のコートについてを中心に考えて行きたいと思います。

 

コート、羽織物は生地や素材に注意

冬場の羽織物というと、モコモコのファーがかわいらしくて素敵ですよね。

披露宴といっても二次会や友人だけのカジュアルなタイプの会であればファーも許容範囲とされる場合がありますが、基本的に披露宴にファー素材はNGです。

特にリアルファーはおしゃれ感はありますが、毛皮を使っているという点から「殺生」を連想させるためお祝いの席には向きません。

ファーのついたコートなどもできれば避けた方が良いでしょう。
特にボレロなどはファーを選びたくなりますが、食事の際に毛が飛んでしまうかもしれないなどという事を考えるとNGであると考える人が多いので避ける方が無難でしょう。

 

コートはクロークへ

稀にコートを手に持ったまま式に参加している人を見かけますが、これは見た目が良くないだけでなくマナー違反でもあります。
コートは必ず事前にクロークに預け、会場にはできるだけ身軽な状態で入るようにしましょう。

ガーデンパーティーなど屋外に出ることがある場合は、周りの方の様子を見ながらにはなりますがコートは預けずに手元においておいた方が良い場合もあります。

時期によってはショート丈でかさばらないコートもおすすめです。
ただ、かなり寒い時期の披露宴の場合は、ロングでドレスがすっぽりと隠れてしまうコートがおすすめです。

 

どんなコートを選ぶ?

コートは式場に入る前に脱いで手に持ってからクロークに進むとスマートに見えます。

ただ、外で脱ぐからどんなコートでも良いかというとそうはいきません。
ドレスなのにダウンコート、カジュアルな印象のコートを着てしまうとせっかくのおしゃれも台無しです。
いくら式場前で脱ぐとはいえやはりコートはフォーマルなものを選びましょう。

また、色については完全にクロークに預けてしまうのであれば白系でも問題ないという場合が多いです。
ただし、ガーデンパーティーなどで新婦の前でコートを着る可能性がある場合はやはり白系のアイテムは避けた方が良いですね。

 

女性のコートについてのまとめ

  • 披露宴にファー素材は基本的にNG
  • コートは必ず事前にクロークに預け、会場にはできるだけ身軽な状態で入るようにしましょう
  • コートはフォーマルなものを選びましょう
  • 白系のアイテムは避けた方が良いが、完全にクロークに預けてしまうのであれば白系でも問題ない
結婚式でのツーピース着用はNGってホント?

結婚式出席者のツーピース着用はNGってホント?

結婚式のようなマナーを重視するお祝いの席では、NGとされているファッションも意外にたくさん存在します。その一つがツーピースです。

一般的に、結婚式では女性はワンピースドレスを着ることが常識で、ツーピースのように上下別れた服は「別れ」を連想させるためNGとされているのです。ここでは、結婚式ではNGとされているツーピースファッションについてまとめてみました。

女性が結婚式に出席する場合のファッションには色々なルールがあります。

一番良く知られているのは「白」を着用しないということですね。
基本的に女性はワンピースドレスで列席するのが良いとされていますが、色やデザインなどNGとなるものもあります。

そしてもう一つ気をつけたいのが「ツーピース」の着用です。
結婚式ではツーピースの着用はNGとされています。

ここでは、ツーピースの着用がなぜNGなのか?その理由などについて紹介してみたいと思います。

 

そもそもなぜツーピースはNGなのでしょうか?

実は、結婚式でのツーピースの着用については正式なマナーではっきりNGと定義されているわけではありません。

ではなぜNGと考えられているのか。
それは、ツーピースが上下に「別れた」服装であるという点に関係があります。

結婚式では
「割れる」「離れる」「別れる」
など離婚を連想させるようなフレーズはNGとされていますね。
つまり、こうした考え方から通説的にツーピースの着用はよろしくない!という考え方が広まったと考えることができます。

マナー本などにも明確に「ツーピースがNG」とは記載されていませんので、何も考えずに着用してしまうこともあるかと思います。

ただ、通説とはいえあまりよろしくないと考えられているのであれば、来て行かない方が無難ですね。

 

パンツスタイルはツーピースになるの?

パンツスタイルはツーピースになるの?

女性でもパンツスタイルで結婚式に出席している人をたまにみかけます。

ドレスよりも楽なので普段からパンツスタイルが多い人は選びがちなスタイルだと思います。

ただ、パンツスタイルはツーピースになるので、NGと考える人もいます。

結婚式での服装は、新郎新婦へのお祝いの気持ちを伝えるためのものでもあります。

また、新郎新婦の関係者として出席するからには、マナーをきちんと守って2人に恥をかかせないということも大切です。

 

友人だけのカジュアルなスタイルなどであればまだ問題ありませんが、格式のある式の場合は列席者の中に親族や会社関係者などの年長者もいます。
マナーに厳しい目を持っている人がいるかもしれないという気持ちで、できる限りマナー違反にならない服装を選ぶことが自分の品格を上げるという点でも大切になってきますね。

 

結婚式でのツーピース着用についてのまとめ

  • ツーピースの着用については正式なマナーNGとされているわけではありません
  • ツーピースが上下に「別れた」服装であるという点から縁起的によくないとされている。
  • 気になる場合は着ていかないのが無難
  • パンツスタイルはツーピースになる
結婚式・披露宴では腕時計はマナー違反になるのでしょうか?

結婚式・披露宴では腕時計はマナー違反になるのでしょうか?

結婚式では腕時計はマナー違反って聞いたけど本当なのか?気になるところですよね。
基本は腕時計はNGですが着けて行っても問題ないような会場では、男性ゲストは派手でない時計を、女性はラグジュアリーなデザインのものや革ベルトでシックで落ち着いた雰囲気のものを選ぶと良いでしょう。

友人や親戚、仕事関係の人など結婚式や披露宴に出席する機会というのは多いものですね。
男女問わず式に出席する際にはファッションには気を使うものだと思います。

自分が着飾るというよりは、服装でお祝いの気持ちを表すという気持ちでファッションコーディネートを行いたいものです。

正式な場へ出席する場合、服の色やデザインだけでなく、身につける小物にまで気を使いたいものです。
そこで今回は、特に披露宴に出席する際の腕時計の選び方について見て行きたいと思います。

 

披露宴に腕時計はNGという場合も

皆さんは普段、腕時計を使っていますか?
最近は携帯電話が時計代わりとなっていて腕時計を日常的には使用しないという人も増えてきているようですね。

ただ、ファッションアイテムの1つとして腕時計を選ぶという人もいると思います。

では、披露宴に出席する際にはどのような腕時計を選ぶと良いでしょうか?
本末転倒なことを言うようですが、披露宴に腕時計をしていくというのはマナー違反と考えられています。

時計というのは「時間を気にする」という印象を与えてしまうと考える人も多いので、
せっかくのお祝いの席に招かれているのに「時間を気にする」「早く席を立ちたいと考えている」
というような印象を与えてしまうというのはよろしくありませんね。

 

ファッションアイテムとしての腕時計

ただ、最近ではこうしたマナーを気にする人はあまりいないとも言われています。

実際に腕時計はファッションアイテムの1つと考えられているので、腕時計をしているからといってマナー違反だ、失礼だなどと考える人は少ないかもしれません。

気の知れた友人の披露宴や二次会などあまり堅苦しくない場への出席であれば腕時計をファッションの1つとしてつけていくというのもOKかもしれませんね。

ただ、格式の高い場や会社関係の人などマナーを重視するような場へ出席する場合には念のため外して行くほうが無難だと言えますね。

 

臨機応変に考えよう

もしも披露宴に腕時計をつけていく場合には、女性の場合ならラグジュアリーなデザインのものや革ベルトでシックで落ち着いた雰囲気のものを選ぶと良いでしょう。

着ていくドレスの雰囲気に合わせた色味、派手すぎずに小ぶりで清楚なものを選ぶと良いですね。

男性の場合もカジュアルになりすぎず、派手でないアイテムを選びましょう。
いずれにしても会場の雰囲気で腕時計は外したほうが良さそうだなと感じた場合は、さっと外してしまうのが賢明です。

 

結婚式・披露宴での腕時計に関するマナーまとめ

  • 披露宴に腕時計はNGという場合も
  • 気の知れた友人の披露宴や二次会などあまり堅苦しくない場であればOK
結婚式・披露宴にピアスは有り?無し?

結婚式・披露宴に出席者はピアスをつけていってもいいの?

披露宴出席者でドレスのマナーを気にする方は多いのですが、アクセサリーはあまり気にされないという方!気を付けてくださいね。アクセサリー、ピアスにもマナーはあるのです。

披露宴に招待された時、女性ならまずはドレス、靴、バッグ、髪型など身の回りをどうしようかと考えますよね。

色々と準備をしなければならなくて大変ですが、オシャレをして出かけられるというのは楽しみな点も多くあります。

披露宴に招かれた時の服装のマナーなどについて色々と調べて準備を進めて行くと思いますが、この際に忘れられがちなマナーがアクセサリーのマナーです。

 

ピアスはマナー違反?

昔はピアスのように耳に穴を開けるようなアクセサリーというのはあまり一般的ではありませんでしたが、最近では多くの女性が普段からピアスを愛用しています。

披露宴に招かれた時も普段通りピアスをして出席しようと考えている人も多いと思います。女性がピアスをして披露宴に出席するという事事態はマナー違反ではありません。

ただ、どのようなピアスを付けるかという点には気を配る必要はあります。
女性の場合は良いのですが、男性が披露宴にピアスを付けていくというのはマナー違反とまではいきませんが、特に社会人という立場で出席する場合には外して行った方が良いとされています。

 

ピアスは印象が悪い?

披露宴というのは色々な年代、立場の人が出席する場です。
年配の方の中にはピアスを快く思っていないという人もいるでしょう。

披露宴の主役は新郎新婦ですので、招かれて出席する立場である以上は新郎新婦の関係者として恥ずかしくない服装を心がける事が大切です。

人目ばかりを気にする必要はありませんが、新郎新婦の親族や関係者が派手さを好まないタイプであったり、かなり格式の高い披露宴である場合などは目立たない程度の小振りのピアスにするかできれば外して行った方が良いでしょう。

また、着物で出席する場合にはピアスは外して行きましょう。
着物は和、ピアスは洋のものになりますのでピアスが良いとか悪いという以前の問題で、着物とピアスは不釣り合いという事になります。

 

どんなピアスを選ぶ?

披露宴にピアスをして行く場合、どのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

まず大切なのは花嫁さんよりも目立つようなものは選ばないという事です。
小振りであってもキラキラとした素材のものや派手ではなく華やかな印象を与えるものがベストです。

昼間のパーティーならパールをあしらったものなどがお薦めです。
モチーフが使用されているものは、ものによっては縁起が悪いものもありますしカジュアルな印象になりやすいのでできるだけシンプルなものを選ぶという事も大切です。

揺れるピアスは縁起があまり良くないという説もありますが、派手過ぎないものであれば問題ないとも言われています。
大切なのはパーティーに合った華やかさのあるフォーマルな印象のものを選ぶという事です。

 

人によってはピアスホールをいくつも開けている場合もありますね。
普段であれば複数のピアスを付けていても良いのですが、披露宴などフォーマルな場所に行く場合は1つにしておく方が良いでしょう。

特に年配の方にはピアス自体がまだまだあまり受け入れられていない場合もあるという事も頭に入れて、品のあるピアスを選ぶようにすると良いのではないでしょうか。

 

結婚式・披露宴出席時のピアスに関するマナーまとめ

  • 女性がピアスをして披露宴に出席する事はマナー違反ではない
  • 男性がピアスをして披露宴に出席する事はマナー違反とまではいかないが、できるだけ外して行った方が良い
  • 着物で出席する場合にはピアスは外して行きましょう
  • 花嫁さんよりも目立つようなものは選ばない
  • 派手ではなく華やかな印象を与えるものがベスト
  • できるだけシンプルなものを選ぶ
  • ピアスをする際は1つにしておきましょう
女性ゲストのサブバッグ。色やデザインにマナーはあるの?

女性出席者のサブバッグ。色やデザインの選び方について

結婚式・披露宴に出席する女性には必須アイテムと言ってもいいサブバッグ。荷物がどうしても多くなってしまう女性の味方です。

披露宴に出席する際のメインバッグは小振りで華やかな印象を与えるパーティーバッグがベストです。

ただ、このパーティーバッグにはあまり物が入らないという難点もあります。
そこで活躍するのがサブバッグですね。サブバッグは基本的には披露宴会場には持ち込まずにクロークに預けるのがマナーです。

披露宴会場に持ち込まないのであれば何でも良いのでは?と思われがちですが、サブバッグにもきちんとしたマナーがありますので失礼のないようなアイテムを選ぶ事が大切です。

 

サブバッグの色、マナー違反はある?

メインのパーティーバッグは色やデザインなどマナーに沿って比較的華やかなものを選ぼうという意識が高い人が多いと思います。

ただサブバッグとなると、“サブ”という言葉の響きも手伝ってあまりマナーを意識せずに選んでしまう人も多いようですね。

いくらメインではないと言っても披露宴に持っていくアイテムの一つである事に変わりはありませんので色にもちゃんとしたマナーがあります。

サブバッグというと黒を選ぶ人が多いのですが、できれば黒は避けた方が良いでしょう。
絶対にダメというわけではありませんが、黒のサブバッグというのは形やデザインにもよりますが、どうしても弔事を連想させやすいので極力避けましょう。

では明るい白なら良いのかというと、白は花嫁さんの色なのでこれもまたマナー違反です。
サブバッグだから良いだろうという意識は自分に品を下げてしまう事になりますので気をつけたいですね。

 

サブバッグの選び方

では披露宴に持っていくサブバッグはどのようなものを選ぶと良いのでしょうか?

一番無難な色は少し華やかめのパステルカラーでしょう。光沢感やラメなどが多少ついていても問題ないでしょう。

またサブバッグがあるとはいえ披露宴にやたらとたくさんの物を持って行くのはスマートではありませんので、サブバッグがあっても荷物は極力減らしてサブバッグのサイズもできればA5程度の小さめのものを選ぶと品良く映ることでしょう。

サブバッグのマナーでよく勘違いしやすいのが、ブランドの紙袋を使用するというものです。
ブランド品が入っていた質の良い紙袋だから良いだろうと思って披露宴のサブバッグに利用している人を見かける事もありますが、これは実はマナー違反です。

いくらブランドの紙袋でも紙袋である事に違いはありません。披露宴に紙袋で来るというと他のゲストに対してもやはり良い印象は与えませんね。
これは女性がよく間違えやすいマナーなのでよく注意しておきましょう。

 

披露宴に出席する際には身だしなみ、身につけるものなど細かな部分にまできちんと気を配る事で、新郎新婦に対するお祝いの気持ちをより深く伝える事ができます。

自分がオシャレをしたいという気持ちも分かりますが、マナーに沿った正しい服装で出かける事がひいては自分の品格を上げる事にもつながるという事をよく理解しておく事が大切です。

 

女性ゲストのサブバックに関するマナーまとめ

  • 黒色、白色のものは避けましょう
  • 一番無難な色は少し華やかめのパステルカラー
  • サイズはできればA5程度の小さめのものを選びましょう