タグ別アーカイブ: 女性

女性の準礼装、準礼服

女性出席者の準礼装、準礼服ってなに?

冠婚葬祭に出席する女性が一番着る機会が多い服装は準礼装。結婚式に出席する女性の場合、基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

結婚式に招待された際、特に女性にとっては服装や髪型をどうするかというのは重要な問題になってくると思います。

冠婚葬祭の式典に出席する際の服装には、正礼装、準礼装、略礼装があります。
一番格式高いのは正礼装ですが、女性の場合は自分の子どもの結婚式の場合やドレスコードで定められている場合などは正礼装となりますが、それ以外の場合は基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

略礼装は、格式ばらないカジュアルなスタイルというのが一般的な考え方です。今回は、特に女性が着る機会が一番多い準礼装の際のマナーについて見ておきたいと思います。

 

準礼装の考え方

準礼装は、セミフォーマルと呼ばれる事もあります。結婚式や披露宴、入学式、卒業式などの冠婚葬祭に出席する際にはこの準礼装が一般的です。

 

昼の結婚式の準礼装は?

結婚式の場合、開催時間によって選ぶ服装が異なるという事も覚えておいた方が良いでしょう。
まず、昼間の時間帯に開催される結婚式の場合、ドレススタイルが一般的ですが、ワンピースやスーツなどでも良いでしょう。

スカートは短過ぎず、長過ぎず、ヒザ丈からセミロング程度が適切です。露出もできるだけ控えめにして、光る素材のドレスなども避けた方が無難でしょう。

 

夜の結婚式の準礼装は?

夜の時間帯に開催される結婚式の場合、昼間の結婚式よりも華やかさのあるラメやスパンコールなどがあしらわれたドレスやスーツ、ワンピースを選ぶと良いでしょう。

胸元や腕など露出が多少高めのものでも大丈夫です。スカートの丈は、ヒザ丈でもロング丈でもOKです。

 

足下やアクセサリーのマナーは?

準礼装の場合、アクセサリーも結婚式の開催時間によって適切なものを選ぶようにしましょう。
昼間の場合は、パールなどあまりキラキラしない素材のものがお勧めです。

夜の結婚式では、華やかさのあるアクセサリーを選びましょう。足下に関しては、昼夜関係なくストッキング着用でヒールのあるパンプスがベストです。

 

このように女性が結婚式に出席する際の準礼装は、式の時間帯によって選ぶアイテムが異なります。
昼間は少し控えめな感じのスタイルに、夜の場合は極端にセクシーな感じにならないようにそれでいて華やかな感じを演出できるようなスタイルを目指しましょう。

いずれにしても、主役となる花嫁さんの友人として恥ずかしくない常識のあるスタイルを心がける事が大切です。

 

女性ゲストの準礼装、準礼服に関するマナーまとめ

  • 冠婚葬祭に出席する際にはこの準礼装(セミフォーマル)が一般的
  • 結婚式の場合、開催時間によって選ぶ服装が異なる
  • 夜の時間帯に開催される結婚式の場合、華やかさのあるドレスやスーツ、ワンピースを
  • アクセサリーも結婚式の開催時間によって適切なものを選びましょう
知っておきたい、披露宴のバッグ選び ~女性編~

結婚式披露宴用のバッグの選び方について ~女性編~

バッグは、ドレス、靴、ストールなどのアイテムとのバランスを考えて色や素材を選ぶ事と、最低限の荷物が入るサイズを選ぶという点が大切になります。細かな部分にもきちんと気を使いましょう。

結婚式に招待された際、服装や髪型に合わせたバッグを選ぶ事も大切です。
靴やバッグなどの小物類は全体の雰囲気を決める重要なアイテムになるますので、気を抜かずに素敵なものを選ぶ事もマナーの1つです。

いくらオシャレなドレスを着て、キレイな髪型をしていても、小物使いに雑さが見えてしまうと全体の印象を崩してしまいますので注意しましょう。

では、女性が結婚式に持っていくバッグはどのようなアイテムを選ぶと良いのでしょうか?

 

ドレスとのバランスを考える

バッグを選ぶ時には、ドレスとの色、デザインのバランスをよく考えると良いでしょう。

1番良いのはドレスを購入する時に合わせてバッグも購入する事です。一緒に購入しない場合でも、黒やシルバーなどシックな色合いのものを選んでおくと使い回しがきいて便利だという事を覚えておくと良いと思います。

夜の結婚式ならゴールド系も華やかさをプラスしてくれるのでお勧めです。

ドレスを選ぶときの3つの基本マナー

 

靴とのバランスを考える

もう1つ、靴とのバランスを考えるというのも大切なポイントになります。
ドレスの色に関係なく、バッグと靴の色合いやデザイン、素材などに統一感を持たせる事で全体がまとまった雰囲気になります。

またストールなどのアイテムを使う場合には、こうしたアイテムとの素材感を合わせるというもの大切です。

 

ドレスが黒の時のバッグ選び

結婚式に出席する時、どうしても無難な黒色のドレスを選んでしまうという人も多いと思います。
黒は着回しもきくので便利な事もあるので仕方ないとは思います。

ただ、やはりおめでたい席なので黒ばかりになるのは避けたい所ですね。
黒いドレスを選んだ場合には、華やかな色合いのバッグや靴を選びましょう。キラキラした素材のものもお勧めです。

 

サイズ感も大切なポイント

結婚式用のバッグは色やデザインの他にサイズをよく考えて選ぶ事も大切です。
いくらデザインが素敵でも大きすぎたり、小さすぎたり、サイズ感がちぐはぐになってしまうと全体のバランスが崩れてしまいます。

特に大きすぎるバッグは、重たくもたっとした印象を与えます。逆に小さすぎるバッグは物が入らなくて困るという事が多いです。

バッグを選ぶ際には、「ティッシュ、ハンカチ、デジカメ、携帯、化粧直しアイテム、祝儀袋」などの必要最低限の荷物が入るかどうか、物が出し入れしやすいかどうかという点に着目して選ぶと良いでしょう。

 

このように結婚式に招かれた際のバッグは、ドレス、靴、ストールなどのアイテムとのバランスを考えて色や素材を選ぶ事と、最低限の荷物が入るサイズを選ぶという点が大切になります。

ドレスや髪型だけでなく、こうした細かな部分にもきちんと気を使い、華やかな装いで出席する事が招いてくれた方をお祝いする気持ちの現れにもなりますので、しっかりと準備をして出席するようにしましょう。

 

女性のお呼ばれバッグ選びに関するマナーまとめ

  • 黒やシルバーなどシックな色合いのものを選んでおくと使い回しがきいて便利
  • バッグと靴の色合いやデザイン、素材などに統一感を持たせると良い
  • 黒いドレスを選んだ場合には、華やかな色合いのバッグを選びましょう
  • 必要最低限の荷物が入るどうか、物が出し入れしやすいかどうかという点に着目しましょう
結婚式で素足にパンプスは大丈夫?

結婚式で素足にパンプスは大丈夫?マナー違反?

結婚式の種類や時間帯などに注目しながら考える。女性が結婚式に参加する際、素足にミュールorサンダルはあり?

結婚式に招かれた場合、多くの女性は何を着ていこう、どんな髪型にしようなどと服装の事で悩むのではないでしょうか?
悩むといっても、これもまた結婚式に参加する楽しみの1つではありますよね。結婚式は、開かれる季節や場所、時間帯によって服装のマナーにも多少違いが出てきます。

花嫁の色である白を着るのはタブー派手なネイルは避けるべしなどの基本的なマナーはほとんどの人が心得ているかと思いますが、細かな部分のマナーとなるとなかなか分からないという人も多いのではないでしょうか?

細かなマナーというと、特に最近では、結婚式に素足で参加する事への賛否が論議されるケースが多く見受けられます。
ここでは、結婚式の種類や時間帯などに注目しながら、女性が結婚式に参加する際の足下のマナーについて考えてみたいと思います。

 

格式のあるホテルでの結婚式

格式高いホテルなどで開催される結婚式などの場合は、場所をわきまえるという意味でもストッキングにパンプスがベターでしょう。

 

カジュアルな結婚式

平服でおこしくださいと言われている結婚式や友人だけで楽しむレストランウェディングなど、どちらかというとカジュアルな印象の結婚式の場合には、ドレスに素足、ミュールなどでOKという人も多くいます。

 

誰の結婚式に参加するの?

参加する結婚式が誰の結婚式かというのも大切なポイントとなります。
身内の結婚式の場合は、露出が高いと考えられがちな素足というのはNGです。身内の結婚式の場合は、なるべく控えめな衣装で出席するというのがマナーとなりますので、足下もつま先のでないパンプスが良いとされています。

また、会社の先輩など目上の人の式に出席する場合も同じです。身内ほど控えめにする必要はないですが、露出を控えるという点で足もとはストッキングを着用する方が良いでしょう。

一方、友人が主体のカジュアルな結婚式や二次会、夜の開催などの場合は、素足でもOKな場合もあります。

 

素足で参加する際のマナー

素足にミュール、サンダルで結婚式に参加する場合、ドレスの丈をあまり短くせず膝丈にする。足のお手入れをきちんとしておく。歩き方などのしぐさに気をつけるなど、だらしなく見えないような気配りが大切です。

素足で列席する事には賛否両論がありますので、列席者の中には素足を快く思わない人もいる可能性があると言う事をよくよく頭に入れた上で、新郎新婦に迷惑をかけないような行動を取るという事が大切です。

 

結婚式に素足で出席するという事に関しては、賛否両論ありますので、結局のところ個人の判断に任せるとしか言えません。
実際、最近では素足にミュールなどで参加する若い女性も多いと言われています。

ただ、色々なゲストが出席する場に招かれてお邪魔するのですから、招いてくれた人に失礼がないよう、他の列席者に不快な思いをさせないよう、できるだけ誰が見ても心地良い装いで参加するという心がけは大切だと言えるでしょう。

 

素足にミュールorサンダルは大丈夫?のまとめ

  • 格式高いホテルなどでの結婚式は、ストッキングにパンプスがベター
  • カジュアルな結婚式の場合には、ドレスに素足、ミュールなどでOKという場合も
  • 誰の結婚式に参加するかも大切なポイント
  • 素足で参加する際には、だらしなく見えないような気配りが大切
結婚式に帽子をかぶって行くのはマナー違反?

結婚式に帽子やハットをかぶって参加するのはマナー違反?

普段のファッションで帽子は欠かせないという方も多いかと思います。
「結婚式でもオシャレな帽子を被って行きたいけれど実際のところどうなの?披露宴中も被って大丈夫なの?」といったことでお困りの方も多いでしょう。

友人や親族などの祝い事の代表でもある結婚式ですが、マナーは本当に色々あります。
特に今回は、わからなくて困っている方も多いであろう、帽子をかぶって行くのはオーケーなのかマナー違反なのかにスポットをあててお送りします。

 

帽子に対するマナーの考え方

チャペル式の場合は、帽子を取るのが礼儀になります。
しかし、そうではない場合は新郎新婦の好みもあるので、不安なら直接かぶって良いか尋ねるのもアリです。

しかし、問題なのは、新郎新婦が良いと言っても親族がダメだと思うパターンです。この辺りも考慮して、かぶって行くとしてもシックで無難なタイプに留めておく方が安心でしょう。

 

屋外でかぶるのは大丈夫

帽子は日差しが強いこともありますし、人によっては頭髪の薄さを隠したりすることもあるので、基本的に日光があたる屋外ではオッケーです。

 

室内では脱ぐのが基本

しかし、屋内に入ったら余程のことがない限り、帽子は取りましょう。そして、荷物と一緒に預かってもらいます。
ただ、最近ではファッションで室内でも帽子をかぶるということが多くなっています。
しかし、結婚式の場合はファッションではなくて、昔からのマナーに従う方が安心です。

 

屋外でも厳格にルールに従うなら×

本来は、屋外でシルクハットと燕尾服以外の組み合わせでは、帽子はかぶってはいけないことになっています。
しかし、今の時代、なかなかこの組合せで出席する結婚式も少なくなっています。
ただし、年配の方はこういうマナーに厳しい方が多いので、厳格にルールに従うなら帽子はNGということになります。

 

頭髪の病気で帽子が必要な人の場合は?

もし病気の場合で帽子をかぶらないといけない場合は、いっそのことと言ってはよくないのですが、欠席するという手もあります。
もしくは、結婚式だけ出席して披露宴には参加しないという選択もあります。
これは、帽子をかぶることでプライバシーを詮索されるのが嫌な場合は仕方のないことだと思います。

 

芸能人は例外でOK

テレビで芸能人が結婚式に出席する際に奇抜な帽子をかぶっている姿を見掛けることもあります。これは、芸能人の特例だと考えて下さい。一般人は真似をしないほうがよいでしょう。

 

結婚式で帽子をかぶるのはマナー違反なのか?についてのまとめ

  • 最近では、屋外で帽子をかぶるのはぎりぎりOK
  • 室内では、帽子は脱いで荷物と一緒に預けること
  • 頭髪の病気の場合は、プライバシー保護の観点から披露宴には欠席するのも有り
  • 厳格なルールに従うならシルクハットと燕尾服以外に帽子をかぶるのはダメ
結婚式に招待された女性が心得る服装やネイルについて

結婚式に招待された女性の服装やネイルについて

ネイルは基本的にはOK。近頃は、昔とは違いファションの一部として広く認識されています。主役である新婦より派手にならないように気をつけましょう。

結婚式に招待されたら、とびきりのオシャレをして行きたいものですよね。
しかし、一般的なパーティーとは違い、結婚式には着ていくものや、身につけるもの、身だしなみにも様々なマナーやルールがあります。

 

女性が招待された時の服装のマナー

女性が洋装で式に出席する場合、真っ白なパーティドレスや派手な髪飾りはできるだけ控えるべきです。

結婚式の主役はあくまで花嫁です。白無垢でもウェディングドレスでも、ほぼ必ずといっていいほど花嫁が着る白という色をゲストが着たりするのは問題です。
しかし白系統でも、クリーム色など真っ白でなければOKです。
また他の色のボレロを羽織ったりするなどして、色を重ねることで失礼に当たらなくなります。

 

結婚式に呼ばれた女性の髪型のマナー

花嫁より目立つような髪形をしているのは失礼にあたります。
清潔にきちんとまとめるのもポイントです。
せっかくの招かれた結婚式、主役の二人や親族の方を不快にさせないように振舞いたいものです。

 

招待された結婚式でネイルをするのはマナー違反なのか

最近ネイルについては、昔のように水商売の女性がしているとか言うイメージは少なくなっています。
また、ネイルはすでにアクセサリーやファッションの一部になっています。
しかし、結婚式や披露宴でネイルをすることには賛否両論あるのも事実です。

こちらでは、様々なパターンを想定して対応方法をご紹介します。
また、ハワイなどで行う結婚式は基本的に大丈夫ですが、日本では若い世代と親世代では意見が分かれるところです。

 

清潔なネイルなら許容される

ネイルについては、派手で目立つデザインや技術でなければ許容されると言う意見があります。
清潔で清楚なイメージに見えるなら問題がないと言う意見です。

普段のつめが余り綺麗ではない人や、普段ネイルをしているので結婚式の為にわざわざ落そうとしたら、焦って処理したのでネイルがはがれかかっているような状態の方が余程問題があります。
また、服と一体化しているようなら浮かないので大丈夫です。
ただし、和服で出席する場合は控えた方が無難です。

 

親族でネイルをする女性はマナー違反

花嫁の友達なら許されても、花嫁の親族では許されない行為なのが派手な格好とネイルです。
これは、花嫁や花嫁の親族に対して対抗意識があるのだと思われる可能性があります。
嫁よりも親族の方が綺麗に装っていたら、やはり先々両家の間に問題を起こす可能性があります。
また、年齢が高い参列者は嫌な思いをすることがあります。

さらに会社の上司も新郎が親族に対してそういう管理も出来ない人物なのかと評価を落とすことがあります。

また、結婚前からもめている感じを周囲に与えることがあります。たかがネイルと思わないで欲しいのが、親族の女性のネイル行為です。

 

女性が心得る服装やネイルについてのマナーまとめ

  • 女性は招待された時に白い服装は避けること
  • 髪型はきちんとまとめること
  • 派手でも許されるのは未婚の新婦の友人だけです
  • 清潔なネイルならOK
  • 親族女性がネイルをするのはマナー違反です