タグ別アーカイブ: 招待状

結婚式・披露宴の日取りの決め方

結婚式・披露宴の日取りの決め方

大切な二人の記念日にもなる結婚式の日取り。ゲストの予定なども考慮して決めましょう。

結婚式をする事が決まった場合、できるだけ早めに日取りを決めましょう。
結婚式は、想像以上に準備する事がたくさんありますので、スケジュールには余裕を持って計画をたてた方が良いでしょう。

また、出席して頂くゲストに配慮した日取りやスケジュールを組むというのが最低限のマナーです。
ここでは、結婚式の日取りの決め方に関するマナーやポイントについて見て行きたいと思います。

 

どれくらい余裕があればいいの?

結婚式の日取りは、結婚を決めてから少なくとも半年から1年を目安に決めるのが一般的とされています。
結婚式の準備はとても大変なので、あまりに準備期間が短いと自分たちが大変な思いをする事になります。

また、ゲストに対しても最低でも3、4ヶ月前には招待状が届くようにしておくのがマナーなので、あまりに準備期間が短いとゲストに対しても失礼になってしまいます。

 

2人の予定だけ考えればOK?

結婚式の主役は新郎新婦です。
なので、式の日取りも2人が良い日に決めればいいのでは?と思う人もいるでしょう。もちろん間違いではありません。

ただ、新郎新婦は主役でありながら、ゲストをもてなす主催者でもあります。
そのため、出席していただける親族やゲストの都合などもきちんと考慮した日取りにするという事も大切です。
2人である程度希望の日にちを出しておいて、両家に相談して最終的な日取りを決めるというのがベストでしょう。

稀に、希望の日取りに他の親族の結婚式が入っているなどという場合もあります。

また、出席者に家族持ちが多い場合などは学校行事などが多そうな日取りだと欠席者が多くなるという場合もありますので、ゲストの都合などもある程度は把握してから日取りを決める事も大切です。

 

仏滅は避けるべき?

結婚式の日取りというと、大安吉日を選ぶ人が多いでしょう。

逆に仏滅は避ける傾向にありますね。最近ではあまりこうした事にこだわらないカップルも増えていますが、親の意見などではまだまだ大安吉日にこだわるというケースも多いので、親の希望で日取りが決まるという場合も少なくありません。

ただ、大安吉日は、どこの式場も予約がいっぱいだったり、一日に何組もの結婚式が重なっている場合も少なくありません。こうなると希望の日に予約が取れなかったり、会場のスタッフが慌ただしく動き回って落ち着きない感じになる場合もあります。

特にこうした六輝にこだわらない人であれば、逆に仏滅の方が予約も取りやすく式場が安く借りれたりするケースもあります。

 

結婚式の日取りは、新郎新婦の希望を優先しつつも、親族やゲストの都合などにも配慮しながら決める事が大切です。

また、大安吉日などにこだわらないのであれば、仏滅の方が予約も取りやすく、格安プランなどで式を挙げる事ができる場合も多々あります。

いずれにしても、自分たち2人だけで決めてしまうのではなく、よく両家と相談してから決定する事が大切です。

 

結婚式・披露宴、日取りに関するマナーまとめ

  • 結婚式の日取りは、余裕を持って、半年から1年を目安に決めるのが一般的とされています
  • 親族やゲストの都合などもきちんと考慮した日取りにしましょう
  • 最近ではあまり「仏滅」などにこだわらないカップルも増えています
結婚式、招待状は手渡しした方がいいの?

結婚式、招待状は手渡しした方がいいの?発送でも問題ないよね?

結婚式の招待状をゲストに渡す方法としては、郵送、手渡しの2通りの方法があります。基本的には手渡しをする方が良いとされています。

結婚式の準備は、想像以上にする事がたくさんあって大変ですね。
特に招待するゲストをリストアップして招待状を送るという作業はなかなか大変です。
新郎新婦でゲストの数を合わせたり、親族は誰を招くのかを両親に確認したり、挨拶、乾杯などをお願いする人を決めたり、考えただけでも目が回りそうですね。

でも、こうした作業を供にする事で2人の絆がさらに深まるという事もありますので、面倒がらずに楽しみましょう。
さて、ここでは先ほどから話しに出ている招待状にまつわるマナーについて少し考えてみたいと思います。

 

招待状の送り方

結婚式の招待状は、特別なものなので送る際には失礼のないようにしましょう。
招待状をゲストに渡す方法としては、郵送、手渡しの2通りの方法があります。
基本的には手渡しをする方が良いとされています。
ただし、遠方の人の場合には郵送で送るしかできませんので、郵送でも問題ありません

 

手渡しの際のマナー

招待状を手渡しする方が良い理由としては、相手に直接、結婚の報告と式への出席のお願いができるからです。
また、その際には最低でも3ヶ月前には招待状を届ける事ができるように計画を立てておくと良いでしょう。

会った時に渡せばいいやなどと考えていると、すぐに日にちが経ってしまうので、目上の人から順にいつ渡すのかという計画をきちんと経てておく必要があるでしょう。

 

手渡しの場合の宛名

招待状を手渡しする際には、基本的に住所は書きません。
お渡しする相手の名前のみを書くようにしましょう。

 

前連絡は必要?

手渡しで招待状を送る際には、突然相手の家などに持って行っても良いかというと、これはあまりよろしくありません。

特に上司や会社関係の人の場合は、事前に招待状を送りたい旨を伝え、いつ渡せば良いか相手の都合を確認してから持参するようにしましょう。
友人の場合もできれば相手の都合を確認しておいた方がスムーズに渡せるでしょう。

 

郵送の場合のマナー

遠方の人など、郵送で送るしかない場合もあるでしょう。
そうした場合も、事前に招待状を送る旨を電話などで伝えておく方が失礼がないでしょう。

また、遠方の人の場合には会場までの交通手段や宿泊先の確保などの都合上、できれば4ヶ月前までに連絡ができるようにするのが良いとされています。
宿泊先などをこちらで用意する場合には、その旨もきちんと事前に伝えるようにしましょう。

 

結婚式の招待状は、基本的には手渡しが理想とされています。
また、手渡しの場合でも事前に相手に連絡を取って、渡すタイミングなどを確認しておく方が良いでしょう。
招待状は、自分たちの門出に列席してもらう人への最初のアクションになりますので、まずここで失礼がないようによく心配りをするようにしましょう。

また、郵送する場合も慶事の切手を貼り、事前に電話などで招待状を送る旨を伝えるなど最大限の配慮をするように心がけましょう。

 

結婚式の招待状を手渡しする際のマナーまとめ

  • 目上の人から順に計画を立てて渡す
  • 招待状を手渡しする際には、基本的に相手の住所は不要
  • 事前に連絡をとって相手の都合の良いときに渡しましょう
披露宴返信はがき

結婚式招待状の返信はがきの書き方

結婚式招待状を頂いたら、返事を返すのが常識です。こちらでは招待状を頂いた場合の返信はがきの書き方などを説明します。ここでもマナー・常識があるので注意しましょう。

招待状が届いたら、なるべく早く返信ハガキを返すのが礼儀。2~3日中に返信しましょう

結婚式の招待状が届いたら、返信の期限まで間があっても、2~3日以内に返信はがきを出すよう心がけましょう。

すぐに返事を出すことで、喜んで出席するという気持ちが伝わるもの。逆に遅ければ、出席に迷っているのかな?など、新郎新婦に気を遣わせてしまいます。
仕事などの都合上、出欠がすぐに決められないときは、電話でその旨を伝え、期日までには返事をしてください。
結婚式直前まで予定が立たない場合は、先方に迷惑をかけないよう欠席にした方が無難です。

 

返信はがきを書くときは、新郎新婦へお祝いの言葉を書き添えましょう

新郎新婦は一言のメッセージを頂くだけでもうれしいはず。
裏面の余白には、出欠にかかわらず、お祝いのことばや招待へのお礼などを書き添えましょう。

欠席する場合は、簡単な理由とおわびの言葉も書き添えましょう。ただし病気やなど縁起の悪いことが理由な場合は、「やむをえない事情で」「所用のため」などとぼかすのがマナーです。
別の結婚式と重なった場合もはっきり書かず、「あいにく先約がございまして」などとしましょう。

 

■披露宴返信はがきの書き方
披露宴返信はがき
・宛名の下の「行」もしくは「宛」を、2本線で消して左側に「様」と書きましょう。
・「出席」か「欠席」を○で囲み、一方を2本線で消しましょう。
・○で囲んだほうの「御」「芳」も同様に消しましょう。

 

結婚式招待状を頂いた際のまとめ

  • 招待状は2~3日中に返信する。遅くとも期日は守る
  • 予定がわからない場合は、電話でその旨を伝えておく。式直前までわからなければ欠席したほうが迷惑をかけない
  • 欠席する場合はおわびとともに理由も書くが、病気であったり弔辞や別の結婚式ある場合はぼかしてお断りを

 

×出欠の返事をメールでしない
新郎新婦と親しい間柄でも、出欠の返事を電話やメールで簡単にすませるのは失礼です。親しき仲にも礼儀あり。礼儀正しく、返信はがきで対応しましょう。

お祝いの言葉(メッセージ)の例文
・ご結婚おめでとうございます。
・ご結婚の日取りが決まられたとのこと、心からお祝い申し上げます。
・待望のご結婚、心からお祝いいたします。