タグ別アーカイブ: 文例

結婚報告はがきの書き方・文例

結婚報告はがきの書き方・文例

結婚後のマナーとしてあるのが、日ごろお世話になっている方々への結婚報告をすること。
はがきで送るのが一般的ですが、いざ結婚報告はがきを書こうと思ってもどんな風に何を書いたらいいのか…?となりますよね。

結婚を報告する際、「結婚報告のはがき」を送る場合があります。

日頃お世話になっている人や親戚、友人、知人など送り先が様々なので文面を考えるのに苦労するという人も多いでしょう。

そこでここでは、結婚報告を出す際のマナーや文例について紹介してみたいと思います。

 

はがきを出すタイミングは?

結婚報告は、基本的に挙式後1~3ヶ月以内に出すのが一般的とされています。

場合によっては年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと時期が重なることもあると思います。

こうした場合には、年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと結婚報告を兼用しても良いでしょう。

 

誰に?どういった方に送ればいいのか?

実は意外と知られていないのが、結婚報告のはがきは結婚式に出席してくれた人にも送るというマナーです。

結婚式に出席してくれた人にも改めて感謝の気持ちを伝えるためにはがきを送ると良いでしょう。

また、親戚や友人などで結婚式に呼べなかった、都合で参加できなかった人にもはがきを送り結婚の報告をきちんとしておくことでその後の良好な関係を保つことができると考えられます。

 

どんな内容にする?

結婚報告のはがきにはどんなことを書けば良いのでしょう?

可能であれば送る相手によって文面を変えることができればより良いですね。

送る相手として考えられるのは、親戚、友人、上司、同僚などが挙げられます。

まず親戚関係は、大半が結婚式に出席してくれていると思いますので、お礼も込めた内容にするのも良いでしょう。
ただ、式に出席できなかった人もいるかと思いますので基本は礼儀のある丁寧な文章で統一すると良いでしょう。
親戚なのであまり堅苦しくせず新居の報告なども盛り込んで親しみを込めた内容にできるとより良いですね。

友人・同僚については、羽目を外さない程度に楽しい内容にすると良いでしょう。
結婚式の写真や英字なども盛り込んで読んで楽しいはがきが作成できると良いですね。
こちらも新居の住所などを入れて、「ぜひ遊びにきてくださいね」などと親しみをこめた内容も盛り込めると良いでしょう。

結婚報告のはがきで一番緊張するのが上司宛のはがきだと思います。
失礼のないように、結婚したこと、これから2人で頑張っていくことをうまく伝えることができるシンプルな内容にすると良いでしょう。

 

送る相手によって内容を変えるのは大変な作業かもしれませんが、
今後のおつきあいやこれまでの感謝の気持ちを込めてもらった相手も幸せな気持ちになれるはがきの作成を心がけるようにしましょう。

 

「結婚報告はがきの書き方・文例」まとめ

  • 結婚報告は、基本的に挙式後1~3ヶ月以内に出すのが一般的
  • 年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと結婚報告を兼用しても良い
  • 結婚報告のはがきは結婚式に出席してくれた人にも送る
  • 結婚式に参加できなかった方にも送りましょう
  • 送る相手によって文面を変えるとより良いでしょう
結婚式・披露宴で盛り上がる「乾杯」の挨拶を紹介

結婚式・披露宴で盛り上がる「乾杯」の挨拶を紹介

乾杯の音頭を頼まれたら、乾杯までの簡単な流れやマナーなど基本的なことは押さえておきたいですね。
さらに、スピーチとは違い手短にすませなければならない乾杯の挨拶。いったいどのようなことを話せば適切なのでしょう。

結婚式の最初に行われるのが「乾杯」です。新郎新婦から乾杯の挨拶を依頼された場合、ただ乾杯の音頭をとるだけでなく多少の挨拶も必要となります。

そこでここでは、式のスタートを盛り上げる乾杯の挨拶をいくつか紹介してみたいと思います。

 

乾杯の挨拶長くしすぎないのが基本マナー

乾杯の挨拶は長くしすぎない。というのが基本マナーです。
なぜかというと、乾杯の場合は列席者がグラスを片手に起立した状態で挨拶を聞くことになるからです。

この状態で延々とスピーチを聞かされてはたまったものではありませんね。

乾杯の挨拶はどんなに長くても3分だと言われています。
一番良いのは1~2分の間にまとめることです。

 

どんなことを話せば良い?

では、1分間にどんなことを話せば良いのでしょうか?
乾杯の挨拶には「基本の構成」というのがありますので紹介しておきます。

1.お祝いの言葉
2.自己紹介
3.エピソードやはなむけの言葉
4.結びの言葉
5.乾杯の音頭

こうして見ると1分間に案外色々なことを詰め込まなくてはなりませんね。

 

自己紹介はどうする?

お祝いの言葉については、
「◯◯くん、◯◯さんご結婚おめでとうございます。
両家のご親族の皆様にも合わせてお祝いを申し上げます」
といった感じでまとめるとスッキリするでしょう。

問題は、自己紹介です。
手短に自分と新郎新婦との関係を紹介しないといけないので大変です。

具体的な例としては、
「ただいま、ご紹介に預かりました」
から始めて、新郎新婦との関係性を手短に説明すると良いでしょう。

例えば、
「新郎の学生時代の友人」「新郎と同じ会社の」「新郎の幼馴染の」
など出席している人全員に関係性がわかるように簡単に説明することがポイントです。

さらに、列席している年長者に配慮するのであれば
「ご指名により僭越ではございますが、乾杯の音頭を取らさせて頂きます」
というフレーズを入れるとさらに良いですね。

 

エピソードはどうする?

スピーチを長くしてしまう要因としてエピソードを盛り込見すぎるということが挙げられます。

友人代表のスピーチなどであれば、多少長くても構いませんが、最初にお話したように乾杯の音頭は1分程度に収める必要があります。

エピソードについては新郎新婦との関係性によって話す内容も変わってきますが、基本は新郎新婦を褒めるエピソードを盛り込むことです。

例えば、学生時代の友人であれば新郎新婦が頑張っていたことについて紹介したり、会社関係であれば会社での仕事振りについて褒めるなどすると良いですね。

あくまでも手短に。長くならないようにすることを心がけましょう。

また、エピソードなしで乾杯の音頭につなげても構いませんが、少しでも何かエピソードを入れることができればよりお祝いの気持ちを伝えることができるでしょう。

 

乾杯のタイミングはわかりやすくする

乾杯のスピーチは、あくまでも「乾杯の音頭」につなげるためのものです。
なので「乾杯」を行うタイミングを列席者にわかりやすく伝えるということが一番重要になります。

乾杯の発声の際は必ず「乾杯!」というフレーズを使いましょう。
「ご結婚おめでとうございます」
などというはなむけの言葉でグラスを上げてしまうと、わかりにくくなってしまい乾杯の発声だと気が付かない場合もあります。

一番スムーズなのは
「皆様、ご唱和をお願いいたします。乾杯!」
というフレーズになるかと思います。

こうした流れで手短にわかりやすくまとめることができれば、気持ちのこもった盛り上がる乾杯になるはずです。

 

「乾杯」の挨拶についてのまとめ

  • 乾杯の挨拶は長くしすぎない。3分以内にまとめましょう
  • 「基本の構成」に沿って話しましょう。
  • 自己紹介は新郎新婦との関係性を手短に説明しましょう
  • 少しでもエピソードを入れることができれ、お祝いの気持ちを伝えることができるでしょう
  • 乾杯のタイミングは出席者の皆さんにわかりやすいタイミングで
ゲストへの感謝を言葉で表す「ウェルカムスピーチ」のマナー(文例)

出席者への感謝を言葉で表す「ウェルカムスピーチ」の流れ(文例)

新郎新婦の最初のお仕事ともいえる大切なスピーチがウェルカムスピーチ。素敵な披露宴にするためにも気持ちの良いスタートといきたいところです。

披露宴で新郎新婦がスピーチをするというと、パーティーもいよいよクライマックスの頃に、新郎挨拶や花嫁からの手紙などを読む場面を想像する人も少なくないと思います。
ただ、最近の披露宴では「ウェルカムスピーチ」を行う事が多くなってきているようです。

今回は、そんなウェルカムスピーチに関するマナーや文例についてご紹介してみたいと思います。

 

ウェルカムスピーチって?

「ウェルカムスピーチ」という言葉自体を初めて聞くという人も多いと思いますので、まずはウェルカムスピーチがどのようなものかについてお話しておきましょう。

ウェルカムスピーチとは、これまでの披露宴でいうところの「媒酌人挨拶」にあたるものと考えて下さい。

通常、媒酌人の挨拶は披露宴の一番はじめに行われるのですが、最近の結婚式・披露宴では、媒酌人という立場の人をあえて立てるという事が少なくなってきた事もあり、この「媒酌人挨拶」に変わって新郎新婦が「ウェルカムスピーチ」という名目で挨拶を行う事が増えています。

 

ウェルカムスピーチはどのタイミングがベスト?

ウェルカムスピーチは、披露宴の開始にあたって、出席して頂いたゲストに感謝の想いを伝えるスピーチです。

そのため、挨拶のタイミングとしては、新郎新婦入場、司会者第一声の流れの後にすぐに行うのがベストだと言えます。

 

ウェルカムスピーチは誰がするの?

基本的には、新郎が代表で挨拶をすれば良いと思います。

ただ、場合によっては新郎、新婦の両方が挨拶しても良いと思います。

ただし、2人が挨拶する場合にはスピーチの内容が重ならないように、なおかつ長くならないように工夫が必要です。

 

ウェルカムスピーチは何を話せばいいの?

ウェルカムスピーチの目的は、何よりも「ゲストへの感謝の想いを伝える」事です。

そのため基本的には、ゲストへのお礼、挙式の報告、披露宴の趣旨、結びの挨拶といった流れでまとめると良いと思います。
お礼の気持ちを伝えたいという想いはわかりますが、初めの挨拶なので長くなり過ぎないように簡潔にまとめる方が良いですね。

 

ウェルカムスピーチの文例

最後に、参考までにウェルカムスピーチの文例を紹介しておきたいと思います。

「本日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴に起こし頂き誠にありがとうございます。

先ほど、◯◯教会で挙式を執り行い、夫婦となる事ができました。このように本日の良き日を無事に迎える事ができましたのも、皆様方のおかげだとあらためて感謝致しております。

本日は、日頃お世話になっている皆様方にごゆっくりおくつろぎ頂き楽しんで頂ければと、ささやかではございますがこの席をもうけさせて頂きました。楽しいひと時を過ごして頂けると嬉しく思います。

御礼かたがた簡単ではございますが、私たちからの挨拶とさせて頂きます。本日は誠にありがとうございます。」

 

あくまでも文例ですので、ここに新郎新婦の想いを込めた素敵な挨拶を二人で考えてみて下さい。

 

ウェルカムスピーチに関するマナーまとめ

  • ウェルカムスピーチとは、これまでの披露宴でいうところの「媒酌人挨拶」にあたるもの
  • 挨拶のタイミングは、新郎新婦入場、司会者第一声の流れの後に行うのがベスト
  • 基本的には新郎が代表で挨拶をすれば良い
  • 初めの挨拶なので長くなり過ぎないように簡潔にまとめる方が良い
ゲストへの感謝の想いを言葉で表す「謝辞」のマナー(文例)

ゲストへの感謝の想いを言葉で表す「謝辞」のマナー(文例)

披露宴を締めくくる最後の挨拶”謝辞”。披露宴の最後にゲストへの感謝の想いを伝える”謝辞”は一般的に、新郎もしくは親族が行います。こちらでは、「謝辞」の文例やマナーについてご紹介します。

披露宴で新郎新婦が行うスピーチに「謝辞」がありますね。「謝辞」は披露宴を締めくくる最後の挨拶です。

最近では「ウェルカムスピーチ」といって披露宴の開始時に新郎新婦が挨拶するという形を取る事も多くなっていますが、「ウェルカムスピーチ」を行った場合でも披露宴を締めくくる「謝辞」は行うのが基本です。

そこで今回は、披露宴のとりでもある「謝辞」の文例やマナーについてお話してみたいと思います。

 

謝辞は誰がするの?

「謝辞」は、結婚披露宴を主催した人が行うのが基本です。主催者というのは、招待状の送り主を指します。

招待状の送り主には、両親、新郎新婦、新郎新婦と両親の連名など色々なパターンがありますね。両親の名前で出した場合は、新郎の父親が謝辞を述べる事が多くあります。新郎新婦の名前で出した場合には、新郎が挨拶します。連名で出した場合もほとんどの場合は、新郎が挨拶します。

新婦は花嫁からの手紙を読んだりする事が多いので、最後の挨拶は基本的に新郎の役割と考えておいた方が良いですね。

ただ、最近では「新郎の父親からの謝辞」「新郎からの謝辞」の両方を行うというパターンも少なくありません。
これは、披露宴の流れを決める段階で両親などとよく相談した上で決めると良いでしょう。

 

謝辞は何を話せばいいの?

ウェルカムスピーチの場合は、開始の挨拶なので短めにしておく必要がありますが、謝辞の場合はダラダラとならなければウェルカムスピーチよりも少し長めになっても良いと思います。(2~3分程度が平均的なようです)

謝辞なのでゲストへの感謝の想いを伝えるという事を前提にして文章を考えましょう。

まず、新郎以外が挨拶する場合は自己紹介が必要ですね。それから、ゲストへのお礼の言葉、自分の気持ち(親なら親としての気持ちなど)、今後のお付き合いのお願い、結びの挨拶という流れが一番自然かと思います。

 

謝辞の文例

最後に、参考までに謝辞の文例を新郎編、親族編に分けて紹介しておきたいと思います。
あくまでも文例ですので、これを参考にゲストへの感謝の想いとこれからの決意を込めた素敵なスピーチを考えてみて下さい。

 

【新郎編】
本日はお忙しい中、私たち2人のために大勢の皆様にご臨席賜りまして、心より厚く御礼申し上げます。
皆様がたより温かなお言葉をたくさん頂き、大変に嬉しく思っております。
皆様から頂いたお言葉は、私たちにとってこれからの励ましの言葉となると思います。
まだまだ未熟な二人でございますが、二人で助け合いながら笑顔のたえない明るい家庭を築いて参りたいと思っております。

何かにつけてご指導を仰ぐことになるかと思いますが、何とぞよろしくご指導ご助言下さいますようお願い申し上げます。
また本日は、行き届かぬ点も多々あったかと思いますが、ご容赦のほどお願い申し上げます。

結びになりましたが、皆様のご多幸をお祈り致しまして、簡単ではございますが私たち二人からのお礼の挨拶とさせて頂きます。

本日は誠にありがとうございました。

 

【親族編】
新郎の父○○でございます。
両家を代表いたしまして、一言御礼の挨拶を申し上げさせて頂きます。
本日は、ご多忙にもかかわらず、◯◯(新郎の名前)、◯◯(新婦の名前)2人の結婚披露宴にお集り頂き、誠にありがとうございました。

また皆様方には数々のお褒めのお言葉や激励のご祝辞を頂戴いたしまして、両名はもちろん、私ども親族一同にとりましても誠に光栄に存じます。
皆様に温かく祝福され、新しい人生を踏み出す事ができたという事は二人にとっても何よりの幸せだと思っております。

二人はまだ若くまだまだ未熟でございます。至らない所も多々あるかと思います。
今後皆様方のご指導を仰ぐことばかりかと存じますが、これまで以上の温かく厳しいご指導ご鞭撻を二人に頂けますようよろしくお願い致します。

結びになりましたが、ご出席頂きました皆様の今後のより一層のご健康とご多幸をお祈り致しまして、親族代表のお礼の挨拶とさせて頂きます。

本日は誠にありがとうございました。

 

ゲストへの感謝の想いを言葉で表す「謝辞」に関するマナーまとめ

  • 「謝辞」は、結婚披露宴を主催した人が行うのが基本
  • ゲストへの感謝の想いを伝えるという事を前提にして文章を考えましょう
祝電(電報)を送る際に気をつけたいこと

祝電(電報)を送る際に気をつけたいこと

祝電(電報)は期日、宛名や送り先に注意して文例なども参考にしつつ、二人に素敵なお祝いの言葉を贈りましょう。

何らかの理由により結婚式に出席することができない場合や、結婚式に招待されていない方でも、「祝電(電報)」という形でお祝いをすることができます。

しかしながら、祝電は直接会ってお祝いをする訳ではありません。
文章の選び方など失礼のないよう、祝電を送る際のマナーをしっかりチェックしておきましょう。

 

祝電を送ることを決めたら早めの準備を心掛けましょう

結婚式の祝電は、NTTを利用した場合一ヶ月前から申し込みの受け付けを行っています。
ギリギリになってからでは、式当日に祝電が間に合わないこともあります。
なので、できるだけ早めに手配するよう心掛け、3日前までには申し込みを完了できるようにしておきましょう。

祝電を送る前に、
「会場名」「新郎新婦の名前」「両家の姓」
など、しっかり確認しておきましょう。送り先の情報に間違いがあっては大変です。
不安な際はあやふやにせず、必ず間違いがないかを事前に確認しておきましょう。
特に、漢字などは間違いが起こりやすいため、細かいところにも気を配ってチェックしておくようにしましょう。

 

付き合い上の関係性を考えながら祝電のデザインを選びましょう

近頃、祝電のデザインは非常に豊富になっているため、オリジナル性の高いユニークなものも沢山登場しています。
ぬいぐるみ、フラワーアレンジメント付きなど、可愛らしい祝電スタイルもありますが、付き合い上の関係性を考えてデザインを選ぶことも重要です。

例えば、会社関係の方へ祝電を送る際には、あまりカジュアル過ぎるデザインよりも、シンプルなデザインが望ましいため、自分の好みだけで送らないようにした方がよいでしょう。

 

祝電の文章は縁起の悪い言葉を避けて考えましょう

祝電のメッセージを考える際は、二人の別れを連想させてしまう「別れ」や「離れ」など縁起の悪い言葉の使用はNGとなります。
また、再婚をイメージさせる「重ね重ね」や「しばしば」など、連なった言葉も良しとされていません。

文章に自信のない方は、祝電の「定例文」を参考することで失礼のないメッセージを送ることができます。
友人宛に祝電を送る際は、ユーモラスな文章も素敵ですが、決して両家や新郎・新婦に対して、誹謗中傷的な内容に仕上がることのないよう気を付けましょう。

 

結婚式 祝電のマナーについてのまとめ

  • 祝電は一ヶ月前~遅くとも3日前までに申し込み、手配をしておく
  • 祝電の送り先を事前にきちんと確認しておく
  • 祝電のデザインは関係性を考えて選ぶようにする
  • 祝電の文章は縁起の悪い言葉を避けて、失礼のないメッセージを送る