タグ別アーカイブ: 文章

結婚報告はがきの書き方・文例

結婚報告はがきの書き方・文例

結婚後のマナーとしてあるのが、日ごろお世話になっている方々への結婚報告をすること。
はがきで送るのが一般的ですが、いざ結婚報告はがきを書こうと思ってもどんな風に何を書いたらいいのか…?となりますよね。

結婚を報告する際、「結婚報告のはがき」を送る場合があります。

日頃お世話になっている人や親戚、友人、知人など送り先が様々なので文面を考えるのに苦労するという人も多いでしょう。

そこでここでは、結婚報告を出す際のマナーや文例について紹介してみたいと思います。

 

はがきを出すタイミングは?

結婚報告は、基本的に挙式後1~3ヶ月以内に出すのが一般的とされています。

場合によっては年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと時期が重なることもあると思います。

こうした場合には、年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと結婚報告を兼用しても良いでしょう。

 

誰に?どういった方に送ればいいのか?

実は意外と知られていないのが、結婚報告のはがきは結婚式に出席してくれた人にも送るというマナーです。

結婚式に出席してくれた人にも改めて感謝の気持ちを伝えるためにはがきを送ると良いでしょう。

また、親戚や友人などで結婚式に呼べなかった、都合で参加できなかった人にもはがきを送り結婚の報告をきちんとしておくことでその後の良好な関係を保つことができると考えられます。

 

どんな内容にする?

結婚報告のはがきにはどんなことを書けば良いのでしょう?

可能であれば送る相手によって文面を変えることができればより良いですね。

送る相手として考えられるのは、親戚、友人、上司、同僚などが挙げられます。

まず親戚関係は、大半が結婚式に出席してくれていると思いますので、お礼も込めた内容にするのも良いでしょう。
ただ、式に出席できなかった人もいるかと思いますので基本は礼儀のある丁寧な文章で統一すると良いでしょう。
親戚なのであまり堅苦しくせず新居の報告なども盛り込んで親しみを込めた内容にできるとより良いですね。

友人・同僚については、羽目を外さない程度に楽しい内容にすると良いでしょう。
結婚式の写真や英字なども盛り込んで読んで楽しいはがきが作成できると良いですね。
こちらも新居の住所などを入れて、「ぜひ遊びにきてくださいね」などと親しみをこめた内容も盛り込めると良いでしょう。

結婚報告のはがきで一番緊張するのが上司宛のはがきだと思います。
失礼のないように、結婚したこと、これから2人で頑張っていくことをうまく伝えることができるシンプルな内容にすると良いでしょう。

 

送る相手によって内容を変えるのは大変な作業かもしれませんが、
今後のおつきあいやこれまでの感謝の気持ちを込めてもらった相手も幸せな気持ちになれるはがきの作成を心がけるようにしましょう。

 

「結婚報告はがきの書き方・文例」まとめ

  • 結婚報告は、基本的に挙式後1~3ヶ月以内に出すのが一般的
  • 年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いなどと結婚報告を兼用しても良い
  • 結婚報告のはがきは結婚式に出席してくれた人にも送る
  • 結婚式に参加できなかった方にも送りましょう
  • 送る相手によって文面を変えるとより良いでしょう
祝電(電報)を送る際に気をつけたいこと

祝電(電報)を送る際に気をつけたいこと

祝電(電報)は期日、宛名や送り先に注意して文例なども参考にしつつ、二人に素敵なお祝いの言葉を贈りましょう。

何らかの理由により結婚式に出席することができない場合や、結婚式に招待されていない方でも、「祝電(電報)」という形でお祝いをすることができます。

しかしながら、祝電は直接会ってお祝いをする訳ではありません。
文章の選び方など失礼のないよう、祝電を送る際のマナーをしっかりチェックしておきましょう。

 

祝電を送ることを決めたら早めの準備を心掛けましょう

結婚式の祝電は、NTTを利用した場合一ヶ月前から申し込みの受け付けを行っています。
ギリギリになってからでは、式当日に祝電が間に合わないこともあります。
なので、できるだけ早めに手配するよう心掛け、3日前までには申し込みを完了できるようにしておきましょう。

祝電を送る前に、
「会場名」「新郎新婦の名前」「両家の姓」
など、しっかり確認しておきましょう。送り先の情報に間違いがあっては大変です。
不安な際はあやふやにせず、必ず間違いがないかを事前に確認しておきましょう。
特に、漢字などは間違いが起こりやすいため、細かいところにも気を配ってチェックしておくようにしましょう。

 

付き合い上の関係性を考えながら祝電のデザインを選びましょう

近頃、祝電のデザインは非常に豊富になっているため、オリジナル性の高いユニークなものも沢山登場しています。
ぬいぐるみ、フラワーアレンジメント付きなど、可愛らしい祝電スタイルもありますが、付き合い上の関係性を考えてデザインを選ぶことも重要です。

例えば、会社関係の方へ祝電を送る際には、あまりカジュアル過ぎるデザインよりも、シンプルなデザインが望ましいため、自分の好みだけで送らないようにした方がよいでしょう。

 

祝電の文章は縁起の悪い言葉を避けて考えましょう

祝電のメッセージを考える際は、二人の別れを連想させてしまう「別れ」や「離れ」など縁起の悪い言葉の使用はNGとなります。
また、再婚をイメージさせる「重ね重ね」や「しばしば」など、連なった言葉も良しとされていません。

文章に自信のない方は、祝電の「定例文」を参考することで失礼のないメッセージを送ることができます。
友人宛に祝電を送る際は、ユーモラスな文章も素敵ですが、決して両家や新郎・新婦に対して、誹謗中傷的な内容に仕上がることのないよう気を付けましょう。

 

結婚式 祝電のマナーについてのまとめ

  • 祝電は一ヶ月前~遅くとも3日前までに申し込み、手配をしておく
  • 祝電の送り先を事前にきちんと確認しておく
  • 祝電のデザインは関係性を考えて選ぶようにする
  • 祝電の文章は縁起の悪い言葉を避けて、失礼のないメッセージを送る