タグ別アーカイブ: 欠席

結婚式・披露宴の招待者、どれくらいの人数が欠席する?平均人数は?

結婚式・披露宴の招待者、どれくらいの人数が欠席する?平均人数は?

招待する側からすると、気になるのが欠席者の人数ですね。たとえ、欠席者がいても招待したゲストにも様々な都合があります。あまり深く考えず受け止めましょう。

結婚式は色々な準備があって大変ですよね。
その中でも列席者の招待、人数の把握というのが意外と大変な作業になると思います。

招待された側にも色々と都合がありますので、必ずしも全員が出席してくれるとは限りません。

この人数の把握、調整についてどのように考えればよいのでしょうか?

 

キャンセルを考慮しての多めの招待は危険も…

基本的に招待された結婚式を欠席するというのはよほどの事情があってのことだと思います。

招待した人数にもよりますが、平均的なところを見ると大体1~5名程度の欠席が多いようです。

欠席者が出ることを見込んで多めに招待状を出すという人も中にはいるようですが、これには危険も伴いますので注意が必要です。
どういうことかというと、多めに送ったら誰も欠席が出なかったという場合です。

全員が出席しても大丈夫な会場、準備が整っているのであればこれでも問題ないのですが、もしも会場のキャパシティーよりも多めの招待状を出してしまっていると会場がぎゅうぎゅうになってしまうという事も考えられます。

 

新郎新婦の列席者に差があっても気にする必要はない

基本的には、新郎側、新婦側の列席者は同等の人数にしたいと考えると思います。

ただ、どちらかの招待客が極端に少なくなってしまという場合もあるかと思います。
これは仕方のないことですね。
だからといって、式の直前になってもともと招待する気がなかった人に招待状を送るというのはNGです。

もしも逆の立場だったらどんな気持ちになりますか?
お祝いしたいという気持ちがあったとしても事実を知ってしまったら、人数合わせのために呼ばれたという感がどうしても消せず、素直にお祝いすることができないのではないでしょうか?

例えば、招待する親戚がかなり多くてどうしても呼ぶことができなかった友人などであれば、口頭で事情を説明して出席をお願いするということは稀にあります。

いずれにしても、ただの人数合わせと思われてしまってはその後の関係にも影響がでてしまいますので、列席者に多少の差が生じても気にせずそのままで式を行うのが一番良いでしょう。

 

欠席者が多くてショック

招待状の欠席に○がついて戻ってくるとショックという人もいるでしょう。

晴れの門出をお祝いしてもらいたいという気持ちはわかりますが、招待したゲストにも様々な都合がありますので、あまり深く考えずに仕方ないという気持ちで受け止めましょう。

また、たまに出席するはずが、直前になってドタキャンするという人もいるようです。
こうしたことも起こりうるということを事前に頭に入れておくなど、必ずしも招待した人が全員出席するとは限らないということをよく理解しておくことも大切です。

 

どれくらいの人数が欠席する?平均人数は?に関するマナーまとめ

  • キャンセルを考慮して、多めに招待するというのは避けましょう
  • 新郎新婦の列席者に差があっても気にする必要はありません
  • 欠席者が多くても気にしない。招待した人が全員出席するとは限りません
直前になって、結婚式を欠席しなくてはならなくなった場合

ドタキャン!(´;ω;`) 直前になって、欠席しなくてはならなくなった場合はどうするべき?!

結婚式・披露宴、急に出席できなくなった時の正しい対応は?

結婚式はおめでたい行事なので、できる限り出席してお祝いする方が良いですよね。
ただ、出席の返答をしていても、急な仕事や身内の不幸、体調不良などで急に欠席しなくてはならない事態になる事もあったりしますね。

そんな時、相手に迷惑をかけない最低限のマナーを心得ておく事は社会人として大切な事です。
ここでは、急な理由で結婚式を欠席しなくてはならなくなった場合のマナーについて見ておきましょう。

 

できるだけ早く連絡を

もしも急に欠席しなくてはならなくなった場合には、まず何よりも相手への連絡が第一です。
伝えにくい事ではありますが、できるだけ早い段階で相手に連絡をするようにしましょう。
言いにくくても決してメールで欠席を伝えるような事がないようにしましょう。

 

前日までに欠席が分かっている場合

一度は結婚式に出席の返事を出したものの、その後にどうしても外せない急な事情ができてしまった場合は、欠席が判明した段階ですぐに相手側に連絡を入れましょう。
欠席となると料理や引き出物などのキャンセルをしてもらわなくてはならず、新婦新婦に迷惑をかける事になります。

また、多くの場合、式の10日前を過ぎるとキャンセル料が発生するケースがほとんどです。
そうなると新郎新婦に費用面でも負担をかけてしまう事になりますね。
式までまだ日にちがある段階で欠席しなくてはならなくなった場合には、早く連絡を入れるというのが最低限のマナーです。

 

結婚式当日に欠席することになった場合

結婚式当日にやむを得ないトラブルに巻き込まれたり、体調を崩してしまうという場合もあるでしょう。

この場合は、新郎新婦ではなく会場に直接連絡を入れるようにしましょう。結婚式当日の新郎新婦は朝から準備で慌ただしくしていますので、携帯電話に出る事ができない場合もあります。

それに、大切な日に自分の都合で新郎新婦に余計な手間をかけてしまうというのは、あまり良い事ではありません。

また、一緒に参加する友人に連絡を頼むというのは一番良くない方法です。自分の欠席の連絡を人頼みにするというのはあまり印象が良いものではありません。
可能な限り、直接会場に連絡を入れて、新郎新婦に伝えてもらうというのが一番良い方法です。

 

欠席理由はどう伝える?

急な欠席の場合、理由を伝えるというのが一番難しいですね。

仕事などの場合であれば正直に伝えても問題ないでしょうが、これが身内の不幸などの場合は「どうしても都合が悪くなってしまって・・・」などと、少し曖昧な感じで伝えておいて、後日きちんとした理由をお話できる機会があれば伝えるという方が良いでしょう。

いずれにしても、相手に申し訳ないという想いをきちんと伝えるという事が大切です。

 

スピーチを頼まれていたのに・・・

主賓として挨拶を頼まれていたのに、急な事情で欠席しなくてはならなくなった場合、これは大変ですよね。

自分が話せないからと、事前に勝手に代理を用意してから欠席を連絡するというのはマナー違反です。
あなたがスピーチできないと分かった段階で、他の人を選ぶのは新郎新婦のする事です。
そのため、主賓で欠席する場合には自分がどうしても出席できなくなったという旨を一刻も早く新郎新婦に伝えるという事が重要です。

 

ご祝儀はどうする?

欠席する場合でも、一度出席で返事を出している場合はご祝儀を渡しましょう。
結婚式直前に欠席を伝えた場合には、出席した場合と同額が基本です。

料理や引き出物は式の10日前まではキャンセル可能ですので、式の2週間前までに欠席を伝えた場合には、出席した場合の半額程度をご祝儀とするのが一般的とされています。

また、欠席しなくてはならなくなった場合でも、お祝いの気持ちを伝えるために電報を送る事で、新郎新婦を心から祝おうという気持ちが伝わるでしょう。

 

結婚式を急に欠席するというのは、どのような理由であれ、新郎新婦に残念な思いをさせてしまう事になりますね。
また、場合によっては余計な手間をかけてしまう事もあります。
致し方なく欠席となる場合でも、お祝いしたいという気持ちを誠心誠意、言葉や形にして相手に伝えるという事が大切です。

 

結婚式、急な欠席時の正しい対応は?についてのまとめ

  • 前日までに欠席が分かった場合は、欠席が判明した段階ですぐに相手側に連絡を入れる
  • 欠席理由は、相手に申し訳ないという想いをきちんと伝えるという事が大切
  • スピーチを頼まれていた場合も、一刻も早く新郎新婦に伝える
  • ご祝儀は一度出席で返事を出している場合は渡しましょう
祝電(電報)を送る際に気をつけたいこと

祝電(電報)を送る際に気をつけたいこと

祝電(電報)は期日、宛名や送り先に注意して文例なども参考にしつつ、二人に素敵なお祝いの言葉を贈りましょう。

何らかの理由により結婚式に出席することができない場合や、結婚式に招待されていない方でも、「祝電(電報)」という形でお祝いをすることができます。

しかしながら、祝電は直接会ってお祝いをする訳ではありません。
文章の選び方など失礼のないよう、祝電を送る際のマナーをしっかりチェックしておきましょう。

 

祝電を送ることを決めたら早めの準備を心掛けましょう

結婚式の祝電は、NTTを利用した場合一ヶ月前から申し込みの受け付けを行っています。
ギリギリになってからでは、式当日に祝電が間に合わないこともあります。
なので、できるだけ早めに手配するよう心掛け、3日前までには申し込みを完了できるようにしておきましょう。

祝電を送る前に、
「会場名」「新郎新婦の名前」「両家の姓」
など、しっかり確認しておきましょう。送り先の情報に間違いがあっては大変です。
不安な際はあやふやにせず、必ず間違いがないかを事前に確認しておきましょう。
特に、漢字などは間違いが起こりやすいため、細かいところにも気を配ってチェックしておくようにしましょう。

 

付き合い上の関係性を考えながら祝電のデザインを選びましょう

近頃、祝電のデザインは非常に豊富になっているため、オリジナル性の高いユニークなものも沢山登場しています。
ぬいぐるみ、フラワーアレンジメント付きなど、可愛らしい祝電スタイルもありますが、付き合い上の関係性を考えてデザインを選ぶことも重要です。

例えば、会社関係の方へ祝電を送る際には、あまりカジュアル過ぎるデザインよりも、シンプルなデザインが望ましいため、自分の好みだけで送らないようにした方がよいでしょう。

 

祝電の文章は縁起の悪い言葉を避けて考えましょう

祝電のメッセージを考える際は、二人の別れを連想させてしまう「別れ」や「離れ」など縁起の悪い言葉の使用はNGとなります。
また、再婚をイメージさせる「重ね重ね」や「しばしば」など、連なった言葉も良しとされていません。

文章に自信のない方は、祝電の「定例文」を参考することで失礼のないメッセージを送ることができます。
友人宛に祝電を送る際は、ユーモラスな文章も素敵ですが、決して両家や新郎・新婦に対して、誹謗中傷的な内容に仕上がることのないよう気を付けましょう。

 

結婚式 祝電のマナーについてのまとめ

  • 祝電は一ヶ月前~遅くとも3日前までに申し込み、手配をしておく
  • 祝電の送り先を事前にきちんと確認しておく
  • 祝電のデザインは関係性を考えて選ぶようにする
  • 祝電の文章は縁起の悪い言葉を避けて、失礼のないメッセージを送る