タグ別アーカイブ: 準礼装

男性の準礼装、準礼服

結婚式出席者の男性の準礼装、準礼服ってなに?

冠婚葬祭の服装には、正装、準礼装、略礼装の3つがあります。結婚式に出席する男性の服装は基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

一般的に男性が結婚式に出席する場合は、準礼装でまとめるのが良いとされています。
冠婚葬祭の服装には、正装、準礼装、略礼装の3つがあります。この中では準礼装が1番多く用いられています。

ちなみに結婚式の招待状に「平服で」と書かれている場合には略礼装の事を指します。
今回は特に男性の準礼装の装いについてお話したいと思います。

 

ディレクターズスーツとは?

男性の準礼装の場合、ディレクターズスーツまたはブラックスーツを選ぶと良いとされています。

まずはディレクターズスーツのコーディネートについて見てみましょう。
ディレクターズスーツは、ブラックスーツよりもワンランク上の装いと考えて良いでしょう。スタイルとしては、黒ジャケットにグレーのストライプ地のスラックスを合わせます。
特に親族、主賓や上司などとして昼の結婚式に出席する場合などはディレクターズスーツを着用していく人もいます。

ジャケットは、シングルでもダブルでもOKです。色は黒だけでなく濃いめのグレーや濃紺タイプのものもあります。

 

ブラックスーツとは?

一方のブラックスーツは、昼夜関係なく着る事ができる準礼装です。

スタイルとしては、黒ジャケットに共布(ともぬの)のスラックスを合わせます。これだけだととてもシンプルですが、シャツやネクタイなどを工夫する事で上品さや華やかさを演出することは十分にできます。

ジャケットは、シングルでもダブルでもOKです。スラックスはジャケットと共布が基本で、裾はシングルが良いでしょう。

男性出席者の服装で気をつけたいこと(スーツ、ネクタイ)

 

ディレクターズスーツかブラックスーツ、どちらを選ぶかは立場で決める

ディレクターズスーツとブラックスーツのどちらにするか迷った時は、出席する結婚式で自分はどのような立場になるかを考えましょう。

一般の招待客として参加する場合、ディレクターズスーツでは少しかしこまり過ぎてしまう事もありますので、ブラックスーツを選んでおく方が無難だと思います。

親族、主賓や上司など立場のある招待客、または親族として参加する結婚式の場合はディレクターズスーツでビシッと決めるというのも良いでしょう。

 

夜の結婚式はタキシードもあり?

セレモニーのない披露パーティーのみの夜の結婚式の場合であれば、タキシードで参加するという人もいます。
最近はあまり着る人がいないようで、ブラックスーツが一般的とも言われていますが、選択肢としてタキシードもあるという事で紹介しておきます。

 

ネクタイはどうする?

シンプルな装いになりやすい男性の場合、ネクタイやネクタイピン、カフスボタンなどで華やかさを演出する必要がありますね。

昔はお祝い事には白のネクタイというのが一般的でしたが、最近ではネクタイでオシャレを楽しむという考え方が浸透していて、結婚式でも色々なネクタイで出席する人が多くみられます。

とはいえ、あまり華美になり過ぎると印象を崩してしまいますので、白やシルバーグレーなどシックな色合いにストライプの柄がうっすら入っているようなものがお勧めです。

ネクタイは白じゃないといけないの?意外と悩むネクタイの色や柄

 

このように結婚式に出席する際の男性の準礼装は、ディレクターズスーツまたはブラックスーツを基本として、ネクタイや小物アイテムなどで華やかさを演出するというのが基本となります。

男性はシンプルな装いになりやすいですが、せっかくのお祝い事なので細かな所にも気を配って招待してくれた人が嬉しくなるような素敵な紳士の装いを目指しましょう。

 

男性ゲストの準礼装、準礼服に関するマナーまとめ

  • 親族、主賓や上司などとして出席する場合はディレクターズスーツが一般的
  • ブラックスーツは、昼夜関係なく着る事ができる準礼装
  • ディレクターズスーツかブラックスーツ、どちらを選ぶかは立場で決める
  • 夜の結婚式はタキシードもあり
  • ネクタイやネクタイピン、カフスボタンなどで華やかさを演出しましょう
女性の準礼装、準礼服

女性出席者の準礼装、準礼服ってなに?

冠婚葬祭に出席する女性が一番着る機会が多い服装は準礼装。結婚式に出席する女性の場合、基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

結婚式に招待された際、特に女性にとっては服装や髪型をどうするかというのは重要な問題になってくると思います。

冠婚葬祭の式典に出席する際の服装には、正礼装、準礼装、略礼装があります。
一番格式高いのは正礼装ですが、女性の場合は自分の子どもの結婚式の場合やドレスコードで定められている場合などは正礼装となりますが、それ以外の場合は基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

略礼装は、格式ばらないカジュアルなスタイルというのが一般的な考え方です。今回は、特に女性が着る機会が一番多い準礼装の際のマナーについて見ておきたいと思います。

 

準礼装の考え方

準礼装は、セミフォーマルと呼ばれる事もあります。結婚式や披露宴、入学式、卒業式などの冠婚葬祭に出席する際にはこの準礼装が一般的です。

 

昼の結婚式の準礼装は?

結婚式の場合、開催時間によって選ぶ服装が異なるという事も覚えておいた方が良いでしょう。
まず、昼間の時間帯に開催される結婚式の場合、ドレススタイルが一般的ですが、ワンピースやスーツなどでも良いでしょう。

スカートは短過ぎず、長過ぎず、ヒザ丈からセミロング程度が適切です。露出もできるだけ控えめにして、光る素材のドレスなども避けた方が無難でしょう。

 

夜の結婚式の準礼装は?

夜の時間帯に開催される結婚式の場合、昼間の結婚式よりも華やかさのあるラメやスパンコールなどがあしらわれたドレスやスーツ、ワンピースを選ぶと良いでしょう。

胸元や腕など露出が多少高めのものでも大丈夫です。スカートの丈は、ヒザ丈でもロング丈でもOKです。

 

足下やアクセサリーのマナーは?

準礼装の場合、アクセサリーも結婚式の開催時間によって適切なものを選ぶようにしましょう。
昼間の場合は、パールなどあまりキラキラしない素材のものがお勧めです。

夜の結婚式では、華やかさのあるアクセサリーを選びましょう。足下に関しては、昼夜関係なくストッキング着用でヒールのあるパンプスがベストです。

 

このように女性が結婚式に出席する際の準礼装は、式の時間帯によって選ぶアイテムが異なります。
昼間は少し控えめな感じのスタイルに、夜の場合は極端にセクシーな感じにならないようにそれでいて華やかな感じを演出できるようなスタイルを目指しましょう。

いずれにしても、主役となる花嫁さんの友人として恥ずかしくない常識のあるスタイルを心がける事が大切です。

 

女性ゲストの準礼装、準礼服に関するマナーまとめ

  • 冠婚葬祭に出席する際にはこの準礼装(セミフォーマル)が一般的
  • 結婚式の場合、開催時間によって選ぶ服装が異なる
  • 夜の時間帯に開催される結婚式の場合、華やかさのあるドレスやスーツ、ワンピースを
  • アクセサリーも結婚式の開催時間によって適切なものを選びましょう
男性出席者の服装で気をつけたいことやタブー(スーツ、ネクタイ)

結婚式の男性出席者服装についてまとめ(スーツ/ネクタイ/シャツ/靴下/靴)

男性のスーツの色や柄は昔から、結婚式・披露宴では黒色(ブラックスーツ)が基本でした。しかし最近では、結婚式での男性の服装に少し変化が見られるようです。

最近の披露宴参加者のスーツの色の年代別傾向は?

披露宴参加者のスーツ着用時のマナー・常識は、現在10代~30代と、40代より上の世代あたりから分かれてきているようです。

10代・20代・30代の若い方の中に多い考え方で、
「葬式でもないのにダブルのブラックスーツなんてダサい。」と考える人もけっこう多いようですね。

40代をこえてくると少し変わってくるようで、標準は黒のダブル。
カジュアルにすると言っても、シャツに多少淡い色がついている程度。と、このように10代~30代の方と、40代をこえた年代の方では意見が割れるようです。

そもそもブラックスーツは略礼服と呼ばれるもので、正式なフォーマルはモーニングや燕尾服だと言われています。

最近では派手なスーツやソフトスーツでの参列も可能な結婚式もありますが、新郎より目立ってしまっては親族や友人からもひんしゅくを買うことがありそうです。
ここは上品に、お洒落に決めていきたいところですね。

 

年配の方も出席するきちんとした披露宴では、間違いの無いスーツの色や柄を選びましょう

昨今、披露宴に出席している若者の男性スーツは、チャコールグレーや濃紺が人気のようです。

白や白に近いグレー、茶色に黒のビジネススーツなどは、結婚式では避けたほうがよいでしょう。
スーツの柄は、無地か弱いストライプが無難。はっきりとしたストライプなどは、厳かな場所ではふさわしくありません。
レストランウェディングや、カジュアルな雰囲気で行われるパーティー等では許されそうですね。

 

シャツの色や柄、衿はどう選べばいいのでしょう

最近の結婚式ではパステルカラー程度の色合いのカラーシャツなら許容範囲とされる事が多くなっています。
ただ、結婚式でのフォーマルスタイル、セミフォーマルスタイルの場合、基本は白シャツを選びましょう。

柄(がら)は白シャツの場合、基本的には無地のものを選ぶ方が良いでしょう。
オシャレ上級者なら織り柄の入ったシャツを選ぶというのも良いと思います。

衿(えり)に関しては、基本はレギューラカラーと呼ばれる長さや開きが標準的なものを選びましょう。

◆男性のシャツについて。詳しくはこちら
男性が結婚式に着ていくシャツについて

 

少し前までは、ネクタイの色も白が主流でした。しかし若い方にはかっこ悪く感じるようで・・・

昔はスーツは黒、そしてネクタイが銀か白であれば、安物のスーツだったとしても大丈夫。といった雰囲気がありました。

しかし今は白いネクタイは年配者のつけるもの、という若者の風潮があり、色のついたネクタイをつける人も増えてきているようです。これは若者だけでなく少し年配の方にも多い傾向です。

 

結局ネクタイの色や柄はどうすればいいのか

ネクタイの色は披露宴から出席する場合、光沢のある白やシルバーが無難。
黒は柄が入っていても縁起が悪いのでNGです。スーツに合っていれば、パステルカラーのネクタイ。ピンクやライトブルーなどでも人気があり素敵ではないでしょうか。

ただ、結婚式に参列するならば、年配者にも好印象なものが好ましいですよね。柄の入ったものは、若者には人気があるものの、年配の方にはあまり好ましく思いません。
若い方とは違った落ち着きある大人の雰囲気を出す方が素敵ではないでしょうか。ですので、なるべく無地で質感のいいネクタイを選ぶように心がけましょう。

ネクタイに関しては、黒以外を選択しても、あまりにも派手でなければ問題なさそうですね。

◆ネクタイについて。詳しくはこちら
ネクタイは白じゃないといけないの?意外と悩むネクタイの色や柄

 

靴下の色は何色を選べばいいのでしょう

結婚式に履いて行く靴下の色は、スーツと合わせた場合には「黒だけ」と心得ておきましょう。
おめでたい席だからと言ってカラフルな靴下や、白いネクタイだからと言って靴下まで白に合わせる必要はありません。

スーツと合わせる時には“ふくらはぎまでの長さのある”ミドル丈のソックスがベターです。

ストライプ柄の靴下は、モーニングコートを着用する新郎・新婦の父などに限られています。

黒の無地の靴下を選べば間違いはありませんので、持っていない方は新調するようにしましょう。

◆男性の靴下について。詳しくはこちら
男性の靴下は何色?どんなものを履いて出席すればいいの?

 

靴を選ぶ時の注意点は?

結婚式などフォーマルな席では、黒の靴を履いて行くことが正式なカラーとされていますが、絶対に黒でなければいけない。というわけではありません。
通常のゲストとして招かれた際や平服でOKというような式でしたら、ブラウン(茶色)系の上品な革靴でも問題ありません。

靴のデザインについては、結婚式ではヒモ付きの「ストレートチップ」が正装向けのフォーマルシューズとなっています。

◆男性が履いていく靴について。詳しくはこちら
男性が履いていく靴について

 

他に気をつけることは

ネクタイピンやカフスボタンなども、キャラクターものなど目立ちすぎるものでなければオシャレに取入れましょう。チーフがあると華やかに見えます。チーフの色はネクタイに合わせるのが基本です。

◆ポケットチーフについて。詳しくはこちら
胸元のオシャレ。スーツにはポケットチーフで男力アップです!

 

新郎新婦の上司としての服装

社長や、部長といった要職にあり当日は主賓として出席する場合、きちんと正装に身を包む必要があります。直属の上司でスピーチを頼まれた時などブラックスーツの準礼装で、それ以外ならダークスーツで十分です。

◆準礼装について。詳しくはこちら
男性の準礼装、準礼服って?

 

新郎新婦の友人・知人としての服装

ブラックスーツにシルバータイが定番になっています。でもシャツをカラーのドレスシャツに変え、色物のネクタイをプラスして着こなしに少し工夫すれば、おしゃれな装い間違いなし!

 

夫婦で出席する時の服装

特別な決まりはないけれど、格を合わせてください。お互いの服の色を似たものに合わせたり、奥様のドレスと旦那様のポケットチーフの色や柄をおそろいにしたり、共通点を作っていろいろ工夫したらとっても素敵になるでしょう。

 

ちなみに男性のゲストの8割方はブラックスーツです。ブラックスーツの割合が非常に多いですね。
ブラックスーツは黒無地スーツの総称で、特別に礼装用に仕立てられたドレッシーな服装をいいます。
昼夜の区別なく、慶事・弔事にも着用され、今の日本では一番普及されている礼装です。だからといって、容易に着こなされすぎて、礼装着用の緊張感がなくなっている様子も感じられます。
だからこそ、披露宴の雰囲気や傾向などをよく考えて、上手に着こなせるようにしてほしいですね。

シンプルなスーツも基本のルールをきっちりと押さえておけば、どんな披露宴でも自信を持って出席できます。

 

二次会などのパーティーではどんな服装で参加すればいいの?

二次会等のパーティーでは、「平服で出席してください」と書かれた招待状が来ても、まずは会場を確認してみましょう。会場さえ確認すれば雰囲気は把握でき、みんなと違う格好をしていくハメにならずに済みます。その場に合った、服装を心がけるのが一番かも知れませんね。

◆二次会の服装についてより詳しくはこちら
二次会の服装

 

結婚式・披露宴での男性の服装まとめ

  • 日本では昼はディレクターズスーツ、夜はタキシードが正式だが、ほとんどの挙式では昼夜問わないブラックスーツが主流。
  • ひとつボタンのジャケットを選ぶのがベター
  • シャツは基本は白を選び、柄の無いものを選ぶのがベター
  • ネクタイは、黒以外を選択してもあまりにも派手でなければ問題ない
  • 靴下は黒で“ふくらはぎまでの長さのある”ミドル丈のソックスを選びましょう
  • 靴は黒が基本だが、ブラウン(茶色)系の上品な革靴でも問題ありません。ヒモ付きの「ストレートチップ」が正装向けのフォーマルシューズとなっています。
  • 親族や主賓クラスならワンランク上のディレクターズスーツを選んでもよい。