タグ別アーカイブ: 男性

男性ゲストはベルトにも気を配ろう

男性出席者はベルトにも気を配ろう

ジャケットを着ていればベルトは見えないからそこまで気をつかわなくても問題ない。そう考えてはいませんか?

男性は女性と比べてベルトの使用頻度が高いと思います。
結婚式・披露宴では、タキシードなどでサスペンダーをつける場合をのぞくと、必ずといっていいほどベルトを着用すると思います。

スーツの時、ジーンズの時や綿パンツの時など、どのような服装の時でも基本的にはパンツに合わせたベルトを使用するのではないでしょうか?
あなたはTPOに合わせたベルトを使用していますか?
どんな服装の時も1本のベルトを使い回しているなんて事はないでしょうか?

特に披露宴などあらたまった場所に出席する際にはベルトはもちろん、服装の細かな部分にまで気を使うのが礼儀となります。

 

忘れがちなベルトのマナー

スーツや靴、ネクタイなど目立つ部分のマナーや身だしなみは比較的気を配る人が多いのですが、以外と忘れられがちなのがベルトや靴下、ハンカチなどの細かな部分の身だしなみです。
特に多いのがベルト選びでの失敗です。

ベルトはスーツのジャケットに隠れてあまり見えない部分なのですが、席についた時や上着を脱ぐような事があった場合には人目につく部分なのでやはりマナーに沿ったものを選んでおきたいですね。

 

披露宴に出席する際のベルトの選び方

では披露宴に出席する際にはどのようなベルトを選ぶと良いのでしょうか?
派手でないものというのは何となく分かると思います。
例えば大きなバックルのものや奇抜なデザインのものはNGです。また、カジュアル感が強いものもNGです。

披露宴で使うベルトは「革製、黒色、バックルはシンプル」この3点をポイントに選ぶと良いでしょう。
ベルトの幅は3㎝程度が目安で、あまり太すぎないものを選ぶとスマートに見えて良いですね。

 

披露宴に出席する際の服装

服装に無頓着な男性だとたかがベルト1本くらいと思うかもしれませんね。
面倒に感じる気持ちは分からなくはないですが、新郎新婦に対するお祝いの気持ちは言葉だけでなく服装や身だしなみ、態度でもきちんと表す事が大切です。

逆の立場になって考えましょう。もしも自分が披露宴を開き、そこに招いた友人がTPOに合わない残念な服装や身だしなみで出席していたら、どんなに言葉でお祝いの気持ちを伝えられても少し残念な気持ちがしませんか?

披露宴に招かれるという事は、新郎新婦の友人代表として出席するという事にもなりますので、友人に恥ずかしい思いをさせないように身だしなみのマナーをしっかりと勉強して失礼のないようにする事が大切です。

 

ベルトだけでなく靴下、ハンカチなど細かな部分にまで気が配れる男性というのは魅力的に見えるものです。

たかがベルトですが、スーツがビシッと決まっているのにベルトのセンスが悪かったというだけでスタイル全体がやぼったく見えてしまうという事もありますので、こうした細かな点にも気を配れるように普段からフォーマル用のベルトを用意しておくと良いでしょう。

 

男性ゲストのベルトに関するマナーまとめ

  • 基本は派手でないものを選びましょう
  • 大きなバックルのものや奇抜なデザインのものはNG
  • カジュアル感が強いものもNG
  • 「革製、黒色、バックルはシンプル」この3点をポイントに選びましょう
  • あまり太すぎないものを選ぶとスマートに見えてよい印象に
男性の準礼装、準礼服

結婚式出席者の男性の準礼装、準礼服ってなに?

冠婚葬祭の服装には、正装、準礼装、略礼装の3つがあります。結婚式に出席する男性の服装は基本的には準礼装で出席するのが一般的です。

一般的に男性が結婚式に出席する場合は、準礼装でまとめるのが良いとされています。
冠婚葬祭の服装には、正装、準礼装、略礼装の3つがあります。この中では準礼装が1番多く用いられています。

ちなみに結婚式の招待状に「平服で」と書かれている場合には略礼装の事を指します。
今回は特に男性の準礼装の装いについてお話したいと思います。

 

ディレクターズスーツとは?

男性の準礼装の場合、ディレクターズスーツまたはブラックスーツを選ぶと良いとされています。

まずはディレクターズスーツのコーディネートについて見てみましょう。
ディレクターズスーツは、ブラックスーツよりもワンランク上の装いと考えて良いでしょう。スタイルとしては、黒ジャケットにグレーのストライプ地のスラックスを合わせます。
特に親族、主賓や上司などとして昼の結婚式に出席する場合などはディレクターズスーツを着用していく人もいます。

ジャケットは、シングルでもダブルでもOKです。色は黒だけでなく濃いめのグレーや濃紺タイプのものもあります。

 

ブラックスーツとは?

一方のブラックスーツは、昼夜関係なく着る事ができる準礼装です。

スタイルとしては、黒ジャケットに共布(ともぬの)のスラックスを合わせます。これだけだととてもシンプルですが、シャツやネクタイなどを工夫する事で上品さや華やかさを演出することは十分にできます。

ジャケットは、シングルでもダブルでもOKです。スラックスはジャケットと共布が基本で、裾はシングルが良いでしょう。

男性出席者の服装で気をつけたいこと(スーツ、ネクタイ)

 

ディレクターズスーツかブラックスーツ、どちらを選ぶかは立場で決める

ディレクターズスーツとブラックスーツのどちらにするか迷った時は、出席する結婚式で自分はどのような立場になるかを考えましょう。

一般の招待客として参加する場合、ディレクターズスーツでは少しかしこまり過ぎてしまう事もありますので、ブラックスーツを選んでおく方が無難だと思います。

親族、主賓や上司など立場のある招待客、または親族として参加する結婚式の場合はディレクターズスーツでビシッと決めるというのも良いでしょう。

 

夜の結婚式はタキシードもあり?

セレモニーのない披露パーティーのみの夜の結婚式の場合であれば、タキシードで参加するという人もいます。
最近はあまり着る人がいないようで、ブラックスーツが一般的とも言われていますが、選択肢としてタキシードもあるという事で紹介しておきます。

 

ネクタイはどうする?

シンプルな装いになりやすい男性の場合、ネクタイやネクタイピン、カフスボタンなどで華やかさを演出する必要がありますね。

昔はお祝い事には白のネクタイというのが一般的でしたが、最近ではネクタイでオシャレを楽しむという考え方が浸透していて、結婚式でも色々なネクタイで出席する人が多くみられます。

とはいえ、あまり華美になり過ぎると印象を崩してしまいますので、白やシルバーグレーなどシックな色合いにストライプの柄がうっすら入っているようなものがお勧めです。

ネクタイは白じゃないといけないの?意外と悩むネクタイの色や柄

 

このように結婚式に出席する際の男性の準礼装は、ディレクターズスーツまたはブラックスーツを基本として、ネクタイや小物アイテムなどで華やかさを演出するというのが基本となります。

男性はシンプルな装いになりやすいですが、せっかくのお祝い事なので細かな所にも気を配って招待してくれた人が嬉しくなるような素敵な紳士の装いを目指しましょう。

 

男性ゲストの準礼装、準礼服に関するマナーまとめ

  • 親族、主賓や上司などとして出席する場合はディレクターズスーツが一般的
  • ブラックスーツは、昼夜関係なく着る事ができる準礼装
  • ディレクターズスーツかブラックスーツ、どちらを選ぶかは立場で決める
  • 夜の結婚式はタキシードもあり
  • ネクタイやネクタイピン、カフスボタンなどで華やかさを演出しましょう
知っておきたい、披露宴のバッグ選び ~男性編~

結婚式披露宴用のバッグの選び方について ~男性編~

結婚式で男性ゲストが特に困るのがバッグ。ですが、そのバッグの色や柄、デザインに気を配る事で素敵な紳士のスタイルを演出できます。

結婚式に招待された男性が服装で1番悩むのはバッグだとも言われています。
女性の場合は、日常的にバッグを持ち歩く事が多いですし、色々なバッグを持っているのでそれほど悩むという事はないですが、男性の中には普段はあまりバッグを利用しないという人も多いと思います。

それに女性ほどバッグに興味のない人がほとんどだと思いますので、持っているバッグで間に合わせるというとコーディネートがおかしな事になってしまう事もあるでしょう。
では、男性が結婚式にもっていくバッグに適しているアイテムとはどのようなものでしょうか?

 

クラッチバッグを上手に取り入れよう

男性が持っているバッグというと、トートバッグやビジネスバッグ、スポーツバッグ、ウェストポーチなどが多いと思いますが、いずれも結婚式にはあまりふさわしいとは言えませんね。

男性用バッグで結婚式にふさわしいバッグでお勧めなのはクラッチバッグです。
クラッチバッグと言われてもイメージが湧かない人もいるかもしれませんが、簡単に言うと持ち手がなくて手で直接掴むタイプのバッグとなります。

デザインなどは多少異なりますが、セカンドバッグや集金の人などが持っているバッグというとイメージが湧く人もいるかもしれないですね。
こういう風に言うと、それってオシャレなの?と思う人もいるかもしれませんが、女性のファッションアイテムとしてもクラッチバッグは数年前から注目されているアイテムで、デザインなどをきちんと考えて選べば流行を取り入れたアイテムでもあるのでお勧めです。

 

結婚式に柄物はNG

クラッチバッグに限らず、男性が結婚式に持って行くバッグで気をつけたいポイントとして柄物は避けるというマナーがあります。

例えば、ブランドのロゴなどがたくさん入っているようなバッグというのは、高級なアイテムというのは分かりますが、スーツなどとのバランスを考えるとバッグだけが浮いてしまって全体の印象を残念な感じにしてしまう事もあります。
そのため、できるだけロゴや柄の入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

色はどうする?

男性の場合、黒のディレクターズスーツなどを着て出席する事が多いと思います。

女性は黒のドレスにシルバーやゴールド系の華やかな色合いのバッグを合わせる事が多いですが、男性は逆と考えましょう。黒いスーツの時に茶色などの明るめの色合いのバッグを合わせてしまうと、バランスが悪くなってしまう事があります。
色合いを上手く合わせる自信がある人なら良いですが、あまり自信がないなぁと思う人の場合は黒っぽい色を選んでおくのが無難です。

 

形や素材はどうする?

バッグを選ぶ時には、形や素材にも気を配りましょう。

男性のフォーマルの場合、革製を選ぶのが基本です。夜の結婚式の場合などは、ベルベット素材などでも良いでしょう。

ただ、普段使いもできるものと考えると革製にしておいた方が使い回しがきくと思います。
形は、真四角で厚みのあるものを選ぶと集金の人みたいになってしまうので気をつけましょう。

最近ですと、A4サイズくらいの大きさで長方形、そしてシンプルなデザインがオシャレに見えますね。

 

このように男性が結婚式に出席する際には、クラッチバッグを中心にスーツ、靴をコーディネートすると良いでしょう。

その際は、お話したようにバッグの色や柄、デザインにもよく気を配る事で素敵な紳士のスタイルを演出できると考えられます。

 

男性ゲストのバッグ選びに関するマナーまとめ

  • 男性用バッグで結婚式にお勧めなのはクラッチバッグ
  • できるだけロゴや柄の入っていないものを選びましょう
  • 黒っぽい色を選んでおくのが無難
  • 革製にしておけば普段使いもでき使い回しがきく
男性が結婚式に着ていくシャツについて

男性出席者が結婚式に着ていくシャツについて

一見それほど変わりないようでいて細かな部分に違いがある「シャツ」そこにこだわる事でオシャレ感をアップさせる事ができるんです。

結婚式の男性の服装というとブラックスーツやディレクターズスーツだと思います。
どちらも黒ベースなので女性に比べると男性は華やかさに欠ける感じはありますが、ネクタイや小物、シャツなどでオシャレ感をアップさせる事は十分にできます。

とはいえ、やはり正式な場に出席するわけですので、自分の好みやセンスばかりを押し出してしまってマナーに反するような服装になってしまってはいけませんね。
そこで今回は、特にシャツの選び方を中心に男性の結婚式での装いについてお話してみたいと思います。

 

シャツの色はどう選ぶ?

最近の結婚式ではパステルカラー程度の色合いのカラーシャツなら許容範囲とされる事が多くなっています。

ただ、結婚式でのフォーマルスタイル、セミフォーマルスタイルの場合、基本は白シャツを選びましょう。

カラーシャツを着ても良いのは、二次会のみの場合やカジュアル度が高く平服での出席が促されているような披露宴、披露パーティーだと考えておいた方が良いでしょう。

 

シャツの柄(がら)はどう選ぶ?

シャツの色は、白を選ぶのが無難とされていますが柄についてはどうでしょうか?

白シャツの場合、柄(がら)は基本的には無地のものを選ぶ方が良いでしょう。
柄があるとしても近づいてみないと分からないくらいのうっすらとしたものか、オシャレ上級者なら織り柄の入ったシャツを選ぶというのも良いと思います。見た目には無地なのによく見ると柄がある事に気がつくというのは、さりげないオシャレのできる男性として好感が持てますね。

また、ボタンホールの糸があえてカラーにしてあるシャツなどもありますので、ネクタイの色などと合わせてこうした所でオシャレを楽しむというのも1つの方法です。

ただし、格式のある場所での結婚式などの場合は、無地でボタンホールにも色のない白シャツを選ぶのが無難です。

 

衿(えり)のタイプはどう選ぶ?

シャツの衿(えり)は一見同じように見えますが、実は色んなタイプがあります。

結婚式に出席する場合は、基本はレギューラカラーと呼ばれる長さや開きが標準的な衿を選びましょう。

タキシードを着るという人は少ないかもしれませんが、タキシードの場合はウイングカラーまたはバタフライカラーと呼ばれる衿の先が前に折れたタイプのものを選びましょう。

 

このように男性のシャツというのは、一見それほど変わりないようでいて細かな部分に違いがあり、そこにこだわる事でオシャレ感をアップさせる事ができるアイテムです。
基本のマナーに沿っていれば、後は自分なりのオシャレを楽しみましょう。

ただ、一番の基本マナーはアイロンがかかっていない、衿汚れ、袖口の汚れなどが目立つなど清潔感のないシャツを着て行く事です。

このような人はあまりいないとは思いますが、独身男性で自分で全て用意するという人は、特にこうした細かい点にもよく気をつけて清潔感のある紳士的な服装で出席するように心がけましょう。

 

男性が結婚式に着ていくシャツに関するマナーまとめ

  • シャツの色は、白を選ぶのが無難
  • 白シャツの場合、柄は基本的には無地のものを選びましょう
  • シャツの衿(えり)は、基本はレギューラカラーと呼ばれる長さや開きが標準的なものを選びましょう
結婚式にヒゲはあり?なし?

結婚式に参加する時にヒゲはあり?なし?

最近では、結婚式や二次会でもヒゲを生やした男性をよく見かけるようになってきました。

最近では、ヒゲもオシャレの1つと考える人が増えているようで、日常的にヒゲを伸ばしている男性をよく見かけますね。
また、ピアスや指輪、タトゥーなどでオシャレを楽しむ男性も増えてきています。
年代によっては、こうしたファッションを快く感じない人もいるようですが、個性が認められる現代にあっては、プライベートな時間であればどのような服装をしても自由だという考えの人が多いと言えます。

ただし、これはあくまでもプライベートな時間に限った話しであって、会社や公の場などでは、ヒゲを始めとしたこうしたファッションはなかなか認められないというが現状です。
会社や公の場では分かりますが、ではマナーが問われる結婚式ではどうでしょうか?結婚式にヒゲを生やしたまま出席するのは、果たしてマナー違反になるのでしょうか?

 

カジュアルな式ならOKな場合も

出席する結婚式が、平服でおこし下さいなどと言われている場合ならヒゲもOKとされる場合もあるでしょう。
また、二次会のみの参加や友人だけが集まる結婚式など比較的カジュアルなスタイルの結婚式であれば大丈夫でしょう。

 

ホテルや格式のある結婚式はNGな場合も

格式のあるホテルで行われる結婚式などの場合は、できればヒゲは剃って行く方が良いでしょう。

特に身内の結婚式や会社関係の人の結婚式などの場合には、ヒゲは失礼に当たる場合もあります。

年配の列席者の中には、いくら整えたヒゲであってもヒゲを剃らないという事に対して不快感を感じる人も多いようです。
そのため、結婚式後もお付き合いのある目上の人が一緒に参加するような結婚式の場合には、ヒゲは剃って行く方が良いでしょう。

 

伸ばしかけのヒゲはアウト?

どうしてもヒゲを剃らずに結婚式に出席したいという場合、清潔感があるようにきちんと整えて行く事が最低限のマナーです。

例えば、オシャレのために伸ばしている最中で、剃りたくないからそのまま無精髭の様な状態で出席するというのは、やはり失礼にあたります。これはカジュアルな結婚式の場合も同様です。

どうしても剃りたくない場合などは、理髪店などに行ってきちんと整えてもらうようにしましょう。整っていないボサボサのヒゲはマナーとしてはアウトです。

 

ヒゲを剃りたくないといういうのは、個人の都合ですね。
ヒゲは個性の1つですし、一度剃るとそれなりの長さまで伸ばすのは、また日にちがかかるので剃りたくないという気持ちは分かります。
ヒゲがトレードマークのようになっている人もいると思いますので、特にそうした人の場合は剃る事にとても抵抗を感じるでしょう。

友人などが主催の場合には、ヒゲありでも良いかを本人に確認できれば一番良いですね。
なぜなら、結婚式は新郎新婦のものであって、招かれたゲストの身だしなみやマナーでその友人の品格が問われるという事も多いにあるからです。
年配の方が多い結婚式などの場合には、特にマナーや身だしなみについてチェックされている事も多くあります。

個人の想いも大切ですが、やはり心からお祝いしてあげたい、招いてくれた人に失礼がないようにしようという気持ちというのは大切なのではないでしょうか?

 

結婚式にヒゲはあり?なし?のまとめ

  • 比較的カジュアルなスタイルの結婚式であれば問題ないでしょう
  • 身内の結婚式や会社関係の人の結婚式などの場合には、ヒゲは失礼に当たる場合がある
  • どうしてもヒゲを剃らずに出席したい場合、清潔感があるようにきちんと整えて行く事が最低限のマナー