タグ別アーカイブ: 祝い金

直前になって、結婚式を欠席しなくてはならなくなった場合

ドタキャン!(´;ω;`) 直前になって、欠席しなくてはならなくなった場合はどうするべき?!

結婚式・披露宴、急に出席できなくなった時の正しい対応は?

結婚式はおめでたい行事なので、できる限り出席してお祝いする方が良いですよね。
ただ、出席の返答をしていても、急な仕事や身内の不幸、体調不良などで急に欠席しなくてはならない事態になる事もあったりしますね。

そんな時、相手に迷惑をかけない最低限のマナーを心得ておく事は社会人として大切な事です。
ここでは、急な理由で結婚式を欠席しなくてはならなくなった場合のマナーについて見ておきましょう。

 

できるだけ早く連絡を

もしも急に欠席しなくてはならなくなった場合には、まず何よりも相手への連絡が第一です。
伝えにくい事ではありますが、できるだけ早い段階で相手に連絡をするようにしましょう。
言いにくくても決してメールで欠席を伝えるような事がないようにしましょう。

 

前日までに欠席が分かっている場合

一度は結婚式に出席の返事を出したものの、その後にどうしても外せない急な事情ができてしまった場合は、欠席が判明した段階ですぐに相手側に連絡を入れましょう。
欠席となると料理や引き出物などのキャンセルをしてもらわなくてはならず、新婦新婦に迷惑をかける事になります。

また、多くの場合、式の10日前を過ぎるとキャンセル料が発生するケースがほとんどです。
そうなると新郎新婦に費用面でも負担をかけてしまう事になりますね。
式までまだ日にちがある段階で欠席しなくてはならなくなった場合には、早く連絡を入れるというのが最低限のマナーです。

 

結婚式当日に欠席することになった場合

結婚式当日にやむを得ないトラブルに巻き込まれたり、体調を崩してしまうという場合もあるでしょう。

この場合は、新郎新婦ではなく会場に直接連絡を入れるようにしましょう。結婚式当日の新郎新婦は朝から準備で慌ただしくしていますので、携帯電話に出る事ができない場合もあります。

それに、大切な日に自分の都合で新郎新婦に余計な手間をかけてしまうというのは、あまり良い事ではありません。

また、一緒に参加する友人に連絡を頼むというのは一番良くない方法です。自分の欠席の連絡を人頼みにするというのはあまり印象が良いものではありません。
可能な限り、直接会場に連絡を入れて、新郎新婦に伝えてもらうというのが一番良い方法です。

 

欠席理由はどう伝える?

急な欠席の場合、理由を伝えるというのが一番難しいですね。

仕事などの場合であれば正直に伝えても問題ないでしょうが、これが身内の不幸などの場合は「どうしても都合が悪くなってしまって・・・」などと、少し曖昧な感じで伝えておいて、後日きちんとした理由をお話できる機会があれば伝えるという方が良いでしょう。

いずれにしても、相手に申し訳ないという想いをきちんと伝えるという事が大切です。

 

スピーチを頼まれていたのに・・・

主賓として挨拶を頼まれていたのに、急な事情で欠席しなくてはならなくなった場合、これは大変ですよね。

自分が話せないからと、事前に勝手に代理を用意してから欠席を連絡するというのはマナー違反です。
あなたがスピーチできないと分かった段階で、他の人を選ぶのは新郎新婦のする事です。
そのため、主賓で欠席する場合には自分がどうしても出席できなくなったという旨を一刻も早く新郎新婦に伝えるという事が重要です。

 

ご祝儀はどうする?

欠席する場合でも、一度出席で返事を出している場合はご祝儀を渡しましょう。
結婚式直前に欠席を伝えた場合には、出席した場合と同額が基本です。

料理や引き出物は式の10日前まではキャンセル可能ですので、式の2週間前までに欠席を伝えた場合には、出席した場合の半額程度をご祝儀とするのが一般的とされています。

また、欠席しなくてはならなくなった場合でも、お祝いの気持ちを伝えるために電報を送る事で、新郎新婦を心から祝おうという気持ちが伝わるでしょう。

 

結婚式を急に欠席するというのは、どのような理由であれ、新郎新婦に残念な思いをさせてしまう事になりますね。
また、場合によっては余計な手間をかけてしまう事もあります。
致し方なく欠席となる場合でも、お祝いしたいという気持ちを誠心誠意、言葉や形にして相手に伝えるという事が大切です。

 

結婚式、急な欠席時の正しい対応は?についてのまとめ

  • 前日までに欠席が分かった場合は、欠席が判明した段階ですぐに相手側に連絡を入れる
  • 欠席理由は、相手に申し訳ないという想いをきちんと伝えるという事が大切
  • スピーチを頼まれていた場合も、一刻も早く新郎新婦に伝える
  • ご祝儀は一度出席で返事を出している場合は渡しましょう
ご祝儀(結婚祝い金)の相場

ご祝儀(結婚祝い金)の相場、平均金額について

ご祝儀(結婚祝い金)はいくらくらい包むのが適当なのか。年齢や地位、関係、お付き合いの程度によって金額が変わるというのは、色々と悩まされますよね。

ご祝儀の目安は一般客で2万円~3万円といわれています。

ご祝儀の額は、新郎新婦との関係や、付き合いの程度、自分の年齢や社会的地位によって変わってきます。
地域差もあるので、同じ立場で招待されている人に聞いてみてもよいでしょう。
友人や、同僚に対しては、2万円~3万円が一般的です。

 

お祝い金額を決める時のポイント!偶数はよくないって聞いたことがあるけど本当のところは?

割り切れる偶数はお祝いにふさわしくないとされていますが、最近では2は「ペア」を意味するということや、昨今の不景気という時代風景も重なってかまわないとされています。
ただし、夫婦で出席する場合は、4万円や6万円は避けて、ふたりで5万円とすることが多いようです。

お札はできれば新札を用意しましょう。これには、「新しい門出をお祝いする」という意味が込められているそうです。
新札を用意するためには、銀行などに出向き、新札に変えたい金額を現金で用意して専用用紙に必要事項を記入し、新しいお札と交換してもらいます。

 

意外と種類の多い祝儀袋。ものすごく豪華なのもあるけれど、どれにすればいいか迷う。

祝儀袋は贈る金額に合ったデザインにしましょう。
最近ですと、祝儀袋を購入する際に、適正金額がパッケージの裏に書いてあったりするので特に迷うことはないと思います。祝儀袋の書き方も書いてあったりするのでとても助かりますね。

祝儀袋は種類が多くて意外と選びづらい。けれど、これから幸せになる相手のことを想って選ぶと楽しい作業でもありますよね。

 

結婚式当日、祝儀袋を裸のままバッグからだすのはちょっと・・・。

結婚式当日は、結び切りの水引の祝儀袋に新札を入れて、ふくさに包んで持参しましょう。
受付担当者にあいさつを述べた後、ふくさから取り出して係りの人に手渡しします。
若い男性ですと、スーツの内ポケットに入れている方もいるようですね。

袱紗(ふくさ)の包み方。ご祝儀の渡し方について

 

お祝い金の目安(あくまで目安です。)

贈る相手 20代(自分の年齢) 30~40代(自分の年齢) 50代~(自分の年齢)
おい、めい 5万円 5~10万円 5~10万円
いとこ 3万円 3万円 5万円
兄弟姉妹 5万円 5~10万円 7~10万円
会社部下 3万円 3万円 3~5万円
会社同僚 2~3万円 3万円 3万円
会社上司 2~3万円 3万円 3万円
友人、その家族 3万円 3万円 3万円

 

結婚祝い金のマナーのまとめ

  • お祝い金は2万円~3万円が一般的
  • 金額設定はさまざまな条件が絡み合うので、同じ立場の人に聞いてみる(会社関係の結婚式であれば同僚などに)
  • 結び切りの水引の祝儀袋を選び、ふくさに包んで持参する
  • お祝い金は、結婚式の当日、受付担当者にふくさから出して一言そえて渡す(おめでとうございます。など一言添えて)

 

×忌み嫌われる数字の金額は避ける
ご祝儀は「死」や「苦」を連想させる4万円や9万円は避けましょう。

祝儀袋の選び方
水引:2万円~3万円なら紅白や金額の結び切り。高額を包むときは、豪華な水引細工の祝儀袋にします。
表書き:上段を「寿」とし、下段に自分の名前をフルネームで入れましょう。